人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2019年 07月 08日 ( 3 )


2019年 07月 08日

末法の本仏の立場で法華経二十八品を後継者、日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(136)

【二十八品に一文充の大事 】

分別功徳品(注)



持此一心福  願求無上道(注)

此の文は一切の万行万善、但一心本覚の三身を顕さんが為なり。善悪一如なれば一心福とは云うなり。

所謂、南無妙法蓮華経は一心福なり。




分別功徳品
分別功徳品第十七は「如来寿量品第十六」の流通分にあたり、如来寿量品を聞いて信じる衆生がどれだけ偉大な福徳を得るかを繰り返し解き明かすと共に釈迦滅後の布教を強く促す役割を果たす品となっております。


持此一心福  願求無上道
分別功徳品第十七の下記の偈にある文。

[原文]
持此一心福 願求無上道 我得一切智 尽諸禅定際
是人於百千 万億劫数中 行此諸功徳 如上之所説
有善男女等 聞我説寿命 乃至一念信 其福過於彼
[和訳]
此の一心の福を持ちて、無上道を願い求めて、我、一切智を得て諸の禅定の際を尽せり。
是の人、百千万億の劫数の中に於いて、此の諸の功徳を行ずるに、上の説く所の如くなり。
善有る男女等は、我が説くところの寿命(注)を聞きて、乃至一念も信ぜば、其の福は彼に過ぎたらん。

我が説くところの寿命
分別功徳品第十七の前の如来寿量品第十六で釈尊は、「自身が遥か久遠に成道してから自身の寿命は無量劫を経ても未だ尽きてない」と説いたこと意味している。つまりこの如来寿量品を聞いて一念でも信じた善有る男女は、百千万億の劫数に諸々の功徳を行じた人の福徳に過ぎる福徳を得る事が出来ると解き明かし、如来寿量品の偉大さを改めて示しているところとなります。

日蓮大聖人は【観心本尊抄】で「如来寿量品第十六の一品と従地涌出品第十五の後半の半品、分別功徳品第十七の前半の半品を法華経の核心の「一品二半」とし、これ以外の法華経は小乗経であると説かれ、さらな末法においての法華経の核心は「妙法蓮華経」の五字であると断じられておられます。
『又本門に於て序正流通有り。過去大通仏の法華経より乃至現在の華厳経乃至迹門十四品、涅槃経等の一代五十余年の諸経、十方三世諸仏の微塵の経経は、皆寿量の序分なり、一品二半よりの外は小乗教・邪教・未得道教・覆相教と名く
(中略)
在世の本門と末法の始は一同に純円なり、但し彼は脱、此れは種なり。彼(釈尊)は一品二半、此れ(日蓮)は但題目の五字なり』と。









by johsei1129 | 2019-07-08 23:55 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 08日

A Reply to Lord Ikegami Munenaga. (4) (Letter for Expostulation) 兵衛志殿御返事四(諫暁書)

For instance, Prince Siddhartha was the legitimate child of King Shuddhodana. His father wanted him to succeed to the throne and rule the nation, and he became the crown prince in fact, but the prince went against his father's wishes and escaped from the palace at night. The king was angry at him for being unfilial, but after Siddhartha had become Buddha, he led first to convert his parents, King Shuddhodana and Lady Maya. No parent ever suggests to his son that the son throws away the world to become Buddha!

This is because the religious precepts and Nembutsu sect seduced your father so that they force all of you to abandon faiths by every means. I hear that priest Ryoukan is persuading others to chant one million Nembutsu in an attempt to cause discord among people and cut off the seeds of the Lotus Sutra. The lord Gokurakuji was an admirable person. But deluded by the Nembutsu priests, he treated me with enmity, and as a result, he and his entire clan have been all but ruined. Only the lord of Echigo is surviving now.

Do you think that people believing in Ryoukan deserve praise? You should see what has become of the Nagoe clan who had built Zenkoji temple, Chorakuji temple, and the Great Buddha hall! Again, the lord of Sagami, Hojo Tokimune, is the ruler of Japan, but by his conduct he has failed to keep away an enemy almost as large as the whole of the world.

Even if you abandon your elder brother and inherit his status in your father's favor, the prosperity for a thousand or ten thousand years is difficult! Nobody knows it. It will be short length of time probably. Is such a thing probable at this world? Therefore, you should resolve to bet for a coming future. Having written all this, it occurs to me that this letter may be futile, and I get melancholy in this way. But I state this may serve as a reminder to you later. 

Very truly yours,

Nichiren

The twentieth day of November.

A reply to Lord Ikegami Munenaga.



Original Text.  Table of Contents.



by johsei1129 | 2019-07-08 06:51 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 08日

末法の本仏の立場で法華経二十八品を後継者、日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(135)



寿量品(注)

           厭離生死
 如来如実知見 三界之相 無有生死(注)

  此の文は万法を無作の三身と見るを如実知見と云う。無作の覚体なれば何に依つて生死有りと云わんや。



寿量品
寿量品第十六で釈尊は釈迦族の王子と生まれ幾年にも及ぶ修行を経て悟りを得たとする「始成正覚(しじょうしょうかく)」と説いたことを自ら打ち破り、寿量品第十六で、「遥か久遠に我本行菩薩道(我、本より菩薩道を行ぜり)」さして成道したと宣言します。

日蓮大聖人は開目抄でこの我本行菩薩道の文の底に法華経の核心『妙法蓮華経』が秘し沈められていると解き明かされておられます。
『但し此の経に二箇の大事あり、倶舎宗・成実宗・律宗・法相宗・三論宗等は名をもしらず華厳宗と真言宗との二宗は偸に盗んで自宗の骨目とせり、一念三千の法門は但法華経の本門・寿量品の文の底にしづめたり、竜樹・天親・知つてしかも・いまだ・ひろいいださず但我が天台智者のみこれをいだけり』


如来如実知見 三界之相 無有生死
上記の文は寿量品第十六の下記の文文にある偈となります。
[原文]
諸善男子 如来所演経典 皆為度脱衆生 或説己身 或説佗身
或示己身 或示佗身 或示己事 或示佗事
諸所言説 皆実不虚 所以者何 如来如実知見
三界之相 無有生死 若退若出 亦無在世
[和訳]
諸善の男子よ、如来の演べる所の経典は、皆、衆生を度脱せし為なり。 或は己身を説き、或は佗身を説けり。
或は己身を示し、或は佗身を示し、或は己が事を示し、或は佗の事示せり。
諸の言う所の説は、 皆、(真)実にして虚しからざるなり。 所以は者何ん、如来は実の如く知見せられりなり。
三界の相は、生死有ること無く、若しくは退ぞき、若しくは出たり、 亦、世に在ること無けり。










by johsei1129 | 2019-07-08 00:12 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)