人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2019年 06月 16日 ( 2 )


2019年 06月 16日

Gosho 第二 不惜身命事 The 2th. “Never begrudging own body and life”.

第二 ()(しゃく)身命(しんみょう)の事

Point Two, on the words “never begrudging our bodies or lives” in the passage “But although it will be difficult to teach and convert them, we will summon up the power of great patience and will read and recite this sutra, embrace, preach, and copy it, offering it many kinds of alms and never begrudging our bodies or lives”.

The 2th.Never begrudging own body and life”.

事理(じり)の不惜身命(これ)有り、

One should never be begrudging of one’s body or life either in principle or in fact.

A theory or a fact exist to "Never begrudging own body and life".

法華の行者(ぎょうじゃ)田畠(でんぱた)等を(うば)わるは理の不惜(ふしゃく)身命(しんみょう)なり、

When a votary of the Lotus Sutra is deprived of his lands and fields, this is a case of not begrudging body or life in principle.

When a votary of the Lotus Sutra is deprived of his farm, this is a case of not begrudging body or life in theory.

(みょう)(こん)()たるを()の不惜身命と云うなり、

When he is actually deprived of his life, this is a case of not begrudging body or life in fact.

When he is deprived of own life actually, this is a case of fact of not begrudging body.

今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者は事理共に()うなり。

Now when Nichiren and his followers chant Nam-myoho-renge-kyo, they are being unbegrudging of their bodies and lives both in principle and in fact.

Now when Nichiren and his followers chant Nam-myoho-renge-kyo, they will encounter these persecutions by both theory and facts.


つづく Continued


本文 Original Text 目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2019-06-16 06:00 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 16日

末法の本仏の立場で法華経二十八品を後継者、日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(131)


提婆品(注)


  三惑  三諦
忽然之間  変成男子(注)

此の文の心は三惑の全体三諦と悟るを変と説くなり。

所謂南無妙法蓮華経と唱え奉るは三惑即三徳(注)なり。




提婆品
提婆達多品第十二では、釈迦が過去世で国王として大法を求めていた時、妙法蓮華経を知っていると言う阿私仙(あしせん)と出会う。そこで国王は阿私仙の下僕となり法華経を学び仏と成った。その時の阿私仙は今の提婆達多で、法華経を教えてくれた提婆達多は「善智識」であったとその因縁を説いてる。本品で提婆達多は天王如来の記別を受け、悪人成仏を示すことになる。また竜女の成仏にて女人成仏を示している。

尚、この提婆品の内容は、サンスクリットの原典では見宝塔品第十一と一つになっているが、鳩摩羅什は内容が全く異なるとして、見宝塔品と提婆達多品の二つの品に分離している。そのためサンスクリットの原典は全二十七品で構成され、妙法蓮華経は二十八品となっている。また直訳すぎるとして殆ど普及していない竺法護(じくほうご)訳の正法華は、サンスクリットの原典そのままの二十七品の構成となっている。

忽然之間  変成男子
提婆達多品第十二の竜女の成仏を記した下記の文にある偈
[原文]
観我成仏 復速於此 当時衆会 皆見龍女 忽然之間 変成男子 具菩薩行
[和訳]
「我が成仏を観よ、復た此に於て速かならんや」と。 当時の衆会は皆、龍女が 忽然の間に 変じて男子に成り 菩薩行を具えることを見れり。

三惑即三徳
日蓮大聖人は本抄で、(注)を持った凡夫の女人の身のままで「法身、般若、解脱の三徳」を悟ることを、竜女が男子に変じた甚意であると解き明かされておられます。


一切の煩悩で、見思惑(けんじわく)(=見惑と思惑)、塵沙惑(じんじゃわく)、無明惑(むみょうわく)の総称。











by johsei1129 | 2019-06-16 00:29 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)