人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2016年 11月 15日 ( 3 )


2016年 11月 15日

観心本尊抄 要点解説 その三

日蓮大聖人は開目抄と同様に、本抄も自ら題号を名づけられました。
そしてこの「如来滅後五五百歳始観心本尊抄」という題号にこそ、本抄の核心が込められております。

如来滅後とは、月氏国応誕の釈尊滅後の意で、五五百歳とは釈尊が大集経で説いた仏法の弘通の過程を五百年単位で記した予言です。
その内容は、釈尊滅後の五百年間は「解脱堅固(げだつけんご)」で次の五百年は「禅定堅固(ぜんじょうけんご)」となり、以上正法千年(=釈尊の教えが正しく伝わる期間)となります。さらに次の五百年は「読誦多門堅固」となり、次の五百年は「多造塔寺堅固」で、以上像法千年((=釈尊の教えそのものではなく似た教えが伝わる期間)となります。
そして正像二千年で釈尊の白法は功力を失い隠没し、末法に入り「闘諍言訟(とうじょうごんしょう)」の五百年を迎えます。

つまり観心本尊抄は、日蓮大聖人が五番目の五百歳である闘諍言訟の時代(日本では武士の台頭による下剋上の時代)に仏法流布の歴史上始めて「観心本尊」を図現なされることを明かされた書であることを宣言為される意であります。

実際に仏法伝搬の過程は大集経の予言通り展開されていきます。釈尊滅後は主に小乗経が東アジアに伝播していきます。その後「読誦多門堅固」の時代に入ると「西遊記」に象徴されるように、中国から訳僧が月氏国(インド)に渡り、釈尊の一切経を持ち帰り漢訳が盛んにおこなわれ、それともない仏道修行として八万法蔵とも言われる仏典が東南アジア、中国、日本で読誦されます。その後東南アジア、中国、日本は、国自体が仏教国となり、国王の意志の元、数多くの仏教伽藍が建立される「多造塔寺堅固」の時代に入ります。

尚、大集経に説かれている正法・像法という仏説は法華経でも釈尊は説かれております。
例えば妙法蓮華経 譬喩品第三で釈尊が舎利弗に将来「華光如来」となるという記別を与える時に、釈尊は、
「舎利弗 是華光仏 滅度之後 正法住世 三十二小劫 像法住世 亦三十二小劫」と説き、華光仏が滅度した後、正法が世に住すること 三十二小劫、像法が世に住すること亦、三十二小劫続くと示しております。


観心本尊抄 要点解説その四に続く



 


by johsei1129 | 2016-11-15 22:20 | 観心本尊抄(御書五大部) | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 15日

Gosho 上野殿御消息 Four Virtues and Four Debts of Gratitude

上野殿御消息

Four Virtues and Four Debts of Gratitude

Letter to Ueno

建治元年 五十四歳御作

1275Age:54


仏教の四恩とは、一には父母の恩を報ぜよ、

The four debts of gratitude of Buddhism are (1) the debt of gratitude to be paid to one’s father and mother;

What are the four debts of gratitude in Buddhism? First, we must repay our debt of gratitude to our parents;

二には国主の恩を報ぜよ、

(2) the debt of gratitude to be paid to the ruler of the nation;

Second, to our sovereign;

三には一切衆生の恩を報ぜよ、

(3) the debt of gratitude to bepaid to all living beings;

Third, to all living beings;

四には三宝の恩を報ぜよ。

and (4) the debt of gratitude to be paid to the three treasures [the Buddha, the Law, and the Order].

(編者注:Orderは誤り。三宝とは仏法僧のことであり、僧は「秩序・順番」ではない。MonkもしくはPriestが正当。)

and Fourth, to the three treasures.


本文 Original Text 目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2016-11-15 21:51 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 15日

Gosho 聖愚問答抄 Question and Answers between a Sage and a Foolish Man

(なんじ)実に後世を恐れば身を軽しめ法を重んぜよ

But if you are truly concerned about your future existence, you should think lightly of your own safety and consider the Law above all.

If, however, you truly fear for your future lifetimes, then think little of your life and most highly of the Law.

(これ)を以て章安(しょうあん)大師云く「(むし)身命(しんみょう)(うしな)ふとも教を(かく)さざれとは身は軽く法は重し、身を(ころ)して法を弘めよ」と、

Thus the Great Teacher Chang-an states, ‘“[A royal envoy . . . would rather], even though it costs him his life, in the end conceal none of the words of his ruler” means that one’s body is insignificant while the Law is supreme. One should give one’s life in order to propagate the Law.’

The Great Teacher Zhangan stated:

Even if one may lose one’s life, one shall not conceal [faith in] the Law. This means that one’s life is insignificant while the Law is supreme. You should be willing to give your life to propagate the Law.

此の文の(こころ)身命(しんみょう)をば・ほろ()ぼすとも正法をかくさざれ、()(ゆえ)は身はかろく法はおもし

“This passage is saying that, even if one must give up one’s life, one should not conceal the correct teaching; this is because one’s body is insignificant while the Law is supreme.

This passage means that even if you may perish, you must reveal [your faith in] the correct Law. The reason is that one’s life is worth little while the Law is precious.

身をばころすとも法をば弘めよとなり。

Though one’s body be destroyed, one should strive to propagate the Law.

You should propagate the Law even at the risk of your life.


つづくContinued


本文 Original Text 目次 Table of Contents




by johsei1129 | 2016-11-15 21:14 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)