人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 15日

観心本尊抄文段 下 目次

日寛上人 御書講義


観心本尊抄文段 下


第七段 略して本尊を明かす
 文底下種の本尊を明かす
 寿量品の儀式を以て「雖脱在現・具騰本種」を思い合わすべし

 本門戒壇の大御本尊は応に是れ総体の本尊なり
 正像には「造り画く」と云い、末法には「出現」と云う
 
人法一箇は文底下種 人法勝劣は文上熟脱 天地の隔たりあり


第八段 広く本尊を釈す

 本迹の不同は天地の如しと雖も、文底独一の本門に望んで見れば殆ど竹膜を隔つ


第九段 文底下種三段の流通を明かす

 本因妙の教主釈尊とは是れ蓮祖聖人の御事なり

 文殊等は兼ねて末法の弘経は下方に限るの勅命を得たり、故に発誓無きなり
 称歎・結要付嘱とは、正しく是れ本門の本尊の称歎・結要付嘱なり


第十段 地涌出現の時節を明かす

 拙き者は約束せし事を忘る、高貴の人は約束を差えず


第十一段 総括

 一生空しく過して万劫悔ゆること莫れ



 文段上 にもどる

  御書本文       文段 総目次



# by johsei1129 | 2015-08-15 23:03 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 15日

開目抄愚記 下 目次

 日寛上人 御書講義

  開目抄愚記 下

第二十八段 起後の宝塔の義を明かす

   事の一念三千とは即ち是れ本門の本尊なり

第二十九段 地涌出現を明かす
   開近顕遠は文底秘沈の三箇の秘法を顕わす

第三十段    略開近顕遠を示す

   大疑の下には大悟有り

第三十一段 広開近顕遠を明かす

第三十二段 脱益の三徳を明かす

   「本土」は常住の故に浄土なり、「迹土」は無常の故に穢土なり

   彼の輩、御書を讃すと雖も、還って御書の心を死す

第三十三段 本尊に迷うを呵責し、正しく下種の父を明かす

第三十四段 菩薩等守護なき疑いを結す

   過去の自我偈とは、人法体一の御本尊の御事なり

第三十五段 宝塔品三箇の観勅を引く

第三十六段 諸経の浅深勝劣を判ず
   牛跡に大海を入るる事なかれ
   教理の浅深を知らざれば則ち大謗法の根源となるなり
   庭戸を出でずして一切経の勝劣を知れ

第三十七段 二箇の諌暁を引き、一代の成仏・不成仏を判ず

第三十八段 三類の強敵を顕わす
   竜口の発迹顕本を解き明かす

第三十九段 三類について釈す

第四十段   別して俗衆・道門を明かす

第四十一段 第三僭聖増上慢を明かす

第四十二段 諸宗の非を簡ぶ

第四十三段 蓮祖は正しく法華経の行者なるを顕わす

第四十四段 行者値難の故を明かす
  謗者に現罰の或いは有り、或いは無き所以

第四十五段 法華経の行者を顕わす文を結す
  後代の弟子等、正に心腑に染むべき御文

第四十六段 転重軽受を明かす

第四十七段 不求自得の大利益を明かす
  竜の口の法難、興師は佐州まで御伴なり

第四十八段 適時の弘教を明かす
  摂折二門を五義に約す

第四十九段 折伏を行ずる利益を明かす

第五十段   結勧

  開目抄愚記 上 にもどる

   御書本文       文段 総目次



# by johsei1129 | 2015-08-15 22:33 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 15日

開目抄愚記 下一七


一 
善無畏(ぜんむい)三蔵の閻魔(えんま)(せめ)云云

 大日経(しょ)第五、止私の二末十六。

一 後に心をひるがへし法華経に帰伏(きぶく)してこそ等

 是れ(すなわ)ち「(こん)()三界(さんがい)」の文を唱うるが故なり。御書三十巻、往いて見よ。

一 善無畏・不空(ふくう)等・法華経を両界の中央にをきて

 例文は釈書の十八・二十六。

一 弘法(こうぼう)も教相の時等

 真言宗に事相(じそう)・教相と云う事あり。教相とは十住心の(はい)(りゅう)の如く、経の(せん)(じん)沙汰(さた)する法門なり。事相とは(だん)に登り、本尊を(らい)し、鈴をふり、独鈷(どっこ)を握り、印を結び(まじない)(じゅ)する等なり。

一 (じっ)()(しん)()(えん)(ちょう)(こう)(じょう)

 釈書の第三、同第二終、同第三四。

一 三論の嘉祥(かじょう)乃至()()()()

 朝抄に云く「(およ)そ四家の大乗の異論は(もっぱ)()の事に()り。華厳(けごん)天台(てんだい)には三乗の外に仏乗を立てて四乗と配するなり。法相・三論は三乗の外に仏乗を立てざる所以(ゆえ)(ただ)三乗なり。故に第三の菩薩乗の(ほか)に仏乗(これ)無し。故に(ただ)二乗を破会(はえ)して菩薩を破会せず。故に会二(えに)()()と云うなり」と云云。啓蒙(けいもう)四・五十四に安然(あんねん)の自他宗諍論(じょうろん)の文を引く。朝抄(ちょうしょう)最も符合(ふごう)するなり。

 御書五・四二十五・四()いて見よ。

会二破二(えにはに)」の一乗とは、実に是れ菩薩乗なり。三一相対の一乗とは、即ち是れ仏乗なり。()(じょう)は四教の菩薩の不同を知らず、故に第三の菩薩乗は(ただ)是れ蔵通二教の(ぶん)(ざい)か。真言宗(また)(また)かくの如し。撰時抄の上四云云。

一 (ほう)(おん)(りん)・七巻・十二巻

 是れ()(おん)の述作なり。守護章の中の上十九往いて見よ。

一 一乗方便・三乗真実文。

 華厳玄談の五・八に云く「法相(ほっそう)宗の意の如きは、一乗を以て(ごん)()し、三乗を(じつ)と為す」と云云。

一 (げん)(さん)の第四には「故亦両存(こやくりょうぞん)

 此の文は鏡水所述の玄賛要集の第四に()でたり。(しか)るに彼の鏡水の文は、即ち()(おん)の意を述するが故に(ただ)ちに「玄賛」と云うなり。一乗要決の下四十八、啓蒙(けいもう)七・六十七に之を引く。其の中、要集の文に云く「(すなわ)ち知る、慈恩は一乗を縁と為すことを。然るに(もと)宗とする所の故に五性を(はら)わず、道理に順ずる故に永く一乗に背かず。此れに()って唱えて説を定むべからずと言う」と云云。

一 華厳(けごん)(ちょう)(かん)乃至法華を方便とかける等

  日朝は演義抄を引いて云く「法華は前の余経を(せっ)して華厳に帰す」と云云。是れ(しょう)(まつ)帰本(きほん)の相を判ずるなり。又云く「法華は仏知見を開きて法界に得入し、華厳と(ごう)()す」と云云。

一 彼の宗、(これ)を以て実と為す、此の宗の(りゅう)()・理通ぜざること無し等

  華厳疏抄(けごんしょしょう)二十・三十九に云く「法華の唯仏(ゆいぶつ)与仏(よぶつ)等、天台云く乃至(ないし)便(すなわ)ち三千世間を(じょう)ず、彼の宗(これ)を以て実と()す乃至一家の意、理として通ぜざること無し」略抄。()の「一家」と云うは即ち華厳を指す。故に今「()の宗」と云うなり。

一 善無畏(ぜんむい)・弘法も又かくのごとし

  是れ結文なり。


つづく


開目抄愚記下 目次



# by johsei1129 | 2015-08-15 17:30 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 15日

開目抄愚記 下一六


一 「
心如工(しんにょく)画師(えし)の文の(たましい)とす

華厳疏抄(けごんしょしょう)十九の上四十七に云く「心は(たくみ)なる画師(えし)()く諸の世間を(えが)(ない)()心の如く仏も(また)(しか)なり。仏の如く衆生も(しか)り」と。(しょ)に云く「(まさ)に心と仏と衆生と性体(みな)無尽(むじん)と云うべし。妄体(もうたい)本真なるを以ての故に(また)無尽なり。是れを以て如来は性悪(しょうあく)を断ぜず、亦(なお)闡提(せんだい)は性善を断ぜざるがごとし」已上。一家不共(ふぐう)の性悪を書き入れたるは、即ち一念三千を盗みたる義なり。「如来は性悪(しょうあく)を断ぜず」とは、仏界に九界を()する故なり。「闡提(せんだい)は性善を断ぜざる」とは、九界に仏界を()する義なり。故に性善性悪の法門は(すなわ)ち一念三千の法門なり。又御書十二・三十三を()いて見よ。

 問う、天台も亦「心如工画師」の文を引き、以て千如(せんにょ)の妙境を立つるは如何(いかん)

答う、浄覚云く「今引用するは会入(えにゅう)の後に従って説くなり」と云云。

宗祖の云く「止観に外典(げてん)()(ぜん)(ひき)()せて候も、文をば()れども義をば(けず)捨つるなり」(取意)と云云。

一 「(色心)実相・我一切本初(ほんじょ)の文の(たましい)

 ()る本には「(しき)」の字無し云云。義釈一・四十一に云く「彼の言う諸法実相とは、即ち是れ()の経の心の実相なり」と云云。是れ迹門の理の一念三千を盗むなり。又義釈九・四十五に云く「我一切本初(ほんじょ)とは、本初は即ち是れ寿量の義なり」と云云。是れ本門の()の一念三千を盗むなり。

一 二乗(にじょう)作仏(さぶつ)・十界()()は一定・大日経にありや等

是れ分明(ふんみょう)難勢(なんぜい)なり。()六末六に云く「(あまね)法華()(ぜん)の諸経を尋ぬるに、実に二乗作仏の文(およ)び如来()(じょう)の本を明かすこと無し」云云。実無の両字之を思え。(しか)るに弘法(こうぼう)の雑問答十九に云く「上の()()延力(えんりき)は、大勢力(だいせいりき)を以て衆生を救う故に那羅延力と云う。次の大那羅延力は、是れ不共(ふぐう)の義なり。一闡提(いっせんだい)の人は必死(ひっし)の病、二乗定性(じょうしょう)已死(いし)の人は、余経の救う所に非ず、(ただ)此の秘密(ひみつ)神通(じんつう)の力のみ即ち()救療(くりょう)す。此の不共の力を(あらわ)さんが(ため)に大を以て之を(わか)つ」と已上。

(およ)そ大日経の中に、一切の声聞(しょうもん)(えん)(がく)と共にせずと説く。二乗を(へだ)つるの文ありと(いえど)も、実に二乗作仏の文無し。故に()いて同聞(どうもん)衆の大那(だいな)()延力(えんりき)の文を取って二乗作仏の義を(おぎな)わんと(ほっ)す。(まこと)珍義誑惑(おうわく)なり。況や「二乗定性已死(いし)の人は余経の救う所に非ず」と云云。(あに)法華の二乗作仏を隠没(おんもつ)する大謗法罪に非ずや。

一 新来(しんらい)の真言家

 一義に云く、此の文は(もと)弘法(こうぼう)を破し、今転用して無畏(むい)等を破す云云。一義に云く、此の文は元来(がんらい)無畏等を破するなり。(ただ)し「新」「旧」の言は是れ新訳(しんやく)旧訳(くやく)には非ず。華厳は新旧(とも)(さき)に来る故に「旧到(くとう)」と云い、真言教は最後に来る故に「新来」と云うなり。法報(ほっぽう)を分たず二三を弁ずること(なか)(ほっ)(しん)の説法等は(みな)前代筆受(ひつじゅ)の相承を(ほろ)ぼすとなり。

 今の所引は即ち本文の意に()(ごう)するなり。又今の前後に(じゅん)ずるに「旧到の華厳」等は同文の故に来るか、是れを思え。或は二宗に(わた)るか。後日、報恩抄愚記()に云うが如し。

一 ほのぼのと云ううた()

 古今(こきん)第九の()(りょ)の部に()でたり。有る人云く「柿本(かきのもとの)人麻呂(ひとまろ)が歌なり」云云。人麻呂の事は古今の序、本朝語園三初、啓蒙(けいもう)七・五十七、同三十六・百三十二、神社考の六・二十六、()いて見よ。

一 漢土(かんど)・日本の学者(また)かくのごとし

 蓮祖已(れんそい)(ぜん)伝教(でんぎょう)大師を除く自余(じよ)の学者は、皆俘囚体(えぞてい)の者なり。善無畏(ぜんむい)(たぼら)かされたるが故なり。

一 良諝(りょうしょ)和尚(わじょう)

 釈書三・二十四、統紀の八・三、中正の十六・五十二。

一 ()し法華経涅槃(ねはん)等の経に望むれば(これ)接引(じょういん)(もん)

()くの如く点ずるは最も可なり。

つづく


開目抄愚記下 目次



# by johsei1129 | 2015-08-15 17:29 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 15日

開目抄愚記 下一五


一 
華厳(けごん)・真言()の一生初地(しょじ)の即身成仏等

旧華厳の第八・三十に云く「初発心の時便(すなわ)正覚(しょうがく)を成じ、慧身を具足(ぐそく)して他の(さと)()らず」等云云。大日経第一に云く「所謂(いわゆる)(しょ)発心(ほっしん)乃至十地(じゅうじ)の次第此の生満足」と文。此等の文を()すなり。

一 経は(ごん)(きょう)にして過去をかくせり

  問う、若し(しか)らば、今日一代の施化(せけ)は皆(ことごと)く過去下種の(たぐい)ならんか。

答う、実に所問の如く、皆悉く三五下種の(やから)なり。経に云く「(せせ)より已来(このかた)、常に我が()を受けたり」等と。(しゃく)(せん)第十に云く「故に知んぬ、今日の逗会(とうえ)は昔の成就(じょうじゅ)の機に(おもむ)」等云云。

一 (しゅ)をしらざる(だつ)なれば等

  ()一の下五十一に云く「王の夫人と下賤(げせん)と通ずれば、()の生まれる所の者を王子と名づけざるが如し。(せつ)()(おう)(たと)い賎と通ずれども、(いだ)く所の者は貴んで即ち王子と名づくるが如し」等云云。

  本尊抄八・二十に云く「(たと)ひ法は(じん)(じん)と称すとも(いま)だ種熟脱を論ぜざれば(かえ)つて灰断(けだん)に同じ、化導の始終無しとは(これ)なり、(たと)えば王女たりと雖も(ちく)(しゅ)懐妊(かいにん)すれば()の子(なお)旃陀(せんだ)()に劣れるが如し」等云云。

  犬頭国の因縁、林の十一・四、又(はく)(そく)(おう)の因縁、文一・二十三に云云。

  種子の徳用とくゆうくの如し、ぜんの諸経には之を明かさず。今此の法華経に始めて此の義を明かす。種子の徳用をべんずとは即ち此の事なり。

一 超高(ちょうこう)が位にのぼり。

  史記(しき)六・三十一、註十八二・十九、啓蒙(けいもう)七・四十八。

一 (どう)(きょう)が王位。

  啓蒙の七・四十九、同二十七・四十一、中正の一・十一、()いて見よ。

一 宗宗・互いに種を(あらそ)う等

  此の下は三に種子の()(きょう)を弁ず、亦二あり。初めに今師の正依、次に「華厳宗」の下は他人の誑惑(おうわく)

一 種子無上(むじょう)を立てたり。

  法華論二十八、論科の五・二十一。(まさ)に知るべし、法華論の「種子無上」は即ち天台(てんだい)の一念三千なり。天台の一念三千は実に是れ本門の意なり。

故に十章抄三十・二十八に云く「止観(しかん)に十章あり。前の六重は迹門の(こころ)、第七の正観は本門の意なり」(取意)と云云。

上巻に云く「一念三千の法門は(ただ)法華経の本門寿量品の文の底に秘し沈めたり」(取意)等云云。

此の文は今文に同じ。(しか)れば(すなわ)ち、本地難思境智の冥合(みょうごう)本有(ほんぬ)無作(むさ)()の一念三千の南無妙法蓮華経の種子の法体は(ただ)今経に限れり。是れ種子の()(きょう)(べん)ずるなり。向来の如く種子の体用(たいゆう)等を弁じ(おわ)んぬれば、釈尊は是れ下種の父なること(おのずか)ら分明なり。故に種を弁じて父を(あらわ)すと云うなり。(注:向来=さきざき、以後の意)

一 諸尊の種子・(みな)一念三千等

 是れ本門()(せつ)の意に約するなり。

一 華厳(けごん)宗の(ちょう)(かん)

 此の下は次に他人の誑惑(おうわく)なり。澄観の事、啓蒙(けいもう)五・六十五已下(いげ)の文に広し、()いて見よ。


つづく


開目抄愚記下 目次



# by johsei1129 | 2015-08-15 17:27 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)