人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:重要法門(十大部除く)( 160 )


2019年 12月 04日

立正安国論による国家諌暁に備えた書【念仏者追放宣旨事】

【念仏者追放宣旨事】
■出筆時期:正元元年(1259年)三十八歳 御作
■出筆場所:鎌倉 松葉ケ谷の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は「浄土三部の外は衆経を棄置すべし」と仏法を破壊する説を唱えた法然の専修念仏を対治する目的で、延暦寺から出された念仏禁止の奏上、またそれに呼応した幕府の宣旨等をとりまとめた書となっております。大聖人は本書を記した翌年に「立正安国論」を時の最高権力者・北条時鎌に提出しますが、本書はその準備の意味もあって著されたと思われます。
■ご真筆:現存しておりません。


[念仏者追放宣旨事 本文]

念仏者・追放せしむる宣旨・御教書・五篇に集列する勘文状

夫れ以(おもん)みれば仏法流布の砌(みぎり)には天下静謐(せいひつ)なり神明仰崇(ぎょうそ)の界には国土豊饒(ぶにょう)なり、之に依つて月氏より日域に覃(およ)んで君王より人民に至るまで此の義改むること無き職として然り。

爰(ここ)に後鳥羽院の御宇に源空法師と云う者あり道俗を欺くが故に専修を興して顕密の教理を破し男女を誑(たぶら)かすが故に邪義を構えて仏神の威光を滅し常に四衆を誘(いざな)うて云く、浄土三部の外は衆経を棄置(きち)すべし唱名一行の外は余行を廃退すべし矧(いわ)んや神祇冥道(じんぎみょうどう)の恭敬に於ておや況(いわん)や孝養報恩の事善に於ておや之を信ぜざる者は本願を疑うなりと、爰に頑愚の類は甚深の妙典を軽慢し無智の族は神明の威徳を蔑如(べつじょ)す、就中(なかんずく)止観・遮那(しゃな)の学窓に臨む者は出離を抑(おさ)ゆる癡人なり三論・法相の稽古を励む者は菩提を塞(ふさ)ぐ誑人なりと云云。

之に依つて仏法・日に衰え迷執・月に増す然る間・南都北嶺の明徳・奏聞を経て天聴に達するの刻(きざみ)・源空が過咎遁(かぐ・のが)れ難きの間・遠流(おんる)の宣(せん)を蒙(こう)むり配所の境に赴(おもむ)き畢(おわ)んぬ、其の後門徒猶(なお)勅命を憚(はばか)からずして弥(いよいよ)専修を興すること殆ど先代に超えたり違勅の至り責めても余り有り故に重ねて専修を停廃し源空の門徒を流罪すべきの由・綸言頻(りんげん・しきり)に下る又関東の御下知・勅宣に相添う。

門葉等は遁(のが)るべきの術を失い或は山林に流浪(るろう)し或は遠国に逃隠(とういん)す、爾してより華夷(かい)・称名を抛(なげう)ちて男女・正説に帰する者なり然るに又近来先規を弁えざるの輩・仏神を崇めざるの類・再び専修の行を企て猶邪悪を増すこと甚し。

日蓮不肖なりと雖も且は天下の安寧(あんねい)を思うが為・且は仏法の繁昌を致さんが為に強(あなが)ちに先賢の語を宣説し称名の行を停廃せんと欲し又愚懐(ぐかい)の勘文を添え頗(すこぶ)る邪人の慢幢(まんどう)を倒さんとす、勘注の文繁くして見難し知り易からしめんが為に要を取り諸を省き略して五篇を列ぬ、委細の旨は広本に在(お)くのみ。

奏状篇詮を取りて之を注す委くは広本に在り南都の奏状に云く。

一、謗人謗法の事
 右源空・顕密の諸宗を軽んずること土の如く沙(すな)の如く智行の高位を蔑(ないがし)ろにすること蟻(ぎ)の如く螻(ろう)の如し、常に自讃して曰く広く一代聖教を見て知れるは我なり能く八宗の精微(せいび)を解する者は我なり我諸行を捨つ況(いわん)や余人に於ておやと、愚癡の道・俗・之を仰ぐこと仏の如く弟子の偏執遥に其の師に超え檀那の邪見弥(いよいよ)本説に倍し一天四海漸く以て徧し事の奇特を聞くに驚かずんば有る可からず其の中殊に法華の修行を以て専修の讐敵となす、或は此の経を読む者は皆地獄に堕すと云い或は其の行を修せん者は永く生死に留まると云い或は僅に仏道の結縁を許し或は都て浄土の正因を嫌う、然る間・本八軸十軸の文を誦し千部万部の功を積める者も永く以て廃退し剰(あまつさ)え前非を悔ゆ、捨つる所の本行の宿習は実に深く企つる所の念仏の薫習(くんじゅう)は未だ積まず中途に天を仰いで歎息する者多し、此の外・般若・華厳の帰依・真言・止観の結縁・十の八九皆棄置(きち)す之を略す

一、霊神を蔑如する事
 右我が朝は本是れ神国なり百王彼の苗裔(びょうえい)を承(う)けて四海其の加護を仰ぐ、而るに専修の輩永く神明を別(わきま)えず権化(ごんげ)・実類を論ぜず宗廟(そうびょう)・祖社を恐れず若し神明を憑(たの)まば魔界に堕すと云云。
実類の鬼神に於ては置いて論ぜざるか権化の垂迹(すいじゃく)に至つては既に是れ大聖なり、上代の高僧皆以て帰伏す行教(ぎょうきょう)和尚・宇佐の宮に参るに釈迦三尊の影・月の如くに顕れ仲算(ちゅうざん)大徳・熊野山に詣るに飛滝千仭(ひりゅうせんじん)の水・簾(すだれ)の如くに巻く、凡そ行基(ぎょうき)・護命(ごみょう)・増利(ぞうり)・聖宝(しょうほう)・空海・最澄・円珍等は皆神社に於て新に霊異(れいい)を感ず是くの若(ごと)きは源空に及ばざるの人か又魔界に堕つ可きの類か之を略す

山門の奏状に云く。
一、一向専修の党類・神明に向背する不当の事。
 右我が朝は神国なり神道を敬うを以て国の勤めと為す謹んで百神の本を討(たず)ぬるに諸仏の迹に非ること無し、所謂(いわゆる)伊勢大神宮・八幡・加茂・日吉・春日等は皆是れ釈迦・薬師・弥陀・観音等の示現なり各宿習の地を卜(し)め専ら有縁の儀を調う乃至其の内証に随いて彼の法施を資け念誦・読経・神に依つて事異なり世を挙げて信を取り人毎に益を被(こうむ)る、而るに今専修の徒・事を念仏に寄せて永く神明を敬うこと無し、既に国の礼を失い仍(なお)神を無(なみ)するの咎あり、当に知るべし有勢の神祇(じんぎ)定めて降伏の眸(まなじり)を回らして睨(にら)みたまわん之を略す

一、一向専修和漢の例快からざる事
 右慈覚大師の入唐巡礼記を按(あん)ずるに云く唐の武宗皇帝会昌(えしょう)元年章敬寺の鏡霜法師(きょうそうほっし)に勅令して諸寺に於て弥陀念仏の教を伝え寺毎に三日巡輪して絶えず同じく二年廻鶻(かいかつ)国の軍兵等・唐の界(さかい)を侵(おか)す同じく三年河北の節度使・忽ち乱を起す其の後大蕃国更に命を拒(こば)む廻鶻国重ねて地を奪いぬ、凡そ兵乱秦項(しんこう)の代に同じく災火邑里(さいかゆうり)の際に起る何(いか)に況(いわん)や武宗大に仏法を破し多く寺塔を滅す撥乱(はつらん)すること能わずして遂に以て事有り已上取意、是れ則ち恣(ほしいまま)に浄土の一門を信じて護国の諸教を仰がざるに依つてなり而るに吾朝一向専修を弘通してより以来・国衰微に属し俗多く艱難す已上之を略す、又云く音の哀楽を以て国の盛衰を知る詩の序に云く治世の音は安んじて以て楽しむ其の政和げばなり乱世の音は怨んで以て怒る其の政乖(そむ)けばなり亡国の音は哀んで以て思う其の民困(くるし)めばなりと云云、近代念仏の曲を聞くに理世撫民(ぶみん)の音に背き已に哀慟(あいどう)の響を成す是れ亡国の音なる可し是四、已上奏状。

山門の奏状詮を取る此の如し。
又大和の荘の法印俊範(しゅんぱん)・宝地房の法印宗源(そうげん)・同坊の永尊竪者(ようそんりっしゃ)後に僧都と云う並に題者なり等源空が門徒を対治せんが為に各各子細を述ぶ其の文広本に在り、又諸宗の明徳面面に書を作りて選択集(せんちゃくしゅう)を破し専修を対治する書籍世に伝う。

宣旨篇
南都北嶺の訴状に依つて専修を対治し行者を流罪す可きの由度度の宣旨の内今は少を載せ多を省く委(くわし)くは広本に在り。
永尊竪者の状に云く弾選択(だんせんちゃく)等上送せられて後・山上に披露す弾選択に於ては人毎に之を翫(もてあそ)び顕選択は諸人之を謗ず法然上人の墓所は感神院の犬神人(つるめそう)に仰付て之を破郤(はきゃく)せしめ畢(おわ)んぬ其の後奏聞に及んで裁許(さいきょ)を蒙り畢んぬ、七月の上旬に法勝寺の御八講(みはっこう)の次(ついで)山門より南都に触れて云く清水寺・祇園の辺・南都山門の末寺たるの処に専修の輩身を容れし草菴(そうあん)に於ては悉(ことごと)く破郤(はきゃく)せしめ畢んぬ其の身に於ては使庁に仰せて之を搦(から)め取らるるの間・礼讃の声黒衣の色・京洛の中に都(すべ)て以て止め畢んぬ、張本三人流罪に定めらると雖も逐電(ちくでん)の間未だ配所に向わず山門今に訴え申し候なり。

此の十一日の僉議(せんぎ)に云く法然房所造の選択は謗法の書なり天下に之を止め置く可からず仍つて在在所所の所持並に其の印板を大講堂に取り上げ三世の仏恩を報ぜんが為に焼失すべきの由奏聞仕り候い畢んぬ重ねて仰せ下され候か、恐恐。

嘉禄三年十月十五日
専修念仏の張本成覚法師・讃岐(さぬき)の大手嶋(じま)に経回すと云云実否分明ならず慥(たしか)に検知(けんち)を加えらる可きの由・山門の人人申す相尋ね申さしめ給う可きの由殿下の御気色候(うかが)う所なり仍つて執達件(しったつくだん)の如し。

嘉禄三年十月二十日 参議範輔(のりすけ)在り判
修理権亮(ごんのすけ)殿

関東より宣旨の御返事
 隆寛律師(りゅうかんりっし)の事、右大弁宰相家(うだいべんさいしょうけ)の御奉書披露候い畢んぬ、件の律師去る七月(ふづき)の比(ころ)・下向(げこう)せしむ鎌倉近辺に経回すると雖も京都の制符に任せ念仏者を追放せらるるの間奥州の方へ流浪せしめ畢んぬ云云、早く在所を尋ね捜して仰せ下さるるの旨に任せ対馬の嶋に追遣()可きなり、此の旨を以て言上せしむ可きの状鎌倉殿の仰せに依つて執達件(しったつくだん)の如し。
嘉禄三年十月十五日 武蔵守在り判
相模守在り判
掃部助(かもんのすけ)殿
修理亮(しゅりのすけ)殿

専修念仏の事、停廃(ていはい)の宣下重畳の上偸(ひそ)かに尚興行するの条更に公家の知(しろ)しめす所にあらず偏に有司の怠慢たり早く先符に任せて禁遏(きんあつ)せらる可し、其の上衆徒の蜂起に於ては宜(よろし)く制止を加えしめ給うべし天気に依つて言上件の如し、信盛・頓首恐惶謹言
嘉禄三年六月二十九日 左衛門権佐信盛奉
進上 天台座主大僧正御房政所
右弁官下(べんかんくだ)す    延暦寺

 早く僧の隆寛・幸西(こうさい)・空阿弥陀仏の土縁を取り進(まいら)すべき事の書・権大納言(ごんだいなごん)源朝臣雅親勅(みなもとのあそんまさちか)を宣奉(せんぶ)するに件の隆寛等の坐(つみ)せらるること配流宜(はいるよろ)く彼の寺に仰せて度縁を取り進(まいら)せしむ可し、者(てい)れば宜(よろし)く承知して宣(せん)に依つて之を行うべし違失ある可からず。
嘉禄三年七月六日   左太史小槻宿禰(おつぎすくね)在り判
           左少弁藤原朝臣在り判

 大政官の符(ふ)・五畿内の諸国司(こくし)まさに宜く専修念仏の興行を停廃し早く隆寛・幸西・空阿弥陀仏等の遺弟の留まる処に禁法を犯す所の輩を捉え搦むべきの事。
弘仁聖代の格条(かくじょう)眼に在り左大臣勅を宣奉し宜く五畿七道に課(おお)せて興行の道を停廃し違犯(いはん)の身を捉え搦むべし、者(てい)れば諸国司宜く承知して宣に依つて之を行え符(ふ)到らば奉行を致せ。
嘉禄三年七月十七日
  修理右宮城使正四位下行右中弁藤原朝臣
  修理東大寺大仏長官正五位下左大史兼備前権介小槻宿禰
 専修念仏興行の輩(ともがら)停止す可きの由五畿七道に宣下(せんげ)せられ候い畢んぬ、且(か)つは御存知有る可く候、者(てい)れば綸言此(りんげんかく)の如し之を悉(つまびらか)にせよ、頼隆・誠恐頓首(せいきょうとんしゅ)謹言。
嘉禄三年七月十三日   右中弁頼隆在り判
進上 天台座主大僧正御房政所
隆寛対馬の国に改めらる可きの由宣下せられ畢んぬ、其の由御下知有る可きの旨仰せ下さる所に候なり此の趣を以て申し入れしめ給う可きの状件の如し。
右中弁頼隆在り判

中納言律師御房
 隆寛律師専修の張本たるに依つて山門より訴え申すの間・陸奥(みちのく)に配流(はいる)せられ畢んぬ而るに衆徒尚(なお)申す旨有り仍つて配所を改めて対馬の嶋に追い遣(や)らる可きなり、当時東国の辺に経回(きょうかい)すと云云不日に彼の島に追い遣らる可きの由関東に申さる可し、者(てい)れば殿下の御気色に依つて執達件の如し。
嘉禄三年九月二十六日 参議在り判
修理権亮殿

専修念仏の事、京畿七道に仰せて永く停止せらる可きの由・先日宣下せられ候い畢んぬ、而るに諸国に尚其の聞え有りと云云、宣旨の状を守りて沙汰致す可きの由・地頭・守護所等に仰付けらる可きの由・山門訴え申し候御下知有る可く候、此の旨を以て沙汰申さしめ給う可きの由殿下の御気色候所なり、仍つて執達件の如し。
嘉禄三年十月十日 参議在り判
武蔵守殿

 嵯峨に下されし院宣
 近頃破戒不善の輩厳禁に拘(かか)わらず猶専修念仏を企つるの由其の聞え有り、而るに先師法眼(ほうげん)存日の時・清涼寺の辺に多く以て止住すと云云、遺跡を相継ぎて若し同意有らば彼の寺の執務縦(たと)い相承(そうじょう)の理を帯すとも免許の義有る可からざるなり、早く此の旨を存して禁止せしめ給う可し院宣此くの如し仍つて執達件の如し。
建保七年二月四日    按 察 使(あぜち)在り判
治部卿律師御房
謹んで請う 院宣(いんぜん)一紙


右当寺四至の内に破戒不善の専修念仏の輩法に任せて制止ある可く候更に以て芳心(ほうしん)有る可からず候、若し猶寺家の力に拘わらずんば事の由を申し上ぐ可く候、謹んで請(う)くる所件の如し。
建保七年閏二月四日    権律師良暁
左弁官下す 綱所

 まさに諸寺の執務人に下知して専修念仏の輩を糾断(きゅうだん)せしむべき事。
 右・左大臣勅を宣奉(せんぶ)す、専修念仏の行は諸宗衰微(すいび)の基(もとい)なり、仍つて去る建永二年の春厳制五箇条の裁許を以てせる官符の施行先に畢んぬ、傾く者は進んでは憲章(けんしょう)を恐れず退いては仏勅を憚(はばか)からず或は梵宇(ぼんう)を占め或は聚洛(じゅらく)に交わる破戒の沙門(しゃもん)・党を道場に結んで偏(ひとえ)に今按(きんあん)の佯(いつわり)を以てす仏号を唱えんが為に妄りに邪音を作し将に蕩(とろか)して人心を放逸(ほういつ)にせんとす、見聞満座の処には賢善の形を現ずと雖も寂寞破窓(じゃくばくはそう)の夕には流俗の睡りに異ならず是れ則ち発心の修善に非ず濫行(らんぎょう)の奸謀(かんぼう)を企つるなり豈仏陀の元意僧徒の所行と謂わんや。
 宜しく有司に仰せて慥(たしか)に糾断(きゅうだん)せしむべし若し猶違犯(いはん)の者は罪科の趣き一(ひとえ)に先符に同じ但し道心修行の人をして以て仏法違越(いおつ)の者に濫(らん)ぜしむること莫(なか)れ更に弥陀の教説を忽(ゆるが)せにするに非ず只釈氏の法文を全からしめんとなり、兼ては又諸寺執務の人・五保監行(けんぎょう)の輩聞知して言わずんば与同罪曾つて寛宥(かんゆう)せざれ、者(てい)れば宜しく承知して宣旨に依つて之を行うべし。
建保七年閏二月八日    太史小槻宿禰(おつぎすくね)在り判
謹んで請(う)く 綱所

 宣旨一通載せらるるはまさに諸寺の執務(しゅうむ)人に下知して専修念仏の輩を糾断(きゅうだん)せしむべき事。
 右宣旨の状に任せ諸寺に告げ触る可きの状謹んで請くる所件の如し。

 建保七年閏二月二十二日之を行う。
 頃年以来無慚(むざん)の徒・不法の侶・如如の戒行を守らず処処の厳制を恐れず恣(ほしいまま)に念仏の別宗を建て猥(みだ)りに衆僧の勤学を謗ず、しかのみならず内には妄執(もうしゅう)を凝らして仏意に乖(そむ)き外には哀音を引いて人心を蕩(とろ)かす遠近併(おんごんしかしなが)ら専修の一行に帰し緇素(しそ)殆んど顕密の両教を褊(さみ)す仏法の衰滅(すいめつ)而も斯に由る自由の奸悪(かんあく)誠に禁じても余り有り。
 是を以て教雅(きょうが)法師に於ては本源を温(たず)ねて遠流し此の外同行の余党等慥(たし)かに其の行を帝土の中に停廃し悉(ことごと)く其の身を洛陽(らくよう)の外に追郤(ついきゃく)せよ但し或は自行の為或は化他の為に至心(ししん)専念・如法修行の輩(ともがら)に於ては制の限りに在らず。
  天福二年六月晦日   藤原中納言権弁奉る
  天福二年文暦と改む四条院の御宇後堀河院の太子なり、武蔵前司入道殿の御時。
 祇園(ぎおん)の執行に仰せ付けらるる山門の下知(げち)状。

 大衆の僉議(せんぎ)に云く専修念仏者・天下に繁昌す是れ則ち近年山門無沙汰の致す所なり、件の族(やから)は八宗仏法の怨敵なり円頓行者の順魔(じゅんま)なり、先ず京都往返の類・在家称名の所に於ては例に任せ犬神人(つるめそう)に仰せて宜しく停止せしむべし云云、者(てい)れば大衆僉議の旨斯(か)くの如し早く先例に任せ犬神人等に仰せ含めて専修念仏者を停止せしめ給う可し云云、恐恐謹言。
  延応二年五月十四日   公文勾当審賢(くもんこうとうしんけん)
四条院の御宇武蔵前司殿の御時。

 謹上 祇園の執行法眼御房
 逐つて申す、去る夜・大衆僉議(せんぎ)して先ず此の異名に於て殊に犬神人に付けて之を責む可きの由仰せ含めぬ仍つて実名之を獻ず、専修念仏の張本の事・唯仏(ゆいぶつ)・鏡仏(きょうぶつ)・智願(ちがん)・定真(じょうしん)・円真・正(しょう)阿弥陀仏・名(みょう)阿弥陀仏・善慧(ぜんね)・道弁・真如堂狼藉(ろうぜき)の張本なり已上、唐橋油小路(からはしあぶらのこうじ)並に八条大御堂六波羅(おおみどうろくはら)の総門の向いの堂・已上・当時興行の所なり。
 延暦寺 別院雲居(うんご)寺
 早く一向専修の悪行を禁断す可き事

 右頃年以来、愚蒙(ぐもう)の結党(けっとう)・姧宄(かんき)の会衆(えしゅ)を名けて専修と曰い闐閭(てんりょ)に旁(あま)ねし心に一分の慧解無く口に衆罪の悪言を吐き言を一念十声(じっしょう)の悲願に寄せて敢て三毒五蓋(ごがい)の重悪を憚からず盲瞑(もうみょう)の輩是非を弁えず唯情に順ずるを以て多く愚誨(ぐかい)に信伏す、持戒修善の人を笑うて之を雑行と号し鎮国護王(ちんこくごおう)の教を謗りて之を魔業と称す諸善を擯棄(ひんき)し衆悪を選択し罪を山岳に積み報(むくい)を泥梨(ないり)に招く毒気深く入つて禁じても改むること無く偏(ひとえ)に欲楽(よくらく)を嗜(たしな)んで自ら止むこと能わず、猶蒼蝿(そうよう)の唾の為に黏(ねや)さるるが如く、何ぞ狂狗(きょうく)の雷を逐(お)うて走るに異ならん、恣(ほしい)ままに三寸の舌を振いて衆生の眼目を抜き五尺の身を養わんが為に諸仏の肝心を滅す、併(しかしなが)ら只仏法の怨魔(えんま)と為り専ら緇門(しもん)の妖怪(ようかい)と謂う可し。
 是を以て邪師存生の昔は永く罪条に沈み、滅後の今は亦屍骨(しこつ)を刎(はね)らる其の徒・住蓮(じゅうれん)と安楽とは死を原野に賜い成覚(じょうかく)と薩生(さっしょう)とは刑を遠流に蒙(こうむ)りぬ此の現罰を以て其の後報を察す可し、方(まさ)に今且(いまかつ)は釈尊の遺法を護らんが為且(かつ)は衆生の塗炭(とたん)を救わんが為に宜(よろし)く諸国の末寺・荘園(しょうえん)・神人・寄人等に仰せて重ねて彼の邪法を禁断すべし縦(たと)い片時と雖も彼の凶類を寄宿せしむ可からず縦(たと)い一言と雖も其の邪説を聴受(ちょうじゅ)す可からず、若し又山門所部の内に専修興行の輩有らば永く重科に処して寛宥(かんゆう)有ること勿れ、者(てい)れば三千衆徒の僉議(せんぎ)に依つて仰す所件の如し。
延応二年
山門申状

 近来二つの妖怪(ようかい)有り人の耳目を驚かす所謂達磨(だるま)の邪法と念仏の哀音となり。
 顕密の法門に属せず王臣の祈請(きしょう)を致さず誠に端拱(たんこう)にして世を蔑(あなど)り暗証にして人を軽んず小生の浅識を崇(あが)めて見性成仏の仁と為し耆年(ぎねん)の宿老(しゅくろう)を笑うて螻蟻蟁蝱(るぎもんもう)の類に擬(ぎ)す論談を致さざれば才の長短を表さず決択(けっちゃく)に交らざれば智の賢愚を測らず、唯牆壁(しょうびゃく)に向うて独り道を得たりと謂い三依纔(わず)に紆(まど)い七慢専ら盛なり長く舒巻(じょかん)を抛(なげう)つ附仏法の外道吾が朝に既に出現す、妖怪の至り慎まずんばあるべからず何ぞ強(あなが)ちに亡国流浪の僧を撰んで伽藍伝持の主と為さんや。
 御式目に云く右大将家以後・代代の将軍並に二位殿の御時に於ての事・一向に御沙汰を改ること無きか、追加の状に云く嘉禄元年より仁治に至るまで御成敗の事・正嘉二年二月十日評定、右自今以後に於ては三代の将軍並に二位家の御成敗に準じて御沙汰を改むるに及ばずと云云。
 念仏停廃(ていはい)の事、宣旨御教書の趣(おもむ)き南都北嶺の状粗(ほぼ)此くの如し、日蓮尫弱(おうじゃく)為りと雖も勅宣並に御下知の旨を守りて偏(ひとえ)に南北明哲の賢懐(けんかい)を述ぶ猶此の義を棄置(きち)せらるるに非ずんば綸言(りんげん)徳政を故(はか)らる可きか将(は)た御下知を仰せらるる可きか、称名念仏の行者又賞翫(しょうがん)せらると雖も既に違勅の者なり関東の御勘気未だ御免許をも蒙らず何ぞ恣(ほしいまま)に関東の近住を企てんや、就中武蔵前司殿の御下知に至りては三代の将軍並に二位家の御沙汰に準じて御沙汰を改むること有る可からずと云云。
 然るに今念仏者何の威勢に依つてか宣旨に背くのみに非ず御下知を軽蔑(けいべつ)して重ねて称名念仏の専修を結構(けっこう)せん人に依つて事異なりと云う此の謂在るか、何ぞ恣(ほしいまま)に華夷(かい)縦横の経回を致さんや。
勘文篇
念仏者追放宣旨御教書の事

by johsei1129 | 2019-12-04 22:32 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 30日

月氏国から東に渡ってきた仏法は、日出ずる国・日本から西に広まっていくことを示した書【諫暁八幡抄】五

月氏国から東に渡ってきた仏法は、日出ずる国・日本から西に広まっていくことを示した書【諫暁八幡抄】五_f0301354_13581269.jpg
















[諫暁八幡抄(大石寺蔵)御真筆・第41紙]


[諫暁八幡抄 本文]その五
 平城(へいぜい)天皇の御宇に八幡の御託宣に云く「我は是れ日本の鎮守八幡大菩薩なり百王を守護せん誓願あり」等云云、今云く人王八十一・二代隠岐の法皇・三・四・五の諸王已に破られ畢んぬ残の二十余代・今捨て畢(おわ)んぬ、已に此の願破るるがごとし、日蓮料簡(りょうけん)して云く百王を守護せんというは正直の王・百人を守護せんと誓い給う、八幡の御誓願に云く「正直の人の頂を以て栖(すみか)と為し、諂曲(てんごく)の人の心を以て亭(やどら)ず」等云云、夫れ月は清水に影をやどす濁水にすむ事なし、王と申すは不妄語の人・右大将家・権の大夫殿は不妄語の人・正直の頂八幡大菩薩の栖む百皇の内なり、正直に二あり一には世間の正直・王と申すは天・人・地の三を串(つらぬ)くを王と名づく、天・人・地の三は横なりた(立)つてんは縦(たて)なり、王と申すは黄帝・中央の名なり、天の主・人の主・地の主を王と申す、隠岐の法皇は名は国王・身は妄語の人なり横人なり、権の大夫殿は名は臣下・身は大王・不妄語の人・八幡大菩薩の願い給う頂きなり、二には出世の正直と申すは爾前・七宗等の経論釈は妄語・法華経・天台宗は正直の経釈なり、本地は不妄語の経の釈迦仏・迹には不妄語の八幡大菩薩なり、八葉は八幡・中台は教主釈尊なり、四月八日・寅の日に生まれ八十年を経て二月十五日申の日に隠れさせ給う、豈(あ)に教主の日本国に生まれ給うに有らずや、大隅の正八幡宮の石の文に云く「昔し霊鷲山(りょうじゅせん)に在つて妙法華経を説き今正宮の中に在て大菩薩と示現す」等云云、法華経に云く「今此三界」等云云、又「常に霊鷲山に在り」等云云、遠くは三千大千世界の一切衆生は釈迦如来の子なり、近くは日本国・四十九億九万四千八百二十八人は八幡大菩薩の子なり、今日本国の一切衆生は八幡をたの(恃)み奉るやうにもてなし釈迦仏をすて奉るは影をうやまつて体をあなづり子に向いて親をの(詈)るがごとし、本地は釈迦如来にして月氏国に出でて正直捨方便の法華経を説き給い、垂迹(すいじゃく)は日本国に生れては正直の頂きにすみ給う、諸の権化の人人の本地は法華経の一実相なれども垂迹の門は無量なり、所謂跋倶羅(はくら)尊者は三世に不殺生戒を示し鴦崛摩羅(おうくつまら)は生生に殺生を示す、舎利弗は外道となり、是くの如く門門不同なる事は本凡夫にて有りし時の初発得道(しょほつとくどう)の始を成仏の後・化他門に出で給う時我が得道の門を示すなり、妙楽大師云く「若し本に従て説かば亦是れ昔殺等の悪の中に於て能く出離するが故なり是の故に迹中に亦殺を以て利他の法門と為す」等云云、今八幡大菩薩は本地は月支の不妄語の法華経を迹に日本国にして正直の二字となして賢人の頂きにやどらんと云云、若し爾(しか)らば此の大菩薩は宝殿をやきて天にのぼり給うとも法華経の行者・日本国に有るならば其の所に栖み給うべし。

 法華経の第五に云く諸天昼夜に常に法の為の故に而も之を衛護す、経文の如くんば南無妙法蓮華経と申す人をば大梵天・帝釈・日月・四天等・昼夜に守護すべしと見えたり、又第六の巻に云く「或は己身を説き或は他身を説き或は己身を示し或は他身を示し或は己事を示し或は他事を示す」文、観音尚三十三身を現じ妙音又三十四身を現じ給ふ教主釈尊何ぞ八幡大菩薩と現じ給はざらんや・天台云く「即是れ形を十界に垂れて種種の像を作す」等云云。

 天竺(てんじく)国をば月氏国と申すは仏の出現し給うべき名なり、扶桑国(ふそうこく)をば日本国と申すあに聖人出で給わざらむ、月は西より東に向へり月氏の仏法の東へ流るべき相(そう)なり、日は東より出づ日本の仏法の月氏へかへるべき瑞相なり、月は光あきらかならず在世は但八年なり、日は光明(こうみょう)・月に勝(まさ)れり五五百歳の長き闇を照すべき瑞相なり、仏は法華経謗法(ほうぼう)の者を治し給はず在世には無きゆへに、末法には一乗の強敵(ごうてき)充満すべし不軽(ふきょう)菩薩の利益此れなり、各各我が弟子等はげませ給へはげませ給へ。

  弘安三年太歳庚辰十二月 日 日蓮花押




by johsei1129 | 2019-11-30 10:35 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 30日

月氏国から東に渡ってきた仏法は、日出ずる国・日本から西に広まっていくことを示した書【諫暁八幡抄】三

[諫暁八幡抄 本文]その三
 而るを大菩薩の此の袈裟をはぎかへ(剝返)し給わざるは第一の大科なり、此の大菩薩は法華経の御座にして行者を守護すべき由の起請をかきながら数年が間・法華経の大怨敵を治罰せざる事不思議なる上、たまたま法華経の行者の出現せるを来りて守護こそなさざらめ、我が前にして、国主等の怨(あだ)する事・犬の猿をかみ蛇の蝦(かわず)をのみ鷹の雉(きじ)を師子王の兎を殺すがごとくするを一度もいましめず、設いいましむるやうなれども・いつわりをろかなるゆへに梵釈・日月・四天等のせめを八幡大菩薩かほり給いぬるにや、例せば欽明天皇・敏達(びたつ)天皇・用明天皇・已上三代の大王・物部大連(もののべおおむらじ)・守屋(もりや)等がすすめに依りて宣旨を下して金銅の釈尊を焼き奉り堂に火を放ち僧尼をせめしかば天より火下(ふり)て内裏(だいり)をやく、其の上日本国の万民とがなくして悪瘡をやみ死ぬること大半に過ぎぬ、結句三代の大王・二人の大臣・其の外多くの王子・公卿等・或は悪瘡或は合戦にほろび給いしがごとし、其の時日本国の百八十(ももやそ)の神の栖(すみ)給いし宝殿皆焼け失せぬ釈迦仏に敵する者を守護し給いし大科なり、又園城寺は叡山(えいざん)已前の寺なれども智証大師の真言を伝えて今に長吏とがう(号)す叡山の末寺たる事疑いなし、而るに山門の得分たる大乗の戒壇を奪い取りて園城寺に立てて叡山に随わじと云云、譬へば小臣が大王に敵し子が親に不幸なるがごとし、かかる悪逆の寺を新羅大明神みだれがわしく守護するゆへに度度・山門に宝殿を焼(やか)る、此(かく)のごとし、今八幡大菩薩は法華経の大怨敵を守護して天火に焼かれ給いぬるか、例せば秦の始皇の先祖・襄王(じょうおう)と申せし王・神となりて始皇等を守護し給いし程に秦の始皇・大慢をなして三皇五帝の墳典(ふんでん)をやき三聖の孝経等を失いしかば沛(はい)公と申す人・剣をもつて大蛇を切り死(ころし)ぬ秦皇の氏神是なり、其の後秦の代ほどなくほろび候いぬ此れも又かくのごとし、安芸(あき)の国いつく島の大明神は平家の氏神なり平家ををごらせし失(とが)に伊勢太神宮・八幡等に神うちに打ち失われて其の後平家ほどなく・ほろび候いぬ此れも又かくのごとし。

 法華経の第四に云く「仏滅度の後能く其の義を解せんは是れ諸の天人世間の眼なり」等云云、日蓮が法華経の肝心たる題目を日本国に弘通し候は諸天・世間の眼にあらずや、眼には五あり所謂・肉眼・天眼・慧眼・法眼・仏眼なり、此の五眼は法華経より出生せさせ給う故に普賢経に云く「此の方等経は是れ諸仏の眼なり諸仏是れに因て五眼を具する事を得給う」等云云、此の方等経と申すは法華経を申すなり、又此の経に云く「人天の福田・応供(おうぐ)の中の最なり」等云云、此等の経文のごとくば妙法蓮華経は人天の眼(まなこ)・二乗・菩薩の眼・諸仏の御眼なり、而るに法華経の行者を怨(あだ)む人は人天の眼をくじる者なり、其の人を罰せざる守護神は一切の人天の眼をくじる者を結構し給う神なり、而るに弘法・慈覚・智証等は正しく書を作りて法華経を無明の辺域にして明の分位に非ず後に望れば戯論(けろん)と作る力者(りきしゃ)に及ばず履者(はきもの)とりにたらずと・かきつけて四百余年、日本国の上(かみ)・一人より下・万民にいたるまで法華経をあなづらせ一切衆生の眼をくじる者を守護し給うはあに八幡大菩薩の結構にあらずや、去ぬる弘長と又去ぬる文永八年九月の十二日に日蓮一分の失なくして南無妙法蓮華経と申す大科に国主のはからいとして八幡大菩薩の御前にひきはらせて一国の謗法の者どもに・わらわせ給いしは・あに八幡大菩薩の大科にあらずや、其のいましめとをぼしきは・ただどしうち(同士打)ばかりなり、日本国の賢王たりし上・第一第二の御神なれば八幡に勝れたる神はよもをはせじ、又偏頗(へんぱ)はよも有らじとは・をもへども一切経並に法華経のをきてのごときんば・この神は大科の神なり、日本六十六箇国二つの島一万一千三十七の寺寺の仏は皆或は画像或は木像或は真言已前の寺もあり或は已後の寺もあり、此等の仏は皆法華経より出生せり、法華経をもつて眼とすべし、所謂「此の方等経は是れ諸仏の眼なり」等云云、妙楽云く「然も此の経は常住仏性を以て咽喉と為し一乗の妙行を以て眼目と為し再生敗種を以て心腑(しんぷ)と為し顕本遠寿(けんぽんおんじゅ)を以て其の命と為す」等云云。

而るを日本国の習い真言師にもかぎらず諸宗一同に仏眼の印をもつて開眼し大日の真言をもつて五智を具すと云云 此等は法華経にして仏になれる衆生を真言の権経にて供養すれば還(かえ)つて仏を死(ころ)し眼をくじり寿命(いのち)を断ち喉(のんど)をさきなんどする人人なり、提婆(だいば)が教主釈尊の身より血を出し阿闍世(あじゃせ)王の彼の人を師として現罰に値(あ)いしにいかでか・をとり候べき、八幡大菩薩は応神天皇・小国の王なり阿闍世王は摩竭(まかつ)大国の大王なり天と人と王と民との勝劣なり、而れども阿闍世王・猶釈迦仏に敵をなして悪瘡身に付き給いぬ、八幡大菩薩いかでか其の科(とが)を脱るべき、去ぬる文永十一年に大蒙古よりよせて日本国の兵(つわもの)を多くほろぼすのみならず八幡の宮殿すでにやかれぬ、其の時何ぞ彼の国の兵を罰し給はざるや、まさに知るべし彼の国の大王は此の国の神に勝れたる事あきらけし、襄王(じょうおう)と申せし神は漢土の第一の神なれども沛公(はいこう)が利劒に切られ給いぬ。

 此れをもつてをもうべし道鏡法師・称徳天皇の心よせと成りて国王と成らんとせし時清丸(きよまろ)・八幡大菩薩に祈請せし時八幡の御託宣に云く「夫れ神に大小好悪有り乃至彼は衆(おお)く我は寡(すくな)し邪は強く正は弱し乃ち当に仏力の加護を仰て為めに皇緒(こうちょ)を紹隆(しょうりゅう)すべし」等云云、当に知るべし八幡大菩薩は正法を力として王法を守護し給いけるなり、叡山・東寺等の真言の邪法をもつて権の大夫殿を調伏せし程に権(ごん)の大夫殿はかたせ給い隠岐(おき)の法皇はまけさせ給いぬ還著於本人(げんちゃくおほんにん)此れなり。

[諫暁八幡抄 本文]その四に続く


by johsei1129 | 2019-11-30 10:22 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 30日

月氏国から東に渡ってきた仏法は、日出ずる国・日本から西に広まっていくことを示した書【諫暁八幡抄】二

[諫暁八幡抄 本文]その二
然るに月氏より漢土に経を渡せる訳人(やくにん)は一百八十七人なり其の中に羅什(らじゅう)三蔵一人を除きて前後の一百八十六人は純乳に水を加へ薬に毒を入たる人人なり、此の理を弁へざる一切の人師末学等設い一切経を読誦し十二分経を胸に浮べたる様なりとも生死を離る事かたし又現在に一分のしるしある様なりとも天地の知る程の祈(いのり)とは成る可からず。
 魔王・魔民等・守護を加えて法に験(しるし)の有様(あるよう)なりとも終には其の身も檀那も安穏なる可からず、譬ば旧医の薬に毒を雑へて・さしをけるを旧医の弟子等・或は盗み取り或は自然に取りて人の病を治せんが如し、いかでか安穏なるべき。
 
 当世日本国の真言等の七宗並に浄土・禅宗等の諸学者等、弘法・慈覚・智証等の法華経最第一の醍醐に法華第二・第三等の私の水を入れたるを知らず仏説の如くならば・いかでか一切倶失(くしつ)の大科を脱れん。
 大日経は法華経より劣る事七重なり而るを弘法等・顛倒して大日経最第一と定めて日本国に弘通せるは法華経一分の乳に大日経七分の水を入れたるなり、水にも非ず乳にも非ず大日経にも非ず法華経にも非ず、而も法華経に似て大日経に似たり。

 大覚世尊此の事を涅槃経に記して云く「我が滅後に於て正法将に滅尽せんと欲す、爾の時に多く悪を行ずる比丘有らん、乃至牧牛(もくご)女の如く乳を売るに多利を貪らんと欲するを為(もっ)ての故に二分の水を加う、乃至此の乳水多し、爾の時に是の経閻浮提(えんぶだい)に於て当に広く流布すべし、是の時に当に諸の悪比丘有て是の経を鈔略(しょうりゃく)し分て多分と作し能く正法の色香美味を滅すべし、是の諸の悪人復是くの如き経典を読誦すと雖も如来の深密の要義を滅除せん、乃至前(さき)を鈔(とり)て後(あと)に著(つ)け後を鈔て前に著け前後を中に著け中を前後に著けん当に知るべし是くの如きの諸の悪比丘は是れ魔の伴侶なり」等云云。

 今日本国を案ずるに代始まりて已に久しく成りぬ旧き守護の善神は定めて福も尽き寿も減じ威光勢力も衰えぬらん、仏法の味をなめてこそ威光勢力も増長すべきに仏法の味は皆たが(違)ひぬ齢はたけぬ争でか国の災を払い氏子をも守護すべき、其の上謗法の国にて候を氏神なればとて大科をいましめずして守護し候へば仏前の起請(きしょう)を毀(やぶ)る神なり、しかれども氏子なれば愛子の失(とが)のやうに・すてずして守護し給いぬる程に法華経の行者をあだむ国主・国人等を対治を加えずして守護する失に依りて梵釈等のためには八幡等は罰せられ給いぬるか此事は一大事なり秘すべし秘すべし、有る経の中に仏・此の世界と他方の世界との梵釈・日月・四天・竜神等を集めて我が正像末の持戒・破戒・無戒等の弟子等を第六天の魔王・悪鬼神等が人王・人民等の身に入りて悩乱せんを見乍(なが)ら聞き乍ら治罰せずして須臾(しゅゆ)もすごすならば必ず梵釈等の使をして四天王に仰せつけて治罰を加うべし、若し氏神・治罰を加えずば梵釈・四天等も守護神に治罰を加うべし梵釈又かくのごとし、梵釈等は必ず此の世界の梵釈・日月・四天等を治罰すべし、若し然らずんば三世の諸仏の出世に漏れ永く梵釈等の位を失いて無間大城に沈むべしと釈迦多宝十方の諸仏の御前にして起請を書き置れたり。

 今之を案ずるに日本小国の王となり神となり給うは小乗には三賢の菩薩・大乗には十信・法華には名字五品の菩薩なり、何なる氏神有りて無尽の功徳を修すとも法華経の名字を聞かず一念三千の観法を守護せずんば退位の菩薩と成りて永く無間大城に沈み候べし、故に扶桑(ふそう)記に云く「又伝教大師八幡大菩薩の奉為(おんため)に神宮寺に於て、自ら法華経を講ず、乃(すなわ)ち聞き竟(おわり)て大神託宣すらく我法音を聞かずして久しく歳年を歴(へ)る幸い和尚に値遇して正教を聞くことを得たり兼て我がために種種の功徳を修す至誠随喜す何ぞ徳を謝するに足らん、兼て我が所持の法衣有りと即ち託宣の主自ら宝殿を開いて手ら紫の袈裟(けさ)一つ紫の衣一を捧げ和尚に奉上す大悲力の故に幸に納受を垂れ給えと、是の時に禰宜(ねぎ)・祝(はぶり)等各歎異して云く元来是の如きの奇事を見ず聞かざるかな、此の大神施し給う所の法衣今山王院に在るなり」云云、今謂く八幡は人王第十六代・応神天皇なり其の時は仏経無かりしかば此に袈裟衣(けさころも)有るべからず、人王第三十代欽明天皇の治三十二年に神と顕れ給い其れより已来弘仁五年までは禰宜・祝等次第に宝殿を守護す、何(いずれ)の王の時・此の袈裟を納めけると意(こころ)へし而して禰宜等云く元来見ず聞かず等云云、此の大菩薩いかにしてか此の袈裟・衣は持ち給いけるぞ不思議なり不思議なり。

 又欽明より已来弘仁五年に至るまでは王は二十二代・仏法は二百六十余年なり、其の間に三論・成実・法相・倶舎・華厳・律宗・禅宗等の六宗七宗・日本国に渡りて八幡大菩薩の御前にして経を講ずる人人・其の数を知らず、又法華経を読誦する人も争でか無からん、又八幡大菩薩の御宝殿の傍には神宮寺と号して法華経等の一切経を講ずる堂・大師より已前に是あり、其の時定めて仏法を聴聞し給いぬらん何ぞ今始めて我法音を聞かずして久しく年歳を歴る等と託宣し給ふべきや、幾(いくば)くの人人か法華経・一切経を講じ給いけるに何ぞ此の御袈裟・衣をば進らさせ給はざりけるやらん、当に知るべし伝教大師已前は法華経の文字のみ読みけれども其の義はいまだ顕れざりけるか、去ぬる延暦二十年十一月の中旬の比・伝教大師比叡山にして南都・七大寺の六宗の碩徳(せきとく)・十余人を奉請して法華経を講じ給いしに、弘世(ひろよ)・真綱(まつな)等の二人の臣下此の法門を聴聞してなげいて云く「一乗の権滞を慨(なげ)き三諦の未顕を悲しむ」又云く「長幼三有の結を摧破(さいは)し猶未だ歴劫(りゃっこう)の轍(てつ)を改めず」等云云、其の後延暦二十一年正月十九日に高雄寺(たかおでら)に主上(しゅじょう)・行幸ならせ給いて六宗の碩徳と伝教大師とを召し合はせられて宗の勝劣を聞し食ししに南都の十四人皆口(くち)を閉ぢて鼻のごとくす、後に重ねて怠状(たいじょう)を捧げたり、其の状に云く「聖徳の弘化より以降(このか)た今に二百余年の間・講ずる所の経論其の数多し、彼れ此れ理を争い其の疑未だ解けず而も此の最妙の円宗猶未だ闡揚(せんよう)せず」等云云、此れをもつて思うに伝教大師已前には法華経の御心いまだ顕れざりけるか、八幡大菩薩の見ず聞かずと御託宣有りけるは指(さす)なり指なり白(あきらか)なり白なり。

 法華経第四に云く「我が滅度の後に能(よ)く竊(ひそか)に一人の為にも法華経を説かん、当に知るべし是の人は則ち如来の使なり乃至如来則ち衣を以て之れを覆(おお)い給うべし」等云云、当来の弥勒仏(みろくぶつ)は法華経を説き給うべきゆへに釈迦仏は大迦葉(かしょう)尊者を御使として衣を送り給ふ、又伝教大師は仏の御使として法華経を説き給うゆへに八幡大菩薩を使として衣を送り給うか、又此の大菩薩は伝教大師已前には加水の法華経を服してをはしましけれども先生(せんしょう)の善根に依つて大王と生れ給いぬ、其の善根の余慶(よけい)・神と顕れて此の国を守護し給いけるほどに今は先生の福の余慶も尽きぬ、正法の味も失せぬ謗法(ほうぼう)の者等・国中に充満して年久しけれども日本国の衆生に久く仰がれてなじみ(親近)せし大科あれども捨てがたく・をぼしめし、老人の不幸の子を捨てざるが如くして天のせめに合い給いぬるか、又此の袈裟は法華経最第一と説かん人こそ・かけまいらせ給うべきに伝教大師の後は第一の座主(ざす)義真和尚・法華最第一の人なれば・かけさせ給う事其の謂(いわれ)あり、第二の座主・円澄大師は伝教大師の御弟子なれども又弘法大師の弟子なり・すこし謗法ににたり、此の袈裟の人には有らず、第三の座主・円仁慈覚大師は名は伝教大師の御弟子なれども心は弘法大師の弟子・大日経第一・法華経第二の人なり、此の袈裟は一向にかけがたし、設(たと)いかけたりとも法華経の行者にはあらず、其の上又当世の天台座主は一向真言の座主なり、又当世の八幡の別当は或は園城寺の長吏或は東寺の末流なり、此れ等は遠くは釈迦・多宝・十方の諸仏の大怨敵(おんてき)・近くは伝教大師の讐敵(しゅうてき)なり、譬へば提婆達多(だいばだった)が大覚世尊の御袈裟をかけたるがごとし、又猟師が仏衣を被(き)て師子の皮をは(剥)ぎしがごとし、当世叡山の座主は伝教大師の八幡大菩薩より給(たび)て候し御袈裟をかけて法華経の所領を奪ひ取りて真言の領となせり、譬へば阿闍世王の提婆達多を師とせしがごとし。

[諫暁八幡抄 本文]その三に続く




by johsei1129 | 2019-11-30 10:16 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 30日

月氏国から東に渡ってきた仏法は、日出ずる国・日本から西に広まっていくことを示した書【諫暁八幡抄】一

【かんぎょうはちまんしょう】
英文版
■出筆時期:弘安三年十二月(西暦1280年) 五十九歳御作
■出筆場所:身延山 草庵にて述作
■出筆の経緯:ご自身滅後の後の布教を託す、門下の弟子檀那等にあてた書。
本書の最後に『月は西より東に向へり月氏の仏法の東へ流るべき相なり、日は東より出づ日本の仏法の月氏へかへるべき瑞相なり、月は光あきらかならず在世は但八年なり、日は光明・月に勝れり五五百歳の長き闇を照すべき瑞相なり、仏は法華経謗法の者を治し給はず在世には無きゆへに、末法には一乗の強敵充満すべし不軽菩薩の利益此れなり、各各我が弟子等はげませ給へはげませ給へ』と書き記している。この意味は、仏法は月子国(インド)から東に向かい、末法に入り日出づ国である扶桑国(日本)に渡ってきた。このことは末法万年に亘り、太陽が東からでて西に向かうように、日本から西方に仏法が広まっていく瑞相であるとして、弟子たちに日蓮亡き後、末法万年に亘って仏法を世界に広めることに務めるよう励まされている。

月氏国から東に渡ってきた仏法は、日出ずる国・日本から西に広まっていくことを示した書【諫暁八幡抄】一_f0301354_22442449.jpg

■ご真筆: 大石寺所蔵。

[諫暁八幡抄 本文]その一
 夫れ馬は一歳二歳の時は設(たと)いつがいのびまろすね(円脛)にすねほそくうでのびて候へども病あるべしとも見えず、而れども七八歳なんどになりて身もこへ血ふとく上(かみ)かち下(しも)をくれ候へば小船に大石をつめるがごとく小き木に大なる菓(このみ)のなれるがごとく多くのやまい出来して人の用にもあわず力もよわく寿(いのち)もみじかし、天神等も又かくのごとし成劫(じょうこう)の始には先生(せんしょう)の果報いみじき衆生生れ来る上・人の悪も候はねば身の光もあざやかに心もいさぎよく日月のごとくあざやかに師子象のいさみをなして候いし程に成劫やうやくすぎて住劫になるままに前(さき)の天神等は年かさなりて下旬の月のごとし今生れ来れる天神は果報衰減し下劣の衆生多分は出来す、然る間一天に三災やうやくをこり四海に七難粗出現せしかば一切衆生始めて苦と楽とををもい知る。

 此の時仏出現し給いて仏教と申す薬を天と人と神とにあたへ給いしかば燈(ともしび)に油をそへ老人に杖をあたへたるがごとく天神等還(かえ)つて威光をまし勢力を増長せし事成劫のごとし仏教に又五味のあぢわひ分れたり在世の衆生は成劫ほどこそなかりしかども果報いたうをとろへぬ衆生なれば五味の中に何の味をもなめて威光勢力をもまし候き、仏滅度の後正像二千年過て末法になりぬれば本の天も神も阿修羅・大竜等も年もかさなりて身もつかれ心もよはくなり又今生れ来る天人・修羅等は或は小果報或は悪天人等なり、小乗・権大乗等の乳・酪(らく)・生蘇(しょうそ)・熟蘇味(じゅくそみ)を服すれども老人に麤食(そじき)をあたへ高人に麦飯等を奉るがごとし、而るを当世此を弁(わきま)えざる学人等古にならいて日本国の一切の諸神等の御前にして阿含経・方等・般若・華厳・大日経等を法楽し倶舎(ぐしゃ)・成実(じょうじつ)・律・法相・三論・華厳・浄土・禅等の僧を護持の僧とし給える、唯老人に麤食(そじき)を与へ小児に強飯(こわきはん)をくくめるがごとし、何に況や今の小乗経と小乗宗と大乗経と大乗宗とは古の小大乗の経宗にはあらず、天竺より仏法・漢土へわたりし時・小大の経経は金言に私言まじはれり、宗宗は又天竺・漢土の論師・人師或は小を大とあらそい或は大を小という或は小に大をかきまじへ或は大に小を入れ或は先きの経を後とあらそい或は後を先とし或は先を後につけ或は顕経を密経といひ密経を顕経という。譬へば乳に水を入れ薬に毒を加うるがごとし。

 涅槃経に仏・未来を記して云く「爾の時に諸の賊醍醐(だいご)を以ての故に之に加うるに水を以てす水を以てする事多きが故に乳酪醍醐一切倶(とも)に失す」等云云、阿含小乗経は乳味のごとし方等・大集経・阿弥陀経・深密経・楞伽経・大日経等は酪味のごとし、般若経等は生蘇味の如く華厳経等は熟蘇味の如く法華・涅槃経等は醍醐味の如し、設い小乗経の乳味なりとも仏説の如くならば争(いか)でか一分の薬とならざるべき、況や諸の大乗経をや何に況や法華経をや。

[諫暁八幡抄 本文]その二に続く





by johsei1129 | 2019-11-30 10:10 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(3)
2019年 11月 29日

妙法蓮華経の"蓮"とは『諸法は非有非無にて本性常住不滅なる事を意味すると明した書【十八円満抄】

【十八円満抄(じゅうはちえんまんしょう】
■出筆時期:弘安三年十一月三日(西暦1280年)五十九歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵
■出筆の経緯:元天台宗の学僧で佐渡にて大聖人の弟子になった最蓮房からの法門への問いに応えるべく認められた書。十八円満の法門について詳細に説き明かされている。
■ご真筆: 現存していない。

[十八円満抄 本文]

日蓮之を記す 問うて云く十八円満の法門の出処如何、答えて云く源・蓮の一字より起れるなり、問うて云く此の事所釈に之を見たりや、答えて云く伝教大師の修禅寺相伝の日記に之在り此法門は当世天台宗の奥義(おくぎ)なり秘すべし秘すべし。

問うて云く十八円満の名目如何、答えて云く一に理性円満・二に修行円満・三に化用(けゆう)円満・四に果海円満・五に相即円満・六に諸教円満・七に一念円満・八に事理円満・九に功徳円満・十に諸位円満・十一に種子円満・十二に権実円満・十三に諸相円満・十四に俗諦円満・十五に内外(ないげ)円満・十六に観心円満・十七に寂照円満・十八に不思議円満已上。

  問うて云く意如何、答えて云く此の事伝教大師の釈に云く次に蓮の五重玄とは蓮をば華因成果(けいんじょうか)の義に名く、蓮の名は十八円満の故に蓮と名く、一に理性円満謂く万法悉く真如法性(しんにょほっしょう)の実理に帰す実性の理に万法円満す故に理性を指して蓮と為す、二に修行円満謂く有相(うそう)・無相の二行を修して万行円満す故に修行を蓮と為す、三に化用円満謂く心性の本理に諸法の因分有り此の因分に由つて化他の用を具す故に蓮と名く、四に果海円満とは諸法の自性を尋ねて悉く本性を捨て無作(むさ)の三身を成す法として無作の三身に非ること無し故に蓮と名く、五に相即円満謂く煩悩の自性全く菩提にして一体不二の故に蓮と為す、六に諸教円満とは諸仏の内証の本蓮に諸教を具足して更に闕減(けつげん)なきが故に、七に一念円満謂く根塵(こんじん)相対して一念の心起るに三千世間を具するが故に、八に事理円満とは一法の当体而二不二にして闕減無く具足するが故に、九に功徳円満謂く妙法蓮華経に万行の功徳を具して三力の勝能有るが故に、十に諸位円満とは但だ一心を点ずるに六即円満なるが故に、十一に種子円満とは一切衆生の心性に本(もと)より成仏の種子を具す・権教は種子円満無きが故に・皆成仏道の旨を説かず故に蓮の義無し、十二に権実円満謂く法華実証の時は実に即して而かも権・権に即して而かも実・権実相即して闕減無き故に円満の法にして既に三身を具するが故に諸仏常に法を演説す、十三に諸相円満謂く一一の相の中に皆八相を具して一切の諸法常に八相を唱う、十四に俗諦円満謂く十界・百界乃至三千の本性常住不滅なり本位を動せず当体即理の故に、十五に内外円満謂く非情の外器(げき)に内の六情を具す有情数の中に亦非情を具す、余教は内外円満を説かざるが故に草木成仏すること能(あた)わず草木非成仏の故に亦蓮と名けず十六に観心円満とは六塵六作(ろくじんろくさ)常に心相を観ず更に余義に非るが故に、十七に寂照円満とは文に云く法性寂然なるを止と名く寂にして而かも常に照すを観と名くと、十八に不思議円満謂く細(くわ)しく諸法の自性を尋ねるに非有非無にして諸の情量を絶して亦三千三観並びに寂照等の相無く大分の深義本来不思議なるが故に名けて蓮と為るなり、此の十八円満の義を以て委(くわし)く経意を案ずるに今経の勝能並に観心の本義良(まこ)とに蓮の義に由る、二乗・悪人草木等の成仏並びに久遠塵点等は蓮の徳を離れては余義有ること無し、座主の伝に云く玄師の正決を尋ねるに十九円満を以て蓮と名く所謂当体円満を加う、当体円満とは当体の蓮華なり謂く諸法自性清浄にして染濁を離るるを本より蓮と名く、一経の説に依るに一切衆生の心(むね)の間に八葉の蓮華有り男子は上に向い女人は下に向う、成仏の期に至れば設い女人なりと雖も心(むね)の間の蓮華速かに還りて上に向う、然るに今の蓮仏意に在るの時は本性清浄当体の蓮と成る、若し機情に就いては此の蓮華譬喩の蓮と成る。
次に蓮の体とは体に於て多種有り、一には徳体の蓮謂く本性の三諦を蓮の体と為す、二には本性の蓮体三千の諸法本(もと)より已来(このかた)当体不動なるを蓮の体と為す、三には果海真善の体一切諸法は本(もと)是れ三身にして寂光土に住す設い一法なりと雖も三身を離れざる故に三身の果を以て蓮の体と為す、四には大分真如の体謂く不変・随縁の二種の真如を並びに証分の真如と名く本迹寂照等の相を分たず諸法の自性不可思議なるを蓮の体と為す。

 次に蓮の宗とは果海の上の因果なり、和尚の云く六即の次位は妙法蓮華経の五字の中には正しく蓮の字に在り蓮門の五重玄の中には正しく蓮の字より起る、所以何ん理即は本性と名く本性の真如・理性円満の故に理即を蓮と名け果海本性の解行証の位に住するを果海の次位と名く、智者大師自解仏乗の内証を以て明に経旨を見給うに蓮の義に於て六即の次位を建立し給えり故に文に云く此の六即の義は一家より起れりと、然るに始覚の理に依て在纒真如(ざいてんしんにょ)を指して理即と為し妙覚の証理を出纒(しゅってん)真如と名く、正く出纒の為めに諸の万行を修するが故に法性の理の上の因果なり、故に亦蓮の宗と名く、蓮に六の勝能有り一には自性清浄にして泥濁に染まず理即、二には華(け)・台(だい)・実(じつ)の三種具足して減すること無し名字即・諸法即是れ三諦と解了するが故に、三には初め種子より実を成ずるに至るまで華・台・実の三種相続して断ぜず観行即・念念相続して修し廃するなき故に、四には華葉の中に在つて未熟の実真の実に似たり相似即、五には花開き蓮現ず分真即、六には花落ちて蓮成ず究竟即、此の義を以ての故に六即の深義は源・蓮の字より出でたり。

  次に蓮の用とは六即円満の徳に由つて常に化用(けゆう)を施すが故に。
 
 次に蓮の教とは本有の三身果海の蓮性に住して常に浄法を説き八相成道し四句成利(じょうり)す、和尚云く証道の八相は無作三身の故に四句の成道は蓮教の処に在り只無作三身を指して本覚の蓮と為す、此の本蓮に住して常に八相を唱へ常に四句の成道を作す故なり已上、修禅寺相伝の日記之をみるに妙法蓮華経の五字に於て各各五重玄なり蓮の字の五重玄義・此くの如し余は之を略す日蓮案じて云く此の相伝の義の如くんば万法の根源、一心三観・一念三千・三諦・六即・境智の円融・本迹の所詮源(みなもと)蓮の一字より起る者なり云云。

 問うて云く総説の五重玄とは如何、答えて云く総説の五重玄とは妙法蓮華経の五字即五重玄なり、妙は名・法は体・蓮は宗・華は用・経は教なり、又総説の五重玄に二種有り一には仏意(ぶっち)の五重玄・二には機情の五重玄なり。

  仏意の五重玄とは諸仏の内証に五眼の体を具する即ち妙法蓮華経の五字なり、仏眼(ぶつげん)は妙・法眼は法・慧眼は蓮・天眼は華・肉眼は経なり、妙は不思議に名く故に真空冥寂(しんくうみょうじゃく)は仏眼なり、法は分別に名く法眼は仮なり分別の形なり、慧眼は空なり果の体は蓮なり、華は用なる故に天眼と名く神通化用(じんつうけゆう)なり、経は破迷の義に在り迷を以て所対と為す故に肉眼と名く、仏智の内証に五眼を具する即ち五字なり五字又五重玄なり故に仏智の五重玄と名く、亦五眼即五智なり、法界体性智(ほうかいたいしょうち)は仏眼・大円鏡智は法眼・平等性智は慧眼・妙観察智は天眼・成所作智(じょうしょさち)は肉眼なり、問う一家には五智を立つるや、答う既に九識を立つ故に五智を立つべし、前の五識は成所作智・第六識は妙観察智・第七識は平等性智・第八識は大円鏡智・第九識は法界体性智なり。

 次に機情の五重玄とは機の為に説く所の妙法蓮華経は即ち是れ機情の五重玄なり首題の五字に付いて五重の一心三観有り、伝に云く、

  妙 不思議の一心三観 天真独朗の故に不思議なり。
  法 円融の一心三観 理性円融なり総じて九箇を成す。
 蓮 得意の一心三観 果位なり。
 華 複疎(ふくそ)の一心三観 本覚の修行なり。
 経 易解(いげ)の一心三観 教談なり。

玄文の第二に此の五重を挙ぐ文に随つて解すべし、不思議の一心三観とは智者己証の法体・理非造作(ひりぞうさ)の本有の分なり三諦の名相無き中に於て強いて名相を以つて説くを不思議と名く、円融とは理性法界の処に本より已来(このかた)三諦の理有り互に円融して九箇と成る、得意とは不思議と円融との三観は凡心の及ぶ所に非ず但だ聖智の自受用(じじゅゆう)の徳を以て量知すべき故に得意と名く、複疎とは無作の三諦は一切法に遍して本性常住(ほんしょうじょうじゅう)なり理性の円融に同じからず故に複疎と名く、易解とは三諦円融等の義知り難き故に且らく次第に附して其の義を分別す故に易解と名く、此れを附文の五重と名く、次に本意に依て亦五重の三観有り、一に三観一心入寂門の機、二に一心三観入照門の機、三に住果還の一心三観・上の機有りて知識の一切の法は皆是れ仏法なりと説くを聞いて真理を開す入真已後(にゅうしんいご)観を極めんが為に一心三観を修す、四に為果行因(いかぎょういん)の一心三観謂く果位究竟の妙果を聞いて此の果を得んが為に種種の三観を修す、五に付法の一心三観・五時八教等の種種の教門を聞いて此の教義を以て心に入れて観を修す故に付法と名く、山家(さんけ)の云く塔中の言なり亦立行相を授く三千三観の妙行を修し解行の精微(せいび)に由つて深く自証門に入る我汝が証相を領するに法性寂然なるを止(し)と名け寂にして常に照すを観と名くと。

問うて云く天真独朗の止観の時・一念三千・一心三観の義を立つるや、答えて云く両師の伝不同なり、座主の云く天真独朗とは一念三千の観是なり、山家師の云く一念三千而も指南と為す一念三千とは一心より三千を生ずるにも非ず一心に三千を具するにも非ず並立にも非ず次第にも非ず故に理非造作(ひりぞうさ)と名く、和尚の云く天真独朗に於ても亦多種有り乃至迹中に明す所の不変真如も亦天真なり、但し大師本意の天真独朗とは三千三観の相を亡し一心一念の義を絶す此の時は解(げ)無く行(ぎょう)無し教行証(きょうぎょうしょう)の三箇の次第を経るの時・行門に於て一念三千の観を建立す、故に十章の第七の処に於て始めて観法を明す是れ因果階級の意なり、大師内証の伝の中に第三の止観には伝転の義無しと云云、故に知んぬ証分の止観には別法を伝えざることを、今止観の始終に録する所の諸事は皆是れ教行の所摂にして実証の分に非ず、開元符州(かいげんふしゅう)の玄師相伝に云く言を以て之を伝うる時は行証共に教と成り心を以て之を観ずる時は教証は行の体と成る、証を以て之を伝うる時は教行亦不可思議なりと、後学此の語に意を留めて更に忘失(もうしつ)すること勿(なか)れ、宛(あた)かも此の宗の本意・立教の元旨なり和尚の貞元(じょうげん)の本義源(もと)此れより出でたるなり。

 問うて云く天真独朗の法・滅後に於て何れの時か流布せしむべきや、答えて云く像法に於て弘通すべきなり、問うて云く末法に於て流布の法の名目如何、答えて云く日蓮の己心相承の秘法此の答に顕すべきなり所謂南無妙法蓮華経是なり、問うて云く証文如何、答えて云く神力品に云く「爾の時・仏・上行等の菩薩に告げたまわく要を以て之を言わば乃至宣示顕説す」云云、天台大師云く「爾時仏告上行の下は第三結要(けっちょう)付属なり」又云く「経中の要説・要は四事に在り総じて一経を結するに唯四ならくのみ其の枢柄(すうへい)を撮(と)つて之を授与す」問うて云く今の文は上行菩薩等に授与するの文なり汝何んが故ぞ己心相承の秘法と云うや、答えて云く上行菩薩の弘通し給うべき秘法を日蓮先き立つて之を弘む、身に当るの意に非ずや上行菩薩の代官の一分なり、所詮末法に入つて天真独朗の法門無益なり助行には用ゆべきなり正行には唯南無妙法蓮華経なり、伝教大師云く「天台大師は釈迦に信順して法華宗を助けて震旦(しんたん)に敷揚(ふよう)し叡山の一家は天台に相承して法華宗を助けて日本に弘通す」今日蓮は塔中相承(たっちゅうそうじょう)の南無妙法蓮華経の七字を末法の時・日本国に弘通す是れ豈時国相応の仏法に非ずや、末法に入つて天真独朗の法を弘めて正行と為さん者は必ず無間大城に墜ちんこと疑無し、貴辺年来の権宗を捨てて日蓮が弟子と成り給う、真実・時国相応の智人なり総じて予が弟子等は我が如く正理を修行し給え智者・学匠の身と為りても地獄に墜ちて何の詮か有るべき所詮時時念念に南無妙法蓮華経と唱うべし。

 上に挙ぐる所の法門は御存知為りと雖も書き進らせ候なり、十八円満等の法門能く能く案じ給うべし並びに当体蓮華の相承等日蓮が己証の法門等前前(さきざき)に書き進らせしが如く委くは修禅寺相伝日記の如し天台宗の奥義之に過ぐべからざるか、一心三観・一念三千の極理は妙法蓮華経の一言を出でず敢て忘失すること勿れ敢て忘失すること勿れ、伝教大師云く「和尚慈悲有つて一心三観を一言に伝う」玄旨伝に云く「一言の妙旨なり一教の玄義なり」と云云、寿量品に云く「毎(つね)に自ら是の念を作す何を以てか衆生をして無上道に入り速(すみやか)に仏身を成就することを得せしめん」と云云、毎自作是念の念とは一念三千生仏本有(しょうぶつほんぬ)の一念なり、秘す可し秘す可し、恐恐謹言。

弘安三年十一月三日               日蓮 花押
最蓮房に之を送る





by johsei1129 | 2019-11-29 20:03 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 14日

一閻浮提の内に仏の御言を助けたる人、但日蓮一人なりと説いた書【聖人御難事】

【聖人御難事】
■出筆時期:弘安二年十月一日(西暦1279年) 五十八歳 御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:この書を認める前の九月二十一日、熱原の法難が発生。駿河熱原の農民・神四郎等20人が鎌倉に送られ牢に入れられる。これは駿河国方面で日興上人が中心となり天台宗の僧侶・信徒が数多く大聖人へ帰依するようになると、天台宗寺院からの弾圧が始まる。特に熱原郷・滝泉寺院の行智(院主代)は策謀し、院主の田の稲を刈り取ったという無実の罪で、大聖人信徒の農民を訴えた。
これまで自身、直弟子、また武家信徒への難は度々受けてきた大聖人門下だったが、一農民にまで及ぶという日蓮門下の信徒として最大の難を受けるという事態を受け、大聖人は一閻浮提総与(全世界の民衆に授与)する大御本尊の建立を決意、十月十二日に建立している。これは大聖人にとって出世本懐を遂げる重要な出来事となった。尚、捕らえられた20人の農民は、侍所・平左衛門尉の私邸で取り調べられ、大聖人への信仰を捨てるよう強く迫られたが、全員がそれに最後まで屈せず、神四郎・弥五郎・弥六郎の3兄弟は十月十五日刑死し、残りの17人は追放される。それらの農民は強信徒の南条時光が引き取ったと伝えられている。

本書で大聖人は、弟子一同に向け「仏は四十余年・天台大師は三十余年・伝教大師は二十余年に出世の本懐を遂げ給う、其中の大難申す計りなし先先に申すがごとし、余は二十七年なり其の間の大難は各各かつしろしめせり。」と説いて、末法の本仏としての内証を示されている。
また本書の宛先は人人御中(弟子・信徒一同)となっているが、書そのものは「さぶらうざへもん殿のもとにとどめらるべし」と記され、信徒として最も信頼の厚かった四条金吾の元に留めて置くよう指示されている。
■ご真筆: 中山法華経寺所蔵。
一閻浮提の内に仏の御言を助けたる人、但日蓮一人なりと説いた書【聖人御難事】_f0301354_1914942.jpg

[聖人御難事 ご真筆:中山法華経寺所蔵]

[聖人御難事 本文]

 去(い)ぬる建長五年太歳癸丑四月二十八日に安房の国長狭郡(ながさごおり)の内東条の郷、今は郡(こおり)なり。天照太神の御くりや(厨)右大将(うたいしょうけ)家の立て始め給いし日本第二のみくりや今は日本第一なり。此の郡の内清澄寺と申す寺の諸仏坊の持仏堂の南面にして午(うま)の時に此の法門申しはじめて今に二十七年、弘安二年太歳己卯なり。仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に出世の本懐を遂げ給う。其中の大難申す計りなし、先先に申すがごとし、余は二十七年なり。其の間の大難は各各かつ(且)しろしめせり。

 法華経に云く「而も此の経は如来の現在にすら猶怨嫉(なおおんしつ)多し、況や滅度の後をや」云云。釈迦如来の大難はかずをしらず、其の中に馬の麦をもつて九十日、小指の出仏身血(すいぶつしんけつ)、大石の頂(いただき)にかかりし、善生比丘等の八人が身は仏の御弟子(みでし)、心は外道にともないて昼夜十二時に仏の短(ひま)をねらいし。無量の釈子の波瑠璃(はるり)王に殺されし、無量の弟子等が悪象にふまれし、阿闍世(あじゃせ)王の大難をなせし等、此等は如来現在の小難なり。況滅度後(きょうめつどご)の大難は竜樹・天親・天台・伝教いまだ値い給はず。法華経の行者ならずといわばいかでか行者にてをはせざるべき。又行者といはんとすれば仏のごとく身より血をあや(滴)されず、何(いか)に況や仏に過ぎたる大難なし。経文むなしきがごとし。仏説すでに大虚妄(こもう)となりぬ。

 而るに日蓮二十七年が間、弘長元年辛酉五月十二日には伊豆の国へ流罪、文永元年甲子十一月十一日頭にきず(疵)をかほり左の手を打ちをらる、同文永八年辛未九月十二日佐渡の国へ配流(はいる)、又頭(くび)の座に望む。其の外に弟子を殺され、切られ、追出くわれう(過料)等かずをしらず。仏の大難には及ぶか勝れたるか其は知らず。竜樹・天親・天台・伝教は余に肩を並べがたし、

 日蓮末法に出でずば仏は大妄語の人、多宝・十方の諸仏は大虚妄の証明なり。仏滅後二千二百三十余年が間、一閻浮提(えんぶだい)の内に仏の御言を助けたる人、但日蓮一人なり。過去現在の末法の法華経の行者を軽賤(きょうせん)する王臣万民、始めは事なきやうにて終(つい)にほろびざるは候はず。日蓮又かくのごとし。始めはしるし(験)なきやうなれども今二十七年が間、法華経守護の梵釈・日月・四天等さのみ守護せずば、仏前の御誓むなしくて無間大城に堕(お)つべしと、おそろしく想う間今は各各はげむらむ。大田の親昌(ちかまさ)・長崎次郎兵衛の尉時綱(ときつな)・大進房が落馬等は法華経の罰(ばち)のあらわるるか。罰は総罰・別罰・顕罰・冥罰(みょうばち)・四候。日本国の大疫病と大けかち(飢渇)と、どしうち(同士討)と他国よりせめらるるは総ばちなり。やくびやう(疫病)は冥罰なり。大田等は現罰なり別ばちなり。各各師子王の心を取り出して、いかに人をどすともをづる事なかれ。師子王は百獣にをぢず、師子の子・又かくのごとし。彼等は野干のほ(吼)うるなり、日蓮が一門は師子の吼(ほう)るなり。故最明寺殿の日蓮をゆるししと此の殿の許ししは、禍(とが)なかりけるを人のざんげん(讒言)と知りて許ししなり。今はいかに人申すとも聞きほどかずしては人のざんげんは用い給うべからず。設い大鬼神のつける人なりとも、日蓮をば梵釈・日月・四天等・天照太神・八幡の守護し給うゆへにばつ(罰)しがたかるべしと存じ給うべし。月月・日日につよ(強)り給へ。すこしもたゆ(撓)む心あらば魔たよりをうべし。

 我等凡夫のつたなさは、経論に有る事と遠き事はおそるる心なし。一定(いちじょう)として平等(へいら)も城等(じょうら)もいかりて此の一門をさんざんとなす事も出来せば、眼をひさ(塞)いで観念せよ。当時の人人のつくし(筑紫)へか・さされんずらむ。又ゆく人、又かしこに向える人人を我が身にひきあてよ。当時までは此の一門に此のなげきなし。彼等はげん(現)はかくのごとし殺されば又地獄へゆくべし。我等現には此の大難に値うとも後生は仏になりなん。設えば灸治(やいと)のごとし。当時はいた(痛)けれども後の薬なればいた(疼)くていたからず。

 彼のあつわらの愚癡の者ども、いゐはげましてをどす事なかれ。彼等にはただ一えん(円)におもい切れ、よからんは不思議わるからんは一定とをもへ。ひだるし(空腹)とをもわば餓鬼道ををしへよ。さむしといわば八かん(寒)地獄ををしへよ。をそろししといわばたか(鷹)にあへるきじ(雉)、ねこ(猫)にあえるねずみ(鼠)を他人とをもう事なかれ。此れはこまごまとかき候事はかくとしどし(年年)、月月・日日に申して候へどもなごへ(名越)の尼、せう(少輔)房、のと(能登)房、三位房なんどのやうに候。をくびやう(臆病)物をぼへず、よくふかく、うたがい多き者どもは、ぬ(塗)れるうるし(漆)に水をかけそら(空)をき(切)りたるやうに候ぞ。

 三位房が事は大不思議の事ども候いしかども、とのばら(殿原)のをもいには智慧ある者をそねませ給うかと、ぐちの人をもいなんと、をもいて物も申さで候いしが、はらぐろとなりて大難にもあたりて候ぞ。なかなかさんざんと、だにも申せしかば、たすかるへんもや候いなん。あまりにふしぎさに申さざりしなり。又かく申せばおこ人どもは死もう(亡)の事を仰せ候と申すべし。鏡のために申す又此の事は彼等の人人も内内はおぢおそれ候らむとおぼへ候ぞ。
 人のさわ(騒)げばとて、ひやうじ(兵士)なんと此の一門にせられば此れへかきつけてたび候へ。恐恐謹言。

十月一日       日 蓮 花押
人人御中
さぶらうざへもん殿のもとにとどめらるべし。





by johsei1129 | 2019-11-14 20:57 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 11日

伝教の[法華秀句三巻(釈尊一切経の中で超過する十の勝れた句)】を末法の本仏の立場で分別した書【秀句十勝抄】

【秀句十勝抄】
■出筆時期:弘安元年(1278) 五七歳御作。
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は伝教大師(最澄)の著作法華秀句三巻を弟子の教化のために要点を抜粋し大聖人が末法本仏の立場で論じられた書となります。
■ご真筆:中山法華経寺(巻子3巻)所蔵(重要文化財)。
伝教の[法華秀句三巻(釈尊一切経の中で超過する十の勝れた句)】を末法の本仏の立場で分別した書【秀句十勝抄】_f0301354_18585757.jpg


















【秀句十勝抄 本文】
     
   |----------弘仁十三年六月四日遷化(せんげ)
伝教大師御作

   法華秀句三巻十勝 此の秀句は弘仁十二年太歳辛丑之を造る中巻を見るべし。
    得一の羽翼三巻
       七教二理
        四証二理
    
  秀句十勝-----  仏説已顕真実勝一
|          仏説経名(きょうみょう)示義勝二
法華経の      無問自説果分勝三
一代に超過     五仏道同帰一勝四
 せる事十有り   仏説諸経校量(きょうりょう)勝五     
          仏説十喩校量勝六
          即身六根互用勝七
          即身成仏化道勝八
          多宝分身付嘱勝九
          普賢菩薩勧発勝十   
 
秀句三巻 伝教大師作 
人王五十代桓武・平城一・嵯峨二
       
弘仁十三年六月四日遷化
 
 [仏説已顕真実勝一]
 
未顕已顕(みけん・いけん)肩を比べて先を諍ひ、三乗一乗権(ごん)を訴へて是非す。現在の麁食者(そじきしゃ)偽章数巻を造りて法を謗じ亦人を謗ず。法華経を謗じて則ち権と為し亦密と為す云云。
  羽翼に云はく「問ふ、若し法華は是権教の摂(しょう)ならば何が故ぞ経に世尊法久後・要当説真実と云ひ、又今為汝等・説最実事と云ふや。是即ち四十年の前の教は是権、法華の後の教は是実教の摂なりと説くなり。
 
即ち無量義経に四十年の前は方便の説なるが故に得果差別(しゃべつ)せりと云ふに同ず。何ぞ法華を権教と名づくるや。答ふ、是不定性(ふじょうしょう)の根機熟するに拠って前後に而も説く。頓悟には約せず。此復云何(これまたいかん)。不定性の二乗、四十年より前には一乗の根機熟せず。此に由って如来為に一乗を説かず。故に世尊法久後と名づく。今、法華の会に至って其の根純熟して一乗を聞くに堪へたり。故に要当説真実と名づく。頓悟の菩薩は始め華厳より涅槃の教に至るまで、恒に一乗を聞き常に記別を授かる。故に法久後と名づけず。常に一乗真実の法を聴受す。故に復要当説真実と名づけず」と。
  又云はく「舍利弗自ら領解して云はく、我昔仏に従って是くの如きの法を聞き、諸の菩薩の受記作仏するを見る。而も我等は斯(こ)の事に預からず。甚だ自ら如来の無量の知見を失へることを感傷しき」已上経文。麁食者、経の意(こころ)を取って云はく「此即ち華厳の会より後四十余年、頓悟の菩薩の受記作仏を見て咨嗟(しさ)を発して悔ゆと。此の文に准じて知んぬ、頓悟の菩薩に約せば世尊法久後と名づけず、要当説真実と称せざることを。唯舍利弗等の不定性の声聞、四十年の前には小乗の果に住し、未だ一乗を聞かず未だ仏記を受けず。故に声聞に約して法久後と名づく。今法華の会に至って一乗の法を聞き、仏の記別を受く。故に要当説真実と称す」。
     
[仏説経名示義勝二]
 当に知るべし、果分の経には十七の名を具せること秀句の語なり
    一には無量義経と名づく。 迹中諸経は仏意を談ぜず。故に有量と名づく。今経は本迹施開廃の三。仏旨無尽なり。故に無量と云ふ。況んや成道の後処々に開廃すれば無量義と名づく。 二には最勝修多羅と名づく。三には大方広と名づく。四には教菩薩法と名づく。五には仏所護念と名づく。六には一切諸仏秘密法と名づく。七には一切諸仏蔵と名づく。八には一切諸仏秘密処と名づく。九には能生一切諸仏と名づく。十には一切諸仏道場と名づく。十一には一切諸仏所転法輪と名づく。十二には一切諸仏堅固舍利と名づく。十三には一切諸仏大巧(だいぎょう)方便経と名づく。十四には説一乗経と名づく。十五には第一義住と名づく

十六には妙法蓮華経と名づく私に云はく。経の字の有無は異本なり。 十七には最上法門と名づく。籖(せん)の七、今略して法華論の十七名の中の意を知らんと欲せば、第十六既に妙法蓮華と名づく。当に知るべし、諸名並びに是法華の異名なるのみ。
  秀句に云はく、当に知るべし、歴劫修行頓悟の菩薩は終に無上菩提を成ずることを得ず。未だ菩提の大直道を知らざるが故に終不得の言大小倶に有り。直道直至は已顕の日に興る。是の故に法華経の宗は諸宗の中の最勝なり。法相の賛慈恩大師の法華玄賛十巻と三論の疏嘉祥寺吉蔵大師の法華玄十巻との法華に順ぜざること具(つぶさ)に別に説くが如し。
    日蓮疑って云はく、光宅の法華の疏、上宮の法華の疏等並びに畏・智・空の大日経の疏、法蔵の華厳経の疏等は法華並びに一切経の意に順ずるや不や。
     
[無問自説果分勝三]
 謹んで法華経方便品を案ずるに云はく「爾時世尊従三昧、乃至所不能知」已上経文。又偈に云はく「不退〇」已上偈文。又経に云はく「仏所成就、乃至乃能究尽」已上経文。是くの如き等は果分の法を示す。
  又云はく「諸仏世尊唯以一大事因縁故出現於世(しゅつげんのせ)」已上経文。当に知るべし、一乗の為の故に世に出現したまひて、三乗の為に世に出現したまはざることを。果分の一乗遍く衆生に施したまふ。寧んぞ門外(もんげ)に車を索(もと)め門側にして庵に住せんや。父を知り家を知り車を知り道を知る、豈歴劫の路に入りて迂廻の道を過ぎんや。故に譬喩品に云はく「今所応作唯仏智慧」已上経文。菩薩の智慧は所応作ならず。是の故に又云はく「若し善男子善女人、我が滅度の後竊かに一人の為にも法華経の乃至一句をも説かん。当に知るべし、是の人は則ち如来の使ひ如来の所遣として如来の事を行ずるなり」已上経文。明らかに知んぬ、法華経を説く人は即ち是如来の使ひにして、即ち如来の事を行ずるなり。又云はく、之を略す。
  又袖力品に云はく「要を以て之を言はば、如来一切所有の法名也、如来一切自在の神力用也、如来一切秘要の蔵体也
 
如来一切甚深の事宗也、皆此の経に於て宣示顕説す」已上経文。明らかに知んぬ、果分の一切の所有の法、果分の一切の自在の神力、果分の一切の秘要の蔵、果分の一切の甚深の事、皆法華に於て宣示し顕説するなり。夫華厳経は○但住上地上の因分を説いて、未だ如来内証の果分を説かず。故に天親(てんじん)の十地論に、因分可説・果分不可説と云ふは即ち其の事なり。当に知るべし、果分は因分に勝ることを。
  夫三十唯識論は一巻二紙、天親の本頌(ほんじゅ)なり。華厳等の経に依って唯識の義を立つ。乃至是の故に妙法華の宗に対比するに足らず。
  夫(それ)中・百・十二門の七巻の論は竜・提二菩薩の所造なり○大乗無相の空教を採集せり已上。明らかに知んぬ。但因分の空の歴劫修行を説いて未だ果分の空の大直道を説かざることを。
  誠に願はくは一乗の君子仏説に依憑して口伝を信ずること莫れ。仰いで誠文(じょうもん)を信じて偽会を信ずること莫れ。天台所釈の法華経の宗は諸宗に勝れたり。寧んぞ所伝を空(むな)しうせんや。
                             日蓮花押 

   
          |---総諸仏
          |---過去の諸仏
[五仏道同帰一勝四]----- 現在十方の諸仏
          |---未来の諸仏 当に世に出でたまふべし云云    
               
 当に知るべし、未来の諸仏・弥勒・無著(むじゃく)等先に方便を以て三乗の法を説きたまふことを。法相所伝の三乗等の宗は○未だ究竟せざるが故に真実の説にあらず。華厳・三論二宗の所伝も之に准じて知んぬべし。
又云はく、仏滅度の後の六百年の経宗・論宗、九百年の中の法相の一宗は歴劫の行を説いて衆生を引接(いんじょう)す。
是の故に未顕真実に並(とも)に包含せらるゝなり。
  又云はく、法華の前の四時の教を指して経に四十余年未顕真実と云ふ。阿毘達磨の両箇の宗・修多羅の華厳宗は四十余年に包含せらるゝが故に未だ究竟せず、故に仏の会釈(えしゃく)無きなり。
  又云はく、華厳の一道、深密の一乗は成不成の二説倶に存す。是の故に諍論の本(もと)なり。法華の一乗皆悉く成仏す。是一説なるが故に諍論の本ならず。他宗所依の経は其の本性に随って説く。天台法華宗は出世本法の説なり。当に知るべし、後一の宗は諸宗に勝ることを。
    
日蓮疑って云はく、華厳・涅槃・金光明・深密等は天台・妙楽・伝教の御釈をもって知んぬべし。知 り難きは、密厳経に云はく「十地・華厳等の大樹と神通勝鬘(しょうまん)及び余経と皆此の経より出づ。是くの如 く密厳経は一切経の中に勝れたり」と。大雲経の第四に云はく「是の経は即ち是諸経の転輪聖王なり。何を以ての故に。是の経典の中には衆生の実性(じっしょう)、仏性常住の法蔵を宣説する故なり」と。大論に云は く「本起(ほんぎ)経・断一切衆生疑経・華手(けしゅ)経・法華経・雲経・大雲経・法雲経・弥勒問経・六波羅蜜経・摩 訶般若波羅蜜経、是くの如き等の無量無辺阿僧祇の経は或は仏の説、或は化仏(けぶつ)の説、或は大菩薩の説、或は声聞の説、或は諸の得道天の説なり。是の事和合して皆摩訶衍と名づく。此の諸経の中に般若波 羅蜜最も大なり」と。
     
[仏説諸経校量勝五]
  謹んで法華経法師品を案ずるに云はく「我所説諸経、而於此経中、法華最第一」已上経文。当に知るべし、斯の法華経は諸経の中に最も為(こ)れ第一なり。釈迦世尊、宗を立つるの言、法華を極と為す。金口の校量なり。深く信受すべきや。
  又云はく「爾時○而此経者、如来現在、猶多怨嫉、況滅度後」已上経文。当に知るべし、已説の四時の経、今説の無量義、当説の涅槃経は易信易解なり、随他意の故に。此の法華経は最も為れ難信難解なり、随自意の故に。随自意の説は随他意に勝れたり。但し無量義を随他意といふは未合の一辺を指す、余部の随他意に同じからざるなり。代を語れば則ち像の終はり末の初め、地を尋ぬれば唐の東、羯の西、人を原ぬれば則ち五濁の生、闘諍の時なり。経に云はく「猶多怨嫉、況滅度後」と、此の言良に以有るなり。
  又安楽行品に云はく「文殊師利、是の法華経は無量の国中に於て、乃至名字をも聞くことを得べからず。何に況んや見ることを得て受持読誦せんをや」已上経文。当に知るべし、天台所釈の法華宗は名字をも聞くこと難し。何に況んや読誦せんをや。他宗には此の歎なし。何ぞ法華に帰せざらん。有る人問うて曰く、法相宗の人法華の賛を造って盛んに法華を弘む。其の疏記等数百巻あり。又三論宗の人、法華の疏を造って盛んに法華を講ず。今の天台法華宗は何の異釈有って二宗に勝るゝや。答ふ、若し異釈を論ぜば玄・疏・籖・記四十巻あり。今(いま)一隅を指して三方を知らしめん。法相宗の人は成唯識を以て尊主と為し、法華の義を屈して唯識に帰せしむ。法華経を賛ずと雖も、還って法華の心を死す。故に湛然の記に云はく「唯識の滅種は其の心を死す」と。

記の十に云はく「然るに此の経は常住仏性を以て咽喉(のんど)と為し、一乗妙行を以て眼目と為し、再生敗種を以て心腑と為し、顕本遠寿を以て其の命と為す。而るを却って唯識の滅種を以て其の心を死し、婆沙の菩薩を以て其の眼を掩(おお)ひ、寿量を以て釈疑と為して其の命を断じ、常住遍からざるを以て其の喉(のんど)を割(さ)き、三界八獄を以て大科と為して斯(これ)に形(たくら)べて小と為し、一乗四徳を以て小義と為して会帰(えき)すべき無し。斯に拠って以て論ずるに諸例識(し)りぬべし」文。

当に知るべし、其の義懸(はる)かに別なることを。又三論宗の人、法華の疏を造ると雖も其の義未だ究竟せず。是の故に嘉祥大徳は称心に帰伏す。

高僧伝の第十九を案ずるに「灌頂(かんじょう)、晩に称心精舍(しょうしんしょうじゃ)を出でて法華を開講すること朗法朗慧竜に跨(こ)え、雲法雲印僧印に超えたり。方集奔随(ほうしゅうほんずい)し篋(きょう)を負(お)ひて書誦す。吉蔵法師なるもの有り、興皇(こうこう)の入室なり。嘉祥に肆(し)を結び独り擅(ほしいまま)にす○義記を求借(ぐしゃく)して浅深を尋閲(じんえつ)す。乃ち知んぬ、体解心醉(たいげしんすい)従ふ所有ることを。因って講を廃し衆を散じ、天台に投足し法華を餐稟(さんぼん)し発誓弘演(ほっせいぐえん)せり」と。当に知るべし、法華の疏ありと雖も天台の釈に如かざることを。

  嘉祥の法華玄十巻に三種の法輪------華厳は根本
                   三味は枝末
                   法華は摂末帰本(しょうまつきほん)
   
又云はく会二破二----已 般若
        -----今 法華
        ------当 涅槃等
     
   又云はく五時  阿含・般若・方等・法華・涅槃
  記の三に云はく「嘉祥、身妙化(みみょうけ)に沾(うるお)ひ、義已(すで)に神(たましい)に灌(そそ)ぐ」文。
  又云はく「旧章(くしょう)須く改むべし。若し旧立(くりゅう)に依らば師資成ぜず。伏膺(ふくよう)の説施すこと靡(な)く、頂戴の言奚(ことば・いずく)んぞ寄せん」と。

  輔の三に云はく「嘉祥とは寺の名なり、会稽に在り。王義之、宅を捨てゝ立つる所なり、名は吉蔵、胡郷の所生なり、世に覚海と称す。心に難伏の慧を包み口に如流(にょる)の弁を瀉(そそ)ぐ。章疏を著述し徒を領し化を盛んにす。大師初めて陳の都に至る。沙弥法盛(しゃみはっせい)なるもの有り、席に造(いた)って数(しばしば)問ふ。法師対(こた)ふること無し。
 
法盛時に年十七、身小にして声大なり。法師嘲(あざけ)りて曰く、儞那(なんじ・なん)んぞ声を摧(くだ)きて体を補(おぎな)はざるや。法盛声に応じて対(こた)へて曰く、法師何ぞ鼻を削りて眸を塡(うず)めざる。吉蔵良(やや)久しく咽(むせ)んで調を更(あらた)めて曰く、汝好々(よくよく)問へ、闍梨好々汝が為に答へん。法盛曰く、野于(やかん)の和上は著(あら)はれて経文に在り。胡、闍梨と作(な)る、何(いず)れの典拠に出でたる。吉蔵泣いて謂ひて曰く、尺水は計るに丈波(じょうは)無し。法盛曰く、余が水は鯨鷁(げいげき)を泛(う)かぶること能(あた)はずと雖も、亦蟻蜂(ぎほう)を淹(ひた)すに足れり。吉蔵又問ふ、誰か汝が師たる、汝は誰が弟子ぞ。法盛曰く、宿王種覚(しゅくおうしゅかく)、天人衆(てんじゅ)の中に広く法華を説きたまふ。是我等が師、我は是弟子なり。講散じて乃ち山水納(さんすいのう)一領を捨て用(もっ)て大師に奉る。遂に即ち伏膺(ふくよう)し請(しょう)じて法華を講ぜしめ、身を肉磴(にくとう)となして用て高座に登(のぼ)す。後章安の義記を借るに因って乃ち弥(いよいよ)浅深に達し、体解(と)け口鉗(つぐ)み、身踊り心醉ひ、講を廃し衆を散じ、天台に投足し、法華を餐稟(さんぼん)し、弘演頂戴(ぐえんちょうだい)永々までにす。豈異轍(あにいてつ)を生ぜんや」と。
  続高僧伝十九道宣撰に云はく「晩に出でて○発誓弘演(ほっせいぐえん)す。十七年に至り智者疾(やまい)を現じ、暁夕(ぎょうせき)に瞻待(せんじ)し艱劬(かんく)心を尽くす。爰(ここ)に滅度に及んで親しく遺旨(いし)を承る。乃ち留め書き並びに諸の信物を奉じて哀泣跪授(あいきゅうきじゅ)す。晋王乃ち五体を地に投じ、悲涙頂受し、事賓礼(ひんれい)に遵(したが)ひ、情法親(じょうほうしん)に敦(あつ)し。尋(つ)いで揚州の総管府司馬王弘(しばおうこう)をして頂を送って山に還し、智者の為に千僧斎(さい)を設け、国清寺に置く」と。
    
日蓮が云はく、此の亀鏡を以て案じて云はく、謗法謗人は其の法と人とに向かはずんば罪滅せざるか。弘法・慈覚・智証は如何。法蔵・澄観・慈恩・善導・善無畏・金剛智・不空は如何。
  又経に云はく「当に知るべし、未だ法華を説かざる前の所説の諸経等は髻中(けいちゅう)の珠(たま)とするに足らず」と。
  又経に云はく「諸経の中に於て最も其の上(かみ)に在り」文。
  明らかに知んぬ、天台所釈の法華の宗は釈迦世尊所立の宗、是諸の如来の第一の説なり。諸経の中に於て最も其の上に在り。大牟尼尊豈愛憎あらんや。是法の道理なり、是讃ずべきのみ。天親論師は説無上と為す、良(まこと)に以(ゆえ)有るなり。天台法華宗の諸宗に勝るゝは、宗とする所の経に拠るが故なり。自讃毀他にはあらず。庶(こいねがわ)くば有智の君子、経を尋ねて宗を定めよ。

[仏説十喩校量勝六]
 謹んで法華経の薬王菩薩本事品を案ずるに云はく「宿王華、譬へば一切の川流(せんる)江河諸水の中に海為れ第一なるが如く、此の法華経も亦復是くの如し。諸の如来の所説の経の中に於て最も為れ深大なり」已上経文。天台の法華玄に云はく之を略す。 明らかに知んぬ、他宗所依の経は大海の徳あること無し。唯法華宗のみ大海深大の徳あり第一の喩へ竟はる
    
文句の十に云はく「本地を説き窮むるを深と為し、一切処に遍するを大と為す」文。此の釈の心は、大海の譬へ本迹に亘るか。
  又云はく「須弥山為れ第一なり」之を略す第二の譬へ竟はる。
  又云はく「衆星の中に月天子最も為れ照明なるが如し」之を略す。第三の譬へ竟はる。迹門を以て水月に譬へ、本門を本月に譬ふる釈之有り。
  又云はく「又日天子の能く諸の闇を除くが如く、此の経も亦復是くの如し。能く一切不善の闇を破す」已上経文。
    玄一に云はく「灯炬星月(とうこしょうがつ)は闇と共に住す、諸経の二乗の道果を存して小と並び立つるに譬ふるが故なり。日は能く闇を破する故に法華は化城を破し、草庵を除くが故なり。又日は 日蓮が云はく、迹門を月に譬へ、本門を日に譬ふるか。九喩は如何。星月を映奪(えいだつ)して現ぜざらしむるが故に、法華は迹を払ひ方便を除くが故なり」と。釈籖一に云はく「但(ただ)日の明、能く諸明を映ずるを取るが故に」と。
  秀句に、当に知るべし、他宗所依の経は破闇(はあん)の義未だ円満ならず。故に日高山を照らせども未だ幽谷を照らさず。幽谷を照らすと雖も未だ平地を照らさず。天台法華宗は已に平地を照らす時山谷(せんごく)倶に照らす。故に能く不善の闇を破すこと深く以(ゆえ)有るなり。
  又云はく、之を略す。 当に知るべし、未顕真実の四十余年の所説の衆経等は彼の諸王の如し。
 
 他宗所依の経は諸経の王等一両句の文有れども当分の王たるが故に転輪王と名づけず。已顕真実の日に説く所の法華は此転輪王の如し。天台法華宗は衆経の中に於て最も其の尊たり。是の諸宗に勝るゝことは是臆説(おくせつ)にあらず第五の喩へ竟はる。海・山・月・日・梵王は仏の全喩、輪王・帝釈・五仏子は菩薩の分喩なり。大なること海の如く、高きこと山の如く、円かなること月の如く、明らかなること日の如く、自在なること梵王の如く、極なること仏の如し。
  又云はく、第六の譬へ之を略す。
  「又大梵天王の一切衆生の父なるが如く、此の経も亦復是くの如し。一切の賢聖(けんじょう)・学無学及び菩薩の心を発(お)こせる者の父なり」已上経文。玄に云はく、略す。
  経と玄と開合して王が中の王なるを顕はさんが為なり○王中の王を法華に喩ふ○明らかに知んぬ、他宗所依の経は是王の中の王にあらず。天台法華宗のみ独り王が中の王たることを。大日経第七に云はく、我が大日経王の説に依る。金剛頂経に云はく、大教王経。蘇悉地経に云はく、三部の中に於て此の経を王と為す云云。日蓮が云はく、大日三部経は小王の中の王か、中王の内か、将亦王が中の王に勝るか。 当に知るべし、他宗所依の経は一分(いちぶん)の仏母(ぶつも)の義有りと雖も、然も但愛のみ有りて厳の義を欠く。天台法華宗のみ厳愛の義を具す。一切賢聖・学無学及び菩薩の心を発こせる者の父なり第七の喩へ竟はる。
  又第八「一切凡夫人の中に須陀洹(しゅだおん)・斯陀含(しだごん)・阿那含・阿羅漢・辟支仏為(こ)れ第一なるが如く、此の経も亦復是くの如し。一切如来の所説、若しは菩薩の所説、若しは声聞の所説、諸の経法の中に最も為れ第一なり。能く是の経典を受持すること有らん者も亦復是くの如し。一切衆生の中に於て亦為れ第一なり」已上経文。玄は略す。 当に知るべし、他宗所依の経は未だ最も為れ第一ならず。其の能く経を持つ者も亦未だ第一ならず。天台法華宗所持の法華は最も為れ第一なり。故に能く法華を持つ者も亦衆生の中に第一なり。已に仏説に拠る、豈自歎ならんや第八の譬へ竟はる。
 
日蓮疑って云はく、真言宗の畏・智・空・法・覚・証と伝教大師末学の法華の行者の四衆と勝劣如何。
  又第九云はく「一切の声聞・辟支仏の中に菩薩為れ第一なり。此の経も亦復是くの如し。

一切の諸の経法の中に於て最も為れ第一なり」已上経文。之を略す。 又云はく「仏の諸法の王為(な)るが如く此の経も亦復是くの如し。諸経の中の王なり」已上経文。
    
日蓮私に入る。 玄一に云はく「又薬王品に十譬を挙げて教を歎ず。今其の六を引かんに、大なること海の如く、高きこと山の如く、円かなること月の如く、照らすこと日の如く、自在なること梵王の如く、極なること仏の如し」と。又云はく「月は能く虧盈(きょうえい)するが故に、月は漸く円かなるが故に法華も亦爾なり。同体の権実なるが故に漸を会して頓に入るが故なり。灯炬星月(とうこしょうがつ)は闇と共に住す。諸経の二乗の道果を存し小と並び立つに譬ふ故に。日は能く闇を破するが故に、法華は化城を破し草庵を除くが故なり。又日は星月を映奪して現ぜざらしむるが故に、法華は迹を払ひ方便を除くが故なり」と。籖一に云はく「次に月の譬へとは、実は盈(み)つるが如く権は虧(か)くるが如し。同体の権実は月輪の欠くること無きが如く、漸を会して頓に入るは明相(みょうそう)の漸く円かなるが如し。故に知んぬ、前の教相の中に是漸頓と云へるは月の譬へと意同じきことを。経の中には星を以て月天子に比し天子を挙ぐると雖も、経に合すれば既に此の法華経最も為れ照明なりと云ふ。故に今は但円を取り、亦兼ねて明を以て譬へと為す。次に日の譬への中に復(また)灯炬を加ふ。今(いま)日の譬へに合する中に破化城故(はけじょうこ)と云ふは、但日の明の能く諸明の映ずるを取るが故なるのみ。若し更に合せば亦灯等の四を以て二乗及び通別の菩薩に譬ふべし。並びに無明と共に住するが故なり。故に次に重ねて引く中に略して星月を挙げて而も方便を除く。故に知んぬ、方便の所収復広きことを」と。
  此の秀句に云はく、天台の法華玄に云はく、月は能く乃至灯炬星月は闇と共に住す。諸経の二乗の道果を存して小と並び立つを譬ふ已上玄文。乃至第三の譬へ竟はる。 又云はく、又如日天子乃至第四の譬へ竟はる。
    
第十には仏を法王に喩ふ。日蓮が云はく、迹仏は長者の位、本仏は法王の位か。

此の秀句に云はく、他宗所依の教には都て此の十喩無し。唯法華にのみ此の十喩有り。若し他宗の経に此の喩へ有りと雖も当分跨節を分別するのみ。釈尊、宗を立てたまふに法華を極と為す。本法の故に時を待ち機を待つ。論師の宗を立つるには自見を極と為す。随宜の故に空を立て有(う)を立つ。誠に願はくば有智の聖賢玄(はる)かに仏説を鑑みて指南と為すべし第十の喩へ竟はる。
    論師の宗を立つるには自見を極と為す云云。授決集に云はく「徴他学決(ちょうたがくけつ)五十二。真言・禅門・華厳・三論・唯識・律宗・成倶の二論等、乃至謬って真言を誦すとも三観一心の妙趣を会せずんば、恐らくは別人に同じて妙理を証せじ。所以に他の所期(しょご)の極に遂(したが)ひ理に准じて我が宗の理なり徴すべし。因明の道理と外道と対すること、多く小乗及以(および)別教に在り。若し法華・華厳・涅槃等の経に望むれば是摂引門(しょういんもん)なり。権(かり)に機に対して設けたり。終に以て引進して邪小の徒をして会して真理に至らしむるなり。所以に論ずる時は四依撃目(きゃくもく)の志を存して之に執著すること莫れ。又須く他を将(も)って自義に対検し、随って是非を決すべし。執して之を怨むこと莫れ。大底は他は多く三教に在り。故に円旨至って少なきのみ」云云。
    日蓮云はく、園城寺の末学等請ふらくは具に此の決を見よ。智証大師一生の間未だ思ひ定めざるか。但此の一段にのみ師の言を載するか。悲しひかな、当世叡山・園城・東寺等の真言宗の学者等深く初めの猿を恃(たの)んで永く井の底に沈まんこと云云。
    
[即身六根互用勝七]
謹んで法華経法師功徳品を案ずるに云はく「当に八百の眼の功徳、千二百の耳の功徳、八百の鼻の功徳、千二百の舌の功徳、八百の身の功徳、千二百の意の功徳を得べし。是の功徳を以て六根を荘厳して皆清浄ならしむ」已上経文。当に知るべし、受持の法師一、読の法師二、誦の法師三、解説の法師四、書写の法師五、

 是の五種法師各法華経に依って各六千の功徳を獲(う)る。其の六即位の中には第四の相似即の位なり○父母所生の清浄の肉眼をもって○明らかに知んぬ、父母所生とは即身の異名なり。偈に云はく「未だ天眼を得ずと雖も肉眼の力是くの如し」已上経文。当に知るべし、実経の力用は肉眼をして浄からしむ。他宗所依の経には都て此の眼の用(ゆう)無し。天台法華宗には具に此の眼の用有り○又云はく「未だ無漏法性の妙身を得ずと雖も清浄の常体を以て一切中に於て現ず」と○天親菩薩○謂はく「諸の凡夫は経力を以ての故に勝根の用を得ん」已上論文。当に知るべし、諸の凡夫人の修学すべき経なり。他宗所依の経には都て此の力無き故に。天台法華宗には具に此の力有る故に。権実検(かんが)ふべく妙行進むべし。互用の文、論に具に説くが如し。
    玄六に云はく「三根は三根とは眼耳意なり 種々の義強き故に千二百の功徳有り。三根は三根とは鼻舌身なり 力弱き故に但八百の功徳なりとは云云大論釈するなり。蓋し一途の別説なり、経の円意に非ず」文。又云はく「能等」と。又云はく「能縮」と。又云はく「能盈(のうよう)」と。又云はく「経に云はく、若し能く是の経を持つ功徳は則ち無量にして、虚空無辺なるが如く其の福限るべからずと。互用の意彰らかなり」と。籖九に云はく「○四念処に云はく、六根清浄に真有り似有り。真は華厳の如く初住の十種の六根を説くなり 似は法華の如し」と。

私に日蓮云はく、大日経の六根互用の疏等に天台宗の如し云云。随って慈覚・智証等之を承用す、爾るべきや不や。

文句十に云はく「正法華には整束して六千の功徳を具し、上中下を論ぜず」。と。又云はく「今経の六根清浄は大品と同じ。是の功徳を以て六根を荘厳すとは正法華と同じ」と。玄六に云はく「正法華には功徳正等にして等しく千なり」と。又云はく「能等は正法華に説くが如く、能縮は身・眼・鼻の八百の如く、能盈(のうよう)は耳・舌・意の千二百の如し」と。経に云はく「若し能く是の経を持つ功徳は則ち無量にして虚空の無辺なるが如し。其の福限るべからず」と。互用の意彰らかなり。正(しょう)に云はく「是の経典を受け、持・読・書写せば当に千眼功徳の本・八百の名称・千二百の耳根・千二百の鼻根・千二百の舌根・千二百の身行・千二百の意浄を得べし。是を無数百千品の徳と為す。則ち能く六根の功祚(くぞ)を厳浄(ごんじょう)す」と。又云はく「八百の諸の名称清浄にして目明朗(もくみょう・あき)らかなり」と。又云はく「八百の鼻の功徳を得」と。又云はく「身行八百の功徳を逮得せん」と。首楞厳経第四に云はく「六根の中各々の功徳に千二百有り。阿難、汝復(また)中に於て克(よ)く優劣を定めよ。眼の観見するが如き、後は暗く前は明らかなり。前の方は全く明らかに後の方は全く暗し。左右旁観すること三分の二なり。統(す)べて所作を論ずるに功徳全(まった)からず。三分は功を言ふとも一分は徳無し。当に知るべし、眼は唯八百の功徳のみなることを。耳の周(あまね)く聴くが如きは十方遺(のこ)すこと無し。動は迩遥(によう)に若(したが)へ、静は辺際(へんざい)無し。当に知るべし、耳根の一千二百の功徳を円満することを。鼻の嗅聞(きゅうもん)の如きは出入の息に通ず。出有り入有りて中交を欠く。鼻根を験(あらた)むるに三分に一を欠く。当に知るべし、鼻は唯八百の功徳のみなることを。舌の宣揚して諸の世間・出世間の智を尽くすが如きは、言には方分有れども理に窮尽無し。当に知るべし、舌根の一千二百の功徳を円満することを。身の触を覚え違順を識るが如きは、合する時は能く覚し、離るゝ中には知らず、離は一にして合は双(そろ)へり。身根を験(あらた)むるに三分に一を欠けり。当に知るべし、身は唯八百の功徳なることを。意の黙して十方三世の一切世間・出世間の法を容(い)るゝが如きは、唯聖と凡とを包容して其の涯際(がいさい)を尽くさざること無し。当に知るべし、意根の一千二百の功徳を円満せることを○深く一門に入って能く六根をして一時に清浄ならしむ」と。大論四十に云はく「鼻・舌・身は同じく覚と称し、眼は見と称し、耳は聞と称し、意は知と称す」云云。
     
[即身成仏化道勝八]
謹んで法華経提婆達多品を案ずるに云はく之を略す。 当に知るべし、此の文は経の力用を顕はすことを。

六趣の中には是畜生趣、不善の報を明かす。男女(なんにょ)の中には是即ち女身(にょしん)、不善の機を明かす。長幼の中には是即ち小女、不久修を明かす。然りと雖も妙法華の甚深微妙の力をもって具に二厳(にごん)の用を得。明らかに知んぬ、法華の力用は諸経の中の宝、世に希有なる所なることを。又経に云はく「智積(ちしゃく)」之を略す。已上経文。当に知るべし、智積菩薩此に歴劫修業を挙げて即身成仏を難じ、三阿僧の仏を信じて須臾の成(じょう)を信ぜざることを。今時三が中に大いに疑難する所の勢ひ、之の智積の難に過ぎず。又経に云はく「偈を以て讃めて曰く、深く罪福の相に達し○我は大乗の教を闡(ひら)いて苦の衆生を度脱せん」已上経文。初めの深達罪福相とは罪福多種なり。故に四悪道を罪と為し、人天を以て福と為す一。又人天を罪と為し、二乗を以て福と為す二。両教の二乗を以て罪と為し、六度の菩薩を以て福と為す三。六度の菩薩を以て罪と為し、通教の菩薩を以て福と為す四。通教の菩薩を以て罪と為し、別教の菩薩を以て福と為す五。別教の菩薩を以て罪と為し、円教の菩薩を以て福と為す六。是くの如き罪福の相、理の如く了達する故に、是の故に名づけて深達と為す。若し未だ六重を達せざれば、深達と名づくることを得ず。当に知るべし、竜女深く法身に達することを挙げて、引きて唯仏を証することを。次に経に云はく「爾の時に舍利弗、竜女に語って言はく、汝久しからずして無上道を得たりと謂(おも)へり。是の事信じ難し」云云。之を略す。 当に知るべし、舍利弗は小乗三蔵教の三僧劫に六度の行を修し、百劫に相好(そうごう)の業を修することを信じて、法華の直ちに道場に至って、須臾の頃(あいだ)に便(すなわ)ち正覚を成ずるを信ぜざることを。次に経に云はく「又女人の身には猶五障有り○五には仏身なり。云何(いかん)ぞ女身にして速やかに成仏することを得ん」已上経文。有る人会して云はく、是は此権化なり、実凡は成ぜずと。難じて云はく、権は是実を引く、実凡成仏せずんば権化無用なり、経力をして没せしめん。釈迦は智積を留め、文殊は妙法を弘め、竜女は経力を顕はす、是くの如き妙論議は已顕真実の経に宣示顕説するなり○能化所化倶に歴劫無し、妙法経力もって即身に成仏す文。
 
又云はく、他宗所依の経には都て即身入無し、一分(いちぶん)即入すと雖も八地已上に推(おしはか)りて凡夫の身を許さず、天台法華宗には具に即入の義あり○即身成仏化道の義寧(いずく)んぞ能く他宗に勝れざらんや。
    文句の八に云はく「智積は別教に執して疑を為し、竜女は円を明かして疑を釈し、身子は三蔵の権を挟(さしはさ)んで難じ、竜女は一実を以て疑を除く」と。又云はく「竜女の現成明証(げんじょうみょうしょう)に復(また)二あり。一には珠を献じて円因を得るを表はす。仏に奉るは是因を将(も)って果を剋(こく)す。仏受くること疾(はや)きは果を獲(う)るの速(すみ)やかなるなり。此即ち一念に道場に坐して成仏虚しからざるなり。二には正しく因円果満を示す。胎経(たいきょう) 私に云はく爾前の円は生身得忍なり に云はく、魔・梵・釈・女は皆身を捨てず、身を受けずして、悉く現身に於て成仏を得と。故に偈に言はく、法性は大海の如く是非有りと説かず、凡夫・賢聖の人平等にして高下(こうげ)無く、唯心垢(しんく)の滅するに在り、証を取ること掌(たなごころ)を反(かえ)すが如し」と。
    記の八に云はく「正(まさ)に円果を示す中に竜女作仏と云ふは、問ふ、分段を捨てずして即ち成仏為(す)るや。若し即身に成仏せずんば、此の竜女の成仏及び胎経の偈云何が通ぜんや。答ふ、今の竜女の文は権に従って説く、以て円経の成仏速疾なるを証す。若し実行疾(はや)からざれば権行徒(いたずら)に引くならん。是即ち権実の義等しくして理徒然ならず。故に胎経の偈は実得に従って説く生身得忍の意。若し実得ならば六根清浄より無生忍を得、物の好む所に応じて神変を起こし現身に成仏し、及び円経を証すべし。既に無生を証す、豈知ること能はざらん。本捨受無けれども、何ぞ此を捨て彼に往くことを妨げん。余教の凡位此の会の中に至って、進んで無明を断ずるも亦復是くの如し。凡そ此くの如き例は必ず須く権実不二を以て疑妨(ぎぼう)を釈すべし」と。文句の八に云はく「此は是権巧(ごんぎょう)の力、一身一切身を得。普現色身三昧なり」と。記の八に云はく「権巧と言ふは必ずしも一向に唯(ただ)権の釈を作すにあらず。只竜女已に無生を得と云ふときは、則ち体用に約して権巧を論ず。
 
専ら本迹に約して権巧と為すと謂ふには非ず。故に権実の二義、経力倶に成ぜり。他人此を釈するに或は七地・十地等と云ふは経の力用を顕はすことを能はざる故なり」と。
    輔に云はく「経に深達罪福相とは、問ふ、此は是仏を讃ずるや自讃と為(す)るや。答ふ、経及び疏を観るに是自身の所証を讃じて、以て智積の疑を釈するなり」と。
    日蓮疑って云はく、法華の天台・妙楽・伝教の心は大日経等の即身成仏を許すや。慈覚・智証等之を許す。安慧・安然等も又之を許す。随って日本国の末学も之を許せり。
    菩薩心論 此の論は竜猛菩薩の造。不空の訳。或は不空の造と云ふ に云はく「唯真言法の中にのみ即身成仏するが故に是に三摩地の法を説く。諸教の中に於て欠いて書せず」と。又云はく「勝義・行願の三摩地云云。第三に三摩地と言へるは 三十七尊を釈して金剛頂経の心を引き、又摩訶般若経を引く。○此の甚深秘密の瑜伽を説いて、修業者をして内心の中に於て日月輪を観ぜしむ」と。又云はく「我自心を見るに形月輪の如し」と。又云はく「一切の有情、心質の中に於て一分の浄性有り、衆行皆備はれり。其の体極めて微妙にして皎然(きょうねん)として明白なり。乃至六趣に輪回すれども亦変易(へんにゃく)せざること月の十六分の一の如し」と。又云はく「初めに阿字を以て本心の中の分の明を発起して、只漸く潔白分明ならしめて無生智を証す。夫(それ)阿字とは一切諸法本不生(ほんぶしょう)の義なり。毘廬遮那経の疏に准ぜば阿字を釈するに具に五義有り。一には阿字短声是菩提心なり。二には阿字(あーじ)引声是菩提行なり。三には暗字短声是証菩提の義なり。四には悪字短声是般涅槃の義なり。五には悪字(あーじ)引声是具足方便智の義なり。又阿字を将(も)って法華経の中の開示悟入の四字に配解(はいげ)せば、開の字は仏知見を開く。即ち双(なら)べて菩提心を開くこと初めの阿字の如し。是菩提心の義なり。示の字は仏知見を示す。第二の阿字(あーじ)の如し。是れ菩提行の義なり。悟の字は仏知見を悟る。第三の暗字の如し。是証菩提の義なり。入の字は仏知見に入る。第四の悪字の如し。是般涅槃の義なり。
 
総じて之を言へば具足成就の第五の悪字(あーじ)なり。是方便善巧智円満の義なり。即ち阿字は是菩提心の義なることを讃ずるなり。頌(じゅ)に曰く、八葉の白蓮、一肘(いっちゅう)の間に阿字素光の色を炳現(へいげん)す。禅智倶に金剛縛(ばく)に入って如来寂静の智を召入(しょうにゅう)す。五相成身(じょうしん)云云。一には通達心、二には菩提心、三には金剛心、四には金剛身、五には無上菩提を証して金剛堅固の身を獲るなり。然も此の五相具に備はれば方に本尊の身と成るなり」と。「大毘廬遮那経に云はく、是くの如く真実心の故に仏宣説したまふ所なり」と。又云はく「妙道を欲求し、次第を修持して、凡より仏位に入る者なり。即ち此の三摩地とは」と。又云はく「大毘廬遮那経に云はく、悉地(しっじ)は心より生ず。金剛頂瑜伽経に説くが如し。一切義成就菩薩」と。又云はく「故に大毘廬遮那経供養次第法に云はく、若し勢力(せいりき)無くんば」と。又云はく「菩提心を讃して曰く、若し人仏慧(ぶって)を求めて菩提心に通達せば父母所生の身をもって速やかに大覚位を証す」と。二教論弘法大師作下に云はく「菩提心論に云はく、諸仏菩薩昔因地に在って是の心を発(お)こし已(お)はって勝義・行願・三摩地を戒と為し、乃(いま)し成仏に至るまで、時として暫くも忘るゝこと無し。惟(ただ)真言の法の中にのみ即身成仏するが故に是三摩地の法を説く。諸経の中に於て欠きて書せずと。喩(さと)して曰く、此の論は竜樹大聖の所造の千部の論の中の密蔵肝心の論なり。是の故に顕密二教の差別浅深及び成仏の遅速勝劣皆此の中に説けり。謂はく、諸教とは他受用身及び変化身等の所説の法、諸の顕教なり。是説三摩地法とは自性法身所説の秘密真言の三摩地門是なり。謂ゆる金剛頂の十万頌の経等是なり」と。菩提心義五大院の抄の一に「問ふ、此の二文一は菩提心義、二は菩提心論なり是誰が説くや。答ふ、真言の目録には並びに不空と云ふ。私に二文を検(かんが)ふるに論は是竜樹の造、不空の訳なり。菩提心義は造主の名無し。而るに古徳皆不空の造と云へるは疑ひ有るなり○問ふ、若し爾らば菩提心論に亦云はく、毘廬遮那経の疏に准じて阿字を釈するに具に五義あり文。豈不空の一行の記を引けるに非ずや。答ふ、彼は是後人(こうじん)、彼の疏の文を引いて論の中に註入せしなり。
 
而るに有る論の本に長行(じょうごう)に書けるは写生の悞(あやまり)ならん。問ふ、抑大日の疏に所引の文無きなり。何ぞ疏に准ずと言ふや。答ふ、高野(こうや)の十四と二十の巻には此の文を脱せり。慈覚大師・遍明和尚・円成(えんじょう)和上・円覚僧正等の本には並びに此の文あり。故に知んぬ、高野の抄本には脱去(だっきょ)せるを。問ふ、菩提心義の末に古徳の註あり。云はく、高野の大僧正の進官入唐(にっとう)学法の目録の中に云はく、不空の訳なりと。今謂へらく、恐らくは是彼の不空の集なるのみ文。此の語を用ふるや否や。答ふ、縦令(たとい)不空の集なりとも秘蔵の文をば集むべし。何が故ぞ唯顕教の経論のみを集むるや。故に用ひ難し。問ふ、若し終に疑ひあらば彼の五門を用ひざるや。答ふ、真言の古徳、目を閉ぢて信用す。今須く古(いにしえ)に違(たが)はずして且く彼の文の五門を用ふると言ふ○問ふ、古徳の有るが云はく、有る目録に云く、菩提心論は不空の集なり、故に竜樹の説に非ずと。此の語用ふるや否や。答ふ、論に云はく、竜猛菩薩の造、不空詔(みことのり)を奉(うけたまわ)りて訳すと。而るに不空の集と言へるは憑(よりどころ)無く用ひ叵(がた)し」と。
     
[多宝分身付嘱勝九]
  謹んで法華経の見宝塔品を案ずるに云はく「爾の時に多宝仏、宝塔の中に於て半座を分かちて、釈迦牟尼仏に与へて、而も是の言(ことば)を作(な)さく○大音声を以て普く四衆に告げたまはく、誰か能く此の娑婆国土に於て、広く妙法華経を説かん。今正しく是時なり。如来久しからずして当に涅槃に入るべし。仏此の妙法華経を以て付嘱して在ること有らしめんと欲す」已上経文。当に知るべし、過去の多宝・現在の釈尊同じく塔中に坐し、十方現在の釈迦の分身各八方に坐し、大会の四衆皆虚空に在って妙法華経付嘱有在(うざい)といふことを。他宗所依の経には都て此の付嘱無し。天台法華宗のみ具に此の付嘱有り。是の故に天親菩薩の釈論の下巻に云はく「多宝如来の塔は一切仏土の清浄なることを示現すとは」○其れ権大乗経は彼権の一乗経なれば都て此の付嘱無し、未顕真実なるが故に。今の実大乗経は具に此の付嘱有り、已顕真実なるが故に。他宗の経の付嘱は法華宗に如かず○又六難を挙げて重ねて九易を示す。
 
又経の偈に云はく「諸余の経典の数恒沙(ごうじゃ)の如し」と○夫円経の心を発こして書持すること得難し。東隅の一公法華の中を制書し、法華の釈氏、大律儀を断ず。是則ち難しとなす。深く信じ恐るべし○夫円融の三諦を解し、暫くも法華経を読みたてまつるは濁悪の世の中に其の人極めて得難し。今の時法華を読むもの其の数忽ちに多きに似たり。然りと雖も即身に六根清浄の果無きは未だ円融の三諦を解了せざるに由る。故に難は則ち法華を指すなり○又云はく、夫円融の三諦は一乗の本法なり。持ち難く説き難し、所化も得ること難し。一人の為にも説けば仏種断ぜず。是則ち難しと為す。難は則ち法華を指すなり○当に知るべし○未顕真実の八万法蔵十二部経は是妙法ならず。是の故に易しと為すなり○夫仏知仏見は其の義解し難く、体内の権実は機に非ざれば信ぜず。是の故に法華を聴受し其の義趣を問ふは是則ち難しと為す。難は則ち法華を指すなり○夫当代に説法すれども、未だ一人をして羅漢を証得せしめず。何に況んや二・三・四・五・六・七人をや。何に況んや無量無数の恒沙の衆生に阿羅漢を得せしめんをや。而るに小乗の威儀に執して法華の制に順ぜず、大乗の威儀を奪って但両聚の戒を許せり。寧(いずく)んぞ大小権実の義を解了する者ならんや。既に得果の阿羅漢を挙げて「是の益有りと雖も未だ難しと為(せ)ず」といへり。何ぞ固く其の威儀に執して、万億の行者を小道に引かんや。小乗の持戒は即ち菩薩の煩悩なりとは蓋し此の事を謂ふか。但し小儀に執せざるを除くなり。
  又云はく、他宗所依の経は未だ九易の局(かぎ)りを出でず。天台法華宗のみ独り六難の頂(いただき)に居(こ)す。誰か智有らん者経文を別(わか)たざらんや。是くの如き等の校量(きょうりょう)の付嘱は他宗の経に無き所にして唯法華経にのみ有り○浅きは易く深きは難しとは釈迦の所判なり。浅きを去って深きに就くは丈夫の心なり。天台大師は釈迦に信順して法華宗を助けて震旦に敷揚し、叡山の一家は天台に相承して法華宗を助けて日本に弘通す。夫玄賛の家は法華の旨を会(え)して唯識の義に帰す。是則ち唯識の宗を弘めて法華を弘めず。無相の家は法華の旨を会して無相の義に帰す。
 
是則ち無相の宗を弘めて法華を弘めず。是の故に天台一家は一切経を会して法華経に帰す。是則ち法華を敷揚して諸経を会通す。委曲の義は玄疏に出でたり。
    日蓮疑って云はく、大日経等は九易の内か、六難の内か、仏法を習学せんの輩能く能く意を留めよ。日本国の弘法・慈覚・智証、漢土の善無畏・金剛智・不空等云云。日蓮が云はく、漢土・日本の智人等此の六人に拘(かか)はり、今生には国を亡し後生には無間(むけん)を招かんか。乞ひ願はくは一切の学者等、人を捨てゝ法に附け。一生を空しうすること勿れ。
     
[普賢菩薩勧発勝十]
  謹んで法華経の普賢菩薩勧発品を案ずるに云はく之を略す。 当に知るべし、普賢菩薩は法華を得ることを決して、滅後の持経者を勧発す。得経の義、意趣甚だ多し。巻を得、義を得、思を得、修を得る、六即の位を経て分別すべきのみ。又云はく「爾の時に普賢菩薩復仏に白(もう)して言(もう)さく、世尊後五百歳に於て」と○当に知るべし、法華真実の経は後五百歳に於て、必ず流伝すべきなり。普賢の正身、果分を守るが故に、持経者を護って安穏なることを得せしむ。他宗所依の経には都て此の勧発無し。天台法華宗には具に此の勧発有り○当に知るべし、普賢菩薩身を現じて法華を読誦する者を供養することを。夫果分の経は因位の菩薩の人尊むべく貴むべし。故に法華経を供養す。他宗所依の経には都て此の供養無く亦此の安慰(あんに)無し。天台法華宗には具に此の供養有り、亦此の安慰有り。勧発の功は果分の経に尽きぬ。
  又云はく、円融三諦の義・陀羅尼は、唯法華のみに有って余経には都て無し。他宗所依の経には都て円益を得ること無し。天台法華宗には具に円益(えんやく)を得ること有り。勧発の功は果分の経に尽きぬ。
  又云はく「世尊、若し後世(ごぜ)後五百歳濁悪世の中に」云云。当に知るべし、

法華経の力の故に後世の後五百歳に円機の四衆等。
  又云はく、経に又云はく「亦復其れに陀羅尼呪を与へん、是の陀羅尼を得るが故に」云云。当に知るべし、法華経を護らんが為に真言を持者に与へ自身常に守護することを。他宗所依の経には都て此の勧発無し。天台法華宗には具に此の勧発有り。妙法の真言は他経に説かず。是の故に法華宗は二の論宗に勝れ、亦華厳宗にも勝れたり。
  又云はく、夫仏知・仏見の内証の経は信じ難く解し難し。果分の教は独り諸経に秀でて対(たい)無く比(ひ)無し。全身の舍利は亦上亦一(やくじょうやくいち)なり。深く金口(こんく)を信ぜよ。
  又云はく、天台法華宗の能説の仏は久遠実成なり。所説の経は髻中の明珠なり。能伝の師は霊山の聴衆なり。所伝の釈は諸宗の憑拠(ひょうこ)なり。委曲の依憑は具に別の巻に有り文。
    日蓮疑って云はく、伝教大師は真言宗を破せざるや。答ふ、依憑天台集序前入唐受法沙門伝灯大法師位最澄撰「天台の伝法は諸家の明鏡なり。陳隋より以降興唐より已前、人は則ち歴代称して大師と為し、法は則ち諸宗をもって証拠とす。故に梁肅(りょうしゅく)の云はく、夫治世の経は孔門に非ずんば則ち三王四代の訓(おし)へ、寝(い)んで彰(あら)はれず、出世の道は大師に非ずんば則ち三乗四教の旨、晦(くら)くして明らかならざる者なりと。我が日本の天下は円機已に熟し、円教遂に興らん。此の間(ごろ)の後生各自宗に執して偏に妙法を破す○新来の真言家は則ち筆受の相承を泯(ほろぼ)し、旧到の華厳家は則ち影響(ようごう)の軌模を隠す。沈空の三論宗は弾呵の屈恥を忘れて称心の心酔を覆ひ、著有の法相宗は僕陽の帰依を非して、青竜の判経を撥ふ。最澄南唐の後に此の一宗を稟け、東唐の訓へを彼の戒疏に閲(けみ)し、円珠を海西(かいさい)に拾ひ、連城を海東に献ず。略菽麦(ほぼしゅくばく)の殊なりを示し、目珠の別を悟らしむ。謹んで依憑一巻を著して同我の後哲に贈る。其時興(それときおこ)ること、日本第五十二葉・弘仁之七丙申()の歳なり」と。
    大唐新羅諸宗義匠依憑天台義集一巻前入唐習業沙門最澄撰「大唐南岳の真言宗沙門一行、天台の三徳に同じて数息(すそく)三諦の義あり。其の毘廬遮那経の疏第七の下に云はく、三落叉(らくしゃ)とは是数なり。数は是世間なり。出世の落叉は是見なり。三相とは謂はく字と印と本尊となり。随って其の一を取るに一合の相是なり。字と印と尊と等しく、身と語と心と等しきをば実相を見ると名づく。乃至能く持誦せしむとは、浄ければ一切の罪をして除かしむ。若し浄からざれば更に一月(いちげつ)等しく前の如くするなり。所説の念誦の数とは上の文に牒するなり。此の法則に異なるべからざるなり。是の故に耳をして聞かしめ、息出づる時は字出で、入る時は字入り、息に随って出入せしむるなり。今謂はく、天台の誦経は是円頓の数息なりとは是此の意なり○猶天台の法身・般若・解脱の義の如し」云云。
    「天竺の名僧大唐に天台の教迹最も邪正を簡(えら)ぶに堪へたりと聞いて、渇仰訪問する縁。法華文句の記の第十巻の末に云はく、適江淮(むかし・こうわい)の四十余僧と往(ゆ)いて台山を礼(らい)す、因(よ)って不空三蔵の門人含光(がんこう)、勅(みことのり)を奉じて山に在りて修造するを見るに云はく、不空三蔵と親り天竺に遊ぶ、彼に僧あり、問うて曰はく、大唐に天台の教迹有り、最も邪正を簡び偏円を暁らむるに堪へたり、能く之を訳して将って此の土に至るべしやと。豈中国に法を失って之を四維に求むるに非ずや。而も此方(こなた)に識ること有る者少(まれ)なり、魯人(ろひと)の如きのみ。故に徳を厚うし道に向かふ者之を仰いで敬はざるは莫し。願はくは学者行者随力称讃せよ。応に知るべし、自行は人を兼ね並びに他典に異なることを」と。
    吉蔵等一百余人の天台の請する言。「千年の興、五百の実、復今日に在り。南岳の叡聖(えいしょう)、天台の明哲、昔は三業に住持し、今は二尊に紹係す。豈止(ただ)甘露を振旦に灑ぐのみならん、亦当に法鼓(ほっく)を天竺に震ふべし。生知の妙悟、魏晋以来典籍風謠(ふうよう)実に連類無し」と。
   律宗道宣の天台を讃むる語。「法華を照了すること高輝の幽谷に臨むが若(ごと)く、摩訶衍を説くこと長風の太虚(たいこ)に遊ぶに似たり。仮令文字の師千群万衆彼の妙弁を数(せめ)尋ぬるとも能く窮むる者無きなり○義月を指すに同じ、筌蹄(せんてい)に滞(とどこお)らず○理無生に会し、宗は一極に帰する者なり」と。
    依憑の御言。「吁乎実(ああ・まこと)なるかな、生まれながらにして知る者は上なり、学ぶは次なりと。此の言以(ゆえ)有るなり。庭戸を出でずして天下知るべしとは、豈空しく伝へんや。此の間比蘇(ごろひそ)に在り。大唐にして天台を聞く。今吾が大師杖を葱嶺に遂かずと雖も、然も霊山の聴き、恒に心腑に存し、経を流沙(りゅうさ)に負(お)はずと雖も而も南岳の告げ篤く簡牘(かんとく)に載す。三蔵は梵偈を印度に尋ね天台は法鼓を天竺に振るふ。波倫(はりん)は漢に入って文殊を台山に礼し、梵僧は呉に来たって弥勒に東陽にして謁す。漢地已に聖あり。秦国何ぞ賢無からんや。支那の三蔵は諍論を天竺に和し、震旦の人師は群釈を梵本に糅(まじ)ゆ。彼の智略に於ては神州も亦好し、此の義味に於ては大唐も亦妙なり。唯義理を敬信(きょうしん)せよ、寧(なん)ぞ人法を謗じて殃(わざわい)を招かんや。耳を貴みて目を賤しむは漢人の嗟(なげ)く所、遠きを敬ひ近きを軽んずるは此の間免れ難し。伏して願はくは心有らん君子、愛憎の情を捨て諸宗の憑(よりどころ)を熟察せよ。今吾が天台大師法華経を説き法華経を釈すること特に群に秀でて唐に独歩す。明らかに知んぬ、如来の使ひなりと。讃ずる者は福を安明に積み、謗ずる者は罪を無間に開かん。然りと雖も信ずる者に於ては天鼓と為り、謗ずる者に於ては毒鼓と為る。信謗彼此決定して成仏せん。又偈に云はく略。詎(なん)ぞ福を捨て罪を慕ふ者あらんや。願はくは同じく一乗を見て倶に和合海(わごうかい)に入らんことを」と。
 
 



by johsei1129 | 2019-11-11 22:00 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 10日

妙法蓮華経と唱えることで己心中の仏性が呼ばれて必ず顕れる事を明らかにした書【法華初心成仏抄】五

[法華初心成仏抄 本文] その五

 問うて云く凡そ仏法を能く心得て仏意に叶へる人をば世間に是を重んじ一切是を貴む、然るに当世法華経を持つ人人をば世こぞつて悪み嫉み軽しめ賤み或は所を追ひ出し、或は流罪し供養をなすまでは思いもよらず怨敵の様ににくまるるは、いかさまにも心わろくして仏意にもかなはず・ひが(僻)さまに法を心得たるなるべし、経文には如何が説きたるや、答えて云く経文の如くならば末法の法華経の行者は人に悪まるる程に持つを実の大乗の僧とす、又経を弘めて人を利益する法師なり、人に吉(よし)と思はれ人の心に随いて貴しと思はれん僧をば法華経のかたき世間の悪知識なりと思うべし、此の人を経文には猟師の目を細めにして鹿をねらひ猫の爪を隠して鼠をねらふが如くにして在家の俗男・俗女の檀那をへつ(諛)らい・いつわ(偽)り・たぼ(誑)らかすべしと説き給へり、其の上勧持品には法華経の敵人三類を挙げられたるに、一には在家の俗男・俗女なり此の俗男・俗女は法華経の行者を憎み罵り打ちはり・きり殺し所を追ひ出だし或は上(かみ)へ讒奏して遠流し・なさけなくあだむ者なり、二には出家の人なり此の人は慢心高くして内心には物も知らざれども智者げにもてなして世間の人に学匠と思はれて法華経の行者を見ては怨(あだ)み嫉(ねた)み軽しめ、賤み犬野干よりも・わろきようを人に云いうとめ法華経をば我一人心得たりと思う者なり、三には阿練若(あれんにゃ)の僧なり此の僧は極めて貴き相を形(かたち)に顕し三衣・一鉢を帯して山林の閑かなる所に篭り居て在世の羅漢の如く諸人に貴まれ仏の如く万人に仰がれて法華経を説の如くに読み持(たも)ち奉らん僧を見ては憎み嫉んで云く大愚癡の者・大邪見の者なり総て慈悲なき者・外道の法を説くなんど云わん、上一人より仰いで信を取らせ給はば其の已下万人も仏の如くに供養をなすべし、法華経を説の如くよみ持たん人は必ず此の三類の敵人に怨まるべきなりと仏説き給へり。

 問うて云く仏の名号を持つ様に法華経の名号を取り分けて持つべき証拠ありや如何、答えて云く経に云く「仏諸の羅刹女に告げたまわく善き哉善き哉汝等但能く法華の名を受持する者を擁護せん福(さいわい)量る可からず」と云云此の文の意は十羅刹の法華の名を持つ人を護らんと誓言を立て給うを大覚世尊讃めて言(のたまわ)く善き哉善き哉汝等南無妙法蓮華経と受け持(たも)たん人を守らん功徳いくら程とも計りがたく・めでたき功徳なり神妙なりと仰せられたる文なり、是れ我等衆生の行住坐臥に南無妙法蓮華経と唱ふべしと云う文なり。

凡そ妙法蓮華経とは我等衆生の仏性と梵王・帝釈等の仏性と舎利弗・目連等の仏性と文殊・弥勒等の仏性と三世の諸仏の解(さとり)の妙法と一体不二なる理を妙法蓮華経と名けたるなり、故に一度(ひとたび)妙法蓮華経と唱うれば一切の仏・一切の法・一切の菩薩・一切の声聞・一切の梵王・帝釈・閻魔・法王・日月・衆星・天神・地神・乃至地獄・餓鬼・畜生・修羅・人天・一切衆生の心中の仏性を唯一音に喚(よ)び顕し奉る功徳・無量無辺なり、我が己心の妙法蓮華経を本尊とあがめ奉りて我が己心中の仏性・南無妙法蓮華経とよびよばれて顕れ給う処を仏とは云うなり、譬えば篭の中の鳥なけば空(そら)とぶ鳥のよばれて集まるが如し、空とぶ鳥の集まれば篭の中の鳥も出でんとするが如し口に妙法をよび奉れば我が身の仏性もよばれて必ず顕れ給ふ、梵王・帝釈の仏性はよばれて我等を守り給ふ、仏菩薩の仏性はよばれて悦び給ふ、されば「若し暫くも持つ者は我れ則ち歓喜す諸仏も亦然なり」と説き給うは此の心なり、されば三世の諸仏も妙法蓮華経の五字を以て仏に成り給いしなり三世の諸仏の出世の本懐・一切衆生・皆成仏道の妙法と云うは是なり。是等の趣きを能く能く心得て仏になる道には我慢偏執の心なく南無妙法蓮華経と唱へ奉るべき者なり。

                                              日蓮在御判

by johsei1129 | 2019-11-10 18:53 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 10日

妙法蓮華経と唱えることで己心中の仏性が呼ばれて必ず顕れる事を明らかにした書【法華初心成仏抄】四

[法華初心成仏抄 本文] その四
 問うて云く無智の人も法華経を信じたらば即身成仏すべきか、又何れの浄土に往生すべきぞや、答えて云く法華経を持つにおいては深く法華経の心を知り止観の坐禅をし一念三千・十境・十乗の観法をこらさん人は実に即身成仏し解(さとり)を開く事もあるべし、其の外に法華経の心をもしらず無智にしてひら(但)信心の人は浄土に必ず生(うまる)べしと見えたり、されば生十方仏前と説き或は即往安楽世界と説きき、是の法華経を信ずる者の往生すと云う明文なり、之に付いて不審あり其の故は我が身は一(ひとつ)にして十方の仏前に生るべしと云う事心得られず、何れにてもあれ一方に限るべし正に何れの方をか信じて往生すべきや、答えて云く一方にさだめずして十方と説くは最もいはれあるなり、所以に法華経を信ずる人の一期(ご)終る時には十方世界の中に法華経を説かん仏のみもとに生るべきなり、余の華厳・阿含・方等・般若経を説く浄土へは生るべからず、浄土十方に多くして声聞の法を説く浄土もあり辟支仏(ひゃくしぶつ)の法を説く浄土もあり或は菩薩の法を説く浄土もあり、法華経を信ずる者は此等の浄土には一向生れずして法華経を説き給う浄土へ直ちに往生して座席に列りて法華経を聴聞してやがてに仏になるべきなり、然るに今世にして法華経は機に叶はずと云いうとめて西方浄土にて法華経をさとるべしと云はん者は阿弥陀の浄土にても法華経をさとるべからず十方の浄土にも生るべからず、法華経に背く咎(とが)重きが故に永く地獄に堕つべしと見えたり、其人命終入阿鼻獄と云へる是なり。

 問うて云く即往安楽世界阿弥陀仏と云云、此の文の心は法華経を受持し奉らん女人は阿弥陀仏の浄土に生るべしと説き給へり念仏を申しても阿弥陀の浄土に生るべしと云ふ、浄土既に同じ念仏も法華経も等(ひとし)と心え候べきか如何、答えて云く観経は権教なり法華経は実教なり全く等(ひと)しかるべからず其の故は仏世に出でさせ給いて四十余年の間・多くの法を説き給いしかども二乗と悪人と女人とをば簡(きら)ひはてられて成仏すべしとは一言も仰せられざりしに此の経にこそ敗種の二乗も三逆の調達も五障の女人も仏になるとは説き給い候つれ、其の旨経文に見えたり、華厳経には「女人は地獄の使なり仏の種子を断ず外面は菩薩に似て内心は夜叉の如し」と云へり、銀色女経には三世の諸仏の眼は抜けて大地に落つるとも法界の女人は永く仏になるべからずと見えたり、又経に云く「女人は大鬼神なり能く一切の人を喰う」と、竜樹菩薩の大論には一度女人を見れば永く地獄の業を結ぶと見えたり・されば実にてやありけん善導和尚は謗法なれども女人をみずして一期生と云はれたり、又業平が歌にも葎(むぐら)をいて・あれたる(やど)のう(憂)れたきは・かりにも鬼の・す(集)だくなりけりと云うも女人をば鬼とよめるにこそ侍れ、又女人には五障三従と云う事有るが故に罪深しと見えたり、五障とは一には梵天王・二には帝釈・三には魔王・四には転輪聖王・五には仏にならずと見えたり、又三従とは女人は幼き時は親に従いて心に任せず、人となりては男に従いて心にまかせず、年よりぬれば子に従いて心にまかせず加様に幼き時より老耄(ろうもう)に至るまで三人に従て心にまかせず思う事をもいはず見たき事をもみず聴問したき事をもきかず是を三従とは説くなり、されば栄啓期が三楽を立てたるにも女人の身と生れざるを一(ひとつ)の楽みといへり、加様に内典・外典にも嫌はれたる女人の身なれども此の経を読まねども・かかねども身と口と意とにうけ持ちて殊に口に南無妙法蓮華経と唱へ奉る女人は在世の竜女・憍曇弥(きょうどんみ)・耶輸陀羅(やしゅたら)女の如くに・やすやすと仏になるべしと云う経文なり、又安楽世界と云うは一切の浄土をば皆安楽と説くなり、又阿弥陀と云うも観経の阿弥陀にはあらず、所以に観経の阿弥陀仏は法蔵比丘の阿弥陀・四十八願の主(あるじ)十劫成道の仏なり、法華経にも迹門の阿弥陀は大通智勝仏の十六王子の中の第九の阿弥陀にて法華経大願の主(あるじ)の仏なり、本門の阿弥陀は釈迦分身の阿弥陀なり随つて釈にも「須く更に観経等を指すべからざるなり」と釈し給へり。

 問うて云く経に難解難入と云へり世間の人・此の文を引いて法華経は機に叶はずと申し候は道理と覚え候は如何、答えて云く謂(いわ)れなき事なり其の故は此の経を能(よく)も心えぬ人の云う事なり、法華より已前の経は解(さと)り難く入り難し法華の座に来りては解り易く入り易しと云う事なり、されば妙楽大師の御釈に云く「法華已前は不了義なるが故に・故に難解と云う即ち今の教には咸(ことごと)く皆実に入るを指す故に易知と云う」文、此の文の心は法華より已前の経にては機つたなくして解り難く入り難し、今の経に来りては機賢く成りて解り易く入り易しと釈し給へり、其の上難解難入と説かれたる経が機に叶はずば先(まず)念仏を捨てさせ給うべきなり、其の故は雙観経に「難きが中の難き此の難に過ぎたるは無し」と説き阿弥陀経には難信の法と云へり、文の心は此の経を受け持たん事は難きが中の難きなり此れに過ぎたる難きはなし難信の法なりと見えたり。

 問うて云く経文に「四十余年未だ真実を顕さず」と云い、又「無量無辺不可思議阿僧祇劫を過るとも終に無上菩提を成ずることを得じ」と云へり、此の文は何体(いかてい)の事にて候や、答えて云く此の文の心は釈迦仏・一期五十年の説法の中に始めの華厳経にも真実をとかず中の方等・般若にも真実をとかず、此の故に禅宗・念仏・戒等を行ずる人は無量無辺劫をば過ぐとも仏にならじと云う文なり、仏四十二年の歳月を経て後・法華経を説き給ふ文には「世尊の法は久くして後に要(かな)らず当に真実を説き給うべし」と仰せられしかば、舎利弗等の千二百の羅漢・万二千の声聞・弥勒等の八万人の菩薩・梵王・帝釈等の万億の天人・阿闍世王等の無量無辺の国王・仏の御言を領解する文には「我等昔より来数(このかた・しばしば)世尊の説を聞きたてまつるに未だ曾つて是くの如き深妙の上法を聞かず」と云つて、我等仏に離れ奉らずして四十二年・若干の説法を聴聞しつれども・いまだ是くの如き貴き法華経をばきかずと云へる、此等の明文をば・いかが心えて世間の人は法華経と余経と等しく思ひ剰(あまつさ)へ機に叶はねば闇の夜の錦・こぞ(去年)の暦なんど云ひて、適(たまたま)持つ人を見ては賤(いやし)み軽しめ悪み嫉(ねた)み口をすくめなんどする是れ併(しかしなが)ら謗法なり争(いかで)か往生成仏もあるべきや、必ず無間地獄に堕つべき者と見えたり。

[法華初心成仏抄 本文] その五に続く




by johsei1129 | 2019-11-10 18:43 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)