人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 64 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 31日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(49)

【常不軽品三十箇の大事】

第十三 常不値仏 不聞法 不見僧の事(注)


御義口伝に云く、此の文は不軽菩薩を軽賤するが故に、三宝(注)を拝見せざる事、二百億劫地獄に堕ちて大苦悩を受くと云えり。


今末法に入つて、日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者を軽賤せん事は、彼(注)に過ぎたり。

彼は千劫、此れ(日蓮等の類)は至無数(注)なり。


末法の仏とは凡夫なり、凡夫僧なり。法とは題目(注)なり、僧とは我等行者なり。

仏とも云われ、又凡夫僧(注)とも云わるるなり。深覚円理名之為仏(注)の故なり、円理(注)とは法華経なり云云。


常不値仏 不聞法 不見僧の事

常不仏 不聞法 不見僧 千劫於 阿鼻地獄 受大苦悩

[和訳]

常に仏に値わず、法を聞かず、僧を見ずして、 千劫も阿鼻地獄に於いて、大苦悩を受けん。


不軽菩薩を軽賤する者。


三宝

仏・法・僧の事。

釈迦在世であれば、仏は釈尊、法は法華経を最上位とす一切経、僧は釈尊の法を伝える舎利弗、阿難等の出家僧。

日蓮大聖人にあっては、仏は日蓮大聖人、法は三大秘法の南無妙法蓮華経、僧は別しては日興上人、総じては日目上人、及び着々付法の時の貫主


何宗であっても仏教と称するならば、三宝が揃っていなければならない。

 もし三宝が揃っていないれば、その宗教は内道(仏教)ではなく外道である。外道は過去世・現世・来世の三世が説かれていない。


日蓮大聖人は内道、外道の根本的な差異について【開目抄上】の前半で次のように解き明かされている。

かくのごとく巧に立つといえども、いまだ過去・未来を一分もしらず玄とは黒なり幽なりかるがゆへに玄という、但現在計りしれるににたり。

 現在にをひて仁義を制して、身をまほり、国を安んず、此に相違すれば族をほろぼし家を亡ぼす等いう。此等の賢聖の人人は聖人なりといえども過去を・しらざること凡夫の背を見ず、未来を・かがみざること盲人の前をみざるがごとし』と。


仏教上の極めて長遠な時間。

仏教史上中興の祖と謳われた竜樹(2世紀頃南インドに生まれる)の著作「大智度論」では、1辺4000里の岩を100年に1度布でなで、岩がすり減って完全になくなっても劫に満たない」と、説かれている。

 

尚、釈尊の八万法蔵と言われる仏典(一切経)は全て「如是我聞(是の如き我、聞かん)」で始まるが、この様式を定めたのが竜樹と言われている。

また如是我聞の我とは、27歳の時から釈尊の秘書官(従者)としての役割を果たし、釈尊の説法を傍で聞いてきた釈尊の十大弟子の一人で、多聞第一と謂われた阿難である。

阿難は釈迦滅後の仏典結集の時、釈尊の説いた教えを自らが中心となって読み上げたと言われている。


凡夫僧

釈尊はインド釈迦族の王子として誕生し、三十二相八十種好と言う優れた姿をしていたとされているが、日蓮大聖人は安房の小湊の漁師という殺生を生業とする家に生まれたが、【佐渡御勘気抄】で自らをインドでは最下層の旃陀羅(せんだら)の生まれで、「凡夫僧」であると宣言していた。

日蓮は日本国・東夷・東条・安房の国・海辺の旃陀羅が子なり。いたづらにく(朽)ちん身を、法華経の御故に捨てまいらせん事、あに石に金をかふるにあらずや」と。


深覚円理 名之為仏

「深く円理を覚る、これ仏と為すと名付けり」と読む。


円理

仏が説く違いがなく咎がない円満な法理。


日蓮大聖人は【真言見聞】で次のように説かれております。

深く諸仏、秘密の法に入り演説す可き所、違無く失無し」と。









by johsei1129 | 2019-01-31 15:14 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 31日

Gosho 種種御振舞御書 The Acts of the Votary of the Lotus Sutra

f0301354_15153778.jpg

 九月十三日の明星は金星であったと考えられている。(参照)

 It is thought that the shining star of September 13 was perhaps the Venus.



大集(だいしつ)(きょう)には「(にち)(がつ)(みょう)を現ぜず」ととかれ、仁王(にんのう)(きょう)には「日月()を失う」とかかれ、最勝王経には「三十三天(おのおの)瞋恨(しんこん)を生ず」とこそ見え(はべ)るに・いかに月天、いかに月天と()めしかば、

The Great Collection Sutra says, ‘The sun and moon no longer shed their light.’ The Benevolent Kings Sutra says, ‘The sun and moon depart from their regular courses.’ The Sovereign Kings Sutra says, ‘The thirty-three heavenly gods become furious.’ What about these passages, moon god? What is your answer?”.

The Great Assembling Sutra says, ‘The sun and moon no longer shed their light.' The Benevolent Kings Sutra says, ‘The sun and moon leave their regular courses'. The Most Victorious King Sutra says, ‘The thirty-three heavens become furious'. The moon of the heavens, how do you think about these texts? The moon of the heavens, what is your answer?”. I blamed him in this way.

()のしるしにや、(そら)より明星(みょうじょう)の如くなる大星(くだ)りて前の梅の木の枝に・かかりてありしかば・もののふども皆えん()より・とびをり(あるい)は大庭に()()し或は家のうし()ろへ()げぬ、

Then, as though in reply, a large star bright as the Morning Star fell from the sky and hung in a branch of the plum tree in front of me. The soldiers, astounded, jumped down from the veranda, fell on their faces in the garden, or ran behind the house.

Then, as though in sign, a large star bright like the morning star fell from the sky and hung to a branch of the plum tree in front of me. The soldiers were astounded and jumped down from the veranda, prostrate themselves in the large garden, or escaped behind the house.

やがて即ち(そら)かきくもりて大風吹き(きた)りて()の島の()るとて空のひびく事・大なるつ()みを打つがごとし。

Immediately the sky clouded over, and a fierce wind started up, raging so violently that the whole island of Enoshima seemed to roar. The sky shook, echoing with a sound like pounding drums.

Before long the sky clouded over, and a fierce wind started up, raging so violently that the whole island of Enoshima seemed to roar. The sky shook, echoing with a sound like beating a drum.


つづく Continued


本文 Original Text 目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2019-01-31 06:45 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 30日

Gosho 種種御振舞御書 The Acts of the Votary of the Lotus Sutra

()の夜は十三日・

Now it was the night of the thirteenth.

It was the night of 13th.

兵士(つわもの)ども数十人・(ぼう)(あた)り並びに大庭に()()て候いき、

There were scores of warriors stationed around my lodging and in the main garden.

There were scores of warriors stationed around my lodging and in the large garden.

九月十三日の夜なれば月・(おおい)に・()れてありしに、

Because it was the middle of the ninth month, the moon was very round and full.

Because it was the middle of September, the moon was very brightly.

夜中に大庭に立ち()でて月に向ひ奉りて・自我偈(じがげ)少少よみ奉り、諸宗の勝劣(しょうれつ)・法華経の文あらあら申して、

I went out into the garden and there, turning toward the moon, recited the verse portion of the “Life Span” chapter. Then I spoke briefly about the faults of the various schools, citing passages from the Lotus Sutra.

I went out into the large garden and chanted there the verse of the “Life span” chapter toward the moon. Then, I spoke about the faults of the various sects and chanted the sentence of the Lotus Sutra roughly.

(そもそも)今の月天(がってん)は法華経の御座に(つらな)りまします名月天子ぞかし、

I said: “You, the god of the moon, are Rare Moon, the son of a god, who participated in the ceremony of the Lotus Sutra.

I said: “To begin with, you, the moon of the heavens, are the emperor of the beautiful moon, and you participated in the ceremony of the Lotus Sutra.

宝塔品(ほうとうぼん)にして(ぶつ)(ちょく)をうけ給い(ぞく)(るい)(ぼん)にして仏に(いただき)()でられまいらせ「世尊の(みことのり)(ごと)(まさ)(つぶさ)()(ぎょう)すべし」と誓状(せいじょう)をたてし天ぞかし、

When the Buddha expounded the ‘Treasure Tower’ chapter, you received his order, and in the ‘Entrustment’ chapter, when the Buddha patted your head with his hand, in your vow you said, ‘We will respectfully carry out all these things just as the World-Honored One has commanded.’ You are that very god.

When the Buddha expounded the ‘Treasure Tower' chapter, you of heavens received his order, and in the ‘Entrustment' chapter, when the Buddha fondled your head with his hand, you vowed, ‘We will in detail respectfully handle these things Buddha has commanded'.

仏前のちかいは日蓮なくばむなしくてこそをはすべけれ、

Would you have an opportunity to fulfill the vow you made in the Buddha’s presence if it were not for me?

You did not have an opportunity to fulfill the vow you made to Buddha if it were not for me.

今かかる事出来しゅったいせばいそぎ悦びをなして法華経の行者にも・かはり、ぶつちょくをも・はたして誓言のししをばげさせ給うべし、

Now that you see me in this situation, you should rush forward joyfully to receive the sufferings of the votary of the Lotus Sutra in his stead, thereby carrying out the Buddha’s command and also fulfilling your vow.

Now that you see me in this situation, you should hurry joyfully to receive the sufferings in place of the votary of the Lotus Sutra and carry out the Buddha's command and fulfill a result of your vow.

いかに今しるしのなきは不思議に候ものかな、

It is strange indeed that you have not yet done anything.

It is strange that you yet do not show anything of sign now.

いかなる事も国になくしては鎌倉へもかへらんとも思はず、

If nothing is done to set this country to rights, I will never return to Kamakura.

If nothing happens to this country, I will never return to Kamakura.

しるしこそなくとも・うれしがをにてすみ渡らせ給うはいかに、

Even if you do not intend to do anything for me, how can you go on shining with such a complacent face?

Even if you do not intend to show signs for me, why are you going on shining with such a complacent face?


つづく Continued


本文 Original Text 目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2019-01-30 06:54 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 29日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(48)

【常不軽品三十箇の大事】


第十二 常不軽菩薩豈異人乎 則我身是の事(注)


御義口伝に云く、過去の不軽菩薩は今日の釈尊(注)なり。

釈尊は寿量品の教主なり、寿量品の教主とは、我等法華経の行者なり。(注)

さては我等が事なり、今日蓮等の類は不軽なり云云。




常不軽菩薩豈異人乎 則我身是
常不軽菩薩品の文で「爾の時の不軽菩薩は豈異人ならんや、則ち我が身(釈尊)是れなり」と読む。

今日の釈尊
末法今日の釈尊の意で、末法の御本仏日蓮大聖人をさし示しておられる。

寿量品の教主とは我等法華経の行者なり
日蓮大聖人は上記の根拠について、御義口伝【神力品八箇の大事】の第一 妙法蓮華経如来神力の事で、次のように説き明かされておられます。

『御義口伝に云く、此の妙法蓮華経は釈尊の妙法には非ざるなり、既に此の品(神力品)の時、上行菩薩(注)に付属し給う故なり。
 惣じて妙法蓮華経を上行菩薩に付属し給う事は、宝塔品の時、事、起り、寿量品の時、事、顕れ、神力属累の時、事、竟(おわ)るなり』と。

上行菩薩
釈尊より、自身滅後の妙法蓮華経の弘通を付属された地涌の菩薩の上首。

日蓮大聖人は上行菩薩の再誕として末法に生まれ、竜の口の法難で発迹顕本をして末法の本仏としての本地を顕されました。

【四条金吾殿御返事(煩悩即菩提御書)】では次の様に『今は生死切断し仏果をうべき身となれば・よろこばしく候』と発迹顕本した内証を示されておられます。

『日蓮が諸難について御とぶらひ、今に・はじめざる志ありがたく候、法華経の行者として・かかる大難にあひ候は、くやしくおもひ候はず、いかほど生をうけ死にあひ候とも、是ほどの果報の生死は候はじ。又三悪・四趣にこそ候いつらめ。今は生死切断し仏果をうべき身となれば・よろこばしく候。(中略)
若し然らば日蓮・法華経の法師なる事疑なきか、則ち如来にもに(似)たるらん。「行如来事」をも行ずるになりなん。多宝塔中にして二仏並坐の時・上行菩薩に譲り給いし題目の五字を、日蓮粗ひろめ申すなり。此れ即ち上行菩薩の御使いか』と、










by johsei1129 | 2019-01-29 22:25 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 29日

Gosho 種種御振舞御書 The Acts of the Votary of the Lotus Sutra

さけ()とりよせて、()のゝ()ふどもに()ませてありしかば、

There I ordered sake for the soldiers.

There I ordered a liquor and gave to the soldiers.

(おのおの)()へるとてかう()べをうなだれ、手をあざ()へて申すやう、このほどはいかなる人にてやをはすらん、(われ)()がたのみて(そうろう)阿弥陀(あみだ)(ぶつ)そし()らせ給ふとうけ給はれば、にく()みまいらせて候ひつるに、まのあたり()がみまいらせ候ひつる事どもを見て候へば、()うとさにとしごろ申しつる念仏は()て候ひぬとて、ひうち(火打)()ろよりすゞ(数珠)とりいだして()つる者あり。

When the time came for them to leave, some bowed their heads, joined their palms, and said in a most respectful manner: “We did not realize what kind of a man you are. We hated you because we had been told that you slandered Amida Buddha, the one we worship. But now that we have seen with our own eyes what has happened to you, we understand how worthy a person you are, and will discard the Nembutsu that we have practiced for so long”. Some of them even took their prayer beads out of their tinder bags and flung them away.

When the time came for them to leave, some bowed their heads, joined their palms, and said politely: “We did not realize what kind of a man you are. We detested you because we had been told that you slandered Amida Buddha we worship. But now that we have seen with our own eyes what has happened to you, we understood how worthy a person you are, and we will discard the Nembutsu that we have done for so long”. Some of them took their prayer beads out of their tinder bags and abandoned these.

今は念仏もう()さずとせいじゃ(誓状)うを()つる者もあり。

Others pledged that they would never again chant the Nembutsu.

Others pledged that they would never again chant the Nembutsu from now on.

六郎()()門尉(もんのじょう)(ろう)(じゅう)(ばん)をばうけとりぬ、

After they left, Rokurō Saemon’s retainers took over the guard.

After they left, Rokuro Saemon's vassals took over the guard.

さえ(左衛)もん()のじ()うもかへりぬ。

Then Saemon-no-jō and his brothers took their leave.

Then Shijo Kingo either returned.


つづく Continued


本文 Original Text 目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2019-01-29 06:52 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 28日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(47)

【常不軽品三十箇の大事】



第十一 於四衆中説法 心無所畏の事(注)

御義口伝に云く、四衆(注)とは日本国の中の一切衆生なり、説法とは南無妙法蓮華経なり。

心無所畏とは、今、日蓮等の類い南無妙法蓮華経と呼ばわる所の折伏(注)なり云云。



於四衆中説法 心無所畏
常不軽菩薩品の文で『四衆の中に於いて法を説くに、心に畏(うれえ)る所、無かれ』と読む。

四衆
男の出家僧(比丘)、女の出家僧(比丘尼)、俗の男の信徒(優婆塞)、俗の女の信徒(優婆夷)を合わせて四衆と称する。

折伏
破折、帰伏の意。
強い布教の手法で、邪法を破折し、正法に帰伏させる事。
この折伏に対し、正法の優れたことを説いて穏やかにに導くのが摂受となる。

日蓮大聖人は【開目抄】で、次のよう、摂受。折伏、時によるべしと説かれた。
『摂受の者は折伏をわらう、折伏の者は摂受をかなしむ。無智・悪人の国土に充満の時は、摂受を前とす安楽行品のごとし。
邪智・謗法の者の多き時は、折伏を前とす常不軽品のごとし。
 譬へば熱き時に寒水を用い、寒き時に火をこのむがごとし。草木は日輪の眷属・寒月に苦をう、諸水は、月輪の所従、熱時に本性を失う。
末法に摂受・折伏あるべし、所謂悪国・破法の両国あるべきゆへなり、日本国の当世は悪国か破法の国かと、しるべし』

また【観心本尊抄】では『当に知るべし此の四菩薩(注)、折伏を現ずる時は賢王と成つて愚王を誡責し、摂受を行ずる時は僧と成つて正法を弘持す』として、次の様に説かれておられます。

『今末法の初小を以て大を打ち権を以て実を破し、東西共に之を失し天地顛倒せり。迹化の四依は隠れて現前せず、諸天其の国を棄て之を守護せず、此の時地涌の菩薩始めて世に出現し但妙法蓮華経の五字を以て幼稚に服せしむ「因謗堕悪必因得益」とは是なり。
 
 我が弟子之を惟え、地涌千界は教主釈尊の初発心の弟子なり、寂滅道場に来らず雙林最後にも訪わず不孝の失之れ有り、迹門の十四品にも来らず本門の六品には座を立つ但八品の間に来還せり。是くの如き高貴の大菩薩、三仏に約束して之を受持す、末法の初に出で給わざる可きか。
 当に知るべし此の四菩薩、折伏を現ずる時は賢王と成つて愚王を誡責し、摂受を行ずる時は僧と成つて正法を弘持す』と。

四菩薩
従地涌出品第十五で説かれる、地涌の菩薩の上首で、上行菩薩、無辺行菩薩、浄行菩薩、安立行菩薩の四菩薩。
[原文]
是菩薩衆中 有四導師 一名上行 二名無辺行 三名浄行 四名安立行
是四菩薩 於其衆中 最為上首 唱導之師在 大衆前 各共合掌
[和訳]
是の菩薩衆の中に、四名の導師有り。一番目の名は上行菩薩、二番目の名は無辺行菩薩、三番目の名は浄行菩薩、四番目の名は安立行菩薩なれ。
是の四菩薩は其の地涌の菩薩衆の中に於いて、最も為れ上首唱導の師なりて、菩薩衆の前にて 各々共に合掌せられん。

尚、日蓮大聖人がご図現なされた御本尊の最上段に釈迦牟尼仏、多宝如来と並んで四菩薩が認められておられます。

現代の世界での悪国並びに破法国について分別すると、キリスト教国・イスラム教国は仏法国では無い故に仏法誹謗はなく、悪国と言えるので、正法の優れていることを説く「摂受を前とす安楽行品のごとし」を実践すべきと思われます。

 一方現在の日本は、政権の一翼を担う公明党の支持団体「創価学会」は、日蓮大聖人の出世の本懐たる「戒壇の大御本尊」を受持しないと宣言し、あまつさえ『創価仏』などの妄説を会員に広めている、反仏法、及び日蓮大聖人誹謗勢力であり「破法の国」として『折伏を前とす常不軽品のごとし』の実践をしなければなりません。







by johsei1129 | 2019-01-28 22:03 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 28日

Gosho 種種御振舞御書 The Acts of the Votary of the Lotus Sutra

はるか(ばか)りありて()はく、さがみ(相模)()()と申すところへ入らせ給へと申す。

They waited a short while, and then I was told to proceed to Echi in the same province of Sagami.

I waited for long, and then I was told to proceed to the place called Echi of Sagami.

(これ)は道知る者なし、さき()うち()すべしと申せども、うつ人もなかりしかば、さてやすらふ(少憩)ほどに、()兵士(もののふ)の云はく、それこそその道にて候へと申せしかば、道にまかせてゆく。

I replied that, since none of us knew the way, someone would have to guide us there. No one was willing to take the lead, but after we had waited for some time, one soldier finally said, “That’s the road you should take”.

Though someone would have to guide us to there, none of us knew that road. However, after we had waited for some time, one soldier said, “Here's the road you should go”.

(うま)の時(ばか)りに()()と申すところへゆき()つき()たりしかば、本間の六郎()衛門(えもん)()へに入りぬ。

Setting off, we followed the road and around noon reached Echi. We then proceeded to the residence of Homma Rokurō Saemon.

Setting off, we followed the road and around noon reached Echi. We then entered to the residence of Homma Rokuro Saemon.


つづく Continued


本文 Original Text 目次 Table of Contents




by johsei1129 | 2019-01-28 06:51 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 27日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(46)

【常不軽品三十箇の大事】

第十 聞其所説 皆信伏随従の事(注)


御義口伝に云く、聞とは名字即(注)なり、所詮は而強毒之(注)の題目なり。

皆とは上慢の四衆(注)等なり、信とは無疑曰信(注)なり、

伏とは法華に帰伏するなり、随とは心を法華経に移すなり、従とは身を此の経に移すなり。


所詮、今、日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る行者は、末法の不軽菩薩なり。



聞其所説 皆信伏随従
常不軽品の下記の偈にある文

[原文]
軽賎是人 為作不軽名者 見其得大神通力
楽説弁力 大善寂力 聞其所説 皆信伏随従
是菩薩 復化千万億衆 令住阿耨多羅三藐三菩提
[和訳]
是の人を軽じ賎みて、為に不軽の名を作せし者は、其の大神通力・楽説弁力・大善寂力を得たるを見て、其の所説を聞きて、皆、信伏随従せり。
是の菩薩は復、千万億の衆生を化道し、阿耨多羅三藐三菩提(悟りの境地)に住せしむ。

名字即
天台の説いた法華経への信が深まる六の段階、六即の二番目。

1.理即 理の段階では全ての衆生が仏性を内在しているとする。
2.名字即 始めて妙法蓮華経を信じ修行に入った段階。
3.観行即 己心に仏性を観ずる段階
4.相似即 悟りに相似する六根清浄の段階。
5.分真即 菩薩の境涯。元品の無明を残すも、仏性を分々に顕す段階。
6.究竟即 仏の境涯。

而強毒之
法華経を誹謗する衆生に、敢えて強いて説き聞かせて毒心(法華経を説いた人を誹謗)を起こさせることで仏縁を結び、その縁で未来世で法華経に信服する化導の方法を意味します。

日蓮大聖人は、蒙古の国書到来を受け、鎌倉幕府執権・北条時宗以下、計十一人に諌暁の書状を献じ た【十一通御書】に併せて、門下の信徒に宛てた【弟子檀那中への御状】では、【十一通御書】を発した真の目的は、而強毒之を意味しているとしているとし『日蓮が所に来りて書状等披見せしめ給え』と促し、次のように門下を厳しく諭されております。

「大蒙古国の簡牒到来に就いて十一通の書状を以て方方へ申せしめ候、定めて日蓮が弟子檀那・流罪・死罪一定ならん少しも之を驚くこと莫れ方方への強言申すに及ばず是併(しかし)ながら而強毒之の故なり、日蓮庶幾せしむる所に候、各各用心有る可し少しも妻子眷属を憶うこと莫れ権威を恐るること莫れ、今度生死の縛を切つて仏果を遂げしめ給え、鎌倉殿・宿屋入道・平の左衛門尉・弥源太・建長寺・寿福寺・極楽寺・多宝寺・浄光明寺・大仏殿・長楽寺已上十一箇所仍つて十一通の状を書して諌訴せしめ候い畢んぬ、定めて子細有る可し、日蓮が所に来りて書状等披見せしめ給え、恐恐謹言」と。


上慢の四衆
釈尊が法華経方便品を「十如是」まで説くと、それ以上は今は説けないと智慧第一の舎利弗に告げる。舎利弗は三度教えを請くと、釈尊はそこまで言うのであればと説こうをすると、増上慢の五千の衆徒(出家の男女、在家の男女)がその場から退座するが、釈尊は制止せず、これで不信の者はいなくなり、清浄の信徒だけになったとして説法を再開した。

無疑曰信
天台の法華文句にある文で「疑いなきを信と曰うなり」の意。しかしこれは疑わないと言うことではない。疑問を晴らし法門を明瞭に領解し、疑いない状態を示す。つまり一般的によく言われている『鰯の頭も信心から」とは真逆の考えである。









by johsei1129 | 2019-01-27 19:57 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 27日

Gosho 佐渡御書 Letter from Sado

これはさて()きぬ。日蓮を信ずるやうなりし者どもが、日蓮が()くなれば疑ひを()こして法華経を()つるのみならず、かへりて日蓮を教訓して(われ)(かしこ)しと思わん僻人(びゃくにん)等が、念仏者よりも(ひさ)しく阿鼻(あび)地獄にあらん事、不便(ふびん)とも申す(ばか)りなし。

Aside from these people, there are also those who appeared to believe in me, but began doubting when they saw me persecuted. They not only have forsaken the Lotus Sutra, but also actually think themselves wise enough to instruct me. The pitiful thing is that these perverse people must suffer in the Avīchi hell even longer than the Nembutsu believers.

I shall proceed to the main issue. There were also those who appeared to believe Nichiren, but when they saw Nichiren persecuted, they held suspicion. They not only have forsaken the Lotus Sutra, but also contrarily think wise enough to teach Nichiren. The pitiful thing is that these perverse people must suffer in the Avichi hell longer than the Nembutsu believers.

修羅(しゅら)(ほとけ)は十八界、(われ)は十九界と()ひ、外道(げどう)が云はく仏は(いち)()(きょう)(どう)、我は九十五究竟道と云ひしが如く、

An asura contended that the Buddha taught only eighteen elements, but that he himself expounded nineteen. The non-Buddhist teachers claimed that the Buddha offered only one way to enlightenment, but that they had ninety-five.

For example, an asura contended that the Buddha taught only eighteen worlds, but that he himself expounded nineteen worlds of more. And the people of non-Buddhist claimed that the Buddha offered only one ultimate way, but that they offered ninety-five ultimate way.

日蓮御房(ごぼう)は師匠にておわせども(あま)りにこは()し、我等はやは()らかに法華経を弘むべしと云はんは、

In the same way, the renegade disciples say, “Though the priest Nichiren is our teacher, he is too forceful. We will spread the Lotus Sutra in a more peaceful way.”

In the same way, the renegade disciples say, “Though the priest Nichiren is our teacher, he is too obstinate. We will spread the Lotus Sutra softly.”

(ほたる)()が日月をわら()ひ、(あり)(づか)崋山(かざん)(くだ)し、井江(せいこう)()(かい)をあなづり、烏鵲(かささぎ)(らん)(ほう)をわらふなるべし、わらふなるべし。

In so asserting, they are being as ridiculous as fireflies laughing at the sun and moon, an anthill belittling Mount Hua, wells and brooks despising the river and the ocean, or a magpie mocking a phoenix. 

They are fireflies laughing at the sun and moon, or anthills trying to look down upon Mount Hua. Or they are wells and brooks despising the river and the ocean, and are magpies repeating mocking a grand phoenix!


つづく Continued


本文 Original Text  目次 Table of Contents




by johsei1129 | 2019-01-27 08:26 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 25日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(45)

【常不軽品三十箇の大事】


第九 言是無智比丘の事 (注)


御義口伝に云く、此の文は法華経の明文なり。上慢の四衆、不軽菩薩を無智の比丘と罵詈せり。

凡有所見の菩薩を無智と云う事は、第六天の魔王(注)の所為なり。


末法に入つて日蓮等の類い、南無妙法蓮華経と唱え奉る者は、無智の比丘と謗ぜられん事、経文の明鏡なり。

無智を以て法華経の機(注)と定めたり。



言是無智比丘

常不軽品の下記の偈にある文

[原文]
我不敢軽於汝等 汝等皆当作仏故 四衆之中 有生瞋恚
心不浄者 悪口罵詈言 是無智比丘 従何所来
[和訳]
我、敢て汝等を軽しめず。汝等は皆、当に仏に作(な)る故なり。四衆の中にて瞋恚を生じ、
心、不浄なる者有り。悪口罵詈して言わく『是の無智な比丘は、いずれの所より来たれりや』


第六天の魔王
仏道修行を妨げる非常に大きな魔のことである。

日蓮大聖人は、第六天の魔王を、仏道修行者を法華経から遠ざけようとして現れる、魔であると[兄弟抄]で次の様に説かれておられます。

『設ひ等覚の菩薩なれども元品の無明と申す大悪鬼身に入つて、法華経と申す妙覚の功徳を障へ候なり。何に況んや其の已下の人人にをいてをや、又第六天の魔王或は妻子の身に入つて親や夫をたぼらかし、或は国王の身に入つて法華経の行者ををどし、或は父母の身に入つて孝養の子をせむる事あり』

しかしながら、妙法蓮華経の祈りにより第六天の魔王も法華経の行者に味方すると説かれ、日蓮大聖人は自ら図現した十界曼荼羅の御本尊に、第六天の魔王をしたためておられます。

日蓮大聖人が御図現なされた御本尊の相貌(具体的な姿)は、日女御前御返事(本尊相貌抄) の下記の御文をご参照願います。

日蓮いかなる不思議にてや候らん、竜樹天親等・天台妙楽等だにも顕し給はざる大曼荼羅を、末法二百余年の比はじめて法華弘通のはたじるしとして顕し奉るなり。是全く日蓮が自作にあらず、多宝塔中の大牟尼世尊分身の諸仏すりかたぎたる本尊なり。

されば首題の五字は中央にかかり、四大天王は宝塔の四方に坐し、釈迦・多宝・本化の四菩薩肩を並べ、普賢・文殊等・舎利弗・目連等坐を屈し、日天・月天・第六天の魔王・竜王・阿修羅・其の外不動・愛染は南北の二方に陣を取り、悪逆の達多・愚癡の竜女一座をはり、三千世界の人の寿命を奪ふ悪鬼たる鬼子母神・十羅刹女等・加之(しかのみならず)日本国の守護神たる天照太神・八幡大菩薩・天神七代・地神五代の神神、総じて大小の神祇等・体の神つらなる。 其の余の用の神豈もるべきや。
 宝塔品に云く「諸の大衆を接して皆虚空に在り」云云。此等の仏菩薩・大聖等・総じて序品列坐の二界八番の雑衆等一人ももれず、此の御本尊の中に住し給い妙法五字の光明にてらされて、本有の尊形となる。是を本尊とは申すなり。

経に云く「諸法実相」是なり。妙楽云く「実相は必ず諸法・諸法は必ず十如乃至十界は必ず身土」云云。又云く「実相の深理本有の妙法蓮華経」等と云云。伝教大師云く「一念三千即自受用身・自受用身とは出尊形の仏」文。此の故に未曾有の大曼荼羅とは名付け奉るなり。仏滅後・二千二百二十余年には此の御本尊いまだ出現し給はずと云う事なり』と。



f0301354_00082782.gif



[日目上人に授与なされた十界曼荼羅 の相貌]
 



法華経の機
機とは機根のことで、人の心の機縁、はたらきを意味し、法華経の機とは、法華経を人に説いた場合、それを聞いた人がどう反応・行動するかは、その人の機根に依存します。

 例えばこの世の真実は何かと求めている人、あるいは深刻な悩み事を抱えている人は、法華経が真実の教えなのか、自分の悩みを解決できるのか、真剣に思索し、その正邪を見極めようとするでしょう。
 しかし現状の生活に満足しているならば、その説法に耳を傾ける気にはなり難いと思われます。

この末法の衆生の機根の差異について、日蓮大聖人は【妙心尼御前御返事】で次のように説かれておられます。
『病あれば死ぬべしといふ事、不定なり。又このやまひは仏の御はからひか、そのゆへは浄名経・涅槃経には、病ある人、仏になるべきよしとかれて候。病によりて道心(信仰心)はをこり候なり』と。









by johsei1129 | 2019-01-25 21:25 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)