人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2019年 10月 25日 ( 17 )


2019年 10月 25日

日蓮大聖人が法華経神力品で、末法での法華経流布の付属を受けたことを示した【上行菩薩結要付属口伝】三

[上行菩薩結要付属口伝]その三

結要付属の事
結要勧持四
 初に称歎付属・爾時仏告 猶不能尽
  二に結要付属・以要言之 宣示顕説
 三に正勧付属・是故汝等 起塔供養
 四に釈勧付属・所以者何 而般涅槃

疏(じょ)の十に云く「爾時仏告上行の下は是れ第三に結要付属なり」と云云、又云く「結要に四句有り、一切法とは一切皆是れ仏法なり此は一切皆妙名を結するなり・一切力とは通達無礙にして八自在を具す此れは妙用(みょうゆう)を結するなり・一切秘蔵とは一切処に遍して皆是れ実相なり・此れは妙体を結するなり・一切深事とは因果は是れ深事なり此は妙宗を結するなり、皆於此経宣示顕説とは総じて一経を結する唯四ならくのみ其枢柄を撮つて之を授与す」と云云、記に云く「結要有四句とは本迹二門に各宗用(おのおの・しゅうゆう)有り二門の体は両処殊ならず」と云云輔正記に云く付属とは此の経は唯下方涌出の菩薩に付す何を以ての故に爾る・法是れ久成の法なるに由るが故に久成の人に付す云云。

属累品の文段に二有
■ 初に付属に三
一 如来の付属--- 一 正く付属
二 付属を釈す
三 付属を誡む余の深法の中の下なり
二 菩薩の領受
三 事畢て唱散す  
  ■次に時衆の歓喜--- 説是語時の下三行余

大集経の五箇五百歳とは
 第一の五百歳 解脱堅固
 第二の五百歳 禅定堅固
 第三の五百歳 読誦多聞堅固
  第四の五百歳 多造塔寺堅固
  第五の五百歳 闘諍堅固

  夫れ仏滅度の後二月十六日より正法なり、迦葉・仏の付属を請け次に阿難尊者・次に商那和修・次に優婆だっ多・次に提多迦・此の五人・各各二十年にして一百年なり、其の間は但小乗経の法門のみ弘通して諸大乗経を名字もなし何に況や法華経をや、次に弥遮迦・仏陀難陀・仏駄密多・脇比丘・富那奢等・の五人は五百年の間・大乗の法門少少出来すと雖も取立てて弘通せず但小乗経を正と為す・已上大集経の前の五百年解脱堅固に当れり、正法の後の五百年には馬鳴・竜樹乃至師子等の十余人の人人始には外道の家に入り次には小乗経を極め後には諸大乗経を以て散散に小乗経等を破失しき、然りと雖も権大乗と法華経との勝劣未だ分明ならず浅深を書かせ給いしかども本迹の十妙・二乗作仏・久遠実成・已今当等・百界千如・一念三千の法門をば名をも書き給わず此大集経の禅定堅固に当れり、次に像法に入つては天竺は皆権実雑乱して地獄に堕する者数百人ありき、像法に入つて一百余年の間は漢土の道士と月氏の仏法と諍論未だ事定らざる故に仏法を信ずる心未だ深からずまして権実を分くる事なし、摩騰竺法蘭は自(みずから)は知りて而も大小を分たず・権実までは思いもよらず、其の後・魏・晋・宋・斉・梁の五代の間・漸く仏法の中に大小・権実・顕密を諍いし程に何れをも道理とも聞えず南三・北七の十流・我意に仏法を弘む、爾れども大に分(わか)つに一切経の中には一には華厳・二には涅槃・三には法華と云云、爾れども像法の始の四百年に当つて天台大師震旦(しんたん)に出現して南北の邪義・一一に之を破し畢んぬ、此大集経の多聞堅固の時に当れり、像法の後の五百年には三論・法相乃至真言等を各三蔵将来す、像法に入つて四百余年あつて日本国へ百済国より一切経並に釈尊の木像僧尼等を渡す梁の末・陳の始めに相当る日本国には神武天皇より第三十代欽明天皇の御宇なり、像法の後の五百年に三論・法相等の六宗・面面の異義あり爾れども各邪義なり、像法八百年に相当つて伝教大師日本に出でて彼の六宗の義を皆責め伏せ給えりと云云、伝教已後には東寺・園城寺等の諸寺日本一同に云く「真言宗は天台宗に勝れたり」と云云、此大集経の多造塔寺堅固の時なり今末法に入つて仏滅後二千二百二十余年に当りて聖人出世す是は大集経の闘諍言訟・白法隠没の時なり云云、夫れ釈迦の御出世は住劫第九の減人寿百歳の時なり百歳と十歳との中間は在世は五十年・滅後は正像二千年と末法一万年となり、其の中間に法華経流布の時二度之れ有る可し、所謂在世の八年・滅後には末法の始の五百年なり。

 夫れ仏法を学する法には必ず時を知る可きなり過去の大通智勝仏は出世し給いて十小劫が間一偈も之を説かず経に云く「一坐十小劫」と云云、又云く「仏・時未だ至らずと知しめして請を受け黙然として坐したまえり」と、今の教主釈尊も四十余年の間は法華経を説きたまわず経に云く「説時未だ至らざるが故なり」等云云、老子は母の胎に処して八十年・弥勒菩薩は兜率の内院にして五十六億七千万歳を待ちたもう仏法を修行する人人時を知らざらんや、爾らば末法の始には純円一実の流布とは知らざれども経文に任するに「我が滅度の後・後の五百歳の中に閻浮提に広宣流布して断絶せしむること無けん」と云云、誠に以て分明なり。


[上行菩薩結要付属口伝] 完

by johsei1129 | 2019-10-25 22:50 | 血脈・相伝・講義 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 25日

日蓮大聖人が法華経神力品で、末法での法華経流布の付属を受けたことを示した【上行菩薩結要付属口伝】二

[上行菩薩結要付属口伝]その二

  文句の八に云く「初めに一行は通じて邪人を明す即ち俗衆なり、次に一行は道門増上慢の者を明す、三に七行は僣聖増上慢の者を明す、故に此の三の中初めは忍ぶ可し次は前に過ぐ第三は最も甚し」と云云。
涌出品に云く「爾の時に他方の国土の諸の来れる菩薩摩訶薩・八恒河沙の数に過ぎたり、大衆の中に於て起立(きりゅう)し合掌し礼(らい)を作(な)して仏に白して言く、世尊若し我等に仏の滅後に於て此の娑婆世界に在つて勤加精進し是の経典を護持し読誦し書写し供養せんことを聴したまわば当に此の土に於て広く之を説きたてまつるべし、爾の時に仏諸の菩薩摩訶薩衆に告(つげたまわ)く止みね善男子汝等が此の経を護持せんことを須(もち)いじ所以は何ん、我が娑婆世界に自ら六万恒河沙等の菩薩摩訶薩有り、一一の菩薩各(おのおの)六万恒河沙の眷属有り是の諸人等能く我が滅後に於て護持し読誦し広く此の経を説かん」と云云五巻畢。

 属累品に云く「爾の時に釈迦牟尼仏・法座従り起つて大神力を現じたもう・右の手を以て無量の菩薩摩訶薩の頂を摩でて是の言を作(な)したまわく我無量百千万億・阿僧祇劫に於て是の得難き阿耨多羅三藐三菩提の法を修習せり今以て汝等(なんだち)に付属す汝等当に一心に此の法を流布して広く増益(ぞうやく)せしむべし、是くの如く三たび諸の菩薩摩訶薩の頂を摩でて是の言を作したまわく我無量百千万億・阿僧祇劫に於て是の得難き阿耨多羅三藐三菩提の法を修習せり今以て汝等に付属す、汝等当に受持読誦し広く此の法を宣べて一切衆生をして普く聞知(もんち)することを得せしむべし所以は何ん如来は大慈悲有つて諸の慳恡(けんりん)無く亦畏るる所無く能く衆生に仏の智慧・如来の智慧・自然の智慧を与う如来は是一切衆生の大施主なり汝等亦随つて如来の法を学ぶべし慳りんを生ずること勿れ」と云云。

 文句の九に云く涌出品下「如来之を止めたもうに凡そ三義有り、汝等(なんだち)各各に自ら己が任有り若し此の土に住せば彼の利益を廃せん、又他方は此土結縁の事浅し宣授せんと欲すと雖も必ず巨益(こやく)無からん又若し之を許さば則ち下を召すことを得ず下若し来らずんば迹を破することを得ず遠を顕すことを得ず是を三義もつて如来之を止(とど)めたもうと為す、下方を召して来らしむるに亦三義有り是れ我が弟子なり我が法を弘むべし縁深広なるを以て能く此の土に遍じて益し分身の土に遍して益し他方の土に遍して益す、又開近顕遠することを得・是の故に彼を止めて下を召すなり」と云云。

 記に云く「問う諸の仏菩薩は共に未熟を熟す何の彼此(ひし)有らん分身散影(ぶんしんさんよう)して普く十方に遍す而るを己任及び廃彼(はいひ)と言うや、答う諸の仏菩薩は実に彼此無し但機に在無(ざいむ)有り無始法爾(ほうに)なり故に第二の義を以て初の義を顕わして結縁事浅と云う、初め此の仏菩薩に従つて結縁し還つて此の仏菩薩に於て成就す」と云云、又云く「子・父の法を弘むるに世界の益有り」と云云、記の八に云く「因薬王とは本薬王に託し茲に因せて余に告ぐ此れ流通の初なり先に八万の大士(だいじ)に告ぐとは、大論に云く法華は是秘密なれば諸の菩薩に付すと、下の文に下方を召すが如きは尚本眷属を待つ験し余は未だ堪えず」云云、問う何が故ぞ他方を止めて本眷属を召すや、答う私の義有る可らず霊山の聴衆・天台の所判に任す可し、疏に云く「涌出に三と為す一には他方の菩薩弘経を請す二には如来許したまわず三には下方の涌出なり、他方の菩薩は通経の福の大なることを聞いて咸く願を発し此の土に住して弘宣せんと欲するが故に請ず、之が為に如来之を止めたもう」等と云云。

[上行菩薩結要付属口伝]その三に続く


by johsei1129 | 2019-10-25 22:45 | 血脈・相伝・講義 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 25日

日蓮大聖人が法華経神力品で、末法での法華経流布の付属を受けたことを示した【上行菩薩結要付属口伝】一

【上行菩薩結要付属口伝(じょうぎょうぼさつけっちょうふぞくくでん】
■出筆時期:建治元年(西暦1275年) 五十四歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵
■出筆の経緯:法華経如来神力品第二十一で説かれている「釈尊滅後二千年後の末法に、『妙法蓮華経』の流布を、釈尊から地涌の菩薩の上首たる上行菩薩(日蓮大聖人)に付属されたことを示した書で、弟子一同に対しあてられたものと思われる。
■ご真筆: 現存していない。

[上行菩薩結要付属口伝]その一

妙法蓮華経見宝塔品第十一「爾の時に仏前に七宝(しっぽう)の塔有り」と云云、又云く「即時に釈迦牟尼仏・神通力を以て諸の大衆を接して皆虚空に在(おき)たもう、大音声を以て普く四衆に告げたまわく誰か能く此の娑婆国土に於て広く妙法華経を説かん今正く是れ時なり如来久しからずして当に涅槃に入るべし仏・此の妙法華経を以て付属して在ること有らしめんと欲す」云云、又云く「諸余の経典数恒沙の如し」と云云、又云く「諸の大衆に告ぐ我滅度の後に誰か能く斯の経を護持し読誦せん今仏前に於て自ら誓言を説け」と・又云く「此の経は持ち難し若し暫くも持つ者は我即ち歓喜す諸仏も亦然なり是の如きの人は諸仏の歎(ほ)め給う所なり」と云云、妙法蓮華経勧持品第十三「爾時薬王菩薩摩訶薩及び大楽説菩薩摩訶薩・二万の菩薩眷属と倶に皆仏前に於て是の誓言を作さく唯願くば世尊以て慮(うらおもい)したもうべからず我等・仏の滅後に於て当に此の経典を奉持し読誦し説きたてまつるべし、後の悪世の衆生は善根転た少くして増上慢多く利供養を貪り不善根を増し解脱を遠離せん教化すべきこと難しと雖も我等当に大忍力(だいにんりき)を起して此の経を読誦し持説し書写し種種に供養して身命を惜まざるべし、爾の時に衆中の五百の阿羅漢の授記を得たる者・仏に白(もう)して言(もう)さく世尊我れ等亦自ら誓願すらく異の国土に於て広く此の経を説かんと、復学無学の八千人の授記を得たる者有り座従(よ)り起(たっ)て合掌し仏に向いたてまつりて是誓言を作さく世尊・我等亦当に他の国土に於て広く此の経を説きたてまつるべし・所以は何ん是の娑婆国の中は人・弊悪多く増上慢を懐き功徳浅薄に瞋濁諂曲(しんじょくてんごく)にして心不実なるが故に」と云云、又云く「爾の時に世尊・八十万億那由佗の諸の菩薩摩訶薩を視(みそなわ)す是の諸の菩薩は皆是阿惟越致(あゆいおっち)なり、即時に諸の菩薩倶に同く声を発して偈を説いて言(もう)さく、唯願くは慮したもうべからず仏の滅度の後・恐怖悪世の中に於て我等当に広く説くべし諸の無智の人の悪口罵詈等し及び刀杖を加うる者有らん我等皆当に忍ぶべし、悪世の中の比丘は邪智にして心諂曲に未だ得ざるをこれ得たりと謂(おも)い我慢の心充満せん、或は阿練若に納衣にして空閑に在り自ら真の道を行ずと謂いて人間を軽賤する者有らん、利養に貪著するが故に白衣(びゃくえ)の与に法を説いて世に恭敬せらるること六通の羅漢の如くならん是の人悪心を懐き常に世俗の事を念い名を阿練若に仮りて好んで我等の過を出ださん、濁世の悪比丘は仏の方便・随宜所説の法を知らずして悪口して顰蹙し数数擯出せられん」と云云。

[上行菩薩結要付属口伝]その二に続く


by johsei1129 | 2019-10-25 22:37 | 血脈・相伝・講義 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 25日

【一代五時鶏図  その五】

【一代五時鶏図  本文】その五 

|--主上 |--二天
|--主-------|--天尊 |--大梵天
|--世尊    違はば八虐 |---天竺--|--第六天
|--法王     -----------------------|    |--帝釈天
       |---国王 |--師子頬王
       |--人王 |--浄飯王
       |--天王
釈尊    |--三皇
   |---震旦    |--五帝
|--三王等

                          |---日本国--神武天皇


違はば七逆
|-師----- 師匠 ---------------|---外道師----|---三仙----う迦毘羅、楼僧伽、勒沙婆
      |---六師
|---外典師-----|---四聖------|--尹喜
|--周公旦 |---務成
|--孔子 |---老たん
|-- 顔回 |---呂望


|--世尊 |--三界特尊                 |--理性の子 結縁の子
今此三界 皆是我有    其中衆生 悉是吾子
文句の五に云く「一切衆生等しく仏性有り。仏性同じきが故に等しく是れ子なり」

   |--娑婆有縁仏 
而今此処 多諸患難 唯我一人 能為救護
玄の六に云く「本、此の仏に従つて初めて道心を発し、亦此の仏に従つて不退の地に住す」

文句の六に云く「旧は西方の無量寿仏を以て長者に合す今は之を用いず。西方は仏別に縁異り仏別なる故に隠顕の義成ぜず縁異る故に子父の義成ぜず、又此の経の首末全く此の旨無し眼を閉(とざ)し穿鑿(せんさく)せよ。舎那の著脱(ちゃくだつ)近く尚知らず弥陀は遠きに在り何ぞ嘗て変換せん」云云。

記の六に云く「西方等とは弥陀・釈迦の二仏既に殊なり豈弥陀をして珍玩(ちんがん)の服を隠さしめ乃ち釈迦をして弊垢(へいく)の衣を著せ使めん状、釈迦珍服の隠す可き無く弥陀唯勝妙の形なるに当る。況や宿昔の縁別に化導同じからざるをや。結縁は生の如く成就は養の如し生養の縁異れば父子成ぜず。珍弊途を分ち著脱殊に隔る消経事闕けて調熟の義乖(そむ)く当部の文永く斯の旨無し。舎那著脱等とは舎那の動ぜずして而も往くに迷う。弥陀の著弊(ちゃくへい)は諸教に文無し、若し平等意趣を論ぜば彼此奚(いずくん)ぞ嘗て自ら矜(ほこ)らん。縦い他を我が身とするも還つて我が化を成す我他の像を立つれば乃ち他縁を助く、人之を見ざれば化縁便ち乱る。
 故に知んぬ夫(か)の結縁とは並に応身に約することを我昔曾て二万億等と云うが如し。況や十六王子始縦(よ)り今に至つて機感相成し任運に分解す。是の故に彼の弥陀を以て此の変換と為す可からず」と。


【一代五時鶏図  本文】その六に続く 






by johsei1129 | 2019-10-25 22:26 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 25日

【一代五時鶏図  その四】

【一代五時鶏図  その四】



| -- 諸宗依憑宗
|---仏立宗 世尊法久後 要当説真実
  |--天台宗
法華経
 ---|---法華宗 |-廃也 |-或は前三教と云い或は前四教前四味と云うなり。
| |-或は先の三教の円教に摂尽するを云う。
             
正直捨方便 但説無上道
|---顕露彰灼宗

|--四時七教 五時八教
|--- 普賢経(結経) 雖示種種道 其実為仏乗--唯一仏乗
 |-- 叡山の戒壇 将非魔作仏 悩乱我心耶
久黙此要 不務速説

|--華厳経・大日経・深密経・楞伽経・大品経・般若経等
                 |-- |--無量義経
|-- | |--涅槃経等
「我が所説の経典は無量千万億にして已に説き今説き当に説かん。而も其の中に於て此の法華経最も為(これ)難信難解なり」、記の六に云く「縦い経有つて諸経の王と云うとも已今当説最為第一と云わず、兼但対帯其の義知んぬべし」、玄の三に云く「舌口中に爛る」、籤の三に云く「已今当の妙此に於て固く迷えば舌爛れて止まざるは猶華報と為す。謗法の罪苦長劫に流る」又云く「諌暁止まず」



法四依第六巻 人四依 |--法四依 第六巻
| 結経 依法不依人 |-- 依法不依人---人四依
|---像法決疑経 依義不依語 |--依義不依語
涅槃経( 一日一夜) ----------------------|-- 依智(--仏智)不依識 (--菩薩等識)
| |--依了義経 (--法華経) 不依不了義経(--爾前の経経)
|---八十御入滅---|---七十九・八十・八十一
|---八十二・百五・百二十


【一代五時鶏図  その五】に続く




by johsei1129 | 2019-10-25 22:21 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 25日

【一代五時鶏図 その三】

【一代五時鶏図 本文 その三】
【一代五時鶏図 その三】_f0301354_21082131.jpg-















[本国寺所蔵の一代五時鶏図御真筆]

方等部
  |
  | |-- 難行易行 |---曇鸞法師
 | ---雙観経 |  |--聖道浄土 |---道綽禅師
 |---観経 |-------浄土宗 -------------|--善導和尚
 |---阿弥陀経|---|--雑行正行 |--恵感禅師
 |--諸行念仏 |--法照


三十年 |--或は云はく四論宗
   |----大品般若 |--或は云はく法性宗
   |----光讃般若 --- 百論 大バ菩薩造 |--或は云はく無相宗
   |---般若経---|----金剛般若 ---中論 竜樹菩薩造 三論宗---浄影、興皇、
                                      ---嘉祥寺吉蔵大師、道朗

|---天王問般若 ---十二門論 論 同    |---三時を立て一代を摂尽す
|----摩訶般若 ----大論 論 同 |-- 或は二蔵を立つ
                                   |--或は三転法輪を立つ
|----仁王般若(結経)


     |---華厳三七日・阿含十二年・方等般若三十年・已上四十二年なり。
                   |---法界性論に云く四十二年


無量義経に云く「方便力を以ての故に四十余年には未だ真実を顕さず」又云く「無量無辺不可思議阿僧祇劫を過るも終に無上菩提を成ずるを得ず、所以は何ん菩提の大直道を知らず険逕(けんけい)を行くに留難多きが故に」又云く「大直道を行けば留難無きが故に」


【一代五時鶏図 本文 その四】に続く










by johsei1129 | 2019-10-25 22:20 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 25日

【一代五時鶏図 その二】

【一代五時鶏図  本文 その二】



 |--- 小乗
 |---十二年
阿含経-----長阿含 成実宗
 | ------中阿含   |------倶舎宗( 経 定)
 | -------増一阿含 |----- 成実宗(論)
 | --------雑阿含  |-------律宗(戒)
 |
 |----------結経遺教経------ 小乗戒之を出す


 |----大乗 |---或は伝はく法華以前
 | 或説時不定            |---或は伝はく法華以後
 |或十六年 |----深密経五巻--|--- 瑜伽論(一百巻)----弥勒菩薩説 |   有相宗 三時を立て一代を摂尽す
 |或八箇年 ---無著菩薩筆 |----法相宗-- 玄奘三蔵、慈恩大師
                                        六経十一論 
 |---唯識論(三十頌)---世親菩薩造 |

方等部
---------------------------|---瓔珞経---- 結経
 |---権大乗 | |--或は諸法無行経
 |----楞伽経---|--或は伝はく金剛般若経
 |     ---|---或は伝はく大円覚経
 |---或は首楞厳経
 ---或は云く一切経
 ---- 或は云く教外別伝

 |---菩提心論(一巻七枚)----- 或は云く竜樹の造、 或は云く不空の造


【一代五時鶏図  本文 その三】に続く








by johsei1129 | 2019-10-25 22:18 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 25日

釈尊一代の経の次第と中国日本諸宗派との関連を詳細に図示された【一代五時鶏図 】

【一代五時鶏図 その一】

■出筆時期:建治元年(1275) 五十四歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:弟子・信徒の教化のため釈尊一代五時の経の次第と中国・日本の諸宗派との関連及び人本尊を図で示した書。鶏図とは本抄がまるで鳥が両翼を伸ばした様な図で示されていることから名付けられておられます。本抄と同様な図の真筆は複数現存しており、日蓮大聖人が精力的に弟子・信徒の教化に勤められていたことを伺い知ることができます。
■ご真筆:静岡県 西山本門寺所蔵。古写本:日興上人(富士大石寺所蔵)。


釈尊一代の経の次第と中国日本諸宗派との関連を詳細に図示された【一代五時鶏図 】_f0301354_23545283.jpg











千葉県弘法寺蔵一代五時図(本抄の鶏図と同種)


【一代五時鶏図 本文】その一


 |---寿命三百年
 |---羅什訳百論
 |---法雲自在王如来--- 観自在王如来千巻
 |---仏滅後六七八
大論[百巻の論、千巻]に云く、十九出家三十成道
 竜樹(猛)菩薩 第十一馬鳴菩薩の御弟子 付法蔵の第十三。
 三十万巻
 大悲方便論 十万偈
  大心論 十万偈
 大無畏論 十万偈


 |----実大乗
 |----権大乗
 | 二七日  立五教を立て 一代を摂尽す。
華厳経 -----------華厳宗 --------杜順和尚、智儼法師 、法蔵大師-------香象大師、 賢首法師、華厳和尚
 | 三七日
 |----------------結経は梵網経 大乗戒之を出す

【一代五時鶏図 その二】に続く




by johsei1129 | 2019-10-25 22:16 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 25日

沙の餅を仏に供養した得勝童子が阿育大王になった故事を引いて、白米五升を法華経に供養した施主を称えられた【米和布御書】

【米和布御書】
■出筆時期:建治元年(1275) 五十四歳歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄の対合衆は不明ですが、白米五升と身延山中では貴重な和布(わかめ)を遣わした施主を、得勝童子が砂の餅を釈迦に供養し阿育大王になった謂れを説いて「是の故に成仏し候ひ了んぬ。何故に飢ゑを申すべき」と称えられておられます。尚、「乃時」とは大聖人が使いの者を待たせてその場で返書を認めたことを意味し、また使いの者に手渡ししたため宛名は記さず「返事」と簡略されておられます。
■ご真筆:広島 浅野氏所蔵。

【米和布御書 本文】

白米五升、和布(わかめ)一連給び了んぬ。

阿育大王は昔得勝童子なり。沙(すな)の餅を以て仏に供養し一閻浮提の王と為る。
今施主は白米五升を以て法華経に供養す。
是の故に成仏し候ひ了んぬ。何故に飢ゑを申すべき。

乃時 日蓮 花押
返事



by johsei1129 | 2019-10-25 22:14 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 25日

法華経譬喩品の「今此三界・皆是我有・其中衆生・悉是吾子」を解き明かすとともに 「若し悪友に値へば則ち本心を失ふ」と諭された【其中衆生御書】

【其中衆生御書】
■出筆時期:建治元年(1275) 五十四歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書の前後が伝えられておらず 対告衆の詳細は不明ですが、法華経及び天台の釈を引用し三千塵点、五百塵点を論じていることから推察すると、法華経への理解の深い強信徒に送られた書と思われます。

大聖人は本書で「(阿弥陀等の)十方の諸仏は養父、教主釈尊は親父なり」と断じるとともに「今七宗八宗等の悪師に遇ふて法華を捨てるの間今に五百塵点を歴たり<中略>天台云はく「若し悪友に値へば則ち本心を失ふ」と、厳しく諭されておられます。
■ご真筆:現存しておりません。

【其中衆生御書 本文】

「其の中の衆生は悉く是吾が子なり。而も今此の処は諸の患難多し。唯我一人のみ能く救護を為す」等云云。
此の経文は釈尊は三義を備へ阿弥陀等の諸仏は三義欠けたり。此の義前々の如し。但し唯我一人の経文は小乗経の語にも非ず、諸大乗経の帯権赴機(たいごんふき)の説にも非ず、多宝十方の仏の証明を加へし金言なり。今の念仏者等の賢父の教言なり、明王の奉詔(ほうしょう)なり、聖師の教訓なり。三義に背き二十逆罪を犯し入阿鼻獄の人と成る事悲しむべし悲しむべし。是は法華経の初門の法門なり。次第に深く之を説かん云云。
  
迹門には三千塵点已来、娑婆世界の衆生は阿弥陀等の諸仏に棄てられ畢んぬ。化城喩品に云はく「爾の時に聞法の者、各の諸仏の所に在り乃至是の本因縁を以て今法華経を説く」云云。此くの如き経文は文に云はく「娑婆世界の衆生は過去三千塵点已来、一人として阿弥陀等の十方の十五仏の浄土へは生まるゝ者之(これ)無し」と。

天台云はく「旧に西方を以て、以て長者を合す。今は之を用ひず。西方は仏別にして縁異なり、仏別なるが故に隠顕の義成ぜず。縁異なるが故に子父の義成ぜず。又此の経の首末に全く此の旨無し。眼を閉ぢて穿鑿す」と。
妙楽云はく「西方等とは宿昔(しゅくせき)の縁別にして化道同じからず。結縁は生の如く成熟(じょうじゅく)は養の如し。生養の縁異なれば子父成ぜず」等云云。此くの如きの文は十方の諸仏は養父、教主釈尊は親父なり。
天台に多くの釈有りと雖も此の釈を以て本と為すべし。所々に弥陀を讃むる事は且く依経による。例せば世親等の阿含経を讃めたるが如し。

本門を以て之を論ずれば五百塵点已来釈尊の実子なり。然りと雖も或は世間に著して法華を捨て、或は小乗権大乗経に著して法華経を捨て、或は迹門に著して本門を知らず、或は当説に著して法華を捨て、或は十方の浄土に心を懸け、或は弥陀の浄土に心を懸ける等。
今七宗八宗等の悪師に遇ふて法華を捨てるの間今に五百塵点を歴(へ)たり。涅槃経の二十二に云はく、天台云はく「若し悪友に値へば則ち本心を失ふ」と。
疑って云はく、本迹二門の流通たる薬王品に弥陀の浄土を勧めたり如何。答へて云はく、薬王品の弥陀は爾前迹門の弥陀に非ず。名同体異是なり。無量義経に云はく「言辞是一にして而も義は別異なり」云云。妙楽云はく「須臾も観経等を指さざるなり」と。一切之を以て知るべし。
所詮、発起影向等の深位の菩薩は十方の浄土より娑婆世界へ来たり、娑婆世界より十方浄土へ往く。
(これ以降の文は残されておられません。)


 【妙法蓮華経 譬諭品第三】
今此三界 皆是我有 其中衆生 悉是吾子 
 而今此処 多諸患難 唯我一人 能為救護 
 雖復教詔 而不信受 於諸欲染 貪著深故 
 是以方便 為説三乗 令諸衆生 知三界苦
 開示演説 出世間道 是諸子等 若心決定
 具足三明 及六神通 有得縁覚 不退菩薩
 汝舎利弗 我為衆生 以此譬諭 説一仏乗
 汝等若能 信受是語 一切皆当 得成仏道

 [和訳]
 今此の三界は、皆是れ我有なり。其中の衆生は悉く是れ吾が子なり。 
 而して今、此の処は諸の患難(げんなん)多く、唯我(仏)一人のみ能く救護せん。 
 復、教詔すと雖も、而して信受せず。諸の欲染に於いて深く貪著する故なり。 
 是を以って、方便にて三乗を説き、諸の衆生をして、三界の苦を知らしめ、
 出世間の道を開き示し演説するなり。是れ諸の子等、若し心決定するならば、
 三明及び六神通を具足し、縁覚と不退の菩薩(菩薩から退く事がない境涯)を得ること有るなり。
 汝、舎利弗よ。我、衆生の為に此の譬諭を以て一仏乗を説き、
 汝等、若し能く是の語を信受せば、一切皆、当に仏道を成ずることを得るべし。






by johsei1129 | 2019-10-25 22:12 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)