人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2016年 09月 21日 ( 1 )


2016年 09月 21日

【一代五時鶏図  その六】

【一代五時鶏図  その六】本文

      大通の太子   | 種熟
十六王子---------------------|-- 第一阿しゅく仏------主、 師、親
       沙弥    | 脱
|
     種熟
|--第九阿弥陀仏-----主、 師、親

| 種熟
|---第十六釈迦牟尼仏-----主、 師、親

記の九に云く「初此の仏菩薩に従つて結縁し、還(ま)た此の仏菩薩に於て成熟す」
玄の六に云く「仏尚自ら分段に入つて仏事を施作す。有縁の者何ぞ来らざるを得ん。譬えば百川の海に潮すべきが如し。縁に牽(ひか)れて応生すること亦復是くの如し」

又云く(前にこれを書す)「本此の仏に従つて初めて道心を発し亦此の仏に従つて不退地に住す」


劣応身釈迦如来----倶舎宗、成実宗、律宗---本尊


盧舎那報身--- 華厳宗の本尊

|--勝応身に当る
釈迦如来---- 法相宗の本尊

|--勝応身に当る
釈迦如来 三論宗の本尊


|--法身 胎蔵界
大日如来---- 真言宗の本尊
|--報身 金剛界


|--天台は応身 勝劣応応
阿弥陀仏----- 浄土宗の本尊
|--善導等は報身


 五百問論に云く「若し父の寿の遠きを知らず復(また)父統の邦に迷わば徒に才能と謂うとも全く人の子に非ず、三皇已前は父を知らず人皆禽獣に同じ」


【一代五時鶏図  その七】に続く





by johsei1129 | 2016-09-21 23:50 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)