人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2019年 09月 05日 ( 3 )


2019年 09月 05日

唯一妙法蓮華経のみが女人も仏に成ることを明かした書【法華経題目抄】三

[法華経題目抄 本文] その三
 此くの如く諸経に嫌はれたりし女人を文殊師利菩薩の妙の一字を説き給いしかば忽に仏になりき、あまりに不審なりし故に宝浄世界の多宝仏の第一の弟子智積(ちしゃく)菩薩、釈迦如来の御弟子の智慧第一の舎利弗(しゃりほつ)尊者、四十余年の大小乗経の経文をもつて竜女の仏になるまじき由を難ぜしかども終に叶はず仏になりにき、初成道の「能く仏の種子を断つ」雙林最後の「一切の江河必ず回曲有り」の文も破れぬ、銀色女経・並に大論の亀鏡も空しくなりぬ智積・舎利弗は舌を巻きて口を閉ぢ人天大会は歓喜せしあまりに掌を合せたりき、是れ偏に妙の一字の徳なり、此の南閻浮提の内に二千五百の河あり一一に皆まがれり、南閻浮提の女人の心のまがれるが如し、但し娑婆耶(しゃばや)と申す河あり、縄を引きはえたるが如くして直に西海に入る、法華経を信ずる女人亦復是くの如く直に西方浄土へ入るべし、是れ妙の一字の徳なり、妙とは蘇生の義なり、蘇生と申すはよみがへる義なり、譬えば黄鵠(さい)の子・死せるに鶴の母・子安(しあん)となけば死せる子・還つて活(よみがえ)り、鴆鳥(ちんちょう)・水に入れば魚蚌(ぎょぼう)悉く死す、犀(さい)の角これに・ふるれば死せる者皆よみがへるが如く爾前の経経にて仏種をいりて死せる二乗・闡提(せんだい)・女人等・妙の一字を持ちぬれば・いれる仏種も還つて生ずるが如し、天台云く「闡提は心有り猶(なお)作仏すべし二乗は智を滅す心生ず可からず、法華能く治す復称して妙と為す」と、妙楽云く「但大と云いて妙と名づけざるは一には有心は治し易く無心は治し難し、治し難きを能く治す所以に妙と称す」等云云、此等の文の心は大方広仏華厳経・大集経・大品経・大涅槃経等は題目に大の字のみありて妙の字なし、但生(いけ)る者を治して死せる者をば治せず、法華経は死せる者をも治するが故に妙と云ふ釈なり、されば諸経にしては仏になる者も仏になるべからず、其の故は法華は仏になりがたき者すら尚仏になりぬ、なりやすき者は云ふにや及ぶと云う道理立ちぬれば法華経をとかれて後は諸経にをもむく一人もあるべからず。

 而るに正像二千年過ぎて末法に入つて当世の衆生の・成仏往生のとげがたき事は在世の二乗闡提等にも百千万億倍すぎたる衆生の観経等の四十余年の経経によりて生死をはなれんと思うは・はかなし・はかなし、女人は在世・正像末総じて一切の諸仏の一切経の中に法華経を・はなれて仏になるべからず、霊山の聴衆道場開悟(かいご)たる天台智者大師・定めて云く「他経は但男に記して女に記せず今経は皆記す」等云云、釈迦如来・多宝仏・十方諸仏の御前にして摩竭提(まかだ)国王舎城の艮(うしとら)・鷲(わし)の山と申す所にて八箇年の間・説き給いし法華経を智者大師まのあたり聞こしめしけるに我五十余年の一代聖教を説きをく事は皆衆生利益のためなり、但し其の中に四十二年の経経には女人・仏になるべからずと説きたまひしなり、今法華経にして女人仏に成ると・とくと・なのらせ給いしを仏滅後・一千五百余年に当つて鷲の山より東北・十万八千里の山海をへだてて摩訶尸那(まかしな)と申す国あり震旦(しんたん)国是なり、此の国に仏の御使に出でさせ給ひ天台智者大師となのりて女人は法華経を・はなれて仏になるべからずと定めさせ給いぬ。

 尸那国より三千里をへだてて東方に国あり日本国となづけたり、天台大師・御入滅・二百余年と申せしに此の国に生れて伝教大師となのらせ給いて秀句と申す書を造り給いしに「能化・所化倶(とも)に歴劫無し妙法経の力にて即身に成仏す」と竜女が成仏を定め置き給いたり、而るに当世の女人は即身成仏こそ・かたからめ往生極楽は法華を憑(たの)まば疑いなし、譬えば江河の大海に入るよりもたやすく雨の空より落つるよりもはやくあるべき事なり、而るに日本国の一切の女人は南無妙法蓮華経とは唱へずして女人の往生成仏をとげざる雙観・観経等によりて弥陀の名号を一日に六万遍・十万遍なんどとなうるは、仏の名号なれば巧(たくみ)なるには似たれども女人不成仏・不往生の経によれるが故にいたずらに他の財を数えたる女人なり、これひとえに悪知識にたぼらかされたるなり、されば日本国の一切の女人の御かたきは虎狼よりも山賊・海賊よりも父母の敵・とわり等よりも法華経をばをしえずして念仏ををしゆるこそ一切の女人のかたきなれ。

 南無妙法蓮華経と一日に六万・十万・千万等も唱えて後に暇(ひま)あらば時時(よりより)阿弥陀等の諸仏の名号をも口ずさみ・なるやうに申し給はんこそ法華経を信ずる女人にては・あるべきに当世の女人は一期の間・弥陀の名号をば・しきりに・となへ念仏の仏事をば・ひまなくをこなひ法華経をばつやつや唱へず供養せず或はわづかに法華経を持経者に・よますれども念仏者をば父母・兄弟なんどのやうに・をもひなし持経者をば所従眷属よりもかろくをもへり、かくして・しかも法華経を信ずる由を・なのるなり、抑(そもそ)も浄徳夫人は二人の太子の出家を許して法華経をひろめさせ竜女は「我大乗の教を闡(ひら)いて苦の衆生を度脱せん」とこそ誓ひしが全く他経計りを行じて此の経を行ぜじとは誓はず、今の女人は偏(ひとえ)に他経を行じて法華経を行ずる方をしらず、とくとく心をひるがへすべし・心をひるがへすべし、南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経。
                                                  日蓮花押
文永三年丙寅正月六日清澄寺に於いて未の時書し畢(おわ)んぬ。

by johsei1129 | 2019-09-05 22:54 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 09月 05日

唯一妙法蓮華経のみが女人も仏に成ることを明かした書【法華経題目抄】二

[法華経題目抄 本文] その二
 先ず妙法蓮華経の以前・四十余年の間の経の中に大方広仏華厳経と申す経まします、竜宮城には三本あり上本は十三世界微塵数の品・中本は四十九万八千八百偈・下本は十万偈四十八品・此の三本の外に震旦(しんたん)・日本には僅に八十巻六十巻等あり、阿含・小乗経・方等・般若の諸大乗経等、大日経は梵本には阿嚩囉訶佉(あばらかきゃ)の五字計りを三千五百の偈をもつてむすべり、況(いわん)や余の諸尊の種子・尊形三摩耶(まや)・其の数をしらず、而るに漢土には但纔(ただわずか)に六巻七巻なり、涅槃経は雙林(そうりん)最後の説・漢土には但四十巻是も梵本之れ多し、此等の諸経は皆釈迦如来の所説の法華経の眷属の修多羅(しゅたら)なり、此の外過去の七仏・千仏・遠遠劫の諸仏の所説・現在十方の諸仏の説経皆法華経の経の一字の眷属なり、されば薬王品に仏・宿王華(しゅくおうけ)菩薩に対して云く「譬えば一切の川流江河の諸水の中に海為(こ)れ第一なるが如く衆山の中に須弥山為れ第一・衆星の中に月天子最も為れ第一」等云云、妙楽大師の釈に云く「已今当説最為第一」等云云、此の経の一字の中に十方法界の一切経を納めたり、譬えば如意宝珠の一切の財を納め虚空の万象を含めるが如し、経の一字は一代に勝る故に妙法蓮華の四字も又八万法蔵に超過するなり、妙とは法華経に云く「方便の門を開いて真実の相を示す」、章安大師の釈に云く「秘密の奥蔵(おうぞう)を発(ひら)く之を称して妙と為す」、妙楽大師此の文を受けて云く「発とは開なり」等云云、妙と申す事は開と云う事なり世間に財を積める蔵に鑰(かぎ)なければ開く事かたし開かざれば蔵の内の財を見ず、華厳経は仏説き給いたりしかども経を開く鑰をば仏・彼の経に説き給はず、阿含・方等・般若・観経等の四十余年の経経も仏説き給いたりしかども彼の経経の意をば開き給はず、門を閉じて・をかせ給いたりしかば人・彼の経経をさとる者一人もなかりき、たとひ・さとれりとをもひしも僻見(びゃっけん)にてありしなり、而るに仏・法華経を説かせ給いて諸経の蔵を開かせ給いき、此の時に四十余年の九界の衆生始めて諸経の蔵の内の財をば見しりたりしなり、譬えば大地の上に人畜・草木等あれども日月の光なければ眼ある人も人畜・草木の色形をしらず、日月・出で給いてこそ始めてこれをば知る事なれ、爾前の諸経は長夜の闇の如く法華経の本迹二門は日月の如し、諸の菩薩の二目ある二乗の眇目(すがめ)なる凡夫の盲目(めくら)なる闡提(せんだい)の生盲(いきめくら)なる共に爾前の経経にてはいろかたちをばわきまへずありし程に、法華経の時・迹門の月輪始めて出で給いし時・菩薩の両眼先にさとり、二乗の眇目次にさとり、凡夫の盲目次に開き、生盲の一闡提未来に眼の開くべき縁を結ぶ是れ偏に妙の一字の徳なり。

 迹門十四品の一妙・本門十四品の一妙合せて二妙、迹門の十妙本門の十妙合せて二十妙、迹門の三十妙・本門の三十妙合せて六十妙、迹門の四十妙・本門の四十妙・観心の四十妙合せて百二十重の妙なり、六万九千三百八十四字一一の字の下に一の妙あり総じて六万九千三百八十四の妙あり、妙とは天竺には薩と云い漢土には妙と云う、妙とは具の義なり具とは円満の義なり、法華経の一一の文字・一字一字に余の六万九千三百八十四字を納めたり、譬えば大海の一滴の水に一切の河の水を納め一の如意宝珠の芥子(けし)計りなるが一切の如意宝珠の財を雨らすが如し、譬えば秋冬枯れたる草木の春夏の日に値うて枝葉・華菓・出来するが如し、爾前の秋冬の草木の如くなる九界の衆生・法華経の妙の一字の春夏の日輪にあひたてまつりて菩提心の華さき成仏往生の菓なる、竜樹菩薩の大論に云く「譬えば大薬師の能く毒を以て薬と為すが如し」云云、此の文は大論に法華経の妙の徳を釈する文なり、妙楽大師の釈に云く「治し難きを能く治す所以(ゆえ)に妙と称す」等云云、総じて成仏往生のなりがたき者・四人あり第一には決定性の二乗・第二には一闡提人・第三には空心の者・第四には謗法の者なり、此等を法華経にをいて仏になさせ給ふ故に法華経を妙とは云うなり。

 提婆達多は斛飯(こくぼん)王の第一の太子・浄飯(じょうぼん)王にはをひ・阿難尊者がこの(兄)かみ・教主釈尊にはいとこに当る・南閻浮提にかろからざる・人なり、須陀比丘を師として出家し阿難尊者に十八変をならひ外道の六万蔵・仏の八万蔵を胸にうかべ五法を行じて殆ど仏よりも尊きけしきなり、両頭を立てて破僧罪を犯さんために象頭山に戒壇を築き仏弟子を招き取り、阿闍世太子をかたらいて云く我は仏を殺して新仏となるべし太子は父の王を殺して新王となり給へ、阿闍世太子・すでに父の王を殺せしかば提婆達多は又仏をうかがい大石をもちて仏の御身より血をいだし阿羅漢たる華色(けしき)比丘尼を打ちころし五逆の内たる三逆をつぶさにつくる、其の上瞿伽梨(くぎゃり)尊者を弟子とし阿闍世王を檀那とたのみ五天竺・十六の大国・五百の中国等の一逆・二逆・三逆等をつくれる者は皆提婆が一類にあらざる事これなし、譬えば大海の諸河をあつめ大山の草木をあつめたるがごとし、智慧の者は舎利弗にあつまり・神通の者は目連にしたがひ・悪人は提婆に・かたらいしなり、されば厚さ十六万八千由旬・其の下に金剛の風輪ある大地すでにわれて生身に無間大城に堕ちにき、第一の弟子瞿伽梨も又生身に地獄に入る旃遮婆羅門女(せんしゃばらもんにょ)も・おちにき・波瑠璃(はるり)王もをちぬ善星比丘もおちぬ、又此等の人人の生身に堕ちしをば五天竺・十六の大国・五百の中国・十千の小国の人人も皆これをみる、六欲・四禅・色・無色・梵王・帝釈・第六天の魔王も閻魔法王等も皆御覧ありき、三千大千世界・十方法界の衆生も皆聞きしなり、されば大地・微塵劫はすぐとも無間大城を出づべからず、劫石(ごうしゃく)はひす(薄)らぐとも阿鼻大城の苦は・つきじとこそ思い合いたりしに、法華経の提婆品にして教主釈尊の昔の師・天王如来と記し給う事こそ不思議にをぼゆれ、爾前の経経・実ならば法華経は大妄語・法華経実ならば爾前の諸経は大虚誑(こおう)罪なり、提婆が三逆を具(つぶさ)に犯して其の外無量の重罪を作りし天王如来となる、況(いわん)や二逆・一逆等の諸の悪人の得道疑いなき事譬えば大地をかへすに草木等のかへるがごとく堅石をわる者・輭草(なんそう)をわるが如し、故に此の経をば妙と云ふ。

  女人をば内外典に是をそしり三皇五帝の三墳五典に諂曲(てんごく)の者と定む、されば災(わざわい)は三女より起ると云へり国の亡び人の損ずる源は女人を本とす、内典の中には初成道の大法たる華厳経には「女人は地獄の使なり能く仏の種子を断つ外面は菩薩に似て内心は夜叉(やしゃ)の如し」と云い、雙林(そうりん)最後の大涅槃経には「一切の江河必ず回曲(えこく)有り一切の女人必ず諂曲(てんごく)有り」と、又云く「所有(あらゆる)三千界の男子の諸の煩悩・合集して一人の女人の業障と為る」等云云、大華厳経の文に「能く仏の種子を断つ」と説かれて候は女人は仏になるべき種子をい(焦)れり、譬えば大旱魃(かんばつ)の時・虚空の中に大雲をこり大雨を大地に下すに・かれたるが如くなる無量無辺の草木・花さき菓(このみ)なる、然りと雖(いえど)もいれる種はをひずして結句・雨しげければ・くちうするが如し、仏は大雲の如く・説教は大雨の如く・かれたるが如くなる草木を一切衆生に譬えたり、仏教の雨に潤い五戒十善禅定等の功徳を修するは花さき菓なるが如し、雨・ふれどもいりたる種のをひずかへりて・くちうするは女人の仏教にあひて生死を・はなれずして・かへりて仏法を失ひ悪道に堕つるに譬ふべし、是を「能く仏の種子を断つ」とは申すなり、涅槃経の文に一切の江河のまがれるが如く女人も又まがれりと説かれたるは、水はやわらかなる物なれば石山なんどの・こわき物にさへられて水のさき・ひるむゆへに・あれへ・これへ行くなり、女人も亦是くの如く女人の心をば水に譬えたり、心よわくして水の如くなり、道理と思う事も男のこわき心に値(あ)いぬればせ(塞)かれて・よしなき方へをもむく、又水にゑがくに・とどまらざるが如し、女人は不信を体とするゆへに只今さあるべしと見る事も又しばらくあれば・あらぬさまになるなり、仏と申すは正直を本とす故に・まがれる女人は仏になるべからず五障三従と申して五つのさはり三つしたがふ事あり、されば銀色女経には「三世の諸仏の眼は大地に落つとも女人は仏になるべからず」と説かれ大論には「清風は・とると云えども女人の心はとりがたし」と云へり。

[法華経題目抄 本文] その三に続く




by johsei1129 | 2019-09-05 21:52 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2019年 09月 05日

GOSHO 立正安国論16  災難の証拠十二

大集(だいしつ)(きょう)に云く「()し国王有つて無量世に於て施戒慧(せかいえ)を修すとも、我が法の滅せんを見て捨てて擁護(おうご)せずんば、()くの如く()ゆる所の無量の善根(ことごと)く皆滅失(めっしつ)して()の国(まさ)に三の(ふしょう)の事有るべし、

The Great Collection Sutra says: “Though for countless existences in the past the ruler of a state may have practiced the giving of alms, observed the precepts, and cultivated wisdom, if he sees that my teaching is in danger of perishing and stands idly by without doing anything to protect it, then all the inestimable roots of goodness that he has planted through the practices just mentioned will be entirely wiped out, and his country will become the scene of three inauspicious occurrences.”

The Sutra of Great Assembly states: ”If a king practiced alms giving, observing the precepts, and obtaining wisdom for innumerable existences in the past, but in his current existence finds that the Law is in danger of being destroyed yet does nothing to protect it, then the boundless good fortune he had accumulated will vanish completely. His country will then suffer three catastrophes.

The Great Meeting Sutra says: “Though at countless existences in the past the ruler of a state have practiced the giving of alms, observed the religious precepts, and cultivated wisdom, if my teaching is in danger of perishing and stands idly by without protecting it, then all the inestimable roots of goodness that he has planted through the practices just mentioned will be entirely wiped out, and his country will invite the three inauspicious occurrences.”

一には(こっ)()・二には(ひょう)(かく)・三には疫病(えきびょう)なり、

The first is high grain prices, the second is warfare, and the third is epidemics." 

grain-shortage-induced inflation, warfare, and pestilence."

The first is high grain prices, the second is warfare, and the third is pestilence."

一切の善神(ことごと)く之を(しゃ)()せば、其の王(きょう)(れい)すとも人随従(ずいじゅう)せず、常に隣国の(しんにょう)する所と()らん、

All the benevolent deities will abandon the country, and although the ruler may issue commands, the people will not obey them. The country will constantly be invaded and vexed by neighboring nations.

When all guardian deities have abandoned the nation, the kings’ subjects will not submit to his command, and the kingdom will be incessantly invaded and harassed by its neighbors.

All the benevolent deities will abandon the country, and although the ruler may command, the people will not obey him. The country will constantly be invaded by neighboring nations.

暴火(よこしま)に起り、悪風雨多く、暴水増長して人民を吹漂(ふきただよわ)し、内外の親戚(しんせき)其れ共に謀叛(むほん)せん、

Violent fires will rage out of control, fierce winds and rains will abound, the waters will swell and overflow, and the inhabitants will be blown about by winds or swept away by floods. The paternal and maternal relatives of the ruler will join in plotting revolt.

Uncontainable fires will spontaneously break out, destructive rainstorms will strike, and floods will rage, carrying the citizenry away. Under these circumstances, relatives of the king will conspire to usurp his throne.

Violent fires will rage out of control, fierce winds and rains will abound, the water will swell and overflow, and the inhabitants will be blown by winds or swept away by floods. The maternal or paternal relatives at the side of the ruler will revolt.

其の王(ひさ)しからずして(まさ)に重病に()寿(いのち)(おわる)の後・大地獄の中に生ずべし、

Before long, the ruler will fall gravely ill, and after his life has come to an end, he will be reborn in the great hell. . . .

Soon the king will become morally ill and, upon his death, he will be confined to a deep hell.

Before long, the ruler will suffer from a serious illness, and after his life has come to an end, he will take rebirth in the grand hell.

乃至(ないし)王の如く夫人・太子・大臣・城主・柱師・郡(じゅ)宰官(さいかん)(また)()()くの如くならん」已上。

And the same fate will befall the ruler’s consort, his heir, the high ministers of the state, the lords of cities, the village heads and generals, the magistrates of districts, and the other officials.”

The king’s consorts, the crown prince, high ministers, barons, generals, local administrators, and officials will all receive the same retribution.

The king's consorts, the crown prince, ministers, barons, generals, local administrators, and officials will all receive the same fate". Above is the quotation from the sutra.



                       つづく Next

御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2019-09-05 07:48 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)