人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

<   2020年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2020年 02月 29日

Reply to the Lord Ueno (Buddhist memorial service letter) 上野殿御返事(法要書)

Reply to the Lord Ueno (Buddhist memorial service letter)上野殿御返事(法要書)

■執筆時期:弘安元年(西暦1278)41日 五十七歳御作。

Time of writing: April 1, 1281 (Year 1278), aged 57.

■執筆場所:身延山中の草庵にて。

Place: In a thatched hut on Mt. Minobu.

■執筆の背景:大石寺を建立した檀家であった上野(南条時光)殿への手紙。時光が姉の娘の死について大聖人に送った書状に対する返書である。

 314日または15日、大聖人はこの女性から「体調が急変したので、この手紙が最後になると思います。」という手紙を受け取り、「彼女はとうとう亡くなったのですか。」と嘆く。さらに時光は、娘が死に際して南無妙法蓮華経を唱えたことを知らせた。大聖人は「このお嬢さんは前世からどんな幸運を手に入れたのですか? 南無妙法蓮華経を死の時に唱えるのは、大海の中を這うほどの大きさの窪みに片目の亀が漂っている白檀の木に出くわしたり、天上の針の目を通って下がってきた糸に出くわしたりするのと同じくらい珍しい。」とその純粋な信仰を賞賛した。

 また、手紙の最後で「今の末法の世にあっては法華経も他の経典も民を救う力はない。南妙法蓮華経だけが、すべての人を仏に導くことができます。<...省略。>この南無妙法蓮華経に他の物を混ぜるのは重大な誤りである。」と諭している。

Background of writing: This is a letter given to the supporter the Lord Ueno (Tokimitsu Nanjo) who built Taiseki-ji Temple. It is a reply to the letter that Tokimitsu sent to Daishonin about the death of his older sister's daughter. On March 14 or5, Daishonin received a letter from the lady saying,"My condition suddenly changed, and I think this letter to you may be my last." and lamented, "Has she then passed away at last?". Furthermore, Tokimitsu informed that the daughter died by chanting Nam-myoho-renge-kyo on her deathbed. Daishonin praised her pure faith by saying "What good fortune had this lady daughter accumulated from the past lives? Saying Nam-myoho-renge-kyo at the moment of death is as rare as a one-eyed turtle encountering a floating sandalwood log in the vast ocean with a proper size hollow to crawl in, or a thread lowered from the heavens passing through the eye of a needle on earth."

Furthermore, at the end of the letter, he admonished, "Now, in this age of the Latter Day of the Law, neither the Lotus Sutra nor the other sutras have the power to save the people. Only Nam-Myoho-Renge-Kyo can lead all people to Buddhahood. <... omitted.> To mix other things with this Nam-myoho-renge-kyo is a grave error.".

ご真筆: 現存していない。古写本:日興上人筆(富士大石寺所蔵)

Original handwriting: It no longer exists. An old manuscript: Written by Nikko Shonin (Possessed by Fuji Taiseki-ji Temple)

[上野殿御返事(法要書) 本文] [御書原文]

精米18リットル、馬一頭分の里芋、コンニャク五切れ、わざわざ送ってくれました。

The 18l of polished rice, a horse-load of taro, five sections of konnyaku, you took kindly the trouble to send it to me.

まず、石川兵衛入道の姫君のことですが、私はよく手紙をもらいました。彼女の最後の手紙が届いたのは、確か、314日か15日の夜だったと思います。その中で彼女は「私の周りの世界を見ると、今年は健康な人でも生き延びるのは難しいようです。私は長い間病気をしていましたが、最近体調が悪くなりました。この手紙が最後かもしれません。」と言った。彼女はとうとう亡くなったのですか。

First, concerning the young lady of Ishikawa Hyoe Nyudo, I often received letters from her. I believe it was on the evening of the 14th or the 15th day of the third month that her last letter arrived. In it, she said, “When I look at the world around me, it appears that even the healthy will have difficulty surviving this year. I have been ill for quite some time, but my condition has recently become critical and I think this letter to you may be my last”. Has she then passed away at last?

仏の金言であるから、臨終に南無阿弥陀仏の念仏を唱える者は必ず浄土に往生するというのが一般的な信仰である。しかし、釈尊はなぜか「私はまだ真実を述べていない」「正直に方便を捨てる。」と悔やみ、この教えを捨てた。

Because they are the Buddha’s golden words, the general belief among the people is that one who chants Nam-Amidabutsu at the last moment of death will surely go to the Pure Land. And yet, for some reason, Shakyamuni Buddha regretted and abandoned this teaching stating, “I have not yet expressed the truth” and “Honestly discard expedient means.”

 私は仏様のお言葉通りに教えてきましたが、日本中が激怒し、私の言葉を事実無根の作り話だと非難しました。釈迦が前の教えを覆した例は他にもある。小乗教では、釈尊は10方すべてに他の仏はなく、他の衆生は一切仏性を有しないと説いた。しかし、大乗経典では、諸仏は宇宙の10方すべてに存在し、諸仏の本性はすべての衆生に内在していると説いている。どうして小乗教の経典を信じることができるのでしょうか? 当然のことながら、それ以来、すべての人々が大乗経典を信仰してきた。

I have been teaching as the Buddha advocated, but all Japan has become enraged and denounced my words as groundless fabrications.There were other instances of the Buddha are reversing his earlier teachings. In the Hinayana sutras, Shakyamuni taught that in all the ten directions there was no other Buddha and that no other living beings possessed the Buddha nature. Yet in the Mahayana sutras, he revealed that Buddhas live in all ten directions of the universe and that the Buddha nature is inherent within all living beings. How could anyone believe in the Hinayana sutras for this? Naturally, since that time all people have placed their faith in the Mahayana sutras.

さらに不可解な違いがある。法華経においては、釈尊は過去に説かれた経典、現在説かれている経典、これから説かれようとしている経典のすべてを悔恨して退け、法華経のみを真実と宣言した。しかし、弟子たちはこれを受け入れることができなかった。その時、多宝仏がやってきて、釈尊の言ったことを証明し、10方からの諸仏は一致し、梵天に至るまで舌を伸ばした。その後、多宝仏は宝塔の扉を閉め、他の諸仏は元の地に戻っていた。釈尊自身でさえ、法華経を否定することはできず、他の経典がどのように説かれようとも、他の諸仏はみな一致団結して真実を確認したのである。そのため、法華経の次に説かれる普賢経や涅槃経では、法華経は称揚されるが誹謗中傷されることはない。

There are even more incomprehensible differences. In the Lotus Sutra, Shakyamuni regretted and disclaimed all the sutras he had previously preached, currently preached and would preach, declaring only the Lotus Sutra to be the full and complete truth. But his disciples could not accept this. At that time, Taho Buddha came over to prove to what Shakyamuni Buddha had said, and tall the Buddhas from throughout the ten directions concurred and extended their tongues until they reached the Brahma Heaven. After that, Taho Buddha had closed the door of the treasure tower and the other Buddhas had returned to their original lands. Not even Shakyamuni Buddha himself could have denied the Lotus Sutra, whatever other sutras he might have expounded in an effort to do so, because the other Buddhas had all joined in affirming its truth. That is why in the Fugen Sutra and Nirvana sutras, which are preached after the Lotus Sutra, the Lotus Sutra is praised but never slandered.

それにもかかわらず、真言宗の善無畏や禅宗の開祖らが法華経を誹謗しており、日本人はみなこれを信じている。そうすることで、日本人は反乱軍の将門や貞任と一緒になるように欺かれた者のようになってしまった。日本は長年にわたって釈迦、多宝、10方の諸仏の宿敵であり、しかもこれらの誤りを糾弾する者は迫害されるため、滅亡の危機に瀕している。このような災いが重なって、今、我が国は天の怒りを受けている。

Nonetheless, priests like Zenmui of the Shingon sect and the founders of the Zen school have slandered the Lotus Sutra, and the entire Japanese believe their assertions. In so doing, the Japanese have become like those who were misled into joining forces with the rebel warriors, Masakado and Sadato. Japan is now on the brink of ruin because it has for many years been the archenemy of Shakyamuni, Taho, and the Buddhas of the ten directions, and in addition, the person who denounces these errors is persecuted. Because such evils thus accumulate one atop another, now our nation is incurring the wrath of heaven.

このお嬢さんは前世からどんな幸運を手に入れたのですか? 南無妙法蓮華経を臨終の時に唱えるのは、目が一つの亀が、広大な海を這うほどの大きさの窪みを持つ浮いている白檀に出くわしたり、天空から下がった糸が地上の針の目を通って落ちたりするようなものである。彼女はなんて珍しいのでしょう。

 What good fortune had this lady daughter accumulated from the past lives? Saying Nam-myoho-renge-kyo at the moment of death is like a one-eyed turtle encountering a floating sandalwood with a proper size hollow to crawl in the vast ocean, or a thread lowered from the heavens passing through the eye of a needle on earth. How rare she is!

また、念仏を唱える者は必ず不断の苦しみの地獄に落ちることが経典から明らかになっている。しかし、無知な人々は、これは私日蓮が作り上げたものだと信じています。よく言われるように、「天を見るのは自分のまつげを見るようなものだ。」。人は自分のまつげを見ることもできないし、遠くの空も見えない。もし私の教えが間違っていたら、石川の娘尼御前は、臨終の時に正しい確固たる心を得ることはできなかったでしょう。

Moreover, the sutras make it very clear that a person who chants the Nembutsu will definitely fall into the hell of incessant suffering; yet people in their ignorance, believes this is just something I, Nichiren, have made up. As is often said,“To view the heavens is like viewing one’s own eyelashes.” People can see neither their own eyelashes, which are just so close, nor a far-off sky. If my teachings had been false, Ishikawa’s lady daughter, Ama-gozen, could not have achieved a correct and steadfast mind at the moment of her deathbed.

 私の弟子の中にはこの教えをよく知っていると公言する者もいるが、この態度は正しくない。南無妙法蓮華経は、法華経の心臓部です。それは人の魂のようなものだ。南無妙法蓮華経とともに別の教えを奉るのは、天皇二人と結婚したり、大臣や身分の低い人と密通したりする皇后に似ている。これは災いを招くだけだ。正法・像法期には、この南無妙法蓮華経は、他の経典の利益を奪うことがないように、具体的には伝えられなかった。

Some, among my disciples, profess to know this teaching well, but this attitude is incorrect. Nam-myoho-reng-kyo is the heart of the Lotus Sutra. It is like the soul of a person.To revere another teaching together with Nam-myoho-renge-kyo is similar to an empress marrying to two emperors or secretly committing adultery with a minister or a person of low rank. This could only result in disaster. In Shoho and Zoho times this Nam-Myoho-Renge-Kyo was not propagated specifically in order not to deprive the other sutras of their power of benefit.

今の末法の世にあっては法華経も他の経典も民を救う力はない。南無妙法蓮華経だけが、すべての人を仏に導くことができます。これは私だけの判断ではない。釈尊、多宝、10方の諸仏、千世の塵の如き数の地上より出でたる菩薩がそれを定めた。この南無妙法蓮華経に他のものを混ぜるのは重大な誤りである。日が昇るとランプは役に立たない。雨が降ると露が必要ですか? 生まれたばかりの赤ちゃんに母乳以外のものを与えるべきですか?良い薬であれば、他の薬を加える必要はありません。

Now, in this age of the Latter Day of the Law, neither the Lotus Sutra nor the other sutras have the power to save the people. Only Nam-Myoho-Renge-Kyo can lead all people to Buddhahood. This is not only my own judgment. Shakyamuni, Taho, the Buddhas of the ten directions, and the bodhisattvas who emerged from the earth as numerous as the dust particles of a thousand worlds have determined it. To mix other things with this Nam-myoho-renge-kyo is a grave error. A lamp is useless when the sun rises. When rain falls, are dewdrops necessary? Should one feed newborn baby anything other than its mother's milk? With good medicine, it is not necessary to add any other medicine.

この女性はこの教えに特別な知識はなかったが、自然にこの教えを持ち、最後まで信仰を守った。彼女はなんと尊いのだろう。彼女はなんと高潔なのだろう。

弘安元年四月一日              日  蓮  花 押

上野殿御返事

Although this woman possessed no special knowledge of this teaching, she had held this doctrine naturally and upheld the faiths until the last moment of her life. How precious she was! How noble-minded she was! 

Nichiren

The first day of April in the first year of Koan (1278)  

The reply to the Lord Ueno.


Original Text.  Table of Contents.




by johsei1129 | 2020-02-29 11:53 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 27日

Reply to the wife of the Lord Shijo Kingo 四条金吾殿女房御返事

Reply to the wife of the Lord Shijo Kingo 四条金吾殿女房御返事

Reply to the wife of the Lord Shijo Kingo 四条金吾殿女房御返事_f0301354_16265762.jpg
■執筆時期:文永十二年(西暦1275)一月二十七日 五十四歳御作。

Time of the writing: January 27, Bunei 12 (AD 1275), written at the age of 54.

■執筆場所:身延山中草庵にて。

Place: In a thatched hut on Mt. Minobu.

■執筆の背景:33歳の厄年、四条金吾の妻、日眼女の法要に対する返書。この中で、大聖人は法華経以前の教えにおいて、「ある経典では、女は地獄の使者であると説いている。他の経典では大蛇としている。また、曲がりくねった木に描かれているものもある。また、成仏の種を焼いた者とする経典もある。」と述べ、「この経を信じる女は、他の女より優れているだけでなく、すべての男より優れているとは、法華経にしか見られないことです。」と戒め、法華経のみが女性が成仏する経典であると固く結論づけている。また、33歳の厄年については、日眼女に法華経信仰を勧めた。大聖人は「33歳の不幸は33歳の幸せになる。つまり、七つの災厄がそのまま消滅し、七つの幸福がそのまま現われるということです。」と述べている。

Background of writing: This writing is a reply to the memorial service held by Nichigannyo, the wife of Kingo Shijo, at the age of unlucky 33. In this writing, the Daishonin stated that in the teachings before the Lotus Sutra, "One sutra condemns women as messengers of hell. Another sutra describes them as great serpents. Still another depicts them to bent and twisted trees. And there is even a sutra that describes them as people who have scorched the seeds of Buddhahood." and admonished that "Only in the Lotus Sutra do we read that a woman who believes in this sutra not only excels all other women, but also surpasses all men." and firmly concluded that the Lotus Sutra was the only sutra that woman attains Buddhahood. Furthermore, regarding her unlucky age of 33, Daishonin encouraged Nichigannyo believing in the Lotus Sutra. Daishonin said, "Your unlucky age of 33 will turn into the thirty-three happiness. This means that the seven disasters will vanish as it is, and the seven happiness will appear as it is."

ご真筆: 宮津市妙円寺他三ヶ所、断簡所蔵。

Original: Fragments are kept in three locations including Myoenji Temple in Miyazu City.

[四条金吾殿女房御返事 本文]

日本人全体の目をくりぬいて心を惑わす偽の教えは、やはり真言宗の僧侶が持っているものである。しかし、この問題はひとまず置いておこう。

As for false teachings that gouge out the eyes and delude the minds of the entire Japanese populace, after all, there is none mistaken than that is held by the monks of the Shingon sect. But let us set this matter aside for now.

これは法華経をはじめとする諸経典の功徳を説いた10のたとえであるが、これは釈尊の真意ではない。その目的は、他のすべての経典の行者と法華経の行者を比較し、法華経の行者は太陽や月のようであり、他の経の行者は星や灯籠のようであることを示すことであった。

Although the ten similes seem to illustrate the relative merit of the Lotus Sutra and all the other sutras, this was not the Buddha’s true intention in expounding them. His aim was to compare the ascetics of all other sutras with the ascetics of the Lotus Sutra and to show that the ascetics of the Lotus Sutra is like the sun and moon, while the ascetics of the other sutras are like stars or lanterns.

どう理解すればいいのでしょうか? 8番目の比喩は最も重要な一節が続く。「この経を受持することの出来る人もまた、衆生の中で第一である。」とあり、この二十二文字の経文は、すべての経の心であり、すべての衆生の眼である。つまり、法華経に入信する者は、太陽や月、大王である梵天王や仏のようであるのに対し、大般涅槃経に入信する者は、星や水や川のようであり、凡人のようである。そのため、衆生・僧・尼を問わず、法華経を奉ずるこの世の誰もが衆生の主であり、梵天や釈尊はその人を畏敬の念を抱いている。このように考えると、私の喜びは言葉では表せません。

How do we understand this? The eighth metaphor is followed by a most vital passage. It reads, “A person who can accept and uphold this sutra is likewise foremost among all living beings.” This twenty-two-character passage is the heart of all sutras and the eye of all living beings. Its meaning is that, while the votary of the Lotus Sutra is like the sun and the moon, the great king Brahma, or the Buddha, the votaries of the Mahavairochana Sutra are like the stars, the streams and rivers, or like ordinary people. For this reason, the Buddha surely considers anyone in this world who embraces the Lotus Sutra, whether lay man or woman, monk or nun, to be the lord of all living beings, and Brahma and Taishak most certainly hold that person in reverence.When I think in this way, my joy is beyond expression.

また、この経文を昼夜熟考し朝夕に読誦するのは、ただ法華経の行者を指しているのではないことがわかる。「この経を受けて守る人」の「人」は文字通り人間を意味するので、現世の僧侶・尼僧・俗男・俗女のうち、法華経を信じる者を指すのではないかと考えていた。しかし、これはそうではない。というのは、その後の節で、ブッダは再びこの人物に言及し、「女がいれば。..」と言っているからです。

Moreover, in pondering this sutra passage day and night and reading it morning and evening, I realize that the votary it refers to is not just any practitioner of the Lotus Sutra. Since "a person" of “a person who can accept and uphold this sutra” in the phrase literally means any human being, I had thought that it must indicate anyone among the monks, nuns, laymen, or laywomen in this world who believe in the Lotus Sutra. This, however, is not so. For, in a subsequent passage where the Buddha again refers to this person, he says, “If there is a woman . . .”

私日蓮が法華経以外の経典を読んだとき、私は女になりたいとは少しも思いません。ある経典では、女は地獄の使者であると説いている。他の経典は大蛇としている。また、曲がりくねった木に描かれているものもある。また、成仏の種を焼いた者とする経典もある。

When I, Nichiren, read the sutras other than the Lotus Sutra, I have not the slightest wish to become a woman. One sutra condemns women as messengers of hell. Another sutra describes them as great serpents. Still another depicts them to bent and twisted trees. And there is even a sutra that describes them as people who have scorched the seeds of Buddhahood.

仏典だけではない。仏教以外の書物も女性を軽蔑する。例えば、栄啓期と呼ばれる人物は、三つの喜びを称える歌を歌うが、その一つが女性として世に生まれなかった喜びである。悪の根源は3人の女性にあると広く認められている。この経を奉じる女は、他の女に優るばかりでなく、男にも優るとは、法華経にしか見えない。

Buddhist scriptures are not alone in this regard; non-Buddhist writings also disdain women. A person called Eikeiki, for example, sings in praise of three pleasures, one of which is the pleasure of not having been born into the world as a woman. It is widely accepted that evil has its origins in the three women. Only in the Lotus Sutra do we read that a woman who believes in this sutra not only excels all other women, but also surpasses all men.

たとえ彼女が誰からも中傷されたとしても、結局のところ、女性にとって最も大切にしている男性に愛されることほど幸せなことはありません。他人に嫌われても構わないのです。釈迦、多宝仏、10方の諸仏、梵天、帝釈天、日月の神々に愛でられているなら、何の文句があろうか。法華経だけにほめられているのなら、不満はないはずです。

Even though she may be slandered by everyone, for a woman, there is ultimately no greater happiness than to be loved by the man she holds dearest. Let others hate you if they will. What have you to complain about, if you are cherished by Shakyamuni Buddha, Taho Buddha, and the Buddhas of the ten directions, as well as by Brahma, Taisyak, and the gods of the sun and moon? As long as you are praised by only the Lotus Sutra, she must have no discontent.

厄年が33歳になったのでお供えをしたということですね。釈迦如来と法華経と太陽神の前に捧げて、あなたの信仰を報告した。人の体には左肩と右肩があり、その上には同名の神と同生の神がいる。これらは、ブラーマ、帝釈、太陽と月の神がそれぞれの人を守るために割り当てた2つの神です。母の胎内に入ってから死ぬまで、影のように、目のようについてくる。私たちが悪いことをしたり、良いことをしたりすると、彼らは露やちりのような詳細さえも省略せずに、すべてを天の神に報告します。これは華厳経に説かれ、天台大師摩訶止巻第八に引用されている。

You say that you have now reached the unlucky age of thirty-three and for that reason sent offerings. I have presented them before Shakyamuni Buddha, the Lotus Sutra, and the god of the sun, and reported your faith to them. A person’s body has a left and a right shoulder, on which there are two gods, one called Same Name and the other, Same Birth. These are two deities whom Brahma, Taisyak, and the gods of the sun and moon have assigned to protect each person. From the time we enter our mother’s womb until the end of our life, they accompany us like our shadow or like our eyes. If we commit an evil act or perform a good deed, they report everything to the heavenly gods without omitting even a detail as minute as a dewdrop or a speck of dust. This is described in the Kegon Sutra and is cited by the Great Teacher Tientai in the eighth volume of his Maka-shikan.

しかし、仮に法華経を信じていたとしても、その信仰が薄弱であれば見捨てられると述べている。例えば、指揮官が臆病だと、兵士は臆病になります。弓が弱いと弦が緩む。風が弱ければ波は高くならない。これが自然の原理です。

He states, however, that if her faith is frail, even though she believes in the Lotus Sutra, she will be forsaken. For example, if a commanding general is faint-hearted, his soldiers will become cowards. If a bow is weak, the bowstring will be slack. If the wind is weak, the waves will not rise high. These are the principles of nature.

さて、ご主人の左衛門は法華経の信者ですが、日本の在家仏教の中では彼にかなう者はいません。そんな男と結婚したあなたは、日本女性の中でも第一人者です。あなたは法華経のために生きているのだから、仏陀はあなたを竜王の娘と同じように思っているに違いない。女性という字は「依存する。」という意味で、藤は松に、女性は男性に依存します。左衛門を師とし、法華経に導かれるべし。

Now your husband Saemon is a believer in the Lotus Sutra, no man can compare with him among the Buddhist lay believers in Japan. Being married to such a man, you also are foremost among the women of Japan. Because you live for the sake of the Lotus Sutra, the Buddha surely regards you as equal to the dragon king’s daughter. The character for woman implies “to depend.” The wisteria depends on the pine tree, and a woman depends on a man. Make Saemon your teacher and please be led by the Lotus Sutra.

あなたの33歳の不運は、あなたの33歳の幸せに変わります。つまり、「七つの災厄がそのまま消え、七つの恵みがそのまま現れます。」ということです。
あなたは若くなり、幸運が積み重なっていきます。敬具    

十二月二十七日   日蓮

四条金吾殿の妻への返事

Your unlucky age of 33 will turn into the thirty-three happiness. This means that “The seven disasters will vanish as it is, and the seven happiness will appear as it is.”

You will grow younger, and your good fortune will be piled up.

Yours sincerely,

Nichiren

The twenty-seventh day of the first month

Reply to the wife of the Lord Shijo Kingo


Original Text.  Table of Contents.




by johsei1129 | 2020-02-27 21:27 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 27日

Gosho 上野殿御返事 The Teaching for the Latter Day 1

The Teaching for the Latter Day.

The Passing of Ishikawa’s Daughter.


  弘安元年四月一日 五十七歳御作

  1 April 1278 (Age: 57)

 白米一斗・いも()()こん()()やく五枚・わざと送り給び候い(おわ)んぬ。

I have received the one to of polished rice, the horse load of taros, and the five blocks of konnyaku that you took the trouble to send me.

I have received a quarter-sack of polished rice, a horse-load of taro and five sections of konnyaku, which you were kind enough to send.

The quarter sack of polished rice, the horse load of taro, and the five konnyaku. I have received these which you sent with the express purpose.

 なによりも石河の兵衛(ひょうえ)入道殿のひめ御前の度度(たびたび)ふみ()をつかはしたりしが、三月の十四五()()にて候しやらむ御ふみありき。この世の中をみ候に、病なき人も・こねん(今年)なんどを()ぐべしとも()へ候はぬ上、もとより(やまい)ものにて候が、すでにきう()になりて候さいご(最後)の御ふみ()なりと、()かれて候いしが、されば・つゐに・はかなくならせ給いぬるか。

 First of all, the young lady, the daughter of the lay priest Ishikawa no Hyōe, often sent me letters, and in one that reached me on the night of the fourteenth or fifteenth day of the third month, she wrote, “When I observe the world around me, it seems that even healthy people will be unable to survive this year. I have been ill for a long time, but my illness has suddenly worsened, and I imagine that this will be my last letter to you”. Has she then passed away after all?

 First, concerning the daughter of Ishikawa Hyoe Nyudo, I often received letters from her. I believe it was on the evening of the 14th or the 15th day of the third month that her last letter arrived. In it, she said, When I look at the world around me, it appears that even the healthy will have difficulty surviving this year. I have been ill for quite some time, but my condition has recently become critical and I think this letter to you may be my last”. And now she has already passed away.

 First of all, concerning the daughter of Ishikawa Hyoe Nyudo, I often received letters from her. I believe it was the evening of the 14th or the 15th day of March that her last letter arrived. In it, she said, “When I look at the world around me, it seems that even healthy people will be unable to survive this year. I have been ill for a long time, but my condition has recently become critical and I think this will be my last letter to you”. Has she then passed away at last?


             つづく Next


解説  全目次 Index All



by johsei1129 | 2020-02-27 18:55 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 27日

WRITINGS OF NICHIREN DAISHONIN 日蓮大聖人御書

Writings of Nichiren Daishonin


Reply to Lord Toki. 富木殿御返事

The Treatise of Establishing the Correct Teachings for the Peace and Security of the Nation. 立正安国論

The Writing to theLord Funamori Yasaburo. 船守弥三郎殿許御書

Buddhist Practice During Menstruation 月水御書

Reply to the Lord Akimoto 秋元殿御返事

Letter to the lay priest Yadoya. 宿屋入道許御状 

Second Letter to the lay priest Yadoya. 宿屋入道再御状 

Missive to Hojo Tokimune. 北条時宗への御状 

Letter to Doryu of Kenchoji Temple.  建長寺道隆への御状

Letter to Ryoukan of the Gokurakuji Temple. 極楽寺良観への御状

Letter to My Disciples and Supporters. 弟子檀那中への御状

The Points to be Careful of in theCourt. 問注得意抄

Letter to Lord Ota Kingo. (The Annual Lecture on the Doctrines of the Great Teacher Tientai). 金吾殿御返事(大師講御書)

The Writing to the young ladyTsukimaro 月満御前御書

Writingto the Lord Nambu Rokuro 南部六郎殿御書

Letter about the day before yesterday. 一昨日御書

Writing to the lord Toki  土木殿御返事

A Writing to the Lord Shijo Kingo. (Tatsunokuchi Persecution). 四条金吾殿御書(竜の口御書)

Letter to five Followers in Prison of the Mud Wall. 五人土籠御書

Banishment to Sado.  佐渡御勘気抄

■The Blood Line of the Ultimate Law ofLife 生死一大事血脈抄

Opening the Eyes. 開目抄

Writing to the Sainthood Nichimyo  日妙聖人御書

Reply to the lord Kyo’o  経王殿御返事

Letter to Lord Toki. 富木殿御書

Reply to the wife of the Lord Shijo Kingo 四条金吾殿女房御返事

Writing to Abutsubo 阿仏房御書(宝塔御書)

Reply to Soya Nyodo 曾谷入道殿御返事

Selction of Times. 撰時抄

Replyto the lay nun, the Abutsu-bo's wife 阿仏房尼御前御返事

Letter to the Brothers 兄弟抄

Requiting Favors. 報恩抄

Reply to the Lord Matsuno  松野殿御返事 (十四誹謗抄)

A Reply to Ikegami Munenaga. (Letter for Expostulation). 兵衛志殿御返事(諫暁書)

The Orally Conveyed Doctrines. 御義口伝(就註法華経口伝)

Reply to the Lord Ueno(Buddhist memorial service letter) 上野殿御返事(法要書)

A Reply to Ikegami Munenaga. (Letter about a Miso of aPail). 兵衛志殿御返事(味噌一桶御書)

The Honorific Phrase which had been added to the Grand Gohonzon of the Sanctuary of the Radical Teachings. 本門戒壇大御本尊脇書

A reply to Lord Ikegami Minenaka. 右衛門太夫殿御返事

A Reply to the Saints.聖人等御返事

About the Mongolia. 蒙古事

Reply to the lord Ueno 上野殿御返事(竜門御書)

Reply to Kuboama. 窪尼御前御返事

Reply to the lay nun Myoichi 妙一尼御前御返事

The Proof of the Lotus Sutra. 法華証明抄

Document for Entrusting the Lawthat Nichiren Propagated throughout his Life.日蓮一期弘法付嘱書

Document to inherit Mt. Minobu.身延山付嘱書


Clauses that should be Maintained after Nikko.日興跡条々事

The Last Religious Precepts by Nikko.日興遺誡置文























by johsei1129 | 2020-02-27 16:17 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 23日

【一代五時継図】五

一、天台御臨終の事

 止観の一に云く安禅として化す位五品に居す文。

 弘決の一に云く安禅として化す位五品に居す等とは此れ臨終の行位を出すなり、禅定を出でずして端坐して滅を取る故に安禅として化すと云う文、又云く法華と観無量寿の二部の経題を唱えしむ文、又云く香湯を索めて口を漱(すす)ぎ竟つて十如・四不生・十法界・四教・三観・四悉・四諦・十二縁を説くに一一の法門・一切の法を摂す、吾今最後に観を策まし玄を談ず最後善寂なり跏趺して三宝の名を唱えて三昧に入るが如し即ち其の年十一月二十四日未の時端坐して滅に入りたもう文。

 又云く大師生存に常に兜率に生ぜん事を願う臨終に乃ち観音来迎すと云う、当に知るべし物に軌とり機に随い縁に順じて化を設く一准なる可からざることを文、又云く汝善根を種うるに嬾くして他の功徳を問う盲の乳を問い蹶(つまづ)きたる者の路を訪うが如し実を告げて何の益かあらん文。

選択集の上に云く願くは西方の行者各其の意楽に随い或は法華を読誦して以て往生の業と為し、或は華厳を読誦し以て往生の業と為し或は遮那教主及以び諸尊の法等を受持し読誦して往生の業と為し或は般若方等及以び涅槃経等を解説し書写して以て往生の業と為す是れ則ち浄土宗観無量寿経の意なり文。

 又云く問うて曰く爾前経の中何ぞ法華を摂するや、答えて曰く今言う所の摂とは権実偏円等の義を論ずるに非ず、読誦大乗の言は普く前後の大乗諸経に通ず文。

 観無量寿経に云く爾の時に王舎大城に一りの太子有す阿闍世と名く、調達悪友の教に随順して父の王の頻婆沙羅を収執して幽閉して七重の室内に置く文。

 法華経の序品に云く韋提希の子阿闍世王若干百千の眷属と倶なり文。

 恵心の往生要集の上に云く夫れ往生極楽の教行は濁世末代の目足なり道俗貴賎誰か帰せざらん、但顕密の教法其の文一に非ず事理の業因其の行惟れ多し利智精進の人は未だ難と為さず、予が如き頑魯の者豈敢てせんや、是の故に念仏の一門に依つて聊か経論の要文を集め之を披らき之を修するに覚り易く行じ易し文。

 恵心往生要集を破し二十三年已後に一乗要決を作る、一乗要決の上に云く諸乗の権実は古来の諍なり倶に経論に拠つて互に是非を執す、余寛弘丙午の歳冬十月病中に歎じて曰く仏法に遇うと雖も未だ仏意を了せず

若し終に手を空うせば後悔何ぞ追ばん、爰に経論の文義賢哲の章疏或は人をして尋ねしめ或は自ら思択す、全く自宗他宗の偏党を捨てて専ら権智実智の深奥を探るに遂に一乗は真実の理五乗は方便の説なることを得る者なり、既に今生の蒙を開く何ぞ夕死の恨を遺さん文。

一、念仏は末代に流布す可き事

 雙観経の下に云く当来の世に経道滅尽せんに我慈悲を以て哀愍して特に此の経を留めて止住すること百歳ならん、其れ衆生有つて斯の経に値う者は意の所願に随つて皆得度す可し文。

 往生礼讃に云く万年に三宝滅して此の経住すること百年、爾の時に聞いて一念もせば皆当に往生を得べし文。

 慈恩大師の西方要決に云く末法万年に余経悉く滅して弥陀の一経のみと文。

 方便品に云く深く虚妄の法に著して堅く受けて捨つ可からず是くの如き人度し難しと文。

 堅恵菩薩の宝性論に云く過去謗法の障り不了義に執著すと文。

 方便品に云く若し余仏に遇わば此の法中に於て便ち決了することを得んと文。

 玄の七に云く南岳師の云く初依を余仏と名く無明未だ破せず之を名けて余と為す、能く如来秘密の蔵を知つて深く円理を覚す之を名けて仏と為す文。

 涅槃経疏十一に云く人正法を得るが故に聖人と云うと文。

像法決疑経に云く常施菩薩初成道より乃至涅槃其の中間に於て如来の一句の法を説くを見ず、然るに諸の衆生は出没・説法度人有りと見ると文。

 二十五三昧・二十五有の略頌に曰く四州・四悪趣・六欲並びに梵世・四禅・四無色・無想・五那含文。

一、漢土南北の十師天台大師に帰伏する事

 国清百録の第四に云く千年と復五百と復実に今日に在り南岳の叡聖天台の明哲昔は三業を住持し今は二尊に紹継す豈止だ甘露を振旦に灑ぐのみならん亦当に法鼓を天竺に振うべし、生知妙悟なり魏晋より以来典籍風謡実に連類無し云云、乃至禅衆一百余僧と共に智者大師を請し奉る。[天台大師、俗性は陳氏、字は徳安、諱は智・頴川の人なり、後則ち南荊州華容県に遷居す。]

一、伝教大師の一期略記に云く[桓武天皇の御宇、延暦廿一年壬午正月十九日伝教大師最澄高尾寺に於て、六宗と諍い責め破り畢ぬ。仍つて勅宣を下され帰伏の状を召さる、六宗の碩学共に帰伏の状を奉りて云く]漢明の年教震旦に被り礒島の代に訓本朝に及ぼす、聖徳の皇子は霊山の聖衆にして衡岳の後身なり経を西隣に請い道を東域に弘む、智者禅師は亦共に霊山に侍し迹を台岳に降し同く法華三昧を悟り以て諸仏の妙旨を演ぶる者なり、竊に天台の玄疏を見れば釈迦一代の教を惣括して悉く其の趣を顕わし処として通ぜざること無し独り諸宗に逾え殊に一道を示す、其の中の所説の甚深の妙理七箇の大寺六宗の学匠昔未だ聞かざる所曾て未だ見ざる所三論法相の久年の諍い渙焉として氷の如く釈け昭然として既に明かなり雲霧を披いて三光を見るが猶し、聖徳の弘化より以降今に二百余年の間講ずる所の経論其の数惟れ多し彼此理を争つて其の疑未だ解けず、此の最妙の円宗猶未だ闡揚せず、蓋し以れば此の間の群生未だ円味に応ぜざるか、伏して惟れば聖朝久しく如来の付嘱を受け深く純円の機を結ぶ一妙の義理始めて乃ち興顕す、六宗の学衆初めて至極を悟る、謂つべし此の界の含霊而今而後悉く妙円の船に載つて早く彼岸に済ることを得と、如来の成道四十余年の後乃ち法華を説いて悉く三乗の侶をして共に一乗の車に駕せしむるが猶し、善議等慶躍の至りに堪えず敢て表を奉つて陳謝以て聞す云云。

 秀句の下に云く当に知るべし已説の四時の経・今説の無量義経・当説の涅槃経は易信易解なることを随他意の故に、此の法華経は最も為れ難信難解なり随自意の故に、随自意の説は随他意に勝る、但し無量義を随他意と云うは未合の一辺を指す余部の随他意に同じからざるなり文。

 文句の八に云く已とは大品以上の漸頓の諸説なり今とは同一の座席謂く無量義経なり当とは謂く涅槃なり、大品等の漸頓は皆方便を帯すれば信を取ること易しと為す今無量義は一より無量を生ずれども無量未だ一に還らず是亦信じ易し、今の法華は法を論ずれば一切の差別融通して一法に帰す人を論ずれば則ち師弟の本迹倶に皆久遠なり、二門悉く昔と反すれば信じ難く解し難し、鋒に当る難事をば法華已に説く涅槃は後に在れば則ち信ず可きこと易し、秘要の蔵とは隠して説かざるを秘と為し一切を惣括するを要と為す真如実相の包蘊せるを蔵と為す、不可分布とは法妙にして信じ難し深智には授く可し無智は罪を益す故に妄りに説く可らず、昔より已来未だ曾て顕説せずとは三蔵の中に於ては二乗の作仏を説かず、亦師弟の本迹を明かさず、方等般若には実相の蔵を説くと雖も亦未だ五乗の作仏を説かず、亦未だ発迹顕本せず頓漸の諸経皆未だ融会せず故に名けて秘と為す、此の経には具に昔秘する所の法を説く即ち是れ秘密蔵を開するに亦即ち是れ秘密蔵なり、此くの如きの秘蔵は未だ曾て顕説せず、如来在世猶多怨嫉といわば四十余年には即ち説くことを得ず今説かんと欲すと雖も而も五千尋いで即ち座を退く仏世すら尚爾り、何に況や未来をや理化し難きに在り。

 楞伽経に云く我得道の夜より涅槃の夜に至るまで一字をも説かず文。

 止観の五に云く是の故に二夜一字を説かずと文、又云く仏二法に因つて此くの如きの説を作したもう縁自法と及び本住の法を謂う、自法とは彼の如来の得る所我も亦之を得文、又云く文字を離るるとは仮名を離るるなり文。

 法華に云く但仮の名字を以て衆生を引導したもう文。

 玄義の五に云く恵能く惑を破し理を顕す理は惑を破すこと能わず、理若し惑を破せば一切衆生悉く理性を具す何が故ぞ破せざる、

若し此の恵を得れば則ち能く惑を破す故に智を用つて乗体と為す文。

 弘の五に云く何の密語に依つて此くの如き説を作したもう、仏の言く二の密語に依る謂く自証法・及び本住法なり、然るに一代の施化・豈権智被物の教無からんや、但此の二に約して未だ曾て説有らざる故に不説と云うのみ文。

 籤の一に云く三に廃迹とは後の如く前の如し文を引く中・初に諸仏の下同を引く・為度の下正しく廃迹を明す、廃し已れば迹無し故に皆実と云う、実は只是れ本・権は只是れ迹・若し同異を弁ぜば広く第七の巻の如し文、籤の一に云く捨は只だ是れ廃・故に知んぬ開と廃は名異躰同なることを文。

 止の六に云く和光同塵は結縁の始め八相成道は以て其の終りを論ずと文。

 弘の六に云く和光の下・身を現ずるを釈するなり四住の塵に同じ処処に縁を結び浄土の因を作し利物の始めと為す、衆生機熟して八相成道す身を見・法を聞き終に実益に至る文。

 天照大神の託宣に云く往昔勤修して仏道を成じ求願円満遍照尊・閻浮に在つては王位を護り衆生を度せんが為に天照神。



by johsei1129 | 2020-02-23 22:26 | 御書十大部(五大部除く) | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 23日

【一代五時継図】四

一、不謗人法の事

 安楽行品に云く人及び経典の過を説くことを楽わざれ亦諸余の法師を軽慢せざれ文。

 止観の十に云く夫れ仏説に両説あり一に摂二に折安楽行の長短を称ぜざるが如き是れ摂の義なり、大経の刀杖を執持し乃至首を斬る是れ折の義なり、与奪途を殊にすと雖も倶に利益せしむ文。

 弘決の十に云く夫れ仏法両説等は大経の執持刀杖等は第三に云く善男子正法を護持する者五戒を受けず威儀を修せず乃至下の文は仙預国王等の文なり文。

 文句の八に云く大経には偏に折伏を論じ一子地に住す何ぞ曾て摂受無からん、此の経には偏に摂受を明せども頭七分に破る折伏無きに非ず、各各一端を挙げて時に適うのみ文。

 顕戒論の中に云く論じて曰く持品の上位は四行を用いず安楽の下位は必ず四行を修す摩訶薩の言定んで上下に通ずと文。

 文句の八に云く持品は八万の大士忍力成ずる者此の土に弘経す新得記の者は他土に弘経す安楽行の一品文。

 疏記の八に云く持品は即ち是れ悪世の方軌安楽行は即ち是れ始行の方軌なり故に住忍辱地等と云う、安楽行品に云く他人及び経典の過を説かざれ、他人の好悪長短を説かざれと文。

一、念仏の一切衆生の往生せざる事[並びに難行道次に六道輪廻の事]

 善導和尚の玄義分に云く問うて曰く未審定散の二善出でて何れの文にか在る今既に教備つて虚しからず何れの機か受くることを得る、答えて曰く解するに二義有り一には謗法と無信八難及び非人と此等は受けざるなり斯れ乃ち朽林頑石生潤の期有る可からず此等の衆生は必ず受化の義無し、斯れを除いて已外は一心に信楽して求めて往生を願ずれば上み一形を尽し下も十念を収む仏の願力に乗じて皆往かざると云うこと莫し文。

 往生礼讃に云く女人と及び根欠と二乗種とは生ぜずと文。

一、八難処の事

 弘決の四に云く北州と及び三悪に長寿天と並びに世智弁聡と仏前仏後と諸根不具を加う、是を八難と為すと文。

 善導の遺言に云く我毎日阿弥陀経六十巻念仏六万返懈怠無く三衣は身の皮の如く瓶鉢は両眼の如く諸の禁戒を持ち一戒をも犯さず未来の弟子も亦然り、設い念仏すと雖も戒を持たざる者は往生即ち得難し、譬えば小舟に大石を載せ大悪風に向つて去るが如し、設い本願の船有りと雖も破戒の大石重きが故に岸に就くこと万が一なり文。

 観念法門経に云く酒肉五辛誓つて発願して手に捉らざれ口に喫らわざれ若し此の語に違せば即ち身口倶に悪瘡著かんと願せよ文。

 法然上人の起請文に云く酒肉五辛を服して念仏を申さば予が門弟に非ずと文。

 観念法門経に云く戒を持ちて西方弥陀を思念せよと文。

 無量寿経に云く三心を具する者は必ず彼の国に生ずと文。

 善導の釈に云く若し一心も少ければ即ち生ずることを得ずと明らかに知んぬ一少は是れ更に不可なることを、茲に因つて極楽に生ぜんと欲するの人は全く三心を具足す可きなり。

 月蔵経に云く我が末法の時の中の億億の衆生行を起し行を修すとも未だ一人も得る者有らず、当今は末法なり現に是れ五濁悪世なり唯浄土の一門のみ有つて通入す可きの路なり文。

 遺教経に云く浄戒を持つ者は販売貿易し田宅を安置し人民奴婢畜生を畜養することを得ざれ一切の種植及び諸の財宝皆当に遠離すること火坑を避るが如くすべし草木を斬伐し墾土掘地することを得ざれ文。

 善導和尚の所釈の観念法門経の酒肉五辛を禁ずる事の依経をいわば、無量寿経一に依り二巻十六観経二に依り一巻四紙の阿弥陀経三に依り一巻般舟三昧四に依り十往生経五に依り一巻浄土三昧経六に依る一巻 雙観経の下に云く無智の人の中にして此の経を説かざれ文。

一、観経と法華経との説時各別の事

 善導和尚の疏の四に云く仏彼の経を説きたまいし時処別時別・教別対機別・利益別なり又彼の経を説きたもう時は即ち観経・弥陀経等を説き給う時に非ず文。

 阿弥陀経に云く況や三悪道無し文、無三悪と説くと雖も修羅人天之れ有り。

 四十八願の第一に云く[三悪趣無し]設し我れ仏を得んに国に地獄餓鬼畜生有らば正覚を取らじ。

 第二の願に云く[三悪道に更えらず極楽に於て又死す可しと云う]設し我れ仏を得るも十方の無量不可思議の諸三悪道には正覚を取らじ文。

 第三十五の願に云く[聞名転女人往生せざる事]設し我仏を得んに十方の無量不可思議の諸仏の世界に其れ女人有て我が名号を聞いて歓喜信楽して菩提心を発して女身を厭悪せん寿終の後復女像と為らば正覚を取らじ文。

一、黒衣並びに平念珠地獄に堕つ可き事

 法鼓経に云く黒衣の謗法なる必ず地獄に堕す文。

 勢至経に云く平形の念珠を以ゆる者は此れは是れ外道の弟子なり我が弟子に非ず仏子我が遺弟必ず円形の念珠を用ゆ可し次第を超越する者は妄語の罪に因つて必ず地獄に堕せん文。

一、天台の念仏の事

  止観十章者  一 大意

二 釈名 

三 躰相  

四 摂法 

五 偏円 

六 方便

七 正観

          八 果報

         九 起教

         十 指帰

五略者 一 発大心 

二 修大行 

三 感大果 

四 裂大網 

五 帰大処

四種三昧 

 一 [本尊は阿弥陀常坐三昧] 文殊説経文殊問経に依る

 二 [本尊は阿弥陀常行三昧] 般舟三昧経に依る

 三 [本尊は別有半行半坐三昧]方等経法華経に依る

 四 [本尊は観音非行非坐三昧]説経説善説悪説無記

   右四種三昧の次では先段に之を注す

  止観の七に云く若し四種三昧修習の方便は通じて上に説くが如し、唯法華懺法のみ別して六時五悔に約して重ねて方便を作す今五悔に就いて其の位相を明す文。

 弘決の七に云く四種三昧は通じて二十五法を用いて通の方便と為す、若し法華を行ずるには別して五悔を加う余行に通ぜず文。

 第七の正修止観とは止の五に云く前の六重は修多羅に依つて以て妙解を開き今は妙解に依つて以て正行を立つ文。

 十疑の第四に云く釈迦大師一代の説法処処の聖教に唯衆生心を専にして偏に阿弥陀仏を念じて西方極楽世界に生ぜんことを求めよと勧めたまえり文。

 七疑に云く又聞く西国の伝に云く三りの菩薩有り一を無著と名け二を世親と名け三を獅子覚と名く文。

 八疑に云く雑集論に云く若し安楽国土に生ぜんと願わば即ち往生を得る等文。


つづく



by johsei1129 | 2020-02-23 22:22 | 御書十大部(五大部除く) | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 23日

【一代五時継図】三

一、真言を用いざる事

 伝教大師の依憑集の序に云く新来の真言家は則ち筆受の相承を泯す文。

 安然の教時義の第二に云く問う天台宗の遣唐の決義に云く此の大盧遮那経は天台五時の中に於て第三時方等部の摂なり彼の経の中に四乗を説くを以ての故に云云、此の義云何ん答う彼の決義に云く伝え聞く疏二十巻有り但未だ披見せず云云、此は是れ未だ経意を知らざる誤判なり、何なれば天台第三時の方等教は四教相対して大を以て小を斥い円を以て偏を弾ず、今大日経は応供正遍知衆生の楽に随つて四乗の法及び八部法を説きたもう是は一切智智一味云云、若し爾らば法華と同じと謂う可し何に方等弾斥の教に摂するや文。

 広修維蠲(いけん)の唐決に云く問う大毘盧遮那一部七巻・薄伽梵・如来加持広大金剛法界宮に住して一切の持金剛者の為に之を演説す、大唐の中天竺国の三蔵・輸婆迦羅(ゆばから)・唐には言う善無畏と訳す、今疑う如来の所説始め華厳より終り涅槃に至るまで五時四教の為に統摂せざる所無し、今此の毘盧遮那経を以て何の部何の時何の教にか之を摂せん又法華の前説とや為さん当に法華の後説とや為さん此の義云何、答う謹みて経文を尋ぬるに方等部に属す声聞縁覚に被らしむるが故に不空羂索・大宝積・大集・大方等・金光明・維摩・楞伽・思益等の経と同味なり、四教四仏四土を具す今毘盧遮那経法界宮に於て説くことを顕す、乃ち是れ法身寂光土なり勝に従つて名を受くるなり前後詳明す可し云云。

一、法華と諸経との勝劣の事

  法華経第一  本門第一 [已今当第一なり、薬王今汝に告ぐ諸経の中に於て最も其の上に在り又云く我が所説の諸経此の経の中に於て法華最第一なり云云]

 迹門第二

涅槃経第二   是経出世

無量義経第三 [次に方等十二部経を説く]

華厳経第四

般若経第五

蘇悉地経第六 [第一に云く三部の中に於て此の経を王と為す、中巻に云く猶成就せざれば或は復大般若経を転読すること七遍或は一百遍せよ]

大日経第七 三国に未だ弘通せざる法門なり

一、鎮護国家の三部の事

  法華経  不空三蔵大暦に法華寺に之を置く

  密厳経  唐の大暦二年に護摩寺を改めて法華寺を立て中央に法華経

  仁王経  脇士に両部の大日なり

  

法華経  人王三十四代推古天王の御宇聖徳太子

  浄名経  四天王寺に之を置く摂津国難波郡

  勝鬘経  仏法最初の寺なり

  

法華経   人王五十代桓武天皇の御宇伝教大師

  金光明経  比叡山延暦寺止観院に之を置かる

  仁王経    年分得度者二人    一人は遮那業  一人は止観業


  大日経    五十四代仁明天王の御宇

  金剛頂経  慈覚大師比叡山東塔の西惣持院に之を置かる

  蘇悉地経  御本尊は大日如来金蘇二疏十四巻之を安置せらる

一、悲華経の五百の大願等の事並びに示現等

 第一百十三願に云く我来世穢悪土の中に於て当に作仏することを得べし則ち十方浄土の擯出の衆生を集めて我当に之を度すべしと文。

 第一百十四願に云く我無始より来かた積集せる諸の大善根一分我が身に留めず悉く衆生に施さんと文。

 第一百十五願に云く十法界の諸の衆生無始より来かた造作する所の極重五無間等の諸罪合して我が一人の罪と為す大地獄等に入つて大悲代つて苦を受けんと文。

 悲華経に云く我が滅度の後末法の中に於て大明神と現じて広く衆生を度せんと文。

 涅槃経の二に云く爾の時に如来・棺の中より手を出して阿難を招き密かに言く汝悲泣すること勿れ我還つて復閻浮に生じて大明神と現じて広く衆生を度せんと文。

 又云く汝等悲泣すること莫れ遂に瞻部州に到つて衆生を度せんが為の故に大明神と示現せんと文。

 悲華経に云く第五百願に我来世穢悪土の中に於て大明神と現じて当に衆生を度すべし文。

 大隅正八幡の石の銘に云く昔霊鷲山に在つて妙法華経を説く衆生を度せんが為の故に大菩薩と示現すと文。

 行教和尚の夢の記に云く阿弥陀三尊

 延暦二十三年甲申春、伝教大師渡海の願を遂げんが為に筑前宇佐の神宮寺に向つて自ら法華経を講ず、即ち託宣して云く我此の法音を聞かずして久しく歳年を歴たり幸に和尚に値遇して正教を聞くことを得て至誠に随喜す何ぞ徳を謝するに足らん苟くも我が所持の法衣有り即ち託宣の主・斎殿を開いて手に紫の袈裟一を捧げて和尚に上る、大悲力の故に幸に納受を垂れたまえ、是の時禰宜祝等各各之を随喜す元来此くの如きの奇事見ず聞かざるかなと、彼の施す所の法衣は山王院に在り文。

 元慶元年丁酉十一月十三日権大宮司藤原実元女七歳にして託宣して云く我日本国を持ちて大明神と示現す本躰は是れ釈迦如来なり。

 延喜二年四月二日二歳計りの小児に託宣して云く我無量劫自り以来度し難き衆生を教化す未度の衆生の為に此の中に在つて大菩薩と示現すと文。

一、北野の天神法華経に帰して真言等を用いざる事

 天神の託宣に云く吾円宗の法門に於て未だ心に飽かず仍つて遠忌追善に当て須く密壇を改めて法華八講を修すべきなり、所以に曼陀羅供を改めて法華八講を始め吉祥院の八講と号す是なり、彼の院は北野天神の御旧跡なり。

一、賀茂大明神法華を信ずる事 一条院の御時年代記に之有り

 恵心の僧都加茂社に七箇日参篭して出離生死の道は何れの経にか付く可きと祈誠有れば、示現して云く釈迦の説教は一乗に留り諸仏の成道は妙法に在り菩薩の六度は蓮華に在り二乗の作仏は此の経に在り文。

 伝教大師加茂大明神に参詣して法華経を講ず甲冑をぬいで自ら布施し給い畢んぬ。

 文句の十に云く得聞是経不老不死とは此れ須らく観解すべし不老は是れ楽不死は是れ常此の経を聞いて常楽の解を得文。

 涅槃経の十三に云く是の諸の大乗方等経典は復無量の功徳を成就すと雖も是の経に比せんと欲す喩と為ることを得ず百倍千倍百千万億倍乃至算数譬喩も及ぶこと能わざる所なり、善男子譬えば牛より乳を出し乳より酪を出し酪より生蘇を出し生蘇より熟蘇を出し熟蘇より醍醐を出し醍醐最上なり、若し服すること有る者は衆病皆除く所有の諸薬悉く其の中に入るが如し、善男子仏も亦是くの如し仏より十二部経を出生し十二部経より修多羅を出し修多羅より方等経を出し方等より般若波羅蜜を出し般若波羅蜜より大涅槃を出す猶醍醐の如し、醍醐と言うは仏性を喩う仏性とは即ち是れ如来なり文。

一、金剛峯寺建立修業縁記に云く、吾入定の間知足天に往いて慈尊御前に参仕すること五十六億七千余歳の後慈尊下生の時必ず随従して吾が旧跡を見る可し此の峯等閑にすること勿れと文。

一、弘決に云く若し衆生生死を出でず仏乗を慕わずと知らば魔是の人に於て猶親想を生ずと文。

 五百問論に云く大千界麈数の仏を殺すは其の罪尚軽し、此の経を毀謗すれば罪彼より多し永く地獄に入つて出期有ること無からん、読誦の者を毀呰する亦復是くの如し文。

一、広宣流布す可き法華の事

 伝教大師の守護章に云く正像稍過ぎ已つて末法太だ近きに有り法華一乗の機今正しく是れ其の時なり何を以て知ることを得ん安楽行品に云く末世法滅時と文。

 秀句の下に云く代を語れば則ち像の終り末の初め地を尋ぬれば唐の東・羯の西人を原ぬれば則ち五濁の生・闘諍の時なり、経に云く如来の現在すら猶怨嫉多し況や滅度の後をや、此の言良に所以有るなり文。

 道暹和尚の輔正記に云く法華の教興れば権教即ち廃す日出れば星隠れ功なるを見て拙を知る文。

 法華経の安楽行品に云く一切世間怨多くして信じ難し文。

 薬王品に云く我滅度の後後の五百歳の中閻浮提に広宣流布して断絶せしむること無けん文。

 勧発品に云く我今神通力を以ての故に是の経を守護して如来滅後閻浮提の内に於て広く流布せしめて断絶せざらしめんと文。

 文句の一に云く但当時大利益を獲るのみに非ず後五百歳遠く妙道に沾わんと文。

 一乗要決に云く日本一州・円機純一・朝野遠近同く一乗に帰し緇素貴賎悉く成仏を期す、安然の広釈に云く彼の天竺国には外道有つて仏道を信ぜず亦小乗有つて大乗を許さず、其の大唐国には道法有つて仏法を許さず亦小乗有つて大乗を許さず、我が日本国には皆大乗を信じて一人として成仏を願わざること有ること無し、瑜伽論に云く東方に小国有つて唯大乗の機のみ有り豈我が国に非ずや文。


つづく



by johsei1129 | 2020-02-23 22:21 | 御書十大部(五大部除く) | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 23日

【一代五時継図】二

法華の外は小乗の事

寿量品に云く小法を楽う徳薄垢重の者是の人の為に我少きより出家して阿耨多羅三藐三菩提を得たりと説く云云。

 文句九に云く始成を説きたもうことは皆小法を楽える者と為すのみ云云。

 疏記に云く但し近成を楽う者楽小の者と為すは華厳の頓部諸味の中の円なり文。

 天親菩薩の法華論に云く一往三蔵を名けて小乗と為し再往は三教を名けて小乗と為す文。

 文句の九に云く小を楽う者は小乗の人に非ざるなり、乃ち是近説を楽う者を小と為すのみ文。

 疏記の九に云く楽小法とは久近を以て相望して小と為す文。

 秀句の下に云く仏滅度の後の六七百年の経宗論宗九百年の中の法相の一宗は歴劫修行を説いて衆生を引摂す是の故に未顕真実なり云云。

 伝教大師の依憑集に云く新来の真言家は則ち筆受の相承を泯し旧到の華厳家は則ち影響の規模を隠し沉空(じんくう)の三論宗は弾呵の屈耻を忘れて称心の心酔を覆し、著有の法相宗は僕陽の帰依を非して青竜の判経を撥す云云。

 秀句の下に云く誠に願くは一乗の君子仏説に依憑して口伝を信ずること莫れ、仰いで誠文を信じて偽会を信ずること莫れ、天台所釈の法華宗は諸宗に勝る寧ろ所伝を空うせんや、又云く謹みて無量義経を案ずるに云く次に方等十二部経・摩訶般若・華厳海空を説いて菩薩の歴劫修行を宣説す已上経文大唐の伝に云く方等十二部経とは法相宗の所依の経なり、摩訶般若とは三論宗の所依の経なり、華厳海空とは華厳宗の所依の経なり倶に歴劫修行を説いて未だ大直道を知らず文。

 妙楽大師の弘決の九に云く法華以前は猶是れ外道の弟子なり文。

 伝教大師の守護章の上に云く妙法の外更に一句の経無し文。

 智証大師授決集の上に云く経に大小無く理に偏円無からん一切人に依らば仏説無用ならん、若し然らずんば文に拠て伝う可し己が父は国王に勝ると執すること莫れ、又他に劣ると謂うこと莫れ、然も家家の尊勝国国の高貴大小各分斉有り、土を以て金と為せば家家に之有り金を以て金と為せば有無処を異にす、久成の本開権の妙法華独り妙に独り勝る、強いて抑えて之を喪し仏説を哽塞す如来を咎む合し伝者を非すること莫れ、又云く国国とは五味、家家とは四教八教なり文。

 天台の玄義の十に云く若し余教を弘むるには教相を明さざれども義に於て傷むこと無し、法華を弘むるには教相を明さざれば文義闕くること有り、但聖意幽隠にして教法弥弥難し前代の諸師或は名匠に祖承し或は思い袖衿より出ず阡陌縦横なりと雖も孰れか是なることを知ること莫し、然るに義雙び立たず理両つながら存する無し、若し深く所以有りて復修多羅と合する者は録して之を用ゆ文無く義無きは信受す可からずと。

一、開会の事

 寿量品に云く諸の経方に依つて好き薬草の色香美味皆悉く具足するを求めて擣簁和合す文。

 文句の九に云く経方とは即ち十二部経なり薬草は即ち教の所詮の八万の法門なり、香美味とは戒定慧なり、空観は擣(つ)くが如く仮観は簁(ふる)うが如く中観は合するが如し文。

 大経に云く衆流海に入りて同一鹹味故に海味と云う文。

 玄の三に云く諸水海に入れば同一鹹味なり、諸智・如実智に入れば本の名字を失すと文。

一、是諸経之王と云う事

 信解品に云く並びに親族国王大臣を会す。

 文句の六に云く国王とは一切漸頓の諸経なり。

 疏記の六に云く諸の小王を廃して唯一の王を立つ是の故に法華を王中の王と名く文。

一、法華已前の説を権と云う事

 玄義の三に云く涅槃の聖行品に云く追つて衆経を分別す故に具に四種の四諦を説くなり、徳王品に追つて衆経を泯す文。

 釈籤の三に云く涅槃に追と言うは退なり劫つて更に前の諸味を分別す、泯とは合会なり法華より已前の諸経皆泯す此の意は則ち法華の部に順ずるなり文。

 弘の三に云く彼の経の四教皆常住を知る故に本意は円に在りと文。

 玄義の四に云く法華の意を得る者は涅槃に於て次第の五行を用いざるなり文。

一、常好坐禅と云う事

 安楽行品に云く亦師と同ずることを楽わず常に坐禅を好む文。

普賢経に云く専ら大乗を誦し三昧に入らず文、又云く其の大乗経典を読誦するもの有らば諸悪永く滅して仏恵より生ずるなり文。

一、天台宗阿弥陀の事

 弘決の二に云く諸経の讃する所多く弥陀に在り故に西方を以て一准と為す文、私に云く此の釈・文殊説・文殊問の両経に依るなり、常坐三昧の下。

 止観の二に云く弥陀を唱うるは即ち是れ十方の仏を唱うる功徳と等し但専ら弥陀を以て法門の主と為す、要を挙げて之を言わば歩歩・声声・念念唯阿弥陀仏に在り文、私に云く此の釈般舟三昧経に依るなり常行三昧の下口説・の下。

 又云く意に止観を論ぜば西方阿弥陀仏を念ず此れを去ること十万億仏刹と文、此の釈般舟三昧の経の文に依るなり常行三昧の下。

 又云く陀羅尼咒を誦し三宝十仏を請じ摩訶祖持陀羅尼を思惟せよ文、此の釈は方等陀羅尼経に依る半行半坐の三昧の下。

 又云く三宝・七仏・釈尊・弥陀・三陀羅尼・二菩薩・聖衆を礼せよ、此の釈は諸経に依る非行非坐三昧の下。

 玄義の九に云く諸行は傍の実相を以て躰と為し体行倶に麁なり文、又云く諸経の方法に依る常行等の行は傍を以て体と為す体行倶に麁なり文。

 已上四十余年の経釈 止観の二に云く別に一巻有り法華三昧と名く是れ天台大師の著す所なり、世に流伝して行者之を宗ぶ、此れ則ち説・を兼ぬ復別に論ぜざるなり文。

 法華三昧に云く道場の中に於て好き高座を敷き法華経一部を安置し亦未だ必ず形像舎利並に余の経典を安ずることを須いず唯法華経を置け文。

 止観の二に云く意の止観とは普賢観に云く専ら大乗を誦して三昧に入らず日夜六時に六根の罪を懺す、安楽行品に云く諸法に於て行ずる所無く亦不分別を行ぜざれ文。

 法華経に云く乃至余経の一偈をも受けざれ文。

 又云く復舎利を安ずることを須いず文。

一、天台念仏の事

 止観の六に云く見思の惑即ち是れ仏法界なりと覚して法身を破せざるを念仏と名くと文。

止観二に云く意止観とは普賢観に云く専ら大乗を誦し三昧に入らず日夜六時に六根の罪を懺す安楽行品に云く諸法に於て行ずる所無く亦不分別を行ぜざれ。

 秀句の下に云く能化の竜女歴劫の行無し所化の衆生も亦歴劫無し文。

一、法華成仏の人数の事

 二の巻舎利弗は華光如来・三の巻迦葉は光明如来・須菩提は名相如来・迦旃延は閻浮那提金光如来・目連は多摩羅跋旃檀香如来・四の巻富楼那は法明如来・陳如等の千二百は普明如来・阿難は山海慧自在通王仏・羅睺羅は蹈七宝華如来・五の巻提婆達多は天王如来・摩訶波闍波堤比丘尼は一切衆生喜見仏・耶輸陀羅女は具足千万光相如来・娑竭羅竜王の女の八歳の竜女は無照光如来[正法華経の説なり]提婆品に云く当時の衆会皆竜女を見る忽然の間に変じて男子と成て菩薩の行を具して即ち南方無垢世界に往き宝蓮華に坐して等正覚を成じ三十二相・八十種好普ねく十方一切衆生の為に妙法を演説す文。

 又云く爾の時に娑婆世界の菩薩・声聞・天竜・八部・人と非人と皆遥かに彼の竜女の成仏して普ねく時の会の人天の為に法を説くを見て心大いに歓喜して遥かに敬礼す文。

一、四十余年の諸の経論に女人を嫌う事

 華厳経に云く女人は地獄の使なり能く仏の種子を断つ外面は菩薩に以て内心は夜叉の如しと文。

 又云く一び女人を見れば能く眼の功徳を失う縦い大蛇を見ると雖も女人を見る可からずと文。

 銀色女経に云く三世の諸仏の眼は大地に堕落すとも法界の諸の女人は永く成仏の期無らんと文。

 華厳経に云く女人を見れば眼大地に堕落す何に況や犯すこと一度せば三悪道に堕つ文。

 十二仏名経に云く仮使法界に遍する大悲の諸菩薩も彼の女人の極業の障を降伏すること能わず文。

 大論に云く女人を見ること一度なるすら永く輪廻の業を結ぶ、何に況や犯すこと一度せば定んで無間獄に堕すと文。

 往生礼讃に云く女人と及び根欠と二乗種とは生せず文。

 大論に云く女人は悪の根本なり一たび犯せば五百生彼の所生の処・六趣の中に輪廻すと文。

 華厳経に云く女人は大魔王能く一切の人を食す現在には纒縛と作り後生は怨敵と為る文。


つづく



by johsei1129 | 2020-02-23 22:18 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 23日

【一代五時継図】一

【一代五時継図】

出筆時期出筆場所:不詳。

ご真筆: 現存していない。

[一代五時継図 本文]

大論に云く[百巻竜樹菩薩の造如来滅後七百年出世の人なり]十九出家三十成道八十涅槃。

涅槃経に云く八十入滅  阿含経亦此の説有り云云、

華厳経 

  兼 説処は中天竺寂滅道場菩提樹下

  権大乗

      別教 六十巻 旧訳仏陀跋多羅三蔵の訳

  三七日    八十巻 新訳実叉難陀三蔵の訳

      円教 四十巻

  乳味

  結経は梵網経

     他受用報身如来  旧訳の説

  教主 毘盧遮那如来   新訳の説

     所居の土は仮立実報土又は蓮華蔵世界と云う

     

華厳宗五教を立つ       

   愚法二乗経

 一に小乗教 一切の小乗経を摂す

   空

 二に大乗始教 方等部の経を摂す

  不空

 三に大乗終教 般若涅槃経を摂す

        三乗の中の絶言の理を説く

 四に頓教  一切経中の頓悟成仏の旨を摂す

         別教一乗

 五に円教  華厳法華を摂す

祖師  

  馬鳴菩薩 起信論を造る

 天竺 竜樹菩薩 十住毘婆沙論を造る

    天親菩薩 十地論を造る

    杜順和尚 終南山の住文殊の化身云云

    智儼法師 至相寺の住

 唐土  法蔵大師  京兆凉山大華寺の住[又賢首大師と云い又康蔵大師と云う]

     澄観法師  [清涼山大華寺の住又清涼国師と云う]

     審祥大和尚 [大安寺の住新羅国の人]日本最初伝

   慈訓小僧都

     明哲律師

 日本  良弁僧正  東大寺の本願

     等定大僧都

     道雄僧都  海印寺の住


阿含経   一向小乗 波羅奈国鹿野薗

      十二年説

      酪味

      但三蔵教 

      結経は遺教経            

四阿含経 

  一に増一阿含 人天の因果を明かす

  二に中阿含  真寂の深義を明す  

三に雑阿含  諸の禅定を明す

に長阿含  諸の外道を破す

      

倶舎宗 

 有部顕宗六百頌                 

 倶舎論[三十巻三乗法を明かす] 世親菩薩[天竺の人なり・新訳]の造如来滅後九百年の人なり                 

 経部密宗十万頌[旧訳]天親菩薩の造・天竺には婆薮畔豆と云うなり

           

祖師

      玄弉三蔵   

      光法師

      宝法師

   唐土 神泰

       円暉

      恵暉

       道麟

   日本 善報

      伝灯満位の勝貴[延暦廿五年法相宗に付す・私に云く余抄に云う延暦十三年官付云云]

   

成実宗  訶梨跋摩三蔵天竺の人此に師子鎧と云う

  成実論十六巻[二十七賢聖の位を明す二百二品]

     如来滅後九百年

祖師      羅什三蔵

     唐土 僧叡

        智蔵開善寺の僧

     日本 伝灯満位の賢融[延暦二十五年三論宗東大寺僧に付す余抄に云く延暦十三年云云]


律宗  如来成道五年の後律を説く、僧祇律之を説く、或は十二年の後須提によつて戒律を制す四分律之を説く

        一 曇無徳部

        二 薩婆多部

五部を明かす  三 弥沙塞部

        四 婆麁富羅部

        五 迦葉遺部

五篇七聚を立つ              

   一には波羅夷篇        

   二には僧伽婆尸沙篇      

   三には波逸提篇        

   四には波羅提提舎尼篇     

   五には突吉羅篇 


   一には波羅夷

   二には僧残

   三には偸蘭遮

   四には波逸提

   五には波羅提提舎尼

   六には突吉羅 

   七には悪説

   

祖師

   天竺 毱多三蔵

       仏滅後三百年

    唐土  道宣律師

       弟子鑒真和尚

    日本  鑒真和尚は唐土の人なり、東大寺戒壇院を立てし人なり。

      

     蔵通別円  十六年説時不定

     対

方等部  権大乗

     生蘇味

     結経は瓔珞経

     

法相宗 又有相宗と云う [惣じては一切経に依り別しては六経十一部に依る]         


 解深密経

 瑜伽論百巻・弥勒説・無著筆

 唯識論

三時教を立つ     

 有初 又有相教とも云う

 空昔 又無相教とも云う

 中今 又中道教とも云う

          

祖師

    弥勒菩薩  如来滅後九百年に出づ

    無著菩薩

 天竺 世親菩薩

    護法菩薩

    戒賢論師 摩訶陀国の大那爛陀寺の人

     玄弉三蔵 弟子四人 昉法師

              尚法師

              光法師

 唐土           基法師

    慈恩大師 

    智周法師

    智鳳

    義淵

    空晴

 日本 真喜

    善議

    勤操


浄土宗

 観経一巻   畺良耶舎(きょうりょうやしゃ)の訳 宋の代

 雙観経二巻  康僧鎧の訳   魏の代

 阿弥陀経一巻 鳩摩羅什の訳  後秦代

 浄土論[一巻][天親菩薩の造菩提流支三蔵の訳・天竺の人なり]

祖師

 天竺 菩提流支三蔵

 唐土 曇鸞法師  難行易行を立てて一切の経論を摂するなり

    道綽禅師  聖道浄土の二門を立てて一切の経論を摂するなり

    善導和尚  正雑の二行を立てて一切の経論を摂するなり

    懐感禅師  群疑論を造つて一代の聖教を判ずるなり

    小康法師

      已上、五人唐土の人なり

 日本  法然上人 選択集[一巻] [捨閉閣抛・入開入皈]


禅宗   如来禅  楞伽経金剛般若経等に依る、又は教禅とも云う

     祖師禅  教外別伝不立文字云云

祖師 西天の二十八祖  別紙に之有り

        菩提達磨禅師 天竺の人なり

      恵可禅師

        僧璨

   東土六祖 道信

        弘忍

        恵能


真言宗   胎蔵界  七百余尊

      金剛界  五百余尊

 大日経[六巻卅一品]善無畏三蔵の訳[開元四年中天竺の人なり]

  供養法の巻を加えて七巻なり、一巻五品

 金剛頂経[三巻一品]金剛智三蔵の訳[開元八年南天竺の人なり]

 蘇悉地経[三巻卅四品]善無畏三蔵の訳

 菩提心論[一巻七丁]竜猛菩薩の造・不空の訳或は不空の造

祖師

      大日如来

      金剛薩捶

 天竺   竜猛菩薩

      竜智  已上天竺の人なり

      善無畏三蔵

      金剛智

 唐土   不空

      恵果

      弘法 又空海と云う

      真雅

      源仁

      聖宝

      淳祐

 日本   元杲

      仁海

      成尊

      義範

      範俊

弘法大師義立 五蔵 

 一に爼多覧蔵[乳味経蔵]阿難の結集

 二に毘奈耶蔵[酪味律蔵]優婆利

 三に阿毘達磨蔵[生蘇味論蔵]迦旃延

  四に般若波羅蜜多蔵[熟蘇味文殊]華厳方等般若法華涅槃経を摂するなり

  五に陀羅尼蔵[醍醐味金剛蔵]大日経金剛頂経蘇悉地経を摂す  

十住心 

 一異生羝羊住心[凡夫悪人]

 二愚童持斎住心[凡夫善人]

 三嬰童無畏住心[外道]

 四唯蘊無我住心[声聞]

 五抜業因種住心[縁覚]

 六他縁大乗住心[法相宗]

 七覚心不生住心[三論宗]

 八如実一道住心[法華宗]

 九極無自性住心[華厳宗]

 十秘密荘厳住心[真言宗]


般若部 

 理趣般若経[一巻]惣じて八部の般若有り 

 大品般若[四十巻]羅什三蔵の訳[旧訳] 

 大般若経[六百巻]玄弉三蔵の訳[新訳] 

 通別円               

 帯                 

 権大乗

 十四年の説或は三十年の説

 熟蘇味

 結経は仁王経

 百論[二巻]提婆菩薩の造

三論宗   中論[四巻]竜樹菩薩の造

      十二門論[一巻]竜樹菩薩の造

      大論を加えて四論宗とも云う。

二蔵   一に声聞蔵          

     二に菩薩蔵   

                     

三転法論 一に根本法論

     二に枝末法論 

     三に摂末帰本法論


法華経

祖師   

       文殊

       馬鳴

       竜樹

   天竺  提婆

       竜智

       清弁

       智光

       羅什

   唐土  道朗

       法朗

       吉蔵[亦嘉祥大師と云う嘉祥寺の僧なり]

       観勒僧正  百済国の人なり

       恵潅    高麗国の人なり

   日本  善議

       勤操


       妙法蓮華経 羅什三蔵の訳

       正法華経  法護三蔵の訳

       添品法華経 闍那笈多の訳

       薩吽分陀梨法華   新訳

       八箇年の説

       実大乗

       醍醐味

       純円の説

       結経は普賢経 曇無蜜多の訳 [宋代]

        法華宗

       仏立宗   四教五時を立てて一代教を摂す

       天台宗

        依憑宗

             華厳 寅時

           阿含 卯時

             方等 辰時

           般若 巳時

           法華 午時

 一に三蔵教 諸部小乗の実有の所説を摂す

 二に通教  諸部の如幻即空の旨を摂す

 三に別教  諸部の大乗並びに歴劫行の所説を摂す

 四に円教  諸部の大乗経の速疾頓成の所説を摂す          

          大覚世尊

     天竺   竜樹菩薩

祖師        天台大師

     唐土   章安大師

          妙楽大師

     日本   伝教大師


      一日一夜の説

涅槃経   醍醐味

      結経は像法決疑

涅槃宗の祖師                   

 南三  一虎丘の岌法師

     二愛法師           

     三法雲法師 [光宅寺の僧なり]

 北七   一北地師 

二菩提流支師 

三光統法師 

四護身の法師 

五耆闍の法師

六北地の禅師

      七北地の禅師


  つづく



by johsei1129 | 2020-02-23 21:47 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2020年 02月 23日

Reply to the lord Ueno 上野殿御返事(竜門御書)

Reply to the lord Ueno  上野殿御返事(竜門御書)

Reply to the lord Ueno 上野殿御返事(竜門御書)_f0301354_20324625.png
出筆時期:弘安二年十一月六日(西暦1279) 五十八歳御作

Time of writing: November 6, 2 (Year 1279), age 58
出筆場所:身延山中 草庵にて。

Place: In a thatched hut on Mt. Minobu.

■執筆の背景:富士上野国の地頭であり帰依の篤い上野殿(南条時光)に与えられた。(荘園領主)

 本書が書かれた116日は、駿河国富士郡の熱原法難の直後であり、1015日に農民の神四郎、弥五郎、弥六郎が処刑されたばかりでなく、鎌倉幕府(将軍を長とする日本の政治体制)の弾圧も激しく、わずか20歳の大聖人門徒であった南条時光は、日興上人と共に門弟を守り、引き続き大聖人への信仰を深めた。その中で大聖人は彼に「誰も死から逃れることはできない(...略。)。法華経のために命を捨てることを決心しなければならない。」と説いた。また、法華経化城喩品第七に「この計り知れない功徳を公平に世に広め、人々と共に成仏したいと願っています。を説いて、時光は必ず成仏すると説いた。なお、末尾に賢人上野とあり、熱原法難における上野の功績を称えている。

Background of the writing: This book was given to the lord Ueno (Tokimitsu Nanjō), a jito (manager and lord of the manor) of the Ueno Province in Fuji and a strong believer.

 The November 6 when Daishonin wrote this book was right after the Atsuhara Persecution of the Fuji County of Suruga Province, and the peasants Jinshiro, Yagoro and Yarokuro were executed on October 15. In addition, the Kamakura bakufu (Japanese feudal government headed by a shogun) oppressed Daishonin's disciples fiercely, and Tokimitsu Nanjo, a young follower of Daishonin who was only 20 years old at that time, continued his faith in Daishonin by guarding Daishonin's disciples together with Priest Nikko. In it, Daishonin explained to him, "No one can escape death. (... Omitted.). Must decide to abandon your life for the sake of the Lotus Sutra.". He also preached It is hoped to extend this immeasurable merit impartially to this world, so that together with people, we may attain Buddhahood" of the seventh chapter of Kejoyubon of the Lotus Sutra and said that Tokimitsu would definitely become a Buddha. Furthermore, it is written as the wise man Ueno at the end of this writing, which praises his contributions during the Atsuhara Persecution.

ご真筆: 富士・大石寺所蔵。

Original handwriting: owned by Taiseki-ji Temple in Fuji.

 [本文]中国には龍門という滝があります。その水は強力な戦士が撃った矢よりも速く、100フィート下に滝のように流れ落ちる。コイが何千匹も下に集まり、登りたいと願っている。鯉が滝登りに成功すると竜に変身すると言われているからです。しかし、20年、10年経っても、百匹、千匹、1万匹の鯉の中で、この滝に登ることができるのは一匹もいない。強い潮流は彼らを阻止し、ワシ、タカ、トビ、フクロウは彼らを獲物にし、漁師は滝の両側で待機し、トラップ、ネット、または矢で撃つ。竜になることは鯉にしてはそういうことだ。

 A waterfall called the Dragon Gate exists in China. Its waters are swifter than an arrow shot by a strong warrior, and cascade down one hundred feet. There are thousands of carp gather below in hopes of ascending it. For it is said that if a carp is successful in climbing the falls, it will be transformed into a dragon. Not a single carp, however, out of a hundred, a thousand, or even ten thousand, can climb the falls, not even after ten or twenty years. The strong currents deter them, eagles, hawks, kites and owls make them a prey and fishermen wait on both sides of the falls, trap, net or shoot with arrows. To become a dragon is such it for a carp.

かつて日本には源氏と平氏という2つの武家がいた。番犬のように天皇の扉を守った。彼らは、山から満月が昇る815日の夜に満月を愛でる木こりのように、皇帝を守ろうと熱心でした。月と空に輝く星に木々の猿がうっとりするように、貴族の男女の優雅な宴会が彼らを魅了した。身分は低かったが、何とか宮廷社会に溶け込みたいと願った。しかし、将門の乱は平氏の貞盛によって鎮圧されたものの、朝廷への出仕は認められなかった。子の正盛も望みを果たせなかった。子の忠盛の代になってようやく平氏一門は入内を許された。次代の清盛とその子の重盛は、公家の生活を楽しむだけでなく、清盛の娘が入内すると月が昇り、孫が入内すると太陽が昇る様を見た。

There were once two warrior clans in Japan, the Minamoto and the Taira. Like watchdogs, they guarded the Emperor’s door. They were as eager to guard the emperor as a woodcutter folk is to admire the full moon on the fifteenth night of August when it rises from the mountains. They loved the elegant parties of the men and women of the court nobles, just as monkeys in the trees are enraptured by the sight of the moon and the stars glittering in the sky. Though of low rank, they longed to find some way to mingle in court circles. But even though Sadamori of the Taira clan crushed the rebellion of Masakado, he was still not admitted to the court. Even his child Masamori could not fulfill his wish. Not until the time of Masamori's son, Tadamori, were any of the Taira clan granted permission to enter the court. The next in line, Kiyomori, and his son Shigemori, not only enjoyed life among court nobles, but saw the moon rising when the Kiyomori’s daughter became the emperor’s consort, and the sun appeared when his grandson became emperor.

仏になる道はそれに劣らず難しい。例えば、シャーリプトラは仏果を得るために60劫の修行をしていたが、最終的に耐え切れなくなり、二乗の道に戻った。昔、釈尊が大通仏の十六男であったとき、その種を得た者もあったが、3000塵劫まで苦しみを受けた者もいた。久遠のさらに遠い過去に彼から成仏の種を受け取った人々の中には、500の塵のカルパの長さに苦しんだ者もいた。これらの人々はみな法華経を実践していたが、支配者やその他の権威を手に入れた第六天の悪魔の王によって、多かれ少なかれ苦しめられたとき、信仰を後退させ放棄して、六道の間を無数のカルパのためにさまよった。

The path to become a Buddha is no less difficult than it. Shāriputra, for example, practiced bodhisattva austerities for sixty kalpas in order to attain Buddhahood, but finally could persevere no longer, he returned to the paths of the Nijo (Note). When in a previous existence, Shakyamuni was the sixteenth son of Daitsu Buddha, though some of the people had been gained his seed of the Buddhahood, there were the people who received suffering for as long as Three Thousand Dust- particle Kalpas. Some among those who received the seed of Buddhahood from him in the even more remote past of kuon, suffered for the span of kalpas of the five-hundred world dust. All these people practiced the Lotus Sutra, but when harassed in one way or another by the devil king of the sixth heaven, who had taken possession of their rulers and other authorities, they backslid and forsook their faith, and thus wandered among the six paths for countless kalpas.

今までは、これらの出来事は私たちに何の関係もないように思われていましたが、今は同じような試練に直面しています。弟子たちよ、今こそ大きな誓いを立てる時だ! 私たちは幸運にも、昨年と一昨年に壊滅的な疫病に見舞われなかった。しかし、モンゴルの侵略は今や目前に迫っており、回避できるものはほとんどないだろう。結局、誰も死から逃れることはできない。その時の苦痛は私たちが今経験しているようなものになるはずだ。いずれにしても死は同じであるから、法華経のために命を捨てることを決心しなければならない。自分の人生を捧げることは、海に落ちる一滴の水か、地面に付く小さな土のようなものだと考えてください。法華経の第三巻にあるようにこの計り知れない功徳を公平に世に広め、人々と共に成仏したいと願っています。 敬具

Until now these events seemed to have had no bearing on us, but now we find ourselves facing the same kind of ordeal. Disciples, now is the time to hold a great vow. We were fortunate to not be among them any taken by the devastating pestilences last year and the year before. But the Mongol invasion is now imminent and few are likely to be spared. In the end, no one can escape death. The sufferings at that time will be exactly like what we are experiencing now. Since death is the same in any case, must decide to abandon your life for the sake of the Lotus Sutra. Think the offering of your life, as a drop of dew falling down to the ocean, or a speck of soil adding to the ground. As stated in the third volume of the Lotus Sutra, “It is hoped to extend this immeasurable merit impartially to this world, so that together with people, we may attain Buddhahood."

                With my deep respect


 126日                            日蓮

賢人上野殿御返事

この手紙は、熱原での出来事を通してのあなたの献身に対する深い感謝の気持ちを込めて書きました。

December6.     Nichiren

Reply to the lord Ueno of the wise man.

I wrote this letter in deep gratitude for your dedication throughout the happening at Atsuhara.



Original Text.  Table of Contents.




by johsei1129 | 2020-02-23 20:29 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)