人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2019年 04月 14日 ( 2 )


2019年 04月 14日

末法の本仏の立場で法華経二十八品を後継者、日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(98)

【陀羅尼品六箇の大事】


第六 五番神呪の事 (注)

御義口伝に云く、五番神呪とは我等が一身なり、妙とは十羅刹女なり、法とは持国天王 (注)なり、蓮とは増長天王 (注)なり、華とは広目天王 (注)なり、経とは毘沙門天王 (注)なり。

此の妙法の五字は五番神呪なり、五番神呪は我等が一身なり、十羅刹女の呪は妙の一字を十九句に並べたり、経文には寧上我頭上の文是れなり。

持国天は法の一字を九句に並べたり、経文には四十二億と云えり。四とは生老病死・十とは十界・二とは迷悟なり、持国は依報の名なり法は十界なり。

増長天は蓮の一字を十三句に並べたり、経文には「亦皆随喜」と云えり。随喜の言は仏界に約せり。

広目天は華の一字を四十三句に並べたり、経文には「於諸衆生多所饒益」と云えり。

毘沙門天は経の一字を六句に並べたり経文には「持是経者」等の文是なり云云。

五番神呪
二聖(薬王菩薩・勇施菩薩)、二天(毘沙門天王・持国天王)、十羅刹女鬼子母神一体の合計五体の法華経の行者を守護する善神を意味する。
それぞれが法華経の行者を守護する事を誓う秘密の呪文、つまり陀羅尼を唱えます。

持国天王
増長天王
目天王
毘沙門天王
上記四天王(してんのう サンスクリットcaturmahārāja)は、仏教の宇宙観における須弥山の中腹、四天王天の四方に住む仏教を守護する四つ天王。
東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の毘沙門天

日蓮大聖人がご図現なされた十界曼荼羅本尊の四隅には四天王が配されておられます。※下記の御本尊相貌(そうみょう)図を参照願います。
f0301354_19250960.gif








































by johsei1129 | 2019-04-14 19:29 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 14日

Gosho 兵衛志殿女房御返事 A Reply to the Wife of Lord Ikegami Munenaga.

兵衛志(ひょうえのさかん)殿女房御返事

Reply to the Wife of Hyo’e-no-Sakan.

A Reply to the Wife of Lord Ikegami Munenaga.


弘安二年十一月二十五日 五十八歳御作

November 25, 1279. Fifty-eight years old.

f0301354_13444887.jpg

 千葉県 誕生寺(全文)所蔵。Tanjoji Temple in Chiba Prefecture possesseswhole sentence.


まこととはをぼへ候はねども、此の御房(ごぼう)たちの申し候は、御子(みこ)どもはなし。()()けん()、ふつふつとをはすると申され候こそなげ()かしく候へども、さりともと()ぼし()し候へ、恐恐。

Though I am inclined to doubt it, the priests here say that, because you have no children, you have lost all hope regarding worldly affairs. If so, this would be very regrettable. I trust, however, that this is not the case.

With my deep respect.

Though I do not think it is true, the priests here say that, because you have no children, you have lost hope regarding worldly affairs. Though is deplorable, please live in wish to be given a child without giving even so it up.

Very truly yours.

十一月廿五日             日 蓮 在 御 判

The twenty-fifth day of the eleventh month.  Nichiren

The twenty-fifth day of November.  Nichiren

兵衛志殿女房御返事

Reply to the wife of Hyōe no Sakan.

A Reply to the Wife of Lord Ikegami Munenaga.


本文 Original Text 目次 Table of Contents




by johsei1129 | 2019-04-14 10:49 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)