人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2019年 01月 31日 ( 2 )


2019年 01月 31日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(49)

【常不軽品三十箇の大事】

第十三 常不値仏 不聞法 不見僧の事(注)


御義口伝に云く、此の文は不軽菩薩を軽賤するが故に、三宝(注)を拝見せざる事、二百億劫地獄に堕ちて大苦悩を受くと云えり。


今末法に入つて、日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者を軽賤せん事は、彼(注)に過ぎたり。

彼は千劫、此れ(日蓮等の類)は至無数(注)なり。


末法の仏とは凡夫なり、凡夫僧なり。法とは題目(注)なり、僧とは我等行者なり。

仏とも云われ、又凡夫僧(注)とも云わるるなり。深覚円理名之為仏(注)の故なり、円理(注)とは法華経なり云云。


常不値仏 不聞法 不見僧の事

常不仏 不聞法 不見僧 千劫於 阿鼻地獄 受大苦悩

[和訳]

常に仏に値わず、法を聞かず、僧を見ずして、 千劫も阿鼻地獄に於いて、大苦悩を受けん。


不軽菩薩を軽賤する者。


三宝

仏・法・僧の事。

釈迦在世であれば、仏は釈尊、法は法華経を最上位とす一切経、僧は釈尊の法を伝える舎利弗、阿難等の出家僧。

日蓮大聖人にあっては、仏は日蓮大聖人、法は三大秘法の南無妙法蓮華経、僧は別しては日興上人、総じては日目上人、及び着々付法の時の貫主


何宗であっても仏教と称するならば、三宝が揃っていなければならない。

 もし三宝が揃っていないれば、その宗教は内道(仏教)ではなく外道である。外道は過去世・現世・来世の三世が説かれていない。


日蓮大聖人は内道、外道の根本的な差異について【開目抄上】の前半で次のように解き明かされている。

かくのごとく巧に立つといえども、いまだ過去・未来を一分もしらず玄とは黒なり幽なりかるがゆへに玄という、但現在計りしれるににたり。

 現在にをひて仁義を制して、身をまほり、国を安んず、此に相違すれば族をほろぼし家を亡ぼす等いう。此等の賢聖の人人は聖人なりといえども過去を・しらざること凡夫の背を見ず、未来を・かがみざること盲人の前をみざるがごとし』と。


仏教上の極めて長遠な時間。

仏教史上中興の祖と謳われた竜樹(2世紀頃南インドに生まれる)の著作「大智度論」では、1辺4000里の岩を100年に1度布でなで、岩がすり減って完全になくなっても劫に満たない」と、説かれている。

 

尚、釈尊の八万法蔵と言われる仏典(一切経)は全て「如是我聞(是の如き我、聞かん)」で始まるが、この様式を定めたのが竜樹と言われている。

また如是我聞の我とは、27歳の時から釈尊の秘書官(従者)としての役割を果たし、釈尊の説法を傍で聞いてきた釈尊の十大弟子の一人で、多聞第一と謂われた阿難である。

阿難は釈迦滅後の仏典結集の時、釈尊の説いた教えを自らが中心となって読み上げたと言われている。


凡夫僧

釈尊はインド釈迦族の王子として誕生し、三十二相八十種好と言う優れた姿をしていたとされているが、日蓮大聖人は安房の小湊の漁師という殺生を生業とする家に生まれたが、【佐渡御勘気抄】で自らをインドでは最下層の旃陀羅(せんだら)の生まれで、「凡夫僧」であると宣言していた。

日蓮は日本国・東夷・東条・安房の国・海辺の旃陀羅が子なり。いたづらにく(朽)ちん身を、法華経の御故に捨てまいらせん事、あに石に金をかふるにあらずや」と。


深覚円理 名之為仏

「深く円理を覚る、これ仏と為すと名付けり」と読む。


円理

仏が説く違いがなく咎がない円満な法理。


日蓮大聖人は【真言見聞】で次のように説かれております。

深く諸仏、秘密の法に入り演説す可き所、違無く失無し」と。









by johsei1129 | 2019-01-31 15:14 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 31日

Gosho 種種御振舞御書 The Acts of the Votary of the Lotus Sutra

f0301354_15153778.jpg

 九月十三日の明星は金星であったと考えられている。(参照)

 It is thought that the shining star of September 13 was perhaps the Venus.



大集(だいしつ)(きょう)には「(にち)(がつ)(みょう)を現ぜず」ととかれ、仁王(にんのう)(きょう)には「日月()を失う」とかかれ、最勝王経には「三十三天(おのおの)瞋恨(しんこん)を生ず」とこそ見え(はべ)るに・いかに月天、いかに月天と()めしかば、

The Great Collection Sutra says, ‘The sun and moon no longer shed their light.’ The Benevolent Kings Sutra says, ‘The sun and moon depart from their regular courses.’ The Sovereign Kings Sutra says, ‘The thirty-three heavenly gods become furious.’ What about these passages, moon god? What is your answer?”.

The Great Assembling Sutra says, ‘The sun and moon no longer shed their light.' The Benevolent Kings Sutra says, ‘The sun and moon leave their regular courses'. The Most Victorious King Sutra says, ‘The thirty-three heavens become furious'. The moon of the heavens, how do you think about these texts? The moon of the heavens, what is your answer?”. I blamed him in this way.

()のしるしにや、(そら)より明星(みょうじょう)の如くなる大星(くだ)りて前の梅の木の枝に・かかりてありしかば・もののふども皆えん()より・とびをり(あるい)は大庭に()()し或は家のうし()ろへ()げぬ、

Then, as though in reply, a large star bright as the Morning Star fell from the sky and hung in a branch of the plum tree in front of me. The soldiers, astounded, jumped down from the veranda, fell on their faces in the garden, or ran behind the house.

Then, as though in sign, a large star bright like the morning star fell from the sky and hung to a branch of the plum tree in front of me. The soldiers were astounded and jumped down from the veranda, prostrate themselves in the large garden, or escaped behind the house.

やがて即ち(そら)かきくもりて大風吹き(きた)りて()の島の()るとて空のひびく事・大なるつ()みを打つがごとし。

Immediately the sky clouded over, and a fierce wind started up, raging so violently that the whole island of Enoshima seemed to roar. The sky shook, echoing with a sound like pounding drums.

Before long the sky clouded over, and a fierce wind started up, raging so violently that the whole island of Enoshima seemed to roar. The sky shook, echoing with a sound like beating a drum.


つづく Continued


本文 Original Text 目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2019-01-31 06:45 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)