人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2019年 06月 22日 ( 3 )


2019年 06月 22日

末法の本仏の立場で法華経二十八品を後継者、日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(133)

【二十八品に一文充の大事 】

安楽行品(注)

一切諸法 空無所有 無有常住 亦無起滅(注)

此の文は任運に常住の妙法なる故に、六道の生滅、本来不生と談ず故に起滅無し。

所謂、南無妙法蓮華経は、本来無起滅なり云云。



安楽行品
安楽行品第十四では冒頭で文殊菩薩が釈尊に対し「釈迦滅後、この法華経をどのようにして説いて行ったらよいのか」と問いかけ、釈尊はそれに答えて「身・口・意・誓願」の4種の安楽行を説いた。

「身」
権力者、女人、外道、「仏乗」ではなく「声聞」を求める僧等に親近するな、柔和忍辱の衣を着て世間の非難等に耐え忍ぶ事、安楽行に住し、他者への誹謗等をしないこと、一切法は空であると把握して解く事。例えば権力者、女人に親近するなとは.その人たちに法華経を説くなと言っているのではなく、女人、権力者になびく事無く、法を説くと言う心を決定して説かなければならないとする。

「口」
他人を軽蔑せず、その過失を暴かず、穏やかに心の口で説く。

「意」
他の仏法を学ぶ者に対して嫉妬、そしり、争いの心を抱かないこと。

「誓願」
大慈大悲の心で一切衆生を救済するという誓願を発すること。


尚、「意」の安楽行は日蓮大聖人が「四箇の格言(しかのかくげん)」で念仏・真言等の他宗派を強く責めた事と矛盾するようだが、この点は釈迦滅後の正像二千年と末法万年との修行の違いであり、日蓮大聖人はこの「安楽行」について「御義口伝」で『御義口伝に云く、妙法蓮華経を安楽に行ぜむ事、末法に於て今、日蓮等の類いの修行は妙法蓮華経を修行するに難来るを以て安楽と意得可きなり』と、門下に対し厳しく諭されておられます。


一切諸法 空無所有 無有常住 亦無起滅
安楽行品第十四の次の偈にある文文
[原文]
亦不分別 是男是女 不得諸法 不知不見
是則名為 菩薩行処 一切諸法 空無所有
無有常住 亦無起滅 是名智者 所親近処
[和訳]
亦、是は男、是は女と分別せず、諸法を得ず、知らず見ず。
是を則ち名づけて菩薩の行処と為せり。一切の諸法は空にして有る所無けり。
常住で有ること無く、亦、起滅すること無し。是を智者に親近せられる処と名づけり。







by johsei1129 | 2019-06-22 23:58 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 22日

Reply to Lord Toki 富木殿御返事

Reply to Lord Toki

December 9, 1253 (Age: 32)



I am pleased you send a person to pick up me.

Because there is a public attention if the daytime, I want to meet you at night. I hope that you pick up me at the time of Bird (about 18:00) of the evening. Or it is good thing even if you come here and talk about the doctrine.

December 9.   Nichiren.

Dear Lord Toki.




Original Text.  Table of Contents.



by johsei1129 | 2019-06-22 15:12 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 22日

WRITINGS OF NICHIREN DAISHONIN 日蓮大聖人御書

Writings of Nichiren Daishonin


Reply to Lord Toki. 

 富木殿御返事

The Treatise of Establishing the Correct Teachings for the Peace and Security of the Nation.

 立正安国論

Letter to the lay priest Yadoya.

 宿屋入道許御状 

Second Letter to the lay priest Yadoya.

 宿屋入道再御状 

Missive to Hojo Tokimune.

 北条時宗への御状 

Letter to Doryu of Kenchoji Temple. 

 建長寺道隆への御状

Letter to Ryoukan of the Gokurakuji Temple.

 極楽寺良観への御状

Letterto My Disciples and Supporters.

 弟子檀那中への御状

The Points to be Careful of in theCourt.

 問注得意抄

Letter to Lord Ota Kingo. (The Annual Lecture on the Doctrines of the Great Teacher Tientai).

金吾殿御返事(大師講御書)

Letter about the day before yesterday.

 一昨日御書

A Writing to the Lord Shijo Kingo. (Tatsunokuchi Persecution).

 四条金吾殿御書(竜の口御書)

Letter to five Followers in Prison of the Mud Wall.

 五人土籠御書

Banishment to Sado.

 佐渡御勘気抄

Opening the Eyes.

 開目抄

Letter to Lord Toki.

 富木殿御書

Selction of Times.

 撰時抄

Requiting Favors.

 報恩抄

A Reply to Ikegami Munenaga. (Letter for Expostulation). 

 兵衛志殿御返事(諫暁書)

The Orally Conveyed Doctrines.

 御義口伝(就註法華経口伝)

A Reply to Ikegami Munenaga. (Letter about a Miso of aPail).

 兵衛志殿御返事(味噌一桶御書)

The Honorific Phrase which had been added to the Grand Gohonzon of the Sanctuary of the Radical Teachings.

 本門戒壇大御本尊脇書

A reply to Lord Ikegami Minenaka.

 右衛門太夫殿御返事

A Reply to the Saints.

聖人等御返事

About the Mongolia.

 蒙古事

Document for Entrusting the Lawthat Nichiren Propagated throughout his Life.

日蓮一期弘法付嘱書

Document to inherit Mt. Minobu.

身延山付嘱書


Clauses that should be Maintained after Nikko.

日興跡条々事

The Last Religious Precepts by Nikko.

日興遺誡置文























by johsei1129 | 2019-06-22 15:11 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)