人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2019年 05月 28日 ( 2 )


2019年 05月 28日

末法の本仏の立場で法華経二十八品を後継者、日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(125)

【二十八品に一文充の大事 】


授記品 (注)

十界実相仏  三世常住  煩悩即菩提   生死即涅槃
於諸仏所 常修梵行 於無量劫 奉持仏法
                一切業障

此の文に常と云い無量劫と云う、即ち本有所具の妙法なり。所謂南無妙法蓮華経なり。



授記品
授記品第六は、譬喩品第三で十大弟子の筆頭、舎利弗の未来世で仏と成るとする「記別」を受けたことに続き、
十大弟子残りの九人の内、摩訶迦葉、須菩提、摩訶迦旃延、大目連の四人に次々と記別を与えていく様子が記されている。


於諸仏所 常修梵行 於無量劫 奉持仏法
授記品の下記の偈ある文文
[原文]
我此弟子 大目犍連(注) 捨是身已 得見八千
二百万億 諸仏世尊 為仏道故 供養恭敬
於諸仏所 常修梵行 於無量劫 奉持仏法
[和訳]
我が此れ弟子、大目犍連(注)は、是の身を捨て已りて、八千と゜
二百万億の諸仏世尊を見ることを得て、仏道の為の故に供養恭敬し、
諸の仏所に於いて、常に梵行を修め、無量劫に於いて仏法を奉持せり

大目犍連
釈迦十大弟子の一人で「神通第一」と称された。また舎利弗とともに釈迦の二大弟子と目された。
舎利弗と目犍連は共にバラモンで修行していた幼なじみで、どちらかが優れた教えに出会ったら教え合うことを約束していた。
有る時、舎利弗は釈迦の弟子アッサジと出会い「全ての事象は因(縁起)があり、私の師釈迦牟尼は因とそれを滅する法を説かれている」ということを聞き、直ちに目犍連を誘って釈迦の弟子となったと伝えられている。








by johsei1129 | 2019-05-28 22:26 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 28日

Gosho 日女御前御返事 Offerings to the twenty eight chapters of the Lotus Sutra

f0301354_21283639.jpg

ご真筆: 千葉本寿寺、他五箇所に分散されて所蔵されている。

The holy genuine writings are possessed dispersing in five places including the Honzyuji Temple in Chiba.


(いかん)ぞなれば末代の法華経の行者(ぎょうじゃ)は法華経を(とか)ざる華厳(けごん)阿含(あごん)(ほう)(どう)般若(はんにゃ)・大日経等の千二百余尊よりも末代に法華経を説く行者は勝れて(そうろう)なるを、(みょう)(らく)大師(しゃく)して云く「供養(くよう)すること有る者は(ふく)十号に過ぎ、()し悩乱する者は(こうべ)七分に破れん」云云。

The reason is that the votary who expounds the Lotus Sutra in the latter age surpasses [the Buddhas and bodhisattvas appearing in] the sutras of the Flower Garland, Āgama, Correct and Equal, and Wisdom periods and the twelve hundred and more honored ones of the Mahāvairochana and other sutras—who did not expound the Lotus Sutra.

The Great Teacher Miao-lo states in his commentary, “Those who give alms [to the practitioners of the Lotus Sutra] will enjoy good fortune surpassing the ten honorable titles, while those who vex or trouble them will have their heads split into seven pieces”.

The reason is that the votary who preaches the Lotus Sutra in the latter times surpasses the twelve hundred honorable people who preach the sutras of the Kegon, Agon, Hodo, Hannya, and Dainichi and did not preach the Lotus Sutra.

The great teacher Miaolo construes and says, “The person who gives alms to this will have a good fortune that surpasses the alms of Buddha holding the ten honorable titles, and one who trouble this receive a punishment that own head is destroyed into seven pieces”.


つづく Continued


本文 Original Text 目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2019-05-28 06:56 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)