人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 08日

撰時抄愚記 上二


  十五日


一 
釈子(しゃくし)日蓮()

「釈子」に四句の分別あり。

一には身は釈子に似て心は釈子に(あら)ず。即ち禅宗・念仏・真言等の沙門(しゃもん)なり。

二には身心(とも)に釈子に非ず。即ちこれ禅・念仏・真言等の在家の(やから)なり。

三には身心倶に是れ釈子なり。即ち蓮師(れんし)、興師及び末弟の沙門是れなり。

四には身は釈子に非ざれども心は是れ釈子なり。即ち蓮・興の流れを()む在家の(ともがら)なり。

中に於て我が蓮祖師は身心(とも)に真実の釈子なり。故に「釈子日蓮」と云うなり。(まさ)に此の義を明かさんとするに、略して五義を示さん。

第一には、蓮祖は是れ本化(ほんげ)の再誕なるが故に。涌出品に本化の菩薩を説いて(いわ)く「(これ)()は是れ我が子なり。是の世界に依止(えし)せり」文。妙楽云く「子、父の法を弘む。世界の(やく)有り」云云。故に知んぬ、蓮祖は真実の釈子なり。

又当流の沙門(しゃもん)(みな)れ本化なり。何となれば本化の菩薩は久遠より已来(このかた)(ただ)本門寿量の肝心(かんじん)を行ずるなり。
 故に下山抄に云く「久遠
五百(ごひゃく)塵点(じんてん)(ごう)より已来、一向(いっこう)に本門寿量の肝心を修行し習い給える上行菩薩」等云云。(編者注:「久遠」から「給える」までの文は御書全集に拝せず。平成新編に拝す) 
 既()に門流の沙門は皆是れ一向に本門寿量の肝心を行ず。故に所行の法は全く是れ本化に同じきなり。故に(すなわ)ち是れ本化なり。上行等は昔の本化なり、門流の沙門は今の本化なり。(ただ)ちに上行等なりと謂うには非ず。出家(なお)(しか)なり。(いわん)や在家の義立をや。外典に云く「彼は(いにしえ)(ぎょう)(しゅん)(これ)は今の尭・舜なり」等云云。之に例して知るべし。

又当流の在家も一向(いっこう)に本門寿量の肝心(かんじん)を行ずる故に、皆是れ本化なり。()(しか)らば門流の在家も出家も(とも)に是れ本化なり。故に「此等は是れ我が子」の摂属(しょうぞく)にして、並びに是れ真実の釈子(しゃくし)なり。出家は身心(とも)に釈子なり。在家は心の釈子なり云云。

第二には、蓮祖は()く法の(じゃ)(しょう)(ただ)したもうが故に。会疏(えしょ)三・二十九に(いわ)く「仏法を壊乱(えらん)するは仏法の中の(あだ)なり。能く糺治(きゅうじ)する者は是れ護法の声聞(しょうもん)、真の我が弟子なり」文。禅宗の教外(きょうげ)別伝(べつでん)、念仏宗の捨閉(しゃへい)閣抛(かくほう)、真言宗の第三戯論(けろん)(あに)仏法を壊乱するに非ずや。()(しか)らば仏法(ぶっぽう)中怨(ちゅうおん)(せめ)、何ぞ(まぬか)るるを得んや。(すで)に仏法の中の怨敵(おんてき)なり。(いかで)か釈子と名づけんや。故に真俗(とも)に釈子に非ず。第一、第二の句云云。

(しか)るに()が師蓮祖は、横に権実の(おう)()(きわ)め、(たて)に本迹の淵底(えんでい)(つく)す。(むし)()(きゅう)()する者に非ずや。()(しか)らば「真の我が弟子」なり。故に真実の釈子(しゃくし)なり。

又当流の行者は、真俗(とも)(あお)いで蓮祖の法流を信じて(ごう)(まつ)私立(しりゅう)(そん)せず。故に法の(じゃ)(しょう)に於ては()()も壊乱()。故に「真の我が弟子」真実の釈子なり。文中に「声聞(しょうもん)」と云うは、是れ大乗の声聞なり。「仏道の声を以て一切に聞かしむ」とは是れなり。故に(まこと)に是れ大菩薩なり。小乗の声聞に同じからざるなり。


    

                     つづく

撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-08 22:47 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 08日

法華の持者を禁獄する人、何ぞ現身に悪瘡を感ぜざらんや、と説いた【同一鹹味御書】

【同一鹹(しお)味御書】
■出筆時期:弘長元年((1261年)四十歳御作と推察されます。
■出筆場所:伊豆・伊東の地頭伊東八郎左衛門の屋敷と思われます。
■出筆の経緯:本書は伊豆流罪中に、鎌倉の留守を守る弟子・信徒にあてられた書と思われます。
 大聖人は冒頭で「夫れ味に六種あり<中略>鹹(しお)の味なければ大王の膳とならず、山海の珍物も鹹なければ気味なし」と記し、六種の味の中でも塩味が一番大事てあると示すとともに、その塩を生み出す大海の「八の不思議」を法華経信仰に例えて、わかりやすく説かれておられます。

文末では「法華の持者を禁(いまし)むるは釈迦如来を禁むるなり<中略>法華の持者を禁獄する人、何ぞ現身に悪瘡(あくそう)を感ぜざらんや」と記し、法華経の行者を投獄する者はその身に悪瘡を生じないことはないと断じられておられます。
事実大聖人の佐渡流罪を図った当時の幕府重臣で熱心な念仏信者北条重時(執権北条長時の父)は、 『吾妻鏡』によると伊豆流罪の十九日後、厠で「怪異」により「心神網然」になり一時回復するも再発し同年十一月三日に亡くなっています。
まさに[三三蔵祈雨事] で説かれている「日蓮仏法をこころみるに 道理と証文とには過ぎず、また道理証文よりも現証には過ぎず」そのものでした。
■ご真筆:現存しておりません。

[同一鹹味御書 本文]

夫れ味に六種あり、一には淡(あわき)・二には鹹(しおからき)・三には辛(からき)・四には酸(すき)・五には甘(あまき)・六には苦(にがき)なり。
百味の餚膳(きょうぜん)を調ふといへども一つの鹹(しお)の味なければ大王の膳とならず、山海の珍物も鹹なければ気味なし。

大海に八の不思議あり、一には漸漸に転深し、二には深くして底を得難し、三には同じ一鹹の味なり、四には潮限りを過ぎず、五には種種の宝蔵有り、六には大身の衆生中に在つて居住す、七には死屍(しし)を宿(とど)めず、八には万流大雨之を収めて不増不減なり。

漸漸に転深しとは、法華経は凡夫無解より聖人有解に至るまで、皆仏道を成ずるに譬うるなり。深くして底を得難しとは法華経は唯仏与仏の境界にして等覚已下は極むることなきが故なり。同じ一鹹の味なりとは諸河に鹹なきは諸教に得道なきに譬ふ。

諸河の水、大海に入つて鹹となるは、諸教の機類、法華経に入つて仏道を成ずるに譬ふ。潮限りを過ぎずとは、妙法を持つ人寧ろ身命を失するとも不退転を得るに譬ふ。種種の宝蔵有りとは諸仏菩薩の万行万善、諸波羅蜜の功徳・妙法に納まるに譬ふ。大身の衆生所居の住処とは仏菩薩・大智慧あるが故に大身衆生と名く大身・大心・大荘厳・大調伏・大説法・大勢・大神通・大慈・大悲・おのづから法華経より生ずるが故なり。

死屍を宿めずとは、永く謗法一闡提を離るるが故なり。不増不減とは法華の意は一切衆生の仏性同一性なるが故なり、蔓草漬(つるくさつけ)たる桶缾(とうびょう)の中の鹹は、大海の鹹に随つて満干ぬ、禁獄を被る法華の持者は桶びょうの中の鹹の如く・火宅を出で給へる釈迦如来は大海の鹹の如し。

法華の持者を禁むるは釈迦如来を禁むるなり。梵釈・四天も如何(いかが)驚き給わざらん、十羅刹女の頭破七分の誓ひ此の時に非ずんば何(いつ)の時か果し給ふべき。頻婆娑羅王(びんばしゃらおう)を禁獄せし阿闍世(あじゃせ)早く現身に大悪瘡を感得しき、法華の持者を禁獄する人、何ぞ現身に悪瘡を感ぜざらんや。

    日 蓮 花 押

by johsei1129 | 2015-10-08 20:36 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 07日

法華証明抄三 The Proof of the Lotus Sutra 3


 いかなる過去の宿習(しゅくじゅう)にて・かかる身とは生るらむと悦びまいらせ候上、

I wonder what karma we created in the past to have been born as such persons, and I am filled with joy.

One must have accumulated immense good fortune in past lives to be born a person who believes in the Lotus Sutra. That you are such a person brings me great joy.

経文には過去に十万億の仏にあいまいらせて供養をなしまいらせて候いける者が・法華経(ばか)りをば用いまいらせず候いけれども・仏くやう(供養)の功徳莫大(ばくだい)なりければ・謗法(ほうぼう)の罪に依りて貧賤の身とは生れて候へども・又此の経を信ずる人となれりと見へて候、

The words of Shakyamuni that I referred to above indicate that the blessings that come from having made offerings to a hundred thousand million Buddhas are so great that, even if one has believed in teachings other than the Lotus Sutra and as a result of this slander been born poor and lowly, one is still able to believe in this sutra in this lifetime.

It is expounded in the Lotus Sutra that there was once a person who in his past existences encountered and made offerings to tens of billions of Buddhas but failed to take faith in the Lotus Sutra. Because of this slander, he was born into poor and humble circumstances. However, as a result of having made offerings to Buddhas, he received the great benefit of being able to embrace the Lotus Sutra in his present life.

此れをば天台の御釈に云く「人の地に倒れて(かえ)って地より()つが如し」等云云、

A T’ien-t’ai [school’s] commentary states, “It is like the case of a person who falls to the ground, but who then pushes himself up from the ground and rises to his feet again.”

According to Miao-lo of the Ten-tai school, A person who falls to the ground must push himself up from the ground in order to stand.”

地に()うれたる人は・かへりて地よりをく、

One who has fallen to the ground recovers and rises up from the ground.

This means that when a person falls to the ground, it is by virtue of his pushing himself off the ground that he can arise again.

法華経謗法の人は三悪並びに人天の地には・()うれ候へども・かへりて法華経の御手(みて)にかかりて仏になると・こと()わられて候。

Those who slander the Lotus Sutra will fall to the ground of the three evil paths, or of the human and heavenly realms, but in the end, through the help of the Lotus Sutra, they will attain Buddhahood. it is by virtue of his pushing himself off the ground that he can arise again.

Those who slander the Lotus Sutra will fall to the “ground” of the Three Evil Paths or the worlds of Humanity and Rapture but it is through the power of the very same Lotus Sutra then they all shall rise to the Buddhas realm.


                    つづく Next
【御書本文】 【目次 Index】



by johsei1129 | 2015-10-07 22:45 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 07日

法華証明抄二 The Proof of the Lotus Sutra 2


 なれども・なをなを末代の凡夫は・をぼつかなしと・をぼしめしや有りけん、

Nevertheless, Shakyamuni Buddha may have felt that ordinary people in the latter age would still be skeptical.

But perhaps believing that common mortals in the Latter Day of the Law would still remain skeptical,

十方の諸仏を()しあつめさせ給いて広長舌相(ぜっそう)と申して無量劫より・このかた永くそらごとなきひろくながく大なる御舌(おんした)須弥山(しゅみせん)のごとく虚空(こくう)に立てならべ給いし事は・をびただしかりし事なり、

Hence he summoned the Buddhas of the ten directions to come and join him in the magnificent act of extending their long broad tongues,which had told nothing but the truth for countless kalpas, until they projected into the sky as high as Mount Sumeru.

Shakyamuni Buddha then summoned all Buddhas from throughout the ten directions to verify the truth of the Lotus Sutra. Following Shakyamuni’s example, the assembled Buddhas extended their long, broad tongues, which had told nothing but the truth for countless kalpas, until they magnificently rose into the sky like Mount Sumeru. This was truly astounding.

かう候へば末代の凡夫(ぼんぷ)の身として法華経の一字・二字を信じまいらせ候へば十方の仏の御舌を持つ物ぞかし、

Since this is the case, when ordinary people in the latter age believe in even one or two words of the Lotus Sutra, they are embracing the teaching to which the Buddhas of the ten directions have given credence.

 This means that when you, a common mortal in the Latter Day of the Law, believe in even one or two words of the Lotus Sutra, you are embracing the True Law attested to by all the Buddhas in the ten directions.


                    つづく Next
【御書本文】 【目次 Index】



by johsei1129 | 2015-10-07 22:24 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 07日

法華経は一切経の中の第一の経王なりと知るは是れ教を知る者なり、と説いた【教機時国抄】

【教機時国抄】
■出筆時期:弘長二年(1280年)二月十日 四十一歳御作
■出筆場所:伊豆・伊東 地頭伊東八郎左衛門の屋敷にて。
■出筆の経緯:大聖人は本書を記された前年の弘長元年五月十二日、鎌倉幕府執権・北条長時の命により伊豆に流罪となります。
本書はその伊豆の地で、弟子・信徒に向け、仏教流布の理(ことわり)について「経・機・時・国・教法流布の先後」の五義に分別して比較的平易に説かれた法門です。
大聖人は二年前の文応元年七月十六日、「立正安国論」を北条時頼に献上し国家諌暁を成し遂げると、翌八月二十七日には「松葉ヶ谷の法難」そして立秋宣言以後、初めての国家権力による「王難」に遭われます。
大聖人は本書で「已上の此の五義を知つて仏法を弘めば日本国の国師と成る可きか。所以に法華経は一切経の中の第一の経王なりと知るは是れ教を知る者なり」と記し、自身が法華経の行者として日本の国師たらんとすると宣言しておられます。

さらに法華経勧持品の文を引いて「後の五百歳、二千余年に当つて法華経の敵人・三類有る可しと記し置きたまえり。当世は後五百歳に当れり、日蓮、仏語の実否を勘うるに三類の敵人之有り、之を隠さば法華経の行者に非ず、之を顕さば身命定めて喪(うしな)わんか」と記し、伊豆流罪という王難をへて、末法という時に、法華経有縁の地・日本において法華経の行者として振舞うことの確信を得たことを示されておられます。
尚、この確信は、撰号(筆名)にも表されており、『立正安国論』では「天台沙門日蓮勘之(日興上人の写本)」と記されておられると伝えられていますが、本書では「本朝沙門日蓮註之」と記され、この撰号は佐渡での法本尊開顕の書「観心本尊抄」でも、本初同様に記されておられます。
■ご真筆:現存しておりません。

[教機時国抄 本文]

                          本朝沙門日蓮之を註す

一に教とは釈迦如来所説の一切の経・律・論・五千四十八巻・四百八十帙(ちつ)・天竺に流布すること一千年・仏の滅後一千一十五年に当つて震旦国(しんたんこく)に仏経渡る、後漢の孝明皇帝・永平十年丁卯(ひのとう)より唐の玄宗皇帝・開元十八年庚午(かのえうま)に至る六百六十四歳の間に一切経渡り畢んぬ、此の一切の経・律・論の中に小乗・大乗・権経・実経・顕経・密経あり此等を弁うべし、此の名目は論師人師よりも出でず仏説より起る十方世界の一切衆生一人も無く之を用うべし之を用いざる者は外道と知るべきなり、阿含経を小乗と説く事は方等・般若・法華・涅槃等の諸大乗経より出でたり、法華経には一向に小乗を説きて法華経を説かざれば仏慳貪(けんどん)に堕すべしと説きたもう、涅槃経には一向に小乗経を用いて仏を無常なりと云わん人は舌口中に爛(ただ)るべしと云云。

二に機とは仏教を弘むる人は必ず機根を知るべし、舎利弗(しゃりほつ)尊者は金師に不浄観を教え浣衣(かんえ)の者には数息観(すそくかん)を教うる間、九十日を経て所化の弟子仏法を一分も覚らずして還つて邪見を起し一闡提(いっせんだい)と成り畢(おわ)んぬ、仏は金師に数息観を教え浣衣の者に不浄観を教えたもう故に須臾(しゅゆ)の間に覚ることを得たり、智慧第一の舎利弗すら尚機を知らず何に況や末代の凡師機を知り難し但し機を知らざる凡師は所化の弟子に一向に法華経を教うべし、問うて云く無智の人の中にして此の経を説くこと莫(なか)れとの文は如何、答えて云く機を知るは智人の説法する事なり又謗法の者に向つては一向に法華経を説くべし毒鼓(どっく)の縁と成さんが為なり、例せば不軽菩薩の如し、亦智者と成る可き機と知らば必ず先ず小乗を教え次に権大乗を教え後に実大乗を教う可し、愚者と知らば必ず先ず実大乗を教う可し信謗共に下種と為ればなり。

三に時とは仏教を弘めん人は必ず時を知るべし、譬えば農人の秋冬田を作るに種と地と人の功労とは違わざれども一分も益無く還つて損す一段を作る者は少損なり、一町二町等の者は大損なり、春夏耕作すれば上中下に随つて皆分分に益有るが如し、仏法も亦復是くの如し、時を知らずして法を弘めば益無き上還つて悪道に堕するなり、仏出世したもうて必ず法華経を説かんと欲するに縦(たと)い機有れども時無きが故に四十余年には此の経を説きたまわず、故に経に云く「説時未だ至らざるが故なり」等と云云、仏の滅後の次の日より正法一千年は持戒の者は多く破戒の者は少し、正法一千年の次の日より像法一千年は破戒の者は多く無戒の者は少し、像法一千年の次の日より末法一万年は破戒の者は少く無戒の者は多し、正法には破戒・無戒を捨てて持戒の者を供養すべし像法には無戒を捨てて破戒の者を供養すべし、末法には無戒の者を供養すること仏の如くすべし但し法華経を謗ぜん者をば正像末の三時に亘りて持戒の者をも無戒の者をも破戒の者をも共に供養すべからず、供養せば必ず国に三災七難起り供養せし者も必ず無間大城に堕すべきなり、法華経の行者の権経を謗ずるは主君・親・師の所従・子息・弟子等を罰するが如し、権経の行者の法華経を謗ずるは所従・子息・弟子等の主君・親・師を罰するが如し、又当世は末法に入つて二百一十余年なり、権経・念仏等の時か法華経の時か能く能く時刻を勘うべきなり。

四に国とは仏教は必ず国に依つて之を弘むべし国には寒国・熱国・貧国・富国・中国・辺国・大国・小国・一向偸盗国(ちゅうとうこく)・一向殺生国・一向不孝国等之有り、又一向小乗の国・一向大乗の国・大小兼学の国も之有り、而るに日本国は一向に小乗の国か一向に大乗の国か大小兼学の国なるか能く之を勘うべし。

五に教法流布の先後とは未だ仏法渡らざる国には未だ仏法を聴かざる者あり、既に仏法渡れる国には仏法を信ずる者あり、必ず先に弘まれる法を知つて後の法を弘むべし、先に小乗・権大乗弘らば後に必ず実大乗を弘むべし先に実大乗弘らば後に小乗・権大乗を弘むべからず、瓦礫(がりゃく)を捨てて金珠(こんじゅ)を取るべし金珠を捨てて瓦礫を取ること勿れ。

已上の此の五義を知つて仏法を弘めば日本国の国師と成る可きか。所以(ゆえ)に法華経は一切経の中の第一の経王なりと知るは是れ教を知る者なり、但し光宅の法雲・道場の慧観等は涅槃経は法華経に勝れたりと、清涼山の澄観・高野の弘法等は華厳経・大日経等は法華経に勝れたりと、嘉祥寺の吉蔵・慈恩寺の基法師等は般若・深密等の二経は法華経に勝れたりと云う、天台山の智者大師只一人のみ一切経の中に法華経を勝れたりと立つるのみに非ず法華経に勝れたる経之れ有りと云わん者を諌暁(かんぎょう)せよ、止まずんば現世に舌口中に爛(ただ)れ後生は阿鼻地獄に堕すべし等と云云、此等の相違を能く能く之を弁(わきま)えたる者は教を知れる者なり、当世の千万の学者等一一に之に迷えるか、若し爾らば教を知れる者之れ少きか教を知れる者之れ無ければ法華経を読む者之れ無し法華経を読む者之れ無ければ国師となる者無きなり、国師となる者無ければ国中の諸人・一切経の大・小・権・実・顕・密の差別に迷うて一人に於ても生死を離るる者之れ無く、結句は謗法の者と成り法に依つて阿鼻地獄に堕する者は大地の微塵(みじん)よりも多く法に依つて生死を離るる者は爪上の土よりも少し、恐る可し恐る可し、日本国の一切衆生は桓武皇帝より已来(このかた)四百余年一向に法華経の機なり、例せば霊山八箇年の純円の機為るが如し、天台大師・聖徳太子・鑒真和尚・根本大師・安然和尚・慧心等の記に之有り是れ機を知れるなり、而るに当世の学者の云く日本国は一向に称名念仏の機なり等と云云、例せば舎利弗の機に迷うて所化の衆を一闡提と成せしが如し。

日本国の当世は如来の滅後二千二百一十余年後五百歳に当つて妙法蓮華経広宣流布の時刻なり是れ時を知れるなり、而るに日本国の当世の学者或は法華経を抛(なげう)ちて一向に称名念仏を行じ或は小乗の戒律を教えて叡山の大僧を蔑(あなず)り或は教外(きょうげ)を立てて法華の正法を軽しむ此等は時に迷える者か、例せば勝意比丘が喜根菩薩を謗じ徳光論師が弥勒菩薩(みろくぼさつ)を蔑りて阿鼻の大苦を招きしが如し、日本国は一向に法華経の国なり例せば舎衛国(しゃえこく)の一向に大乗なりしが如し、又天竺には一向に小乗の国・一向に大乗の国・大小兼学の国も之有り、日本国は一向大乗の国なり大乗の中にも法華経の国為る可きなり瑜伽論(ゆがろん)・肇公(じょうこう)の記・聖徳太子・伝教大師・安然等の記之有り是れ国を知れる者なり、而るに当世の学者日本国の衆生に向つて一向に小乗の戒律を授(さず)け一向に念仏者等と成すは「譬えば宝器に穢食(えじき)を入れたるが如し」等云云宝器の譬・伝教大師の守護章に在り、日本国には欽明天皇の御宇に仏法百済(くだら)国より渡り始めしより桓武天皇に至るまで二百四十余年の間此の国に小乗・権大乗のみ弘まり法華経有りと雖も其の義未だ顕れず、例せば震旦国に法華経渡つて三百余年の間・法華経有りと雖も其の義未だ顕れざりしが如し、桓武天皇の御宇に伝教大師有(いま)して小乗・権大乗の義を破して法華経の実義を顕せしより已来又異義無く純一に法華経を信ず、設い華厳・般若・深密・阿含・大小の六宗を学する者も法華経を以て所詮と為す、況(いわん)や天台・真言の学者をや何に況や在家の無智の者をや、例せば崑崙山(こんろんざん)に石無く蓬莱山(ほうらいさん)に毒無きが如し、建仁より已来今に五十余年の間・大日・仏陀・禅宗を弘め、法然・隆寛・浄土宗を興し実大乗を破して権宗に付き一切経を捨てて教外を立つ、譬えば珠を捨てて石を取り地を離れて空に登るが如し此は教法流布の先後を知らざる者なり。

仏誡めて云く「悪象に値うとも悪知識に値わざれ」等と云云、法華経の勧持品に後の五百歳・二千余年に当つて法華経の敵人・三類有る可しと記し置きたまえり、当世は後五百歳に当れり、日蓮・仏語の実否を勘うるに三類の敵人之有り之を隠さば法華経の行者に非ず之を顕さば身命(しんみょう)定めて喪(うしな)わんか、法華経第四に云く「而も此の経は如来の現在にすら猶怨嫉多し況や滅度の後をや」等と云云、同じく第五に云く「一切世間怨多くして信じ難し」と、又云く「我身命を愛せず但無上道を惜む」と、同第六に云く「自ら身命を惜まず」と云云、涅槃経第九に云く「譬えば王使の善能(よく)談論し方便に巧みなる命を他国に奉け寧ろ身命を喪うとも終に王の所説の言教を匿(かく)さざるが如し、智者も亦爾なり凡夫の中に於て身命を惜まずして要必(かならず)大乗方等を宣説すべし」と云云、章安大師釈して云く「寧喪身命不匿教(にょそうしんみょうふのくきょう)とは身は軽く法は重し身を死(ころ)して法を弘めよ」等と云云、此等の本文を見れば三類の敵人を顕さずんば法華経の行者に非ず之を顕すは法華経の行者なり、而れども必ず身命を喪わんか、例せば師子尊者・提婆菩薩等の如くならん云云。

二月十日  日 蓮 花押

 [妙法蓮華経 勧持品第十三]
 濁劫悪世中 多有諸恐怖
 悪鬼入其身 罵詈毀辱我
 我等敬信仏 当著忍辱鎧
 為説是経故 忍此諸難事
 我不愛身命 但惜無上道
[和訳]
 濁劫の悪世の中は、諸の恐怖、多く有り
 悪鬼が其の身に入り、我を罵詈し毀辱せん
 しかし我等、仏を敬信する故に、当に忍辱(にんにく)の鎧(よろい)を著せん
 是の経(法華経)を説かんが為の故に、此の諸の難事を忍ぶべし
 我、自らの身命を愛せず、但無上道(に入らない事)を惜しむのみである

by johsei1129 | 2015-10-07 20:05 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 06日

撰時抄愚記 上一  文底深秘の大法とは天台未弘(みぐ)の大法・三大秘法の随一・本門戒壇の御本尊の御事なり

                   正徳(しょうとく)乙未(きのとひつじ)六月十三日大貳(たいに)(にち)(かん)


             序

一 (まさ)にこの(しょう)(だい)(しゃく)せんとするに(すべから)く通別を(りょう)すべし。即ち三意あり。

一には「撰時」の二字は是れ別なり。別して()抄に題するが故なり。「抄」の一字は(つう)なり。諸御抄に通ずるが故なり。

二には「撰」の字は通なり。宗教の五()に通ずるが故なり。(いわ)く、権迹(ごんしゃく)(えら)()て本門を撰び取るは、是れ教を知るなり。権迹の機を撰び捨て本門の直機(じっき)を撰び取るは、是れ機を知るなり。権迹の時を撰び捨て本門の時を撰び取るは、是れ時を知るなり。権迹流布(るふ)の国を撰び捨て本門流布の国を撰び取るは、是れ国を知るなり。前代流布の権迹を撰び捨て末法適時(ちゃくじ)の本門を撰び取るは、是れ教法流布の前後を知るなり。故に「撰」の一字は宗教の五()に通ずるなり。故に通と云うなり。「時」の一字は別して第三に()り。故に別と云うなり。

三には文通(もんつう)()(べつ)なり。文通と言うは、「撰」は撰捨・撰取に通じ「時」は正像末に通ず。故に文通と云うなり。意別とは「撰」は(ただ)(せん)(しゅ)、「時」は只是れ末法、故に本意は別して末法の時を選取するに()り、故に「撰時抄」と云うなり。

問う、別して末法の時を撰取する意如何(いかん)

答う、(ここ)に両意あり。

一には末法に於ては、必ず(まさ)に文底秘沈の大法広宣流布すべし。

二には今末法に於ては、(まさ)に日蓮を以て下種の本尊と()すべし云云。

初義に(しばら)く三文を引き(これ)を証せん。

一には下の文(いわ)く「彼の大集経の白法(びゃくほう)隠没(おんもつ)の時は第五の五百歳当世なる事は疑ひなし、(ただ)し彼の白法隠没の次には法華経の肝心(かんじん)たる南無妙法蓮華経の大白法の一閻(いちえん)浮提(ぶだい)の内(乃至)広宣流布せさせ給うべきなり」已上。

是れ付文(ふもん)の辺は権実相対なり。故に(ただ)「法華経」等と云うなり。若し元意(がんい)の辺は文底深秘の大法なり。故に(こころ)実には法華経の本門寿量品の肝心・南無妙法蓮華経の大白法(びゃくほう)等なり。「肝心」とは即ち是れ文底なり云云。

二には下の文(いわ)く「上行菩薩の大地より出現し給いたりしをば(乃至)観世音菩薩・薬王菩薩等の四十一品の無明(むみょう)を断ぜし人人も、元品(がんぽん)の無明を断ぜざれば、愚人といはれて寿量品の南無妙法蓮華経の末法に流布せんずるゆえに、此の菩薩を()(いだ)されたるとはしらざりしと云う事なり」文。

是れ付文の辺は本迹(ほんじゃく)相対なり。故に但「寿量品」と云うなり。若し元意の辺は文底沈秘の大法なり。故に(こころ)実には法華経の本門寿量品の肝心(かんじん)南無妙法蓮華経の末法に流布せん等なり。文語少しく略するなり。

三には下の文に云く「竜樹(りゅうじゅ)無著(むじゃく)(てん)(じん)・乃至天台・伝教(でんぎょう)のいまだ弘通(ぐつう)しましまさぬ最大の(じん)(みつ)の正法、教文の(おもて)現前(げんぜん)なり、此の深法(じんほう)今末法の始め五五百歳に一閻浮提に広宣流布すべし」文。

此れ即ち(しゅ)(だつ)相対なり。天台未弘(みぐ)の「最大深秘の大法」(あに)寿量文底の秘法に非ずや。(かえ)って文言(もんごん)(また)略するなり。(こころ)実には本門寿量の文底、最大深秘の大法等なり。妙楽云く「若し文に(したが)って()を生ぜば、(すなわ)ち前後(ぞう)(らん)す。若し文の大旨(たいし)()れば、則ち元由(がんゆ)(くら)からず」等云云。

今文の大旨を得るに、若し(つぶさ)(これ)を言わば、法華経の本門寿量品の文底最大深秘の大法、()の五百歳に一閻浮提に広宣流布すべしと云う文の意なり。学者(これ)を思え。

問う、文底深秘の大法、其の(たい)如何(いかん)

答う、則ち是れ天台未弘(みぐ)の大法・三大秘法の随一・本門戒壇の御本尊の御事なり。
 故に顕仏未来記二十七・三十に云く「本門の本尊・妙法蓮華経の五字を以て
閻浮(えんぶ)(だい)に広宣流布せしめん」等云云。故に此の本尊は(こう)()の根源なり。

次に今末法に於て、日蓮を以て下種の本尊と()すべしとは、

下の文に云く「法華経をひろ()むる者は日本国の一切衆生の父母なり(乃至)されば日蓮は当帝の父母、念仏者・禅衆・真言師等が師範(しはん)なり、又主君なり」等云云。「法華経を弘む」とは()の法華経、即ち本門の本尊の妙法蓮華経の五字なり。是れ(すなわ)ち成仏の種子(しゅし)なり。此の種子の妙法蓮華経の五字を弘めて、日本国の一切衆生の(しん)(でん)(くだ)すが故に「父母」と云うなり。故に蓮師は一切衆生の父母なり。(また)れ師範なり、亦是れ主君なり。故に今末法に於ては、(まさ)に日蓮を以て下種の本尊と()すべし云云。此れ是の文の元意(がんい)なり。開目抄の始終、(これ)を思い合すべし。


                          つづく
 撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-06 22:24 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 06日

撰時抄上愚記 目次

日寛上人 御書講義

 
撰時抄上愚記

 序    題号を説き明かす

文底深秘の大法とは天台未弘の大法・三大秘法の随一・本門戒壇の御本尊の御事なり
第一段  時を要となすを標す
       時鳥は「本尊掛けたか」と鳴く
第二段  仏教は時によるを明かす
       本門戒壇の大御本尊は末法下種の御正体なり 
第三段  機教相違の難を会す
第四段  滅後の弘経を明かす

富士山は霊山浄土に似たらん最勝の地なり
第五段  経文を引いて証す

順縁広布、何ぞ須く之を疑うベけんや。時を待つべきのみ

寿量の顕本に略して二義あり。文上は久遠本果の三身・文底は本地無作の三身なり
第六段  釈の文を引いて証す

道の一字は「虚通」「所践」「能通」の三大秘法なり

後悔先に立たず。如かず、本尊に向かって南無妙法蓮華経と唱えんには

像法の流布は真実の法華経の流布に非ず

謗法の行人は「一切世間の仏種を断ずる」の罪人なり、是れ卑賎なり
第七段  正法の初めの五百年の弘経
       二箇の相承は正しく是れ弘宣・伝持の付嘱なり
     
第八段  正法の後の五百年の弘経
  
第九段  像法の初めの五百年の弘経
     
第十段  像法の後の五百年の弘経
     
第十一段 日本に六宗の伝来
第十二段 天台宗の弘通

霊山報土は劫火にも壊れず
第十三段 妙法流布の必然を明かす
第十四段 能弘の師徳をあらわす
       元寇の勝利は神力にして二つの所以あり
第十五段 総じて問答料簡す
第十六段 竜樹天親の弘通
第十七段 天台大師の弘通

摩呵止観十巻の大旨
       若し本門の戒壇を建てざれば未だ広布ならざるなり
第十八段 伝教大師の弘通
       三大秘法の謂れを知らずして蒼蠅・碧蘿となるなかれ
第十九段 末法について料簡す
       本門の本尊を信ぜずして題目を唱うるは、手なくして宝山に入るに似たり


       下につづく

御書本文      文段 総目次



by johsei1129 | 2015-10-06 19:20 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 06日

釈尊と同じく八日に生まれた日眼女の子に月満(つきまろ)と命名した書【月満御前御書】

【月満御前御書】
■出筆時期:文永八年(1271年)五月八日 五十歳御作
■出筆場所:鎌倉市中 館にて。
■出筆の経緯:本書を記された前日の五月七日、大聖人は四条金吾の妻・日眼女より、初産ということもあり出産が遅れているのだろうと思われるが、護符の願い出があった。大聖人は直ぐに弁公(日昭上人)に護符と返書の消息[四条金吾女房御書]をもたせて日眼女のに届けます。
 護符を飲んだ日眼女は安心したのか、翌日無事女の子を出産します。前日の消息で大聖人は「法華経は日月と蓮華となり故に妙法蓮華経と名く。日蓮又日月と蓮華との如くなり。信心の水すまば利生の月・必ず応を垂れ守護し給うべし。とくとくうまれ候べし法華経に云く「如是妙法」又云く「安楽産福子」云云」と記した通り、生まれた女の子に「月満」と名付けられます。

日蓮の日、つまり太陽は昇ると霜を一瞬で消し去るように、衆生の過去世の罪障を消滅させる意味があります。また月つまり満月は、貪・瞋・癡の三毒に取り付かれ闇夜をさまよう衆生の道案内の役目を意味します。おそらく大聖人は、前日日眼女に消息をしたためた時からこの月満(つきまろ)と命名することを考えられていたのではと思われます。

「法華経は日月と蓮華となり故に妙法蓮華経と名く。日蓮又日月と蓮華との如くなり。」の意味を持つ月満と言う名を賜った四条金吾と妻の日眼女の喜びは、計り知れまいものがあったと思われるとともに、大聖人の信徒を思う慈愛の深さを感じざる得ません。
■ご真筆:現存しておりません。

[月満(つきまろ)御前御書 本文]

若童生れさせ給いし由承り候・目出たく覚へ候、殊に今日は八日にて候、彼れと云い此れと云い所願しをの指すが如く春の野に華の開けるが如し。

然れば・いそぎいそぎ名をつけ奉る月満御前と申すべし、其の上此の国の主八幡大菩薩は卯月八日にうまれさせ給ふ娑婆世界の教主釈尊も又卯月八日に御誕生なりき、今の童女又月は替れども八日にうまれ給ふ釈尊八幡のうまれ替りとや申さん、日蓮は凡夫なれば能くは知らず是れ併しながら日蓮が符を進らせし故なり、さこそ父母も悦び給うらん、殊に御祝として餅・酒・鳥目一貫文・送り給び候い畢んぬ是また御本尊・十羅刹に申し上げて候、今日の仏生れさせまします時に三十二の不思議あり此の事周書の異記と云う文にしるし置けり。

釈迦仏は誕生し給いて七歩し口を自ら開いて「天上天下唯我独尊・三界皆苦我当度之」の十六字を唱へ給ふ、今の月満御前はうまれ給いて・うぶごゑに南無妙法蓮華経と唱へ給ふか、法華経に云く「諸法実相」天台の云く「声為仏事」等云云、日蓮又かくの如く推し奉る、譬えば雷の音・耳しいの為に聞く事なく日月の光り目くらの為に見る事なし、定めて十羅刹女は寄り合うて・うぶ水をなで養ひ給うらん・あらめでたや・あらめでたや御悦び推量申し候、念頃に十羅刹女・天照太神等にも申して候、あまりの事に候間委くは申さず、是より重ねて申すべく候、穴賢穴賢。
         
月満御前え  日 蓮 花 押

by johsei1129 | 2015-10-06 00:25 | 四条金吾・日眼女 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 06日

若し善比丘あって法を壊る者を見て置いて呵嘖せずんば<略>無間地獄疑無しと断じた【南部六郎殿御書】

【南部六郎殿御書】
■出筆時期:文永八年(1271年)五月十六日 五十歳御作
■出筆場所:鎌倉市中 館にて。
■出筆の経緯:本書の対告衆である南部六郎殿とは、後に大聖人が身延山中に草庵を設けた地の地主、波木井実長のことです。
本書で大聖人は涅槃経の文を引いて「若し善比丘あって法を壊る者を見て置いて、呵嘖せずんば、の置字ををそ(畏)れずんば、今は吉し、後を御らんぜよ無間地獄疑無し」と記し、謗法を見て呵責することがなければ、自らも無間地獄疑に落ちることは間違いないと実長を厳しく諭されておられます。
具体的に実長の法華経信仰にどんな問題があったか、本書では明らかではありませんが、大聖人は実長の信仰に何らかの隙を感じとり、無間地獄に陥ることを未然に防止する意味で、厳しい指導をされたものと思われます。
事実大聖人亡き後、身延久遠寺の別当となった日興上人の指導にもかかわらず、六老僧の一人民部日向に従い、四箇の謗法(釈迦仏を造立し本尊と為す、神社参詣、念仏石塔の供養、九品念仏の道場建立)を犯し、終生法華経信仰を全うすることはできませんでした。
■ご真筆:現存しておりません。

[南部六郎殿御書 本文]

眠れる師子に手を付けざれば瞋らず流にさをを立てざれば浪立たず謗法を呵嘖せざれば留難なし。
若し善比丘あって、法を壊る者を見て置いて、呵嘖せずんば、の置字ををそ(畏)れずんば、今は吉し、後を御らんぜよ無間地獄疑無し。

故に南岳大師の四安楽行に云く「若し菩薩有りて悪人を将護して治罰すること能わず、其れをして悪を長ぜしめ善人を悩乱し正法を敗壊せば此の人は実に菩薩に非ず。
外には詐侮を現じ常に是の言を作さん、我は忍辱を行ずと、其の人命終して諸の悪人と倶に地獄に堕ちなん」云云。

十輪経に云く「若し誹謗の者ならば共住すべからず亦親近せざれ、若し親近し共住せば即ち阿鼻地獄に趣かん」云云。栴檀の林に入りぬればたをらざるに其身に薫ず誹謗の者に親近すれば所修の善根悉く滅して倶に地獄に堕落せん。
故に弘決の四に云く「若し人本悪無けれども悪人に親近すれば後に必ず悪人と成りて悪名天下に遍し」凡そ謗法に内外あり国家の二是なり。
外とは日本六十六ケ国の謗法是なり、内とは王城九重の謗是なり、此の内外を禁制せずんば宗廟社禝の神に捨てられて必ず国家亡ぶべし。

如何と云うに、宗廟とは国王の神を崇む、社とは地の神なり禝とは五穀の総名五穀の神なり、此の両の神・法味に飢えて国を捨て給う故に、国土既に日日衰減せり。

故に弘決に云く「地広くして尽く敬す可からず封じて社と為す禝とは謂く五穀の総名にして即五穀の神なり」。
故に天子の居する所には宗廟を左にし社禝を右にし、四時・五行を布き列ぬ故に国の亡ぶるを以て社禝を失うと為す。

故に山家大師は「国に謗法の声有るによつて万民数を減じ家に讃教の勤めあれば七難必ず退散せん」と、故に分分の内外有るべし。

五月十六日          日 蓮 花押
南部六郎殿

by johsei1129 | 2015-10-06 00:19 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 05日

法華証明抄一 The Proof of the Lotus Sutra 1


 法華経の行者 日蓮花押

Nichiren, the votary of the Lotus Sutra

The Votary of the Lotus Sutra, NIchiren

末代悪世に法華経を経のごとく信じまいらせ候者をば法華経の御鏡にはいかんが()かべさせ給うと拝見つかまつり候へば、

How does the mirror of the Lotus Sutra portray the people who, in the evil world of the latter age, believe in the teachings of the Lotus Sutra just as they are set forth in the sutra?

How does the mirror of the Lotus Sutra reflect those who, in the evil age of the Latter Day of the Law, correctly embrace the Lotus Sutra exactly as it teaches

過去に十万億の仏を供養せる人なりと・たしかに釈迦仏の金口(こんく)の御口より出でさせ給いて候を・

Shakyamuni Buddha has left us words from his golden mouth revealing that such people have already made offerings to a hundred thousand million Buddhas in their past existences.

Shakyamuni Buddha’s golden words explicitly reveal that in past existences such persons made offerings to ten billion Buddhas.

一仏なれば末代の凡夫はうた()がいや・せんずらんとて、

But ordinary people in the latter age might well doubt the words spoken by just one Buddha.

However, foreseeing that common mortals in the Latter Day of the Law might doubt the words of but a single Buddha,

此より東方にはる()かの国をすぎさせ給いておはします(ほう)(じょう)世界の多宝仏わざわざと行幸(みゆき)ならせ給いて釈迦仏にをり向いまいらせて妙法華経(かい)()真実と証明せさせ給い候いき、

With this in mind, Many Treasures Buddha came expressly all the way from his World of Treasure Purity, many lands to the east. Facing Shakyamuni Buddha, he gave his words of testimony about the Lotus Sutra,saying, “All that you have expounded is the truth ! ”

Taho Buddha came all the way from his Treasure World of Purity located many lands to the east to meet Shakyamuni Buddha and testify that the Lotus Sutra in its entirety is the absolute truth.

()の上はなにの不審か残るべき,

If this is so, then there can be no room for doubt about the matter.

This should have cleared up any remaining doubts.


                     つづく Next
【御書本文】 【目次 Index】



by johsei1129 | 2015-10-05 22:22 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)