人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2019年 02月 15日 ( 2 )


2019年 02月 15日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(58)



第二十二 法性礼拝住処の事

 御義口伝に云く、不軽菩薩、法性真如の三因仏性、南無妙法蓮華経の廿四字(注)に足立て、無明の上慢の四衆を拝するは、薀在衆生の仏性を礼拝するなり云云


本抄で日蓮大聖人は、不軽菩薩が法性真如の三因仏性たる妙法蓮華経の二十四字に立脚して、慢心の四衆(出家・俗の男女)を拝したのは、衆生の生命の奥底に内在(薀在)している仏性を礼拝したのである、と解き明かされております。

末法今日の衆生においては、末法の御本仏日蓮大聖人の魂を図現なされた十界曼荼羅の御本尊を拝する事を意味しております。

 日蓮大聖人は【経王殿御返事】で次のように説かれておられます。
『日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ、信じさせ給へ。仏の御意は法華経なり、日蓮がたましひは南無妙法蓮華経にすぎたるはなし』と。


南無妙法蓮華経の廿四字とは、常不軽品の次の漢字24文字を意味します。
[原文]
我深敬汝等 不敢軽慢 所以者何 汝等皆行菩薩道 当得作仏
[和訳]
我、深く汝らを敬い、敢えて軽慢せざらん。所以(ゆえん)は何ん、汝等は皆、菩薩の道を行じて、当に仏と作(な)ることを得ざればなり。

上記の文は、全ての衆生に仏性が内在していることを示しており、これは妙法蓮華経・方便品第二で釈尊が、仏がこの世に出現した由縁である「一大事因縁」で「開・示・吾・入」を解き明かしたことと同じ意味があり、この二十四文字を日蓮大聖人は【教行証御書】で次の様に「略法華経」と説かれておられます。

『過去の威音王仏の像法に三宝を知る者一人も無かりしに、不軽菩薩出現して教主説き置き給いし二十四字を、一切衆生に向つて唱えしめしがごとし。彼の二十四字を聞きし者は、一人も無く亦不軽大士に値つて益を得たり。是れ則ち前の聞法を下種とせし故なり。今も亦是くの如し、彼(不軽菩薩)は像法・此れ(日蓮)は濁悪の末法、彼は初随喜の行者、此れは名字の凡夫、彼は二十四字の下種、此れは唯五字(妙法蓮華経)なり。 得道の時節異なりと雖も、成仏の所詮は全体是れ同じかるべし』と。


上慢の四衆
方便品で釈尊の説法の座を退坐した増上慢の出家の男女(比丘、比丘尼)、俗(在家)の男女(優婆塞、優婆夷)






by johsei1129 | 2019-02-15 20:05 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 15日

Gosho 開目抄 下 Opening the Eyes. Part Two.

万難をすてゝ道心あらん者にしるしとゞめてみせん。

For those who earnestly seek the way, in spite of all difficulties, I will try to demonstrate what these passages mean.

Abandoning all difficulties, I wish to demonstrate it for people who earnestly ask faiths.

西王(せいおう)()その()もゝ()輪王出世の優曇華(うどんげ)よりもあいがたく、沛公(はいこう)項羽(こうう)と八年漢土(かんど)をあらそいし、(より)(とも)(むね)(もり)が七年(あき)津島(つしま)にたゝかひし、修羅(しゅら)帝釈(たいしゃく)と、金翅(こんじ)(ちょう)と竜王と()(のく)()(あらそ)へるも此れにはすぐべからずとしるべし。

But they must understand that the truth is more rarely met with than the peaches of immortality that grow in the garden of the Queen Mother of the West, or the udumbara flower that blooms only when a wheel-turning king appears. Moreover, the conflict [between Nichiren and the various schools] surpasses the eight years of warfare when the governor of P'ei and Hsiang Yü battled for the empire of China, the seven years when Yoritomo and Munemori fought for the islands of Japan, the struggles between Shakra and the asuras, or between the dragon king and the garuda birds at Anavatapta Lake.

You must understand that it is rare than the peaches that grow only once in 3000 years in the garden of the West Queen Mother, or the udumbara flower that blooms only when the sacred king of golden wheel appears. Moreover, the eight years that the duke of P'ei and Hsiang Yu battled for China. The seven years that Yoritomo and Munemori fought for the islands of Japan. The struggles between Shakra and the asuras. And the battle in the Anavatapta Lake between the dragon king and the grand golden bird. The degree of these fights cannot surpass my vehemence.

日本国に此の法(あら)はるゝこと二度なり。

The truth of the Lotus Sutra has made its appearance twice in the country of Japan.

This doctrine has appeared twice in the country of Japan.

伝教大師と日蓮となりとしれ。

You should understand that it appeared once with the Great Teacher Dengyō and again with Nichiren.

Should know that it depends on the Great Teacher Dengyou and Nichiren!


つづく Continued


本文 Original text  目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2019-02-15 06:36 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)