人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 27日

観心本尊抄文段 下三十  「心を失える」と言うは、是れ末法今時の衆生を指すなり。


一 寿量品に云く等

此の下は次に(こう)(かい)(ごん)(けん)(のん)の文を引く、(また)二と為す。初めに一往(いちおう)在世の正宗を証し、次に再往(さいおう)末法の流通を証す。

初めの文、二と為す。初めに正しく引き、次に「久遠」の下は釈。即ち(さき)の「一往之を見れば」等の文に同じきなり。

文に云く「経に云く、余の心を失える者」等とは、此の下は次に再往(さいおう)末法の流通(るつう)を証するなり。「心を失える」と言うは、是れ末法今時の衆生を()すなり。

問う、「心を失える」と云うと(いえど)(なお)是れ仏子なり。(あに)結縁(けちえん)なからんや。(いわん)や「心を失える」と云う(あに)種の善根なからんや。()(しか)らば、末法今時の衆生を何ぞ本未(ほんみ)()(ぜん)と名づけんや。

答う、仏子の義を(しゃく)する(しょ)に三意あり。所謂(いわゆる)正・縁・了なり。而して失心を以て(なお)仏子と名づくることは是れ縁因の子に(あら)(ただ)是れ正因の子なり。(しつ)不失(ふしつ)を釈するに即ち両解(りょうげ)あり。初めに正因に約し、次に縁因に約す。(しか)して失心と名づくることは、是れ縁因の失心に非ず。(ただ)是れ正因の失心なり。故に仏子と云うと雖も、失心と云うと雖も、(なお)是れ本未(ほんみ)()(ぜん)の衆生なり。若し正因に()らば法界に非ざること無し。何ぞ(すべから)く更に()(ぜん)未善(みぜん)を論ずべけんや云云。

此の文(また)二と為す。初めに正しく引き、次に「問うて曰く」の下は釈。

初めの正しく引くに(また)二あり。初めに正しく引き、次に「分別功徳品」の下は「今留(こんる)」の二字を助成(じょじょう)するなり。

文に「是の好き良薬を今留めて此に在く」と云うは、「()()良薬(ろうやく)」とは流通(るつう)する所の正体を()げ「今(とど)めて(ここ)()く」とは正しく是れ流通(るつう)の義なり。

文に「問うて曰く此の経」等と云うは、此の下は釈、(また)二と為す。初めに問、次に答、二と為す。初めに「遣使(けんし)(げんごう)」を釈し、次に「今の遣」の下は「()(こう)良薬(ろうやく)」を釈するなり。

初めの文、二と為す。初めに通じて示し、次に別して釈す(おのずか)ら四あり。文の如く見るべし。

文に「今の遣使還告」等と云うは、()下、次に「是好良薬」を釈す、三と為す。初めに付嘱の人を示し、次に所嘱の法体(ほったい)を釈し、三に非器の人を(えら)ぶなり。

文に云く「是好良薬とは寿量品の肝要乃至是なり」とは、文の意に(いわ)く、今の是好良薬は脱益(だっちゃく)の寿量品の文底、名体宗用教の南無妙法蓮華経是れなりと云云。当に知るべし肝要(かんよう)」とは、是れ文底の異名(いみょう)なるのみ。

問う、天台(てんだい)云く「経教を留めて()く。故に()好良薬(こうろうやく)今留在(こんるざい)()と云う」等云云。妙楽(みょうらく)云く「頓漸(とんぜん)(こうむ)ると雖も、(もと)実乗に在り」等云云。今何ぞ文底下種の妙法に約するや。

答う、経文の意は通じて正像末に(わた)る。故に天台は総じて代経に約するなり。(けだ)妙楽は時、像法に()り。故に今経に約するなり。若し(れん)()は時、末法に在り。故に文底下種の妙法に約するなり。法華経は法なれども時機に(したが)って同じからず云云。


                   つづく

文段下 目次



# by johsei1129 | 2015-09-27 20:14 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 27日

観心本尊抄文段 下二九


一 又弥勒(みろく)菩薩疑請(ぎしょう)して云く等

此の下は次に本門正宗(しょうしゅう)の文を引く、(また)二あり。初めに動執(どうしゅう)生疑(しょうぎ)の文を引き、次に「寿量品」の下は(こう)(かい)(ごん)(けん)(のん)の文を引くなり。

初めの文、二と()す。初めに正しく引き、次に流通(るつう)に属する所以(ゆえん)を明かすなり。

文に云く「我等は(また)仏の随宜(ずいぎ)の所説(しょ)(すい)(みこと)未だ(かつ)虚妄(こもう)ならず、仏の(しょ)()は皆(ことごと)通達(つうだつ)し給えりと信と雖も」と。(まさ)()くの如く点ずべし。証真日遠(にちおん)(とも)是れ(あやま)りなり。何ぞ仏に対して「我等仏の所知は(みな)悉く通達す」と云うべけんや云云。次に文の意に(いわ)く、寿量品の法門は滅後の(ため)(しょう)。故に流通段に属するなり云云。

         

                     つづく

文段下 目次



# by johsei1129 | 2015-09-27 19:19 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 26日

上野殿御返事三 Persecution by Swords and Staves 3

かつ()へて食をねがひ・

As you crave food when hungry,

In the same way as you hunger for food when famished,

(かっ)して水をしたうがごとく・

seek water when thirsty,

thirst for water when parched,

恋いて人を見たきがごとく・

long to see a lover,

yearn for a loved one when apart,

病にくすりをたのむがごとく、

beg for medicine when ill,

seek medicine when ailing,

みめ()()ちよき人・べに()しろいものをつくるがごとく・

or as a beautiful woman desires powder and rouge,

or as a beautiful woman desires lip color and powder,

法華経には信心をいたさせ給へ、

so should you put your faith in the Lotus Sutra.

have faith in the Lotus Sutra.

さなくしては後悔あるべし云云。

 If you do not, you will regret it later.
 If you do not, you will regret it.


【本文】  目次 Index



# by johsei1129 | 2015-09-26 20:44 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 26日

上野殿御返事二 Persecution by Swords and Staves 2


 相かまへて相かまへて自他の生死はしらねども、御臨終のきざみ生死の中間(ちゅうげん)に日蓮かならず・むか()いにまいり候べし、

I do not know how long I or anyone else may live, but without fail, I will be with you at the time of your death and guide you from this life to the next.

Exert yourselfExert yourself in your practice. I do not know when you or I will die, but when you reach the crossroads of life and death, I will surely come to guide you.

三世の諸仏の成道は()うし()のをわり・()らのき()みの成道なり、

All the Buddhas of the past, present, and future attain enlightenment during the hours of the ox and the tiger.

All Buddhas throughout the three existences attain their Buddhahood between the beginning of the hour of the Ox and the end of the hour of the Tiger.

仏法の住処は鬼門(きもん)の方に三国ともにたつなり

In all three countries of India, China, and Japan, the place of Buddhist prayer is located to the northeast, in the direction of the demon gate.

The site of Buddhist practice is placed in the direction of the Demon Gate, the northeast, in all three countries of India, China and Japan.

此等は相承(そうじょう)の法門なるべし

These are profound teachings of Buddhism, which are reverently transferred from teacher to disciple.

This is the teaching of Buddhism transmitted from master to disciple.


                       つづく Next
【本文】  目次 Index



# by johsei1129 | 2015-09-26 20:32 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 26日

上野殿御返事一 Persecution by Swords and Staves 1


とにかくに法華経に身をまかせ信ぜさせ給へ、

 Be that as it may, commit yourself to the Lotus Sutra and have faith in its teachings.

 By all means, you must believe in and devote yourself to the Lotus Sutra.

 殿一人にかぎるべからず・信心をすすめ給いて過去の父母等をすく()わせ給へ。

 You must not only believe in them yourself but also encourage others to do the same, so that you may save those who were your parents in all your past existences.

Not only you must do so; encourage everyone in your family to take faith so your deceased parents and ancestors will be saved.  

日蓮生れし時より・いまに一日片時も・こころやすき事はなし、

From the time that I was born until today, I have never known a moment’s ease;

Since I was born, I, Nichiren, have spent not one day, not even one moment, at leisure.


此の法華経の題目を弘めんと思うばかりなり、

I have thought only of propagating the daimoku of the Lotus Sutra.

I have focused solely upon the propagation of the Daimoku of the Lotus Sutra.


                       つづく Next
【本文】  目次 Index



# by johsei1129 | 2015-09-26 20:18 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)