人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:弟子・信徒その他への消息( 209 )


2016年 05月 06日

されば我が身の体性を妙法蓮華経とは申しける事なれば経の名にてはあらずして・はや我が身の 体にてありける、と説いた【十如是事】

【十如是事】
■出筆時期:正嘉二年(1258) 三十七歳御作
■出筆場所:駿河国・岩本実相寺にてと思われます。
■出筆の経緯:大聖人は正嘉二年二月、駿河国・岩本実相寺に入り大蔵経(釈尊の一切経)を読了され、二年後に立正安国論として結実。実質的に時の最高権力者であった北条時頼(最明寺入道)に献じ国家諌暁を果たします。また合わせて法華経の法門を初心の弟子・信徒の教化のため数多く述作されておられます。本書もその一つで、法華経方便品第二で説かれた「十如是事」を末法の法華経の行者の立場でわかりやすく講説されておられます。
■ご真筆:現存しておりません。

【十如是事 本文】
我が身が三身即一の本覚の如来にてありける事を今経に説いて云く如是相・如是性・如是体・如是力・如是作・如是因・如是縁・如是果・如是報・如是本末究竟等文、初めに如是相とは我が身の色形に顕れたる相を云うなり是を応身如来とも又は解脱とも又は仮諦(けたい)とも云うなり、次に如是性とは我が心性を云うなり是を報身如来とも又は般若とも又は空諦とも云うなり、三に如是体とは我が此の身体なり是を法身如来とも又は中道とも法性とも寂滅とも云うなり。

されば此の三如是を三身如来とは云うなり此の三如是が三身如来にておはしましけるを・よそに思ひへだてつるがはや我が身の上にてありけるなり、かく知りぬるを法華経をさとれる人とは申すなり此の三如是を本として是よりのこりの七つの如是はいでて十如是とは成りたるなり、此の十如是が百界にも千如にも三千世間にも成りたるなり、かくの如く多くの法門と成りて八万法蔵と云はるれどもすべて只一つの三諦の法にて三諦より外には法門なき事なり、其の故は百界と云うは仮諦なり千如と云うは空諦なり三千と云うは中諦なり空と仮と中とを三諦と云う事なれば百界千如・三千世間まで多くの法門と成りたりと云へども唯一つの三諦にてある事なり、されば始の三如是の三諦と終の七如是の三諦とは唯一つの三諦にて始と終と我が一身の中の理にて唯一物にて不可思議なりければ本と末とは究竟して等しとは説き給へるなり、是を如是本末究竟等とは申したるなり。

始の三如是を本とし終の七如是を末として十の如是にてあるは我が身の中の三諦にてあるなり、此の三諦を三身如来とも云へば我が心身より外には善悪に付けてかみすぢ計りの法もなき物をされば我が身が頓て三身即一の本覚の如来にてはありける事なり、是をよそに思うを衆生とも迷いとも凡夫とも云うなり。是を我が身の上と知りぬるを如来とも覚(さとり)とも聖人とも智者とも云うなり。かう解り明かに観ずれば此の身頓(やが)て今生の中に本覚の如来を顕はして即身成仏とはいはるるなり。

譬えば春夏・田を作りうへつれば秋冬は蔵に収めて心のままに用うるが如し春より秋をまつ程は久しき様なれども一年の内に待ち得るが如く此の覚に入つて仏を顕はす程は久しき様なれども一生の内に顕はして我が身が三身即一の仏となりぬるなり。
此の道に入ぬる人にも上中下の三根はあれども同じく一生の内に顕はすなり、上根の人は聞く所にて覚を極めて顕はす、中根の人は若は一日・若は一月・若は一年に顕はすなり、下根の人はのびゆく所なくてつまりぬれば一生の内に限りたる事なれば臨終の時に至りて諸のみえつる夢も覚てうつつになりぬるが如く只今までみつる所の生死・妄想の邪思(ひがおもい)ひがめの理(ことわり)はあと形もなくなりて本覚のうつつの覚にかへりて法界をみれば皆寂光の極楽にて日来賤(いやし)と思ひし我が此の身が三身即一の本覚の如来にてあるべきなり、秋のいねには早(わせ)と中と晩(おく)との三のいね有れども一年が内に収むるが如く、此れも上中下の差別ある人なれども同じく一生の内に諸仏如来と一体不二に思い合せてあるべき事なり。

妙法蓮華経の体のいみじくおはしますは何様なる体にておはしますぞと尋ね出してみれば我が心性の八葉の白蓮華にてありける事なり。されば我が身の体性を妙法蓮華経とは申しける事なれば経の名にてはあらずして・はや我が身の体にてありけると知りぬれば我が身頓て法華経にて法華経は我が身の体をよび顕し給いける仏の御言にてこそありければやがて我が身三身即一の本覚の如来にてあるものなり。

かく覚ぬれば無始より已来今まで思いならわしし・ひが思いの妄想は昨日の夢を思いやるが如く・あとかたもなく成りぬる事なり。
是を信じて一遍も南無妙法蓮華経と申せば法華経を覚て如法に一部をよみ奉るにてあるなり。十遍は十部・百遍は百部・千遍は千部を如法によみ奉るにてあるべきなり、かく信ずるを如説修行の人とは申すなり、南無妙法蓮華経。



by johsei1129 | 2016-05-06 18:52 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 04日

他国侵逼難の的中を受け『立正安国論』をあらためて要人に献じた時に添えた【安国論副状】

【安国論副状】
■出筆時期:文永五年(1268) 四十七歳御作
■出筆場所:鎌倉 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は前後の文が伝えられておらず対告衆及び述作月日は不明ですが、内容は文永五年十月十一日に北条時宗はじめ幕府要人、諸宗派寺院及び僧侶へ送られた「十一通御書」と共通しており、十一通御書の後に高位の要人に「立正安国論」に本書を添えて送られたのではと推察されます。
■ご真筆:身延久遠寺にかつて存在したが明治八年の大火で焼失。

【安国論副状 本文】

未だ見参に入らずと雖も、事に触れ書を奉るは常の習ひに候か。
抑、正嘉元年太歳丁巳八月二十三日戌亥の刻大地震、日蓮諸経を引いて之を勘ふるに、念仏宗・禅宗等と御帰依有るの故に、日本国中の守護の諸大善神恚りに依って起こす所の災ひなり。

若し御対治無くんば他国の為に此の国を破らるべき悪瑞の由、勘文一通之を撰して立正安国論と号し、正元二年太歳庚申七月十六日宿屋入道に付けて、故最明寺入道殿に之を進覧せしむ。





by johsei1129 | 2016-05-04 20:07 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 25日

日蓮大聖人が弘通初期に法華経を論じられた書【釈迦御所領御書】

【釈迦御所領御書】
■出筆時期:文永初期と思われます。
■出筆場所:鎌倉 草庵と思われます。
■出筆の経緯:本抄はご真筆の断簡が伝えられておりますが前後の文が不明のため、対告衆及び述作年月日の詳細は不明ですが、佐渡流罪以前の文永初期に認められたと思われます。

内容は「さればこの世界は我等が本師釈迦如来の御所領なり」と記され、法華経譬喩品及び寿量品を引用されておられますが、文永初期のこの時期、大聖人はあくまで末法の法華経の行者の立場で、法華経を弟子及び信徒に説いた書であると推察されます。
尚文中「憂婆塞・憂婆夷は仏弟子なれども外道にもにたり」と俗の男女の信徒を出家僧(比丘・比丘尼)よりも軽んじられておられるように思われますが、晩年日興上人に説かれた【御義口伝】では、弟子信徒については全て「日蓮等の類」と記され、差別なき一体のものであることを明確に示しておられます。
■ご真筆:名古屋市 円満寺、及び京都市 妙蓮寺(断簡)所蔵。
f0301354_22401624.jpg



















【釈迦御所領御書】

王これをもちいず。仏、地神天神を証人として論じかたせ給ひたりき。さればこの世界は我等が本師釈迦如来の御所領なり。されば四衆ともに仏弟子なれども、憂婆塞・憂婆夷は仏弟子なれども外道にもにたり。
比丘・比丘尼は仏の真子なり。されば大悲経には大梵天・第六天・帝釈・四大天王・人王等を天にめして、三千大千世界を次第にゆづり給て云く、この世界を領知して我真子比丘比丘尼を供養すべき由をとき給ひき。
爾の時、梵天・帝釈等仰いで仰(おお)せに随ひにき。又仏、正直捨方便の法華経の譬喩品に云く、「今此三界皆是れ我が有なり。其の中の衆生は悉く是れ吾子なり」等云云。この文のごとくならば、この三界は皆釈迦如来の御所領なり。
寿量品に云く「我当に此の娑婆世界に在り」等云云。

この文のごとくならば、乃往過去五百塵点劫よりこのかた、此の娑婆世界は釈迦如来の御進退の国土なり。
其の上、仏滅後一百年に阿育大王と申す王をはしき。此の南閻浮提を三度まで僧に付属し給ひき。
又此の南閻浮提の内の大日本国をば、尸那国の南岳大師此の国に上宮太子と生れて、この国の主となり給ひき。しかれば聖徳太子已後の諸王は皆南岳大師の末葉なり。桓武天王已下の諸王は又山王





by johsei1129 | 2016-04-25 22:41 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 01日

鎌倉幕府の重臣で強信徒の弥源太入道に起きた問題を解決すべく、同じ北条一門の信徒・覚性御房に主君への嘆願を指示された書【覚性房御返事】

【覚性房御返事】
■出筆時期:建治二年(1277) 五十六歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本消息は北条門下の強信徒・弥源太入道に問題が生じ嘆いている事を知らされた大聖人が、同じ北条一門の覚性房に、主君にこのことを申し伝えるよう依頼された内容となっております。
文中の「むかはき」とは古語の[むかはる]に、報いとなってあらわれる、とありますので、弥源太入道が何か重い病にかかったのではと推察され、その事で幕府の勤めに支障がでることを大聖人が心配され、覚性房にその辺の事情を主君によく伝えるよう依頼されたものと思われます。
大聖人は四条金吾に対しても主君への対応について度々指導されておられます。法華経信仰を貫く上で支障となるこに対しは日本国一切衆生の父として、信徒に対する深い慈愛を感じざる得ません。
尚、弥源太入道は鎌倉幕府中枢にいて大聖人の佐渡流罪赦免を知ると、鎌倉帰還時の警護の為と思われる太刀ふた振りを、佐渡の大聖人にご供養されておられます。この経緯については【弥源太殿御返事:文永11年2月21日】を参照して下さい。
■ご真筆:京都市 妙蓮寺(一紙)所蔵。
f0301354_20005609.jpg











【覚性房御返事 本文】

いやげんた(弥源太)
入道のなげ
き候しかば、
むかはきと
覚性御房、
このよしを
かみ(上)へ申させ
給ひ候へ。
恐々謹言。

   七月十八日 
    日蓮花押
覚性御房






by johsei1129 | 2016-04-01 20:01 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 31日

身延草庵の法華経の御宝前へ幕府高位の武家より初穂を供養されたことを示された書【初穂御書】

【初穂御書】
■出筆時期:弘安三年(1280年)十月二十一日 五十九歳御作。
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄の宛名は御所となっておりますので、恐らく幕府の高位の武家より門下の信徒を通じて御宝前に白米数石をご供養されたものと思われます。大聖人は仲介した信徒に対し「かしこまり申すよし(確かに法華経の御宝前へ申し上げた事)」を相手方を見参(訪問)して伝えるよう依頼されておられます。
尚、冒頭の「石給びて候」の石の前には数量を記されていたものと考えられます。
■ご真筆:富士大石寺(断簡)所蔵。※一般非公開。

【初穂御書 本文】
石給びて候。御はつを(初穂)たるよし、法華経の御宝前へ申し上げて候。
かしこまり申すよし、けざん(見参)に入らさせ給ふべく候、恐恐。

十月二十一日 日 蓮 花 押 御所御返事

※「はつを(はつほ)」:その年最初に収穫した米、穀物・果実等。転じて神仏に供えるコメや金銭の事を意味します。本書の述作日は十月二十一日(現在の十一月下旬)になるので、最初に収穫した米というよりは御宝前に供えるお米の意味で御供養されたものと思われます。


by johsei1129 | 2016-03-31 21:42 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 28日

強信徒より「おけ・ひさご・をしき」の仏具をご供養された事への返書【おけ・ひさご御消息】

【おけ・ひさご御消息】
■出筆時期:弘安三年(1280)四月六日 五十九歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄はおけ・ひさご・をしき等の法事で使用される仏具を某強信徒より使いの者より届けられ、その場でしたためられた返書と思われます。大聖人は常に受領した品々と数量を正確に記され、ご供養された信徒の志に答えられておられます。
■ご真筆:宮城県 妙教寺所蔵。
【おけ・ひさご御消息 本文】

おけ(桶)三・ひさご二・をしき(折敷)四十枚かしこまり給び候ひ了んぬ。
恐々謹言。

卯月六日 日蓮 花押
御返事

※注:[ひさご]とは水をすくう道具(柄杓)の事。
   [をしき(折敷)]とは杉、檜などを薄く剥いで作ったお盆の事。


by johsei1129 | 2016-03-28 19:26 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 27日

日蓮大聖人が晩年まで信徒から世情の情報を収集していたことを示された書【大風御書】

【大風御書】
■出筆時期:弘安四年(1281年)五月 六十歳御作。
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は四行の断簡が伝えられており前後は不明ですが「御そらういかん」と率直に病状を聞かれているところから、古参の強信徒に送られた消息ではと推察されます。
古参の強信徒の中では大田乗明が晩年重い病気にかかって大聖人からも励ましの消息が送られていることから、あるいは本抄も大田乗明に宛てられたのではとも考えられます。

本書の内容は、本書を記された直前の四月二十八日に恐らく鎌倉一帯で大風が吹いたことから、文永十一年四月十二日の大風との規模の比較を知らせて欲しいと依頼された内容と思われます。
大聖人はこれらの情報を基に日本の趨勢を思索されていたのではと拝されます。本抄は大聖人御遷化の一年半前に認められておられますが、命ある限り日本の行く末を案じられていた本仏の慈悲を感じざる得ません。
■ご真筆:京都市 本圀寺(四行の断簡)所蔵。
f0301354_20360014.jpg


















【大風御書 本文】

御そらういかん。又去ぬる文
永十一年四月十二日の大風と此の
四月二十八日のよの大風と勝劣いかん。
いかんが聞き候といそぎ申せ給候へ。




by johsei1129 | 2016-03-27 20:37 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 25日

師子の身の内の虫の師子を食ふと申すは、今天台宗の人々の自宗を他宗に同ず るこれなり、と真言に同ずる延暦寺第三祖・円澄以降の天台宗を破析した【天台宗身虫御書】

【天台宗身虫御書】
■出筆時期:建治期。
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は断簡が伝えられておりますが、前後が不明のため述作日等の詳細は不明です。
内容は、伝教大師(最澄)が法華経を根本として起こした天台宗延暦寺が、第三祖円澄以降、次第に真言に同じていく。この事を大聖人は「師子の身の内の虫の師子を食ふと申すは、今天台宗の人々の自宗を他宗に同ずるこれなり。<中略>かくのごとく立つるゆへに天台法華宗は失せぬるなり」と、明快に破析されておられます。

尚、日蓮大聖人は宗祖の本門が弟子により次第に本質を失っていくことについて日興上人に相伝した【本因妙抄】で次のように喝破されておられます。
『彼の天台大師には三千人の弟子ありて章安一人朗然なり、伝教大師は三千人の衆徒を置く義真已後は其れ無きが如し、今以て此くの如し数輩の弟子有りと雖も疑心無く正義を伝うる者は希にして一二の小石の如し秘す可きの法門なり』
■ご真筆:静岡県三島市 玉沢 妙法華経寺(断簡)所蔵。

【天台宗身虫御書 本文】
の劣也。師子の身の内の虫の師子を食ふと申すは、今天台宗の人々の自宗を他宗に同ず
るこれなり。問うて云はく、其の相貌如何。答へて云はく、大日経に云はく「心実相」
善無畏・金剛智・不空・一行が云はく「彼の経の諸法実相は此経の心実相なり」等云云。
慈覚大師云はく「爾るべし」と。安然云はく「爾るべし」と。
大日経に云はく「我は一切の本所なり」と。
善無畏が云はく「彼の経の久遠実成と同じ」云云。
慈覚等が云はく「爾るべし」と。華厳経に云はく「心と仏と及び衆生と、是の三差別無し」と。
澄観が云はく「彼の法華経に云はく、諸法実相と是三無差別とをなじ」と。
智礼等の云はく「此同じ」と。
かくのごとく立つるゆへに天台法華宗は失せぬるなり。
疑って云はく、此等をばいかんが心うべき。
答へて云はく、此事には四の法門あり。一には名同体異、二に名異体同、三には名義共同、四には名義共異なり。




by johsei1129 | 2016-03-25 00:02 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 21日

法華経の日本伝来は「人王第三十四代推古の四年なり」と記された書【三論宗御書】

【三論宗御書】
■出筆時期:弘安元年(1278年) 五十七歳御作。
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本書は断簡が伝えられておりますが述作日等の詳細は不明です。内容は弟子・信徒の教化のために、仏教各宗派の日本伝来を論じられた書であると推察されます。
文中で法華経にの伝来について「人王第三十四代推古の四年なり」と記されておられます。
尚「太子」とは推古天皇の摂政であった聖徳太子の事で、聖徳太子は自ら法華経の注釈書である「法華義疏」を述作されたほど法華経への造詣が深かったと思われます。
■ご真筆:富士大石寺(断簡)所蔵(一般非公開)。
f0301354_22113816.jpg












[聖徳太子著作 :法華義疏 真筆]

【三論宗御書 本文】
 三論宗の始めて日本に渡りしは三十四代推古の御宇治(みよ・しろしめ)す十年壬戌(みずのえいぬ)の十月、百済の僧観勒之を渡す。
日本記の太子の伝を見るに異義無し。但し三十七代との事は流布の始めなり。
天台宗律宗の渡れる事は天平勝宝六年甲午二月十六日丁未乃至四月に京に入り東大寺に入る、天台止観等云云。諸伝之に同じ、人王第四十六代孝謙天皇の御宇なり。聖武は義謬りなり、書き直す可きか。戒壇は以て前に同じ。
大日経の日本に渡れる事は弘法の遺告に云く「件の経王は大日本国高市郡久米道場の東塔の下に在り」云云。此れ又元政天皇の御宇なり。

法華経の渡り始めし事は人王第三十四代推古の四年なり。太子恵慈法師に謂つて曰く「法華経の中に此の句・落字」と云云。
太子使を漢土に遣わし已前の法華経此の国に有りや。推知するに、欽明の御宇に渡る所の経の中に法華経有るなり。
但し自ら御不審有る大事あり。所謂日本記に云く「欽明天皇十三年壬申冬十月十三日辛酉(かのととり)百済国聖明王始めて金銅釈迦像一躯(いっく)を献ず」等云云。
善光寺流記に云く「阿弥陀並びに観音勢至欽明天皇の御宇治天下(みよ・あめがしたしろしめす)十三年壬申十月十三日辛酉百済国の明王件の仏菩薩頂戴」云云。相違如何。





by johsei1129 | 2016-03-21 22:13 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 20日

沙の餅を仏に供養した得勝童子が阿育大王になった故事を引いて、白米五升を法華経に供養した施主を称えられた【米和布御書】

【米和布御書】
■出筆時期:建治元年(1275) 五十四歳歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄の対合衆は不明ですが、白米五升と身延山中では貴重な和布(わかめ)を遣わした施主を、得勝童子が砂の餅を釈迦に供養し阿育大王になった謂れを説いて「是の故に成仏し候ひ了んぬ。何故に飢ゑを申すべき」と称えられておられます。尚、「乃時」とは大聖人が使いの者を待たせてその場で返書を認めたことを意味し、また使いの者に手渡ししたため宛名は記さず「返事」と簡略されておられます。
■ご真筆:広島 浅野氏所蔵。

【米和布御書 本文】

白米五升、和布(わかめ)一連給び了んぬ。

阿育大王は昔得勝童子なり。沙の餅を以て仏に供養し一閻浮提の王と為る。
今施主は白米五升を以て法華経に供養す。
是の故に成仏し候ひ了んぬ。何故に飢ゑを申すべき。

乃時 日蓮 花押
返事



by johsei1129 | 2016-03-20 20:18 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)