人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 18日

幸いは月のまさり、潮が満つが如くとこそ法華経には祈りまいらせ候へと説いた【富木殿女房尼御前御書】

【富木殿女房尼御前御書】
■出筆時期:弘安二年(西暦1279年)一一月二五日 五八歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は富城常忍の妻に宛てられたご消息です。大聖人は「むかしはことにわびしく候いし時より、やしなはれまいらせて候へば、ことにをん(恩)をも(重)く、をもいまいらせ候」と、幕府の弾圧が強かった当時から供養を続けられていた尼御前の信心を、「恩重く」と称えられております。
冒頭の伊予房は尼御前の前夫の子供で、再婚後常忍の養子となった。伊予房は佐渡で日興上人と共に大聖人に常随給仕し、後に六老僧の一人日頂となっている。また大聖人御遷化後に養父常忍と対立し、兄弟子と慕う日興上人のもとで布教に励み、重須本門寺の学頭となっている。
■ご真筆:鴨川市小湊・誕生寺 全文所蔵(千葉県指定有形文化財)
f0301354_19195969.jpg

[富木殿女房尼御前御書 本文]

 いよ(伊予)房は学生になりて候ぞ、つねに法門きかせ給へ。
はるかに見まいらせ候はねば、をぼつかなく候。たうじ(当時)とてもたのしき事は候はねども、むかしはことにわび(不楽)しく候いし時より、やしなはれまいらせて候へば、ことにをん(恩)をもくをもいまいらせ候。

 それについては、いのちはつるかめ(鶴亀)のごとく。さいはい(幸福)は月のまさり、しを(潮)のみつがごとくとこそ法華経にはいのりまいらせ候へ。

 さてはえち後房しもつけ(下野)房と申す僧を、いよどのにつけて候ぞ。しばらくふびんにあたらせ給へと、とき殿には申させ給へ。

十一月二十五日                       日 蓮 花押
富城殿女房尼御前

# by johsei1129 | 2019-11-18 06:54 | 富木常忍・尼御前 | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 17日

願くは此の功徳を以て普く一切に及ぼし我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん、と説いた【上野殿御返事】

【上野殿御返事(竜門御書)】
■出筆時期:弘安二年十一月六日(西暦1279年) 五十八歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は富士上野郷の地頭で強信徒上野殿(南条時光)に与えられた書である。
 大聖人が本書を出筆された11月6日は駿河国富士郡・熱原法難の直後にあたり、10月15日には農民信徒の神四郎・弥五郎・弥六郎が刑死している。この他鎌倉幕府による大聖人門下への弾圧は熾烈を極め、その中で若干20歳の青年信徒・南条時光は日興上人ともども大聖人門下の外護に励み、大聖人への信仰を貫き通した。本書で大聖人は「死は一定なり・・・中略・・・かりにも法華経のゆへに命をすてよ」と諭すとともに、法華経化城喩品第七「願くは此の功徳を以て普く一切に及ぼし我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん」と説き、仏道を成ぜん事は間違いないなと励まされている。 さらに本抄の最後に上野賢人殿と称し、熱原法難時の働きを讃えられている。

■ご真筆: 富士・大石寺所蔵。
f0301354_22343392.gif



[上野殿御返事(竜門御書) 本文]

 唐土(もろこし)に竜門と申すたきあり、たかき事十丈・水の下ることがつひやう(強兵)がや(矢)をいをとすよりもはやし。このたきにををくのふな(鮒)あつまりて、のぼらむと申す。ふなと申すいを(魚)ののぼりぬれば、りうとなり候。百に一(ひとつ)・千に一・万に一・十年・二十年に一も・のぼる事なし。或ははや(早)きせ(瀬)にかへり、或ははし(鷲)・たか・とび(鴟)・ふくろうにくらわれ、或は十丁のたきの左右に漁人ども・つらなりゐて、或はあみ(網)をかけ、或はくみとり、或はい(射)てとるものもあり。いをの・りうとなる事かくのごとし。

  日本国の武士の中に源平二家と申して王の門守(もんまもり)の犬二疋(ひき)候。二家ともに王を守りたてまつる事やまかつ(山人)が八月十五夜のみねより、いづるを・あいするがごとし。でんじやうの・なんによの・あそぶをみては月と星との・ひかりをあわせたるを、木の上にて・さるのあいするがごとし。かかる身にてはあれども・いかんがして我等でんじやうの・まじわりをなさんと・ねがいし程に、平氏の中に貞盛と申せし者、将門を打ちてありしかども昇でんをゆるされず。其の子正盛又かなわず、其の子忠盛が時・始めて昇でんをゆるさる。其の後清盛、重盛等でんじやうにあそぶのみならず、月をうみ日をいだくみとなりにき。

 仏になるみち・これにをとるべからず。いをの竜門をのぼり、地下の者の・でんじやうへ・まいるがごとし。 身子(しんじ)と申せし人は仏にならむとて、六十劫が間・菩薩の行をみ(充)てしかども、こらへかねて二乗の道に入りにき。大通結縁の者は三千塵点劫、久遠下種の人の五百塵点劫生死にしづみし、此等は法華経を行ぜし程に第六天の魔王、国主等の身に入りて、とかうわづらわせしかば、たい(退)してすてしゆへに、そこばく(若干)の劫に六道にはめぐりしぞかし。

 かれは人の上とこそ・みしかども今は我等がみ(身)にかかれり。願くは我が弟子等、大願ををこせ。去年(こぞ)去去年(おととし)のやくびやうに死にし人人の・かずにも入らず、又当時・蒙古のせめに・まぬかるべしともみへず。とにかくに死は一定(いちじょう)なり。其の時のなげきは・たうじ(当時)のごとし。をなじくは、かりにも法華経のゆへに命をすてよ。つゆを大海にあつらへ、ちりを大地にうづむとをもへ。法華経の第三に云く「願くは此の功徳を以て普(あまね)く一切に及ぼし我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん」云云、恐恐謹言。

十一月六日 日 蓮 花押
上野賢人殿御返事
此れはあつわらの事のありがたさに申す御返事なり。




# by johsei1129 | 2019-11-17 09:51 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 16日

人の心を貫く妙法蓮華経は宇宙に遍満し一体であると明した【三世諸仏総勘文教相廃立】三

[三世諸仏総勘文教相廃立 本文] その三

 安楽行品には末法に入つて近来(このごろ)・初心の凡夫・法華経を修行して成仏す可き様を説き置かれしなり、身も安楽行なり口も安楽行なり意も安楽行なり自行の三業も誓願安楽の化他の行も同じく後の末世に於て法の滅せんと欲する時と云云、此は近来の時なり已上四所に有り薬王品には二所に説かれ勧発品には三所に説かれたり、皆近来を指して譲り置かれたる正しき文書を用いずして凡夫の言に付き愚癡の心に任せて三世諸仏の譲り状に背き奉り永く仏法に背かば三世の諸仏・何(いか)に本意無く口惜しく心憂く歎き悲しみ思食(おぼしめ)すらん、涅槃経に云く「法に依つて人に依らざれ」と云云、痛ましいかな悲しいかな末代の学者仏法を習学して還つて仏法を滅す、弘決に之を悲しんで曰く「此の円頓を聞いて崇重(そうじゅう)せざることは良に近代大乗を習う者の雑濫に由るが故なり況や像末情澆(こころ・うす)く信心寡薄(すくなく)・円頓の教法蔵に溢れ函(はこ)に盈(み)つれども暫くも思惟せず便ち目を瞑(ふさ)ぐに至る徒(いたず)らに生し徒らに死す一に何ぞ痛ましき哉」已上、同四に云く「然も円頓の教は本と凡夫に被(こう)むらしむ若し凡を益するに擬せずんば仏・何ぞ自ら法性の土に住して法性の身を以て諸の菩薩の為に此の円頓を説かずして何ぞ諸の法身の菩薩の与(ため)に凡身を示し此の三界に現じ給うことを須(もち)いんや、乃至一心凡に在れば即ち修習す可し」已上。

 所詮、己心と仏身と一なりと観ずれば速かに仏に成るなり、故に弘決に又云く「一切の諸仏己心は仏心と異ならずと観し給うに由るが故に仏に成ることを得る」と
已上。此れを観心と云う実に己心と仏心と一心なりと悟れば臨終を礙(さ)わる可き悪業も有らず生死に留まる可き妄念も有らず、一切の法は皆是れ仏法なりと知りぬれば教訓す可き善知識も入る可らず思うと思い言うと言い為すと為し儀(ふるま)いと儀う行住坐臥(ぎょうじゅうざが)の四威儀の所作は皆仏の御心と和合して一体なれば過(とが)も無く障りも無き自在の身と成る此れを自行と云う、此くの如く自在なる自行の行を捨て跡形も有らざる無明妄想なる僻思の心に住して三世の諸仏の教訓に背き奉れば冥きより冥きに入り永く仏法に背くこと悲しむ可く悲しむ可し、只今打ち返えし思い直し悟り返さば即身成仏は我が身の外には無しと知りぬ。

 我が心の鏡と仏の心の鏡とは只一鏡なりと雖も、我等は裏に向つて我が性の理を見ず、故に無明と云う。如来は面(おもて)に向つて我が性の理を見たまえり、故に明と無明とは其の体、只一なり。
 鏡は一の鏡なりと雖も向い様に依つて明昧(みょうまい)の差別有り、鏡に裏有りと雖も面(おもて)の障りと成らず、只向い様に依つて得失の二つ有り。相即融通して一法の二義なり、化他の法門は鏡の裏に向うが如く、自行の観心は鏡の面に向うが如し。化他の時の鏡も自行の時の鏡も、我が心性の鏡は只一にして替ること無し。鏡を即身に譬え、面に向うをば成仏に譬え、裏に向うをば衆生に譬う。
 鏡に裏有るをば性悪を断ぜざるに譬え、裏に向う時・面の徳無きをば化他の功徳に譬うるなり。衆生の仏性の顕れざるに譬うるなり。自行と化他とは得失の力用(りきゆう)なり。


玄義の一に云く「薩婆悉達(さるばしった)・祖王の弓を彎(ひい)て満るを名けて力と為す七つの鉄鼓(てっく)を中(やぶ)り一つの鉄囲山(てっちせん)を貫ぬき地を洞(とお)し水輪に徹(とお)る如きを名けて用(ゆう)と為す、自行の力用なり。諸の方便教は力用(りきゆう)の微弱なること凡夫の弓箭の如し、何となれば昔の縁は化他の二智を禀けて理を照すこと遍からず、信を生ずること深からず、疑を除くこと尽さず已上化他

 今の縁は自行の二智を禀(う)けて仏の境界を極め法界の信を起し、円妙の道を増し、根本の惑を断じ、変易(へんにゃく)の生を損す。
但だ生身(しょうしん)及び生身得忍の両種の菩薩、倶(とも)に益するのみに非ず、法身と法身の後心との両種の菩薩も亦以て倶に益す、化の功(こう)広大に利潤弘深(りにんぐじん)なる蓋(けだ)し玆(こ)の経の力用なり、已上自行」

 自行と化他との力用勝劣分明なること勿論なり、能く能く之を見よ、一代聖教を鏡に懸(かけ)たる教相なり。
極仏境界とは十如是の法門なり、十界に互に具足して十界・十如の因果・権実の二智・二境は我が身の中に有つて一人も漏るること無しと通達し解了し、仏語を悟り極むるなり。起法界信とは十法界を体と為し十法界を心と為し十法界を形と為したまえりと本覚の如来は我が身の中に有りけりと信ず、増円妙道とは自行と化他との二は相即円融の法なれば珠と光と宝との三徳は只一の珠の徳なるが如し、片時も相離れず仏法に不足無し、一生の中に仏に成るべしと慶喜(きょうき)の念を増すなり。

 断根本惑とは一念無明の眠を覚まして本覚の寤に還れば生死も涅槃も倶に昨日の夢の如く跡形も無きなり、損変易生(そんへんにゃくしょう)とは同居土の極楽と方便土の極楽と実報土の極楽との三土に往生せる人・彼の土にて菩薩の道を修行して仏に成らんと欲するの間・因は移り果は易りて次第に進み昇り劫数を経て成仏の遠きを待つを変易の生死と云うなり。下位を捨つるを死と云い上位に進むをば生と云う是くの如く変易する生死は浄土の苦悩にて有るなり、

爰(ここ)に凡夫の我等が此の穢土に於て法華を修行すれば、十界互具・法界一如なれば浄土の菩薩の変易の生は損し、仏道の行は増して変易の生死を一生の中に促(つづ)めて仏道を成ず故に、生身及び生身得忍の両種の菩薩・増道損生するなり。
 法身の菩薩とは生身を捨てて実報土に居するなり。後心(ごしん)の菩薩とは等覚の菩薩なり、但し迹門には生身及び生身得忍の菩薩を利益するなり、本門には法身と後身との菩薩を利益す。

 但し今は迹門を開して本門に摂めて一の妙法と成す故に、凡夫の我等穢土の修行の行の力を以て浄土の十地、等覚の菩薩を利益する行なるが故に、化の功広大なり 化他の徳用、利潤弘深 自行の徳用 とは円頓の行者は自行と化他と一法をも漏(もら)さず一念に具足して横に十方法界に遍するが故に弘きなり。
 竪には三世に亘つて法性の淵底を極むるが故に深きなり、此の経の自行の力用、此くの如し。
化他の諸経は自行を具せざれば鳥の片翼(へんよく)を以て空を飛ばざるが如し、故に成仏の人も無し。

 今、法華経は自行・化他の二行を開会して不足無きが故に、鳥の二翼を以て飛ぶに障り無きが如く成仏滞(とどこお)り無し。

 薬王品には十喩を以て自行と化他との力用(りきゆう)の勝劣を判ぜり。第一の譬に云く、諸経は諸水の如く法華は大海の如し云云 取意。、実に自行の法華経の大海には化他の諸経の衆水(しゅすい)を入るること、昼夜に絶えず入ると雖も増ぜず減ぜず不可思議の徳用(とくゆう)を顕す。

 諸経の衆水は片時の程も法華経の大海を納るること無し、自行と化他との勝劣是くの如し、一を以て諸(しょ)を例せよ、上来の譬喩は皆仏の所説なり、人の語を入れず此の旨を意得(こころう)れば一代聖教、鏡に懸けて陰り無し。此の文釈(もんしゃく)を見て誰の人か迷惑せんや、三世の諸仏の総勘文なり、敢て人の会釈を引き入る可からず、三世諸仏の出世の本懐なり、一切衆生・成仏の直道なり。

 四十二年の化他の経を以て立る所の宗宗は華厳・真言・達磨・浄土・法相・三論・律宗・倶舎・成実等の諸宗なり、此等は皆悉く法華より已前の八教の中の教なり、皆是方便なり
兼・但・対・帯の方便誘引なり、三世諸仏の説教の次第なり此の次第を糾して法門を談ず、若し次第に違わば仏法に非ざるなり、一代教主の釈迦如来も三世諸仏の説教の次第を糾して、一字も違わず我も亦是くの如しとて・経に云く「三世諸仏の説法の儀式の如く我も今亦是くの如く無分別の法を説く」已上。

 若し之に違えば永く三世の諸仏の本意に背く、他宗の祖師各我が宗を立て法華宗と諍うこと誤りの中の誤り迷いの中の迷いなり。

 徴佗学(ちょうたがく)の決に之を破して云く山王院「凡そ八万法蔵・其の行相を統(す)ぶるに四教を出でず頭辺(はじめ)に示すが如し蔵通別円は即ち声聞・縁覚・菩薩・仏乗なり真言・禅門・華厳・三論・唯識・律業・成倶(じょうく)の二論等の能所の教理争でか此の四を過ぎん若し過ぐると言わば豈外邪(あに・げじゃ)に非ずや若し出でずと言わば便ち他の所期を問い得よ即ち四乗の果なり、然して後に答に随つて極理を推(たず)ね徴(せ)めよ我が四教の行相を以て並べ検(かんが)えて決定せよ彼の所期の果に於て若し我と違わば随つて即ち之を詰めよ、且く華厳の如きは五教に各各に修因・向果有り初・中・後の行・一ならず一教一果是れ所期なるべし若し蔵通別円の因と果とに非ざれば是れ仏教ならざるのみ、三種の法輪・三時の教等・中(なか)に就て定む可し汝(なんじ)何者を以てか所期の乗と為るや若し仏乗なりと言わば未だ成仏の観行を見ず若し菩薩と言わば此れ亦即離の中道の異なるなり、汝正しく何れを取るや設(も)し離の辺を取らば果として成ず可き無し、如(も)し即是を要せば仏に例して之を難ぜよ謬つて真言を誦すとも三観一心の妙趣を会せずんば恐くは別人に同じて妙理を証せじ所以(ゆえ)に他の所期の極を逐うて理に準じて 我が宗の理なり 徴(せむ)べし、因明(いんみょう)の道理は外道と対す多くは小乗及以(およ)び別教に在り若し法華・華厳・涅槃等の経に望むれば接引門(しょういんもん)なり権(か)りに機に対して設けたり終に以て引進するなり邪小の徒をして会して真理に至らしむるなり所以(ゆえ)に論ずる時は四依撃目(きゃくもく)の志を存して之を執着すること莫れ又須らく他の義を将(も)つて自義に対検して随つて是非を決すべし執して之を怨むこと莫れ 大底・他は多く三教に在り円旨至つて少きのみ」先徳大師の所判是の如し、諸宗の所立(しょりゅう)鏡に懸けて陰り無し末代の学者何ぞ之を見ずして妄りに教門を判ぜんや大綱の三教を能く能く学す可し、頓と漸と円とは三教なり是れ一代聖教の総の三諦なり頓・漸の二は四十二年の説なり円教の一は八箇年の説なり合して五十年なり此の外に法無し何に由つてか之に迷わん、衆生に有る時には此(これ)を三諦と云い仏果を成ずる時には此れを三身と云う一物の異名なり之を説き顕すを一代聖教と云い之を開会(かいえ)して只一の総の三諦と成ずる時に成仏す此こを開会と云い此を自行と云う、又他宗所立の宗宗は此の総の三諦を分別して八と為す各各に宗を立つるに依つて円満の理を闕(か)いて成仏の理無し是の故に余宗には実の仏無きなり故に之を嫌う意(こころ)は不足なりと嫌うなり。

 円教を取つて一切諸法を観ずること円融・円満して十五夜の月の如く不足無く、満足し究竟すれば善悪をも嫌わず折節をも撰ばず静処をも求めず人品(じんぴん)をも択(えら)ばず、一切諸法は皆是れ仏法なりと知りぬれば諸法を通達す即ち非道を行うとも仏道を成ずるが故なり、天地水火風は是れ五智の如来なり一切衆生の身心の中に住在して片時も離るること無きが故に世間と出世と和合して心中に有つて心外(しんげ)には全く別の法無きなり故に之を聞く時立所(たちどころ)に速かに仏果を成ずること滞り無き道理至極なり。

 総の三諦とは譬えば珠(たま)と光と宝との如し此の三徳有るに由つて如意宝珠と云う故に総の三諦に譬う、若し亦珠の三徳を別別に取り放さば何の用にも叶う可からず隔別(きゃくべつ)の方便教の宗宗も亦是(か)くの如し、珠をば法身(ほっしん)に譬え光をば報身に譬え宝をば応身に譬う、此の総の三徳を分別して宗を立つるを不足と嫌うなり之を丸(がん)じて一と為すを総の三諦と云う、此の総の三諦は三身即一の本覚の如来なり又寂光をば鏡に譬え、同居(どうこ)と方便と実報の三土をば鏡に遷る像(かたち)に譬う、四土も一土なり三身も一仏なり今は此の三身と四土と和合して仏の一体の徳なるを寂光(じゃっこう)の仏と云う、寂光の仏を以て円教の仏と為し円教の仏を以て寤の実仏と為す余の三土の仏は夢中の権仏なり、此れは三世の諸仏の只同じ語に勘文し給える総の教相なれば人の語も入らず会釈も有らず、若し之に違わば三世の諸仏に背き奉る大罪の人なり天魔外道なり永く仏法に背くが故に、之を秘蔵して他人には見せざれ若し秘蔵せずして妄りに之を披露せば仏法に証理無く二世に冥加無からん、謗ずる人出来せば三世の諸仏に背くが故に二人乍(なが)ら倶に悪道に堕(おち)んと識るが故に之を誡むるなり、能く能く秘蔵して深く此の理(ことわり)を証し三世の諸仏の御本意に相い叶い二聖(にしょう)・二天・十羅刹の擁護を蒙むり、滞り無く上上品の寂光の往生を遂げ須臾の間に九界生死の夢の中に還り来つて身を十方法界の国土に遍じ、心を一切有情の身中に入れて内よりは勧発し外よりは引導し内外相応し因縁和合して自在神通の慈悲の力を施し、広く衆生を利益すること滞り有る可からず。

三世の諸仏は此れを一大事の因縁と思食(おぼしめ)して世間に出現し給えり、一とは中道なり法華なり大とは空諦なり華厳なり、事とは仮諦なり・阿含・方等・般若なり、已上一代の総の三諦なり、之を悟り知る時仏果を成ずるが故に出世の本懐成仏の直道なり因とは一切衆生の身中に総の三諦有つて常住不変なり此れを総じて因と云うなり、縁とは三因仏性は有りと雖も善知識の縁に値わざれば悟らず知らず顕れず善知識の縁に値えば必ず顕るるが故に縁と云うなり、然るに今此の一と大と事と因と縁との五事和合して値い難き善知識の縁に値いて五仏性を顕さんこと何の滞りか有らんや、春の時来りて風雨の縁に値いぬれば無心の草木も皆悉く萠え出生して華敷(はなさ)き栄えて世に値う気色なり、秋の時に至りて月光の縁に値いぬれば草木皆悉く実成熟(み・じょうじゅく)して一切の有情を養育し寿命を続き長養し終に成仏の徳用を顕す、之を疑い之を信ぜざる人有る可しや、無心の草木すら猶以て是くの如し、何に況や人倫に於てをや、我等は迷の凡夫なりと雖も一分の心も有り解(げ)も有り善悪も分別し折節を思知る、然るに宿縁に催されて生を仏法流布の国土に受けたり善知識の縁に値いなば因果を分別して成仏す可き身を以て善知識に値うと雖も猶草木にも劣つて身中の三因仏性を顕さずして黙止(もだ)せる謂(いわ)れ有る可きや、此の度必ず必ず生死の夢を覚まし本覚の寤に還つて生死の紲(きづな)を切る可し、今より已後は夢中の法門を心に懸(か)く可からざるなり、三世の諸仏と一心と和合して妙法蓮華経を修行し障り無く開悟す可し、自行と化他との二教の差別は鏡に懸けて陰(くも)り無し、三世の諸仏の勘文是くの如し、秘す可し秘す可し。

弘安二年己卯(つちのとう)十月 日         日蓮 花押









# by johsei1129 | 2019-11-16 15:23 | 血脈・相伝・講義 | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 16日

人の心を貫く妙法蓮華経は宇宙に遍満し一体であると明した【三世諸仏総勘文教相廃立】二

[三世諸仏総勘文教相廃立 本文] その二
 二に自行の法とは是れ法華経八箇年の説なり、是の経は寤(うつつ)の本心を説き給う唯衆生の思い習わせる夢中の心地なるが故に夢中の言語を借りて寤の本心を訓(おしう)る故に語は夢中の言語なれども意(こころ)は寤の本心を訓ゆ法華経の文と釈との意此くの如し。

 之を明め知らずんば経の文と釈の文とに必ず迷う可きなり、但し此の化他の夢中の法門も寤の本心に備われる徳用の法門なれば、夢中の教を取つて寤の心に摂むるが故に四十二年の夢中の化他方便の法門も、妙法蓮華経の寤の心に摂まりて心の外には法無きなり此れを法華経の開会とは云うなり。

 譬えば衆流を大海に納むるが如きなり仏の心法妙・衆生の心法妙と此の二妙を取つて己心に摂むるが故に、心の外に法無きなり。己心と心性と心体との三は己身の本覚の三身如来なり是を経に説いて云く「如是相応身如来、如是性報身如来、如是体法身如来」此れを三如是と云う、此の三如是の本覚の如来は十方法界を身体と為し十方法界を心性と為し十方法界を相好(そうごう)と為す是の故に我が身は本覚三身如来の身体なり、法界に周編して一仏の徳用なれば一切の法は皆是仏法なりと説き給いし
時、其の座席に列(つらな)りし諸の四衆・八部・畜生・外道等一人も漏れず皆悉く妄想の僻目(ひがめ)・僻思(ひがおもい)・立所(たちどころ)に散止して本覚の寤に還つて皆仏道を成ず。

 仏は寤の人の如く衆生は夢見る人の如し、故に生死の虚夢(こむ)を醒して本覚の寤に還るを即身成仏とも平等大慧とも無分別法とも皆成仏道とも云う只一つの法門なり。
 十方の仏土は区(まちまち)に分れたりと雖も通じて法は一乗なり、方便無きが故に無分別法なり、十界の衆生は品品に異りと雖も実相の理(ことわり)は一なるが故に無分別なり、百界千如・三千世間の法門殊なりと雖も十界互具するが故に無分別なり。夢と寤と虚と実と各別異(おのおのべつい)なりと雖も一心の中の法なるが故に無分別なり。

 過去と未来と現在とは三なりと雖も一念の心中の理なれば無分別なり、一切経の語は夢中の語とは、譬えば扇と樹との如し法華経の寤の心を顕す言(ことば)とは譬えば月と風との如し、故に本覚の寤の心の月輪の光は無明の闇を照し実相般若の智慧の風は妄想の塵を払う故に夢の語の扇と樹とを以て寤の心の月と風とを知らしむ是の故に夢の余波(なごり)を散じて寤の本心に帰せしむるなり、故に止観に云く「月・重山(じゅうざん)に隠るれば扇を挙げて之に類し風大虚(たいこ)に息(や)みぬれば樹を動かして之を訓ゆるが如し」文、弘決に云く「真常性(しんじょうしょう)の月煩悩の山に隠る煩悩一に非ず故に名けて重と為す円音教(えんのんぎょう)の風は化を息めて寂に帰す寂理無礙なること猶大虚の如し四依の弘教は扇と樹との如し乃至月と風とを知らしむるなり已上、夢中の煩悩の雲・重畳せること山の如く其の数八万四千の塵労にて心性本覚の月輪を隠す扇と樹との如くなる経論の文字言語の教を以て月と風との如くなる本覚の理を覚知せしむる聖教なり故に文と語とは扇と樹との如し」文、上釈は一往の釈とて実義に非ざるなり月の如くなる妙法の心性の月輪と風の如くなる我が心の般若の慧解とを訓え知らしむるを妙法蓮華経と名く、故に釈籤(しゃくせん)に云く「声色(しょうしき)の近名(ごんみょう)を尋ねて無相の極理に至る」と已上。

 声色の近名とは扇と樹との如くなる夢中の一切経論の言説なり。無相の極理とは月と風との如くなる、寤の我が身の心性の寂光の極楽なり。
 此の極楽とは十方法界の正報の有情と十方法界の依報の国土と和合して、一体三身即一なり、四土不二にして法身の一仏なり。十界を身と為すは法身(ほっしん)なり、十界を心と為すは報身なり、十界を形と為すは応身なり。
 十界の外に仏無し仏の外に十界無くして依正不二(えしょうふに)なり、身土不二なり、一仏の身体なるを以て寂光土と云う。是の故に無相の極理とは云うなり。

 生滅無常の相を離れたるが故に無相と云うなり法性(ほっしょう)の淵底(えんでい)・玄宗の極地なり故に極理と云う、此の無相の極理なる寂光の極楽は一切有情の心性の中に有つて清浄無漏(むろ)なり之を名けて妙法の心蓮台とは云うなり、是の故に心外無別法と云う、此れを一切法は皆是仏法なりと通達解了すとは云うなり。

 生と死と二つの理は生死の夢の理なり妄想なり顛倒なり本覚の寤を以て我が心性を糾せば生ず可き始めも無きが故に死す可き終りも無し既に生死を離れたる心法に非ずや、劫火にも焼けず水災にも朽ちず剣刀にも切られず弓箭にも射られず芥子の中に入るれども芥子も広からず心法も縮まらず虚空の中に満つれども虚空も広からず心法も狭からず善に背くを悪と云い悪に背くを善と云う、故に心の外に善無く悪無し此の善と悪とを離るるを無記と云うなり、善悪無記・此の外には心無く心の外には法無きなり故に善悪も浄穢も凡夫・聖人も天地も大小も東西も南北も四維も上下も言語道断し心行所滅す、心に分別して思い言い顕す言語なれば心の外には分別も無分別も無し、言(ことば)と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり凡夫は我が心に迷うて知らず覚らざるなり、仏は之を悟り顕わして神通と名くるなり神通とは神(たましい)の一切の法に通じて礙(さわり)無きなり。

 此の自在の神通は一切の有情の心にて有るなり、故に狐狸も分分に通を現ずること皆心の神の分分の悟なり、此の心の一法より国土世間も出来する事なり、一代聖教とは此の事を説きたるなり此れを八万四千の法蔵とは云うなり是れ皆悉く一人の身中の法門にて有るなり、然れば八万四千の法蔵は我身一人の日記文書なり、此の八万法蔵を我が心中に孕み持ち懐き持ちたり我が身中の心を以て、仏と法と浄土とを我が身より外に思い願い求むるを迷いとは云うなり此の心が善悪の縁に値うて善悪の法をば造り出せるなり、

華厳経に云く「心は工(たくみ)なる画師(えし)の種種の五陰を造るが如く一切世間の中に法として造らざること無し心の如く仏も亦爾なり仏の如く衆生も然なり三界唯一心なり心の外に別の法無し心仏及び衆生・是の三差別無し」已上、無量義経に云く「無相・不相の一法より無量義を出生す」已上、無相・不相の一法とは一切衆生の一念の心是なり、文句に釈して云く「生滅無常の相無きが故に無相と云うなり二乗の有余・無余の二つの涅槃の相を離るが故に不相と云うなり」云云、心の不思議を以て経論の詮要と為すなり、此の心を悟り知るを名けて如来と云う之を悟り知つて後は十界は我が身なり我が心なり我が形なり本覚の如来は我が身心なるが故なり之を知らざる時を名けて無明と為す無明は明かなること無しと読むなり、我が心の有様を明かに覚らざるなり、之を悟り知る時を名けて法性と云う、故に無明と法性とは一心の異名なり、名と言とは二なりと雖も心は只一つ心なり斯れに由つて無明をば断ず可からざるなり夢の心の無明なるを断ぜば寤の心を失う可きが故に総じて円教の意は一毫の惑をも断ぜず故に一切の法は皆是れ仏法なりと云うなり、法華経に云く「如是相一切衆生の相好本覚の応身如来・如是性一切衆生の心性本覚の報身如来・如是体一切衆生の身体本覚の法身如来」此の三如是より後の七如是・出生して合して十如是と成れるなり、此の十如是は十法界なり、此の十法界は一人の心より出で八万四千の法門と成るなり、一人を手本として一切衆生平等なること是くの如し、三世の諸仏の総勘文にして御判慥(たし)かに印(おし)たる正本の文書なり仏の御判とは実相の一印なり印とは判の異名なり、余の一切の経には実相の印無ければ正本の文書に非ず全く実の仏無し実の仏無きが故に夢中の文書なり浄土に無きが故なり、十法界は十なれども十如是は一なり譬えば水中の月は無量なりと雖も虚空の月は一なるが如し、九法界の十如是は夢中の十如是なるが故に水中の月の如し仏法界の十如是は本覚の寤の十如是なれば虚空の月の如し、是の故に仏界の一つの十如是顕れぬれば九法界の十如是の水中の月の如きも一も闕減(けつげん)無く同時に皆顕れて体と用(ゆう)と一具にして一体の仏と成る、十法界を互に具足し平等なる十界の衆生なれば虚空の本月も水中の末月も一人の身中に具足して闕くること無し、故に十如是は本末究竟(くきょう)して等しく差別無し、本とは衆生の十如是なり末とは諸仏の十如是なり諸仏は衆生の一念の心より顕れ給えば衆生は是れ本なり諸仏は是れ末なり、然るを経に云く「今此の三界は皆是我が有なり其の中の衆生は悉く是吾が子なり」と已上、

仏成道の後に化他の為の故に迹の成道を唱えて生死の夢中にして本覚の寤を説き給うなり、智慧を父に譬え愚癡を子に譬えて是くの如く説き給えるなり、衆生は本覚の十如是なりと雖も一念の無明眠りの如く心を覆うて生死の夢に入つて本覚の理を忘れ髪筋(かみすじ)を切る程に過去・現在・未来の三世の虚夢を見るなり、仏は寤の人の如くなれば生死の夢に入つて衆生を驚かし給える智慧は夢の中にて父母の如く夢の中なる我等は子息の如くなり、此の道理を以て悉是吾子と言い給うなり、此の理を思い解けば諸仏と我等とは本の故にも父子なり末の故にも父子なり父子の天性(てんせい)は本末是れ同じ、斯れに由つて己心と仏心とは異ならずと観ずるが故に生死の夢を覚まして本覚の寤に還えるを即身成仏と云うなり、即身成仏は今我が身の上の天性・地体なり煩(わずらい)も無く障(さわ)りも無き衆生の運命なり果報なり冥加(みょうが)なり、夫れ以(おもんみ)れば夢の時の心を迷いに譬え寤の時の心を悟りに譬う之を以て一代聖教を覚悟するに跡形も無き虚夢を見て心を苦しめ汗水と成つて驚きぬれば我身も家も臥所(ふしど)も一所にて異らず夢の虚と寤の実との二事を目にも見・心にも思えども所は只一所なり身も只一身にて二の虚(こ)と実との事有り之を以て知んぬ可し、九界の生死の夢見る我が心も仏界常住の寤の心も異ならず九界生死の夢見る所が仏界常住の寤の所にて変らず心法も替らず在所も差わざれども夢は皆虚事なり寤は皆実事なり止観に云く「昔荘周と云うもの有り夢に胡蝶と成つて一百年を経たり苦は多く楽は少く汗水と成つて驚きぬれば胡蝶にも成らず百年をも経ず苦も無く楽も無く皆虚事なり皆妄想なり」已上取意、弘決に云く「無明は夢の蝶の如く三千は百年の如し一念実無きは猶蝶に非ざるが如く三千も亦無きこと年(とし)を積むに非るが如し」已上、此の釈は即身成仏の証拠なり夢に蝶と成る時も荘周は異ならず寤に蝶と成らずと思う時も別の荘周無し、我が身を生死の凡夫なりと思う時は夢に蝶と成るが如く僻目・僻思なり、我が身は本覚の如来なりと思う時は本(もと)の荘周なるが如し即身成仏なり、蝶の身を以て成仏すと云うに非ざるなり蝶と思うは虚事なれば成仏の言は無し沙汰の外の事なり、無明は夢の蝶の如しと判ずれば我等が僻思は猶昨日の夢の如く性体無き妄想なり誰の人か虚夢の生死を信受して疑を常住涅槃の仏性に生ぜんや、止観に云く「無明の癡惑本より是れ法性なり癡迷(ちめい)を以ての故に法性(ほっしょう)変じて無明と作り諸の顛倒の善・不善等を起す寒来りて水を結べば変じて堅冰(けんぴょう)と作るが如く・又眠来りて心を変ずれば種種の夢有るが如し今当に諸の顛倒は即ち是法性なり一ならず異ならずと体すべし、顛倒起滅すること旋火輪の如しと雖も顛倒の起滅を信ぜずして唯此の心・但是れ法性なりと信ず、起は是れ法性の起、滅は是れ法性の滅なり其れを体するに実には起滅せざるを妄りに起滅すと謂えり只妄想を指すに悉く是れ法性なり、法性を以て法性に繋け法性を以て法性を念ず常に是れ法性なり法性ならざる時無し」已上

是くの如く法性ならざる時の隙(ひま)も無き理の法性に夢の蝶の如く無明に於て実有(じつう)の思を生じて之に迷うなり、止観の九に云く「譬えば眠の法・心を覆うて一念の中に無量世の事を夢みるが如し乃至寂滅真如に何の次位か有らん、乃至一切衆生即大涅槃なり復滅す可からず何の次位・高下・大小有らんや、不生不生(ふしょうぶしょう)にして不可説なれども因縁有るが故に亦説くことを得可し十因縁の法・生の為に因と作(な)る虚空に画き方便して樹を種(うゆ)るが如し一切の位を説くのみ」已上、十法界の依報・正報は法身の仏・一体三身の徳なりと知つて一切の法は皆是れ仏法なりと通達し解了する是を名字即と為す名字即の位より即身成仏す故に円頓の教には次位の次第無し・故に玄義に云く「末代の学者多く経論の方便の断伏を執して諍闘す水の性の冷かなるが如きも飲まずんば安んぞ知らん」已上、天台の判に云く「次位の綱目は仁王・瓔珞に依り断伏の高下は大品・智論に依る」已上、仁王・瓔珞(ようらく)・大品・大智度論是の経論は皆法華已前の八教の経論なり、権教の行は無量劫を経て昇進する次位なれば位の次第を説けり今法華は八教に超えたる円なれば速疾頓成にして心と仏と衆生と此の三は我が一念の心中に摂めて心の外に無しと観ずれば下根の行者すら尚一生の中に妙覚の位に入る・一と多と相即すれば一位に一切の位皆是れ具足せり故に一生に入るなり、下根すら是くの如し況や中根の者をや何に況や上根をや実相の外に更に別の法無し実相には次第無きが故に位無し。

総じて一代の聖教は一人の法なれば我が身の本体を能く能く知る可し之を悟るを仏と云い之に迷うは衆生なり此れは華厳経の文の意なり、弘決の六に云く「此の身の中に具(つぶ)さに天地に倣(なら)うことを知る、頭の円(まど)かなるは天に象(かたど)り、足の方なるは地に象ると知り、身の内の空種(うつろ)なるは即ち是れ虚空なり、腹の温かなるは春夏に法(のっ)とり、背の剛きは秋冬に法とり、四体は四時に法とり、大節の十二は十二月に法とり、小節の三百六十は三百六十日に法とり、鼻の息の出入は山沢渓谷(さんたくけいこく)の中の風に法とり、口の息の出入は虚空の中の風に法とり、眼は日月に法とり、開閉は昼夜に法とり、髪は星辰に法とり眉は北斗に法とり、脈は江河に法とり、骨は玉石に法とり、皮肉は地土に法とり、毛は叢林(そうりん)に法とり、五臓は天に在つては五星に法とり、地に在つては五岳に法とり、陰・陽(おん・よう)に在つては五行に法とり、世に在つては五常に法とり、内に在つては五神に法とり、行を修するには五徳に法とり、罪を治むるには五刑に法とる。

謂く墨(ぼく)・劓(ぎ)・剕(ひ)・宮(きゅう)・大辟(たいへき)此の五刑は人を様様に之を傷ましむ其の数三千の罰有り此を五刑と云う主領(しゅりょう)には五官と為す五官は下の第八の巻に博物誌を引くが如し謂く苟萠(こうぼう)等なり、天に昇つては五雲と曰い化して五竜と為る、心を朱雀(すざく)と為し腎(じん)を玄武と為し肝を青竜と為し肺を白虎(びゃっこ)と為し脾(ひ)を勾陳(こうちん)と為す」又云く「五音・五明・六藝(りくげい)・皆此れより起る亦復当に内治の法を識るべし覚心(かくしん)内に大王と為つては百重の内に居り出でては則ち五官に侍衛(じえい)せ為(ら)る、肺をば司馬と為し肝をば司徒と為し脾をば司空と為し四支をば民子(みんし)と為し、左をば司命と為し右をば司録と為し人命を主司(しゅし)す、乃至臍(ほぞ)をば太一君(たいいっくん)等と為すと禅門の中に広く其の相を明す」。

已上、人身の本体委(くわし)く検(けん)すれば是くの如し、然るに此の金剛不壊(ふえ)の身を以て生滅無常の身なりと思う僻思(ひがおもい)は譬えば荘周が夢の蝶の如しと釈し給えるなり、五行とは地水火風空なり五大種とも五薀(おん)とも五戒とも五常とも五方とも五智とも五時とも云う、只一物・経経の異説なり内典・外典・名目の異名なり、今経に之を開して一切衆生の心中の五仏性・五智の如来の種子と説けり是則ち妙法蓮華経の五字なり、此の五字を以て人身の体を造るなり本有常住なり本覚の如来なり是を十如是と云う此を唯仏与仏・乃能究尽と云う、不退の菩薩と極果の二乗と少分(すこし)も知らざる法門なり然るを円頓の凡夫は初心より之を知る故に即身成仏するなり金剛不壊(ふえ)の体なり、是を以て明かに知んぬ可し天崩(くず)れば我が身も崩る可し地裂けば我が身も裂く可し地水火風滅亡せば我が身も亦滅亡すべし、然るに此の五大種は過去・現在・未来の三世は替ると雖も五大種は替ること無し。

正法と像法と末法との三時殊なりと雖も五大種は是れ一にして盛衰転変無し、薬草喩品の疏には円教の理は大地なり円頓の教は空の雨なり亦三蔵教・通教・別教の三教は三草と二木となり、其の故は此の草木は円理の大地より生じて円教の空の雨に養われて五乗の草木は栄うれども天地に依つて我栄えたりと思知らざるに由るが故に三教の人天・二乗・菩薩をば草木に譬えて不知恩と説かれたり、故に草木の名を得(う)・今法華に始めて五乗の草木は円理の母と円教の父とを知るなり、一地の所生なれば母の恩を知るが如く一雨の所潤(しょにん)なれば父の恩を知るが如し、薬草喩品の意(こころ)・是くの如くなり。

 釈迦如来・五百塵点劫の当初(そのかみ)・凡夫にて御坐(おわ)せし時、我が身は地水火風空なりと知(しろ)しめして即座に悟を開き給いき、後に化他の為に世世・番番に出世・成道し在在・処処に八相作仏し王宮に誕生し樹下に成道して、始めて仏に成る様を衆生に見知らしめ、四十余年に方便教を儲け衆生を誘引す。
 其の後方便の諸の経教を捨てて正直の妙法蓮華経の五智の如来の種子の理を説き顕して、其の中に四十二年の方便の諸経を丸(まろ)かし納れて一仏乗と丸(がん)し人一(にんいち)の法と名く一人が上の法なり。
 多人の綺(いろ)えざる正しき文書を造つて慥かな御判の印あり、三世諸仏の手継(てつ)ぎの文書(もんじょ)を釈迦仏より相伝せられし時に、三千三百万億那由佗の国土の上の虚空の中に満ち塞(ふさ)がれる若干(そこばく)の菩薩達の頂を摩(な)で尽して時を指して、末法近来(このごろ)の我等衆生の為に、慥(たし)かに此の由を説き聞かせて仏の譲状(ゆずりじょう)を以て末代の衆生に慥かに授与す可しと慇懃(おんごん)に三度まで同じ御語に説き給いしかば、若干の菩薩達・各数を尽して身を曲げ頭を低(た)れ三度まで同じ言に各我も劣らじと事請(ことうけ)を申し給いしかば、仏・心安く思食して本覚の都に還えり給う。
 三世の諸仏の説法の儀式・作法には、只同じ御言に時を指したる末代の譲状なれば、只一向に後五百歳を指して此の妙法蓮華経を以て成仏す可き時なりと、譲状の面に載せられたる手継(てつ)ぎ証文なり。





# by johsei1129 | 2019-11-16 14:50 | 血脈・相伝・講義 | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 16日

人の心を貫く妙法蓮華経は宇宙に遍満し一体であると明した【三世諸仏総勘文教相廃立】一

【三世諸仏総勘文教相廃立(さんぜしょぶつそうかんもんきょうそうはいりゅう】
■出筆時期:弘安2年10月(1279)58歳御作 門下の弟子一同にあてられたと思われる。
■出筆場所:身延山中 草庵
■出筆の経緯:
本抄で大聖人は「我が心の妙法蓮華経の一乗は十方の浄土に周編して闕(か)くること無し、十方の浄土の依報・正報の功徳荘厳は我が心の中に有つて片時も離るること無き三身即一の本覚の如来にて是の外には法無し」と述べ、人の心を貫く妙法蓮華経は、人を取り巻く浄土(宇宙)に遍満し心と一体であることを明かし、さらに「此の心の一法より国土世間も出来する事なり、一代聖教とは此の事を説きたるなり。此れを八万四千の法蔵とは云うなり是れ皆悉く一人の身中の法門にて有るなり、然れば八万四千の法蔵は我身一人の日記文書なり」と解き明かし、八万四千法蔵と膨大な釈尊の一代聖教はつまるところ、一人の心を説き明かしている」と明言している。
■ご真筆: 現存していない。

[三世諸仏総勘文教相廃立 本文] その一

                          弘安二年十月 五十八歳御作 日蓮之を撰す

 夫れ一代聖教とは総(す)べて五十年の説教なり是を一切経とは言うなり、此れを分ちて二と為す・一には化他・二には自行なり、一には化他の経とは法華経より前の四十二年の間説き給える諸の経教なり此れをば権教(ごんきょう)と云い亦は方便と名く、此れは四教の中には三蔵教・通教・別教の三教なり・五時の中には華厳・阿含・方等・般若なり法華より前の四時の経教なり、又十界の中には前の九法界なり又夢と寤(うつつ)との中には夢中の善悪なり又夢をば権と云い寤をば実と云うなり、是の故に夢は仮に有つて体性無し故に名けて権と云うなり、寤は常住にして不変の心の体なるが故に此れを名けて実と為す、故に四十二年の諸の経教は生死(しょうじ)の夢の中の善悪の事を説く故に権教と言う夢中の衆生を誘引し驚覚して法華経の寤と成さんと思食(おぼしめ)しての支度方便の経教なり故に権教と言う、斯れに由つて文字の読みを糾して心得可きなり、故に権をば権(かり)と読む、権なる事の手本には夢を以て本と為す又実をば実(まこと)と読む実事の手本は寤(うつつ)なり、故に生死の夢は権にして性体無ければ権なる事の手本なり故に妄想(もうぞう)と云う、本覚の寤は実にして生滅を離れたる心なれば真実の手本なり故に実相と云う、是を以て権実の二字を糾して一代聖教の化他の権と自行の実との差別を知る可きなり、故に四教の中には前の三教と五時の中には前の四時と十法界の中には前の九法界は同じく皆夢中の善悪の事を説くなり故に権教と云う、此の教相をば無量義経に四十余年未顕真実と説き給う已上、未顕真実の諸経は夢中の権教なり故に釈籤(しゃくせん)に云く「性(しょう)・殊なること無しと雖も必ず幻(げん)に藉(よ)りて幻の機と幻の感と幻の応と幻の赴(ふ)とを発(おこ)す・能応と所化(しょけ)と並びに権実に非ず」已上、此れ皆夢幻の中の方便の教なり性雖無殊(しょうすいむしゅ)等とは夢見る心性と寤の時の心性とは只一の心性にして総て異ること無しと雖も夢の中の虚事(こじ)と寤の時の実事と二事一の心法なるを以て見ると思うも我が心なりと云う釈なり、故に止観に云く「前の三教の四弘・能も所も泯(みん)す」已上、四弘とは衆生の無辺なるを度せんと誓願し・煩悩の無辺なるを断ぜんと誓願し・法門の無尽なるを知らんと誓願し・無上菩提を証せんと誓願す此を四弘と云う、能とは如来なり所とは衆生なり此の四弘は能の仏も所の衆生も前三教は皆夢中の是非なりと釈し給えるなり、然れば法華以前の四十二年の間の説教たる諸経は未顕真実の権教なり方便なり、法華に取寄る可き方便なるが故に真実には非ず、此れは仏自ら四十二年の間説き集め給いて後に、今法華経を説かんと欲して先ず序分の開経の無量義経の時・仏自ら勘文し給える教相なれば人の語も入る可からず不審をも生(な)す可からず、故に玄義に云く「九界を権と為し仏界を実と為す」已上、九法界の権は四十二年の説教なり仏法界の実は八箇年の説・法華経是なり、故に法華経をば仏乗と云う九界の生死は夢の理なれば権教と云い仏界の常住は寤の理なれば実教と云う、故に五十年の説教・一代の聖教・一切の諸経は化他の四十二年の権教と自行の八箇年の実教と合して五十年なれば権と実との二の文字を以て鏡に懸けて陰(くもり)無し。

 故に三蔵教を修行すること三僧祇・百大劫を歴て終りに仏に成らんと思えば我が身より火を出して灰身(けしん)入滅とて灰と成つて失せるなり、通教を修行すること七阿僧祇・百大劫を満てて仏に成らんと思えば前の如く同様に灰身入滅して跡形も無く失せぬるなり、別教を修行すること二十二大阿僧祇・百千万劫を尽くして終りに仏に成りぬと思えば生死の夢の中の権教の成仏なれば本覚の寤の法華経の時には別教には実仏無し夢中の果なり故に別教の教道には実の仏無しと云うなり、別教の証道には初地に始めて一分の無明を断じて一分の中道の理を顕し始めて之を見れば別教は隔歴不融(きゃくりゃくふゆう)の教と知つて円教に移り入つて円人と成り已つて別教には留まらざるなり上中下三根の不同有るが故に初地・二地・三地・乃至・等覚までも円人と成る故に別教の面(おもて)に仏無きなり、故に有教無人と云うなり、故に守護国界章に云く「有為の報仏は夢中の権果前三教の修行の仏、無作(むさ)の三身は覚前の実仏なり後の円教の観心の仏」又云く「権教の三身は未だ無常を免れず前三教の修行の仏実教の三身は倶体倶用なり後の円教の観心の仏」此の釈を能く能く意得(こころう)可きなり、権教は難行苦行して適(たまたま)仏に成りぬと思えば夢中の権の仏なれば本覚の寤の時には実仏無きなり、極果の仏無ければ有教無人なり況や教法実ならんや之を取つて修行せんは聖教に迷えるなり、此の前三教には仏に成らざる証拠を説き置き給いて末代の衆生に慧解(えげ)を開かしむるなり九界の衆生は一念の無明の眠(ねむり)の中に於て生死の夢に溺れて本覚の寤を忘れ夢の是非に執して冥(くら)きより冥きに入る、是の故に如来は我等が生死の夢の中に入つて顛倒の衆生に同じて夢中の語を以て夢中の衆生を誘(いざな)い夢中の善悪の差別の事を説いて漸漸に誘引し給うに、夢中の善悪の事重畳して様様に無量・無辺なれば先ず善事に付いて上中下を立つ三乗の法是なり、三三九品なり、此くの如く説き已つて後に又上上品の根本善を立て上中下・三三九品の善と云う、皆悉く九界生死の夢の中の善悪の是非なり今是をば総じて邪見外道と為す捜要記の意、此の上に又上上品の善心は本覚の寤の理なれば此れを善の本(もと)と云うと説き聞かせ給し時に夢中の善悪の悟の力を以ての故に寤の本心の実相の理を始めて聞知せられし事なり、是の時に仏説いて言く夢と寤との二は虚事と実事との二の事なれども心法は只一なり、眠の縁に値(あ)いぬれば夢なり眠去りぬれば寤の心なり心法は只一なりと開会せらるべき下地を造り置かれし方便なり此れは別教の中道の理是の故に未だ十界互具・円融相即を顕さざれば成仏の人無し故に三蔵教より別教に至るまで四十二年の間の八教は皆悉く方便・夢中の善悪なり、只暫く之を用いて衆生を誘引し給う支度方便なり此の権教の中にも分分に皆悉く方便と真実と有りて権実の法闕(か)けざるなり、四教一一に各四門有つて差別有ること無し語(ことば)も只同じ語なり文字も異ること無し斯(こ)れに由つて語に迷いて権実の差別を分別せざる時を仏法滅すと云う是の方便の教は唯穢土(えど)に有つて総じて浄土には無きなり法華経に云く「十方の仏土の中には唯一乗の法のみ有つて二無く亦三も無し仏の方便の説をば除く」已上、故に知んぬ十方の仏土に無き方便の教を取つて往生の行と為し十方の浄土に有る一乗の法をば之を嫌いて取らずして成仏す可き道理有る可しや否や、一代の教主釈迦如来・一切経を説き勘文し給いて言く三世の諸仏同様に一つ語(ことば)一つ心に勘文し給える説法の儀式なれば我も是くの如く一言も違わざる説教の次第なり云云、方便品に云く「三世の諸仏の説法の儀式の如く我も今亦是くの如く無分別の法を説く」已上、無分別の法とは一乗の妙法なり善悪を簡(えら)ぶこと無く草木・樹林(じゅりん)・山河・大地にも一微塵の中にも互に各十法界の法を具足す我が心の妙法蓮華経の一乗は十方の浄土に周編して闕くること無し十方の浄土の依報・正報の功徳荘厳は我が心の中に有つて片時も離るること無き三身即一の本覚の如来にて是の外には法無し此の一法計り十方の浄土に有りて余法有ること無し故に無分別法と云う是なり、此の一乗妙法の行をば取らずして全く浄土には無き方便の教を取つて成仏の行と為さんは迷いの中の迷いなり、我仏に成りて後に穢土に立ち還りて穢土の衆生を仏法界に入らしめんが為に次第に誘引して方便の教を説くを化他の教とは云うなり、故に権教と言い又方便とも云う化他の法門の有様大体略を存して斯くの如し。

その二に続く

# by johsei1129 | 2019-11-16 12:23 | 血脈・相伝・講義 | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 15日

日蓮は首題の五字を汝にさづく、法華経受持の者を守護せん、と説いた【法華経兵法事】

【四条金吾殿御返事(法華経兵法事)】
■出筆時期:弘安二年(西暦1279年)十月二十三日 五十八歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は、四条金吾が主君である江馬入道の御勘気が解け、さらに以前より領地を加増されたことを恨んだ者から大聖人が度々心配されていたとおり襲われる事態が起きたが、無事対処できたことを直ちに大聖人に報告され、そのことへの返書となっております。
大聖人は「日蓮は首題の五字(妙法蓮華経)を汝にさづく、法華経受持のものを守護せん事疑あるべからず」と記すとともに法華経法師功徳品を引いて、法華経を受持する者は諸天が必ず守護するので「ふかく信心をとり給へ、あへて臆病にては叶うべからず候」と諭されております。
■ご真筆: 現存していない。

[四条金吾殿御返事(法華経兵法事)本文]

 先度強敵ととりあひ(取合)について御文給いき委(くわし)く見まいらせ候、さても・さても・敵人にねらはれさせ給いしか。前前の用心といひ又けなげといひ、又法華経の信心つよき故に難なく存命せさせ給い目出たし目出たし。

 夫れ運きはまりぬれば兵法もいらず、果報つきぬれば所従もしたがはず、所詮運ものこり果報もひかゆる故なり。ことに法華経の行者をば諸天・善神・守護すべきよし、属累(ぞくるい)品にして誓状をたて給い、一切の守護神・諸天の中にも我等が眼に見へて守護し給うは、日月天なり、争か信をとらざるべき。ことに・ことに日天の前に摩利支天まします、日天・法華経の行者を守護し給はんに、所従の摩利支天尊すて給うべしや。

序品の時・名月天子・普光天子・宝光天子・四大天王・与其眷属(よごけんぞく)・万天子倶(まんてんじぐ)と列座し給ふ。まりし天は三万天子の内なるべし、もし内になくば地獄にこそおはしまさんずれ。

 今度の大事は此の天のまほりに非ずや、彼の天は剣形(けんぎょう)を貴辺にあたへ此(ここ)へ下(くだ)りぬ。此の日蓮は首題の五字を汝にさづく、法華経受持のものを守護せん事疑あるべからず。まりし天も法華経を持ちて一切衆生をたすけ給う。「臨兵闘者皆陣列在前(りんぴょうとうしゃ・かいじんれつざいぜん)」の文も法華経より出でたり、「若説俗間経書治世語言 資生業等 皆順正法」とは是なり。

 これに・つけても・いよいよ強盛に大信力をいだし給へ、我が運命つきて諸天守護なしとうらむる事あるべからず。
 将門は・つはものの名をとり兵法の大事をきはめたり、されども王命にはまけぬ、はんくわひ(樊噲)・ちやうりやう(張良)もよしなし・ただ心こそ大切なれ、いかに日蓮いのり申すとも不信ならばぬ(濡)れたる・ほくちに・火をうちかくるが・ごとくなるべし、はげみをなして強盛に信力をいだし給うべし。

 すぎし存命不思議とおもはせ給へ、なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし。「諸余怨敵・皆悉摧滅」の金言むなしかるべからず、兵法剣形の大事も此の妙法より出でたり、ふかく信心をとり給へ。あへて臆病にては叶うべからず候、恐恐謹言。

十月二十三日 日 蓮 花押
四条金吾殿御返事

【妙法蓮華経 法師功徳品第十九】
復次常精進 若善男子 善女人 如来滅後 受持是経
若読 若誦 若解説 若書写 得千二百意功徳
以是清浄意根 乃至聞一偈一句 通達無量無辺之義
解是義已 能演説一句一偈 至於一月四月 乃至一歳
諸所説法 随其義趣 皆与実相 不相違背
若説俗間経書 治世語言 資生業等 皆順正法

(和訳)
また次に常精進(菩薩)よ、もし善男子、善女人が如来の滅後、この経を受持し
一偈一句でも、若しは読み、誦じ、解説し、書写ずんば、千二百の意(こころ)の功徳を得る。
この清浄な意根をもって、(この経の)一偈一句を聞かんば、無量無辺の義を通達する。
この義を已に解し、一句一偈をも能く演説すること一月、四月、乃至一年に至らんに、
諸々説く所の法は、其の義趣に随して、皆、実相と相違背せず。
同様に、若し俗世(仏法以外)の間の経書、治世(政治に関する)の語言、資生(経済に関する)の業等を説いたとしても、皆正法(法華経)に順ずる。

# by johsei1129 | 2019-11-15 21:51 | 四条金吾・日眼女 | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 15日

鎌倉の強信徒池上宗仲に、弟子の僧坊の築造を依頼した書【両人御中御書】

【両人御中御書】
■出筆時期:弘安二年(西暦1279)十月二十日 五十八歳 御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は大国阿闍梨日朗と、池上兄弟の兄宗仲に宛てた書である。
 内容は、下総出身の古参の弟子大進房が熱原法難で敵方に寝返り、法華経信徒を馬に乗り暴徒を指揮して迫害、その時落馬し怪我を負い、それが原因で死去するが、生前法兄である弁阿闍梨日昭に自分の僧坊を譲るという譲状を残していた。
 大聖人はこのことを知り、直ちに今誰も住んでいない僧防を建て壊し、譲状のとおり日昭に渡して日照の僧坊を大きくしなさいと依頼されておられる。
 
 本書では、この頃大聖人の高弟達はそれぞれ僧坊をもち、そこを拠点に布教活動をしていて、弟子が弘教の主体となっていことをうかがわせる。また僧坊の建築に幕府作事奉行(建築・土木部門)の池上家、特に兄宗仲が大きく関わっていたことがわかる貴重な書となっている。
尚、大聖人は生涯最後の二十六日間を池上宗仲の館ですごし、弘安五年十月十三日に御入滅なされる。
■ご真筆: 京都市妙顕寺 所蔵。
f0301354_20483040.jpg

[両人御中御書 本文]

大国阿闍梨、えもん(衛門)のたいう(太夫)志(さかん)殿等に申す。故大進阿闍梨の坊は各各の御計らいに有るべきかと存じ候に、今に人も住せずなんど候なるはいかなる事ぞ。
 ゆづり状のなくばこそ、人人も計らい候はめ。くはしく、うけ給わり候へば、べんの阿闍梨にゆづられて候よし、うけ給わり候き。又いぎ(違義)あるべしとも、をぼへず候。

 それに御用いなきは別の子細の候か、其の子細なくば大国阿闍梨、大夫殿の御計らいとして、弁の阿闍梨の坊へこぼ(毀)ちわたさせ給い候へ。

 心けん(賢)なる人に候へば、いかんがとこそ、をもい候らめ。弁の阿闍梨の坊をすり(修理)してひろくも(漏)らずば、諸人の御ために、御たからにてこそ候はんずらむめ。 
 ふゆはせうまう(焼亡)しげし、もしやけなばそむ(損)と申し人もわらいなん。
 
 このふみ(文書)ついて両三日が内に事切(きれ)て、各各御返事給び候はん。恐恐謹言。

十月廿日                  日  蓮 花 押
両人御中
ゆづり状をたがうべからず。

# by johsei1129 | 2019-11-15 06:56 | 池上兄弟 | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 14日

伯耆殿並諸人御中

 
 此の事はすでに梵天・帝釈・日月等に申し入れて候ぞ。あえてたが(違)えさせ給ふべからず。各々天の御はか(計)らいとをぼすべし。恐々謹言。
 
 九月二廿六日     日蓮花押

 伯耆殿並びに諸人御中


# by johsei1129 | 2019-11-14 21:53 | 日興上人 | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 14日

熱原の三烈士を、鬼に身を投げて仏法を求めた雪山童子の如しと称えた【聖人等御返事】

【聖人等御返事(変毒為薬御書)】
■出筆時期:弘安二年(西暦1279)十月十七日 五十八歳 御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:弘安二年十月十五日、冨士郷・熱原の農民、神四郎、弥五郎、弥六郎の兄弟が、平頼綱(平金吾)より法華経信仰をやめなければ殺すと弾圧され、それでも法華経信仰を捨なかった三人は断首される。この事態を受け現地で農民信徒を励ましていた伯耆房日興上人は、直ちに急使を立て身延の大聖人へ報告、手紙は翌々日の十月十七日午後六時頃到着する。大聖人は直ちに本書をしたため同日午後八時頃には日興上人に送っている。大聖人は本書で熱原の三烈士が処刑されるまで「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」と唱えていたことは「偏に只事に非ず」と驚嘆されるとともに「経文の半偈を聞く為に鬼に身を投げ出した釈迦前世の雪山童子の如し」と讃えられている。
 実際に日蓮門下で、法華経を信仰するがゆえに処刑の場に立たされたのは「竜の口法難」の日蓮大聖人以外では、熱原の三烈士だけである。
佐渡流罪の時、日朗上人含む五人の弟子・信徒が投獄されているが、処刑までは至っていない。
 尚、本書の宛名は聖人等御返事になっている。実際は日興上人へ宛てられた手紙であるが、大聖人は日興上人への他の手紙では、伯耆房殿若しくは伯耆殿となっている。また日興上人の弟子で、ともに熱原の農民を励ましていた日秀、日弁に対しては、同じ弘安二年十月十二日の「伯耆房御返事」で、日秀、日弁等へ下すと記している。その意味で本書の宛名「聖人等御返事」は、釈迦前世の雪山童子の如しと称えておられる「熱原の三烈士」を弔っての称号と強く推察される。
ちなみに、本書で「妙の字虚しからずんば定めて須臾に賞罰有らんか」と予言されてるとおり、熱原法難の十四年後、執権北条貞時の軍に急襲され、平頼綱は自害し一族は滅ぼされた。
■ご真筆: 現存していない。古写本:日興筆(北山本門寺所蔵)
[聖人等御返事 本文]   [英語版]

今月十五日酉時御文同じき十七日酉時到来す。

 彼等御勘気を蒙(こうむ)るの時、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経と唱え奉ると云云。偏(ひとえ)に只事に非ず。定めて平金吾の身に十羅刹入り易(かわ)りて、法華経の行者を試みたもうか。

 例せば雪山童子、尸毘王(しびおう)等の如し。将(は)た又悪鬼其の身に入る者か。釈迦・多宝・十方の諸仏・梵帝(ぼんたい)等、五五百歳の法華経の行者を守護す可きの御誓は是なり。

 大論に云く、能く毒を変じて薬と為す。天台云く毒を変じて薬と為す云云。妙の字虚(むな)しからずんば定めて須臾(しゅゆ)に賞罰有らんか。
伯耆房(ほうきぼう)等、深く此の旨を存じて問注を遂(と)ぐ可し。平金吾に申す可き様は、文永の御勘気の時聖人の仰せ忘れ給うか、其の殃(わざわい)未だ畢(おわ)らず重ねて十羅刹の罰を招き取るか、最後に申し付けよ。恐恐謹言。
十月十七日戌時               日 蓮 花押判

聖人等御返事

この事のぶるならば此方にはとが(過)なしとみな人申すべし、又大進房が落馬あらわるべし、あらわれば人人ことにお(畏)づべし、天の御計らいなり、各にはおづる事なかれ、つよりもてゆかば定めて子細いできぬとおぼふるなり、今度の使にはあわぢ(淡路)房を遣すべし。




# by johsei1129 | 2019-11-14 21:30 | 日興上人 | Trackback | Comments(0)
2019年 11月 14日

法を壊る者を見て責めざる者は仏法の中の怨なりと説いた書【滝泉寺申状】

【滝泉寺申状】
■出筆時期:弘安二年十月(西暦1279年) 五十八歳 御作(代作)。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書の題号である滝泉寺は駿河国富士郡の天台宗寺院で、この寺院の僧、日秀・日弁らは日興上人の教化により大聖人に帰依した。これに怒りをなした院主代の行智は彼等を寺から追放するために幕府に訴えにでる。本書は日興上人の反訴状の草案に大聖人が添削加筆し、最終的に日興上人が取りまとめ問註所に訴状として提出している。本草案は全11紙からなり、前半の8紙は大聖人が書き記し、残りは主に日興上人が書き記していると思われる。
■ご真筆: 中山法華経寺所蔵(重要文化財)。
f0301354_2242331.jpg

[滝泉寺申状 ご真筆 中山法華経寺所蔵]

[滝泉寺申状 本文]

 駿河の国・富士下方(しもかた)滝泉寺の大衆・越後房日弁・下野房(しもずけぼう)日秀等謹んで弁言す。
 当寺院主代・平左近入道行智・条条の自科を塞(ふさ)ぎ遮(さえぎ)らんが為に不実の濫訴(らんそ)を致す謂れ無き事。
 訴状に云く日秀・日弁・日蓮房の弟子と号し法華経より外の余経或は真言の行人は皆以て今世後世叶う可からざるの由・之を申す云云取意。

 此の条は日弁等の本師日蓮聖人・去る正嘉以来の大彗星大地動等を観見し一切経を勘えて云く当時日本国の体たらく権小に執著し実経を失没せるの故に当に前代未有の二難を起すべし所謂自界叛逆難・他国侵逼難なり、仍(よっ)て治国の故を思い兼日(かねて)彼の大災難を対治せらる可きの由、去る文応年中・一巻の書を上表す立正安国論と号す勘え申す所皆以て符合す既に金口(きんく)の未来記に同じ宛も声と響(ひびき)との如し、外書に云く「未萠を知るは聖人なり」内典に云く「智人は起を知り蛇は自ら蛇を知る」云云、之を以て之を思うに本師は豈聖人なるかな巧匠(きょうしょう)内に在り国宝外に求む可からず、外書に云く「隣国に聖人有るは敵国の憂(うれい)なり」云云、内経に云く「国に聖人有れば天必ず守護す」云云。 外書に云く「世必ず聖智の君有り而して復賢明の臣有り」云云、此の本文を見るに聖人・国に在るは日本国の大喜にして蒙古国の大憂なり諸竜を駆り催して敵舟を海に沈め梵釈に仰せ付けて蒙王を召し取るべし、君既に賢人に在(ましま)さば豈(あに)聖人を用いずして徒(いたずら)に他国の逼(せめ)を憂えん。

 抑(そもそも)大覚世尊・遥(はるか)に末法闘諍堅固の時を鑒み此くの如きの大難を対治す可きの秘術を説き置かせらるるの経文明明たり、然りと雖も如来の滅後二千二百二十余年の間・身毒(しんどく)・尸那・扶桑等・一閻浮提の内に未だ流布せず、随つて四依の大士内に鑒みて説かず天台伝教而も演べず時未だ至らざるの故なり、法華経に云く「後の五百歳の中に閻浮提に広宣流布す」云云、天台大師云く「後五百歳」妙楽云く「五五百歳」伝教大師云く「代を語れば則ち像の終り末の初め地を尋ぬれば唐の東・羯(かつ)の西・人を原(たず)ぬれば則五濁の生・闘諍の時」云云、東勝西負の明文なり。

 法主聖人・時を知り国を知り法を知り機を知り君の為臣の為神の為仏の為災難を対治せらる可きの由・勘え申すと雖も御信用無きの上・剰(あまつ)さえ謗法人等の讒言に依つて聖人・頭(こうべ)に疵(きず)を負い左手を打ち折らるる上・両度まで遠流の責を蒙むり門弟等所所に射殺され切り殺され毒害・刃傷・禁獄・流罪・打擲(ちょうちゃく)・擯出(ひんずい)・罵詈(めり)等の大難勝(あ)げて計(かぞ)う可からず、茲(ここ)に因つて大日本国・皆法華経の大怨敵と成り万民悉く一闡提の人と為るの故に天神・国を捨て地神・所を辞し天下静ならざるの由・粗伝承するの間・其の仁に非ずと雖も愚案を顧みず言上せしむる所なり、外経に云く「奸人朝に在れば賢者進まず」云云、内経に云く「法を壊(やぶ)る者を見て責めざる者は仏法の中の怨なり」云云。

 又風聞の如くんば高僧等を崛請(くっせい)して蒙古国を調伏(じょうぶく)す云云、其の状を見聞するに去る元暦・承久の両帝・叡山の座主・東寺・御室・七大寺・園城寺等検校(けんぎょう)長吏等の諸の真言師を請い向け内裏の紫宸殿にして咒咀し奉る故源右将軍(げんうしょうぐん)並に故平右虎牙(へいうこが)の日記なり、此の法を修するの仁は敬つて之を行えば必ず身を滅し強いて之を持てば定めて主を失うなり、然れば則ち安徳天皇は西海に沈没し叡山の明雲は流矢(ながれや)に当り後鳥羽法皇は夷島(えびすのしま)に放ち捨てられ東寺・御室は自ら高山に死し北嶺の座主は改易の恥辱に値う、現罰・眼に遮(さえぎ)り後賢之を畏る聖人・山中の御悲みは是なり。

 次ぎに阿弥陀経を以て例時の勤(つとめ)と為す可きの由の事。
 夫れ以(おもん)みれば花と月と水と火と時に依つて之を用ゆ必ずしも先例を追う可からず、仏法又是くの如し時に随つて用捨す、其の上・汝等の執する所の四枚の阿弥陀経は四十余年未顕真実の小経なり、一閻浮提第一の智者たる舎利弗尊者は多年の間・此の経を読誦するも終に成仏を遂げず、然る後・彼の経を抛(なげう)ち末に法華経に至つて華光如来と為る、況や末代悪世の愚人・南無阿弥陀仏の題目計りを唱えて順次往生を遂ぐ可しや、故に仏・之を誡(いさ)めて言く法華経に云く「正直に方便を捨て但無上道を説く」と云云教主釈尊正しく阿弥陀経を抛ちたまう云云、又涅槃経に云く「如来は虚妄の言無しと雖も若し衆生の虚妄の説に因るを知れば」と云云、正しく弥陀念仏を以て虚妄と称する文なり、法華経に云く「但楽(ねがっ)て大乗経典を受持し乃至余経の一偈をも受けざれ」云云、妙楽大師云く「況や彼の華厳但以て称比(しょうひ)せん此の経の法を以て之を化するに同じからず故に乃至不受余経一偈と云う」云云。彼の華厳経は寂滅道場の説・法界唯心の法門なり、上本は十三世界微塵品・中品は四十九万八千偈・下本は十万偈四十八品今現に一切経蔵を観るに唯八十・六十・四十等の経なり、其の外の方等・般若・大日経・金剛頂経等の諸の顕密大乗経等を尚・法華経に対当し奉りて仏自ら或は未顕真実と云い或は留難多きが故に或は門を閉じよ或は抛て等云云、何に況や阿弥陀経をや、唯大山と蟻岳(ぎがく)との高下・師子王と狐兎との捔力(すもう)なり。
 今日秀等専ら彼等小経を抛(なげう)ち専ら法華経を読誦し法界に勧進して南無妙法蓮華経と唱え奉る豈殊忠に非ずや、此等の子細御不審を相貽(のこ)さば高僧等を召され是非を決せらる可きか、仏法の優劣を糺明致す事は月氏・漢土・日本の先例なり。今明時に当つて何ぞ三国の旧規に背かんや。

 訴状に云く今月二十一日数多(あまた)の人勢を催し弓箭(きゅうせん)を帯し院主分の御坊内に打ち入り下野坊は乗馬相具(じょうめあいぐ)し熱原の百姓・紀次郎男・点札(たてふだ)を立て作毛を苅り取り日秀の住房に取り入れ畢んぬ云云取意。

 此の条・跡形も無き虚誕(こたん)なり日秀等は損亡せられし行者なり不安堵の上は誰の人か日秀等の点札を叙用せしむ可き、将た又尫弱(おうにゃく)なる土民の族(やから)・日秀等に雇い越されんや、然らば弓箭を帯し悪行を企つるに於ては行智云く近隣の人人争つて弓箭を奪い取り其の身に召し取ると云うが如き子細を申さざるや、矯飾(きょうじき)の至り宜しく賢察に足るべし。
日秀・日弁等は当寺代代の住侶として行法(ぎょうぼう)の薫修(くんじゅう)を積み天長地久の御祈祷を致すの処に行智は乍(たちまち)に当寺霊地の院主代に補し寺家・三河房頼円並に少輔房(しょううぼう)日禅・日秀・日弁等に行智より仰せて、法華経に於ては不信用の法なり速(すみやか)に法華経の読誦を停止(ちょうじ)し一向に阿弥陀経を読み念仏を申す可きの由の起請文を書けば安堵す可きの旨下知せしむるの間、頼円は下知に随つて起請を書いて安堵せしむと雖も日禅等は起請を書かざるに依つて所職の住坊を奪い取るの時・日禅は即ち離散せしめ畢んぬ、日秀・日弁は無頼(むらい)の身たるに依つて所縁を相憑(あいたの)み猶寺中に寄宿せしむるの間此の四箇年の程・日秀等の所職の住坊を奪い取り厳重の御祈祷を打ち止むるの余り悪行猶以て飽き足らず為に法華経行者の跡を削り謀案を構えて種種の不実を申し付くるの条・豈在世の調達(ちょうだつ)に非ずや。

 凡そ行智の所行は、法華三昧の供僧・和泉房蓮海を以て、法華経を柿紙(しぶかみ)に作り紺形に彫るは重科の上謗法なり。仙予国王は閻浮第一の持戒の仁、慈悲喜捨を具足する菩薩の位なり。而も又師範なり。然りと雖も法華経を誹謗するばら(婆羅)門五百人が頭を刎ね、其の功徳に依って妙覚の位に登る。歓喜仏の末、諸の小乗・権大乗の者法華経の行者覚徳比丘を殺害せんとす。有徳国王は諸の小権法師等を、或は射殺し、或は切り殺し、或は打ち殺して迦葉仏等と為る。戒日大王・宣宗皇帝・聖徳太子等は此の先証を追って仏法の怨敵を討罰す。此等の大王は皆持戒の仁にして、善政未来に流る。今行智の重科は□□べからざるか。然りと雖も日本一同に誹謗を為すの上は其の子細御尋ねに随って之を申すべし。

 堂舎修治の為に、日弁に御書下を給い構え置く所の上葺榑(うわぶきくれ)一万二千寸の内八千寸を之を私用(しゆう)せしむ、下方の政所代に勧めて去る四月御神事の最中に法華経信心の行人・四郎男を刄傷せしめ去る八月弥四郎坊男の頚を切らしむ、日秀等に頚を刎ぬる事を擬(ぎ)して此の中に書き入れ無智無才の盗人・兵部房静印(じょういん)より過料を取り器量の仁と称して当寺の供僧に補せしめ、或は寺内の百姓等を催し鶉狩(うずらがり)・狸殺(たぬきころし)・狼落(ししおち)の鹿を取りて別当の坊に於て之を食らい或は毒物を仏前の池に入れ若干(そこばく)の魚類を殺し村里に出して之を売る、見聞の人・耳目を驚かさざるは莫し仏法破滅の基(もとい)悲んで余り有り。此(か)くの如き不善の悪行・日日相積るの間日秀等愁歎(しゅうたん)の余り、依つて上聞を驚かさんと欲す、行智条条の自科を塞(ふさ)がんが為に種種の秘計を廻らし近隣の輩を相語らい遮(さえぎ)つて跡形も無き不実を申し付け日秀等を損亡(そんもう)せしめんと擬するの条言語道断の次第なり、冥に付け顕に付け戒めの御沙汰無からんや、所詮仏法の権実沙汰の真偽・淵底を究めて御尋ね有り且は誠諦(じょうたい)の金言に任せ且は式条の明文に准し禁遏(きんあつ)を加えられば守護の善神は変を消し擁護(おうご)の諸天は咲(えみ)を含まん、然れば則ち不善悪行の院主代・行智を改易せられ将た又本主此の重科を脱れ難からん何ぞ実相寺に例如せん、誤まらざるの道理に任せて日秀・日弁等は安堵の御成敗を蒙むり堂舎を修理せしめ天長地久御祈祷の忠勤を抽(ぬき)んでんと欲す、仍て状を勒し披陳(ひちん)言上件(くだん)の如し。

弘安二年十月 日 沙門 日秀 日弁等上

大体此の状の様有るべきか。但し熱原の沙汰の趣に其の子細出来せるか。

# by johsei1129 | 2019-11-14 21:27 | 日興上人 | Trackback | Comments(0)