人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2016年 09月 13日 ( 2 )


2016年 09月 13日

【和漢王代記 その六】

【和漢王代記 本文】 その六

第四十五聖武-------------六宗--------倶舎宗
---------律宗
---------成実宗
----------法相宗
-----------三論宗
------------華厳宗
亦禅宗有り。並びに一切経有り。
   --------聖武天皇東大寺の大仏を造る。

欽明自り聖武に至るまで二百四十余年なり。震旦国自り鑒真和尚渡り律宗を亘す。次に天台宗の玄文止等を渡す。又東大寺の小乗戒壇を立つ。

第四十六孝謙  聖武の女
第四十七淡路  廃帝
第四十八称徳 孝謙又即位也
第四十九光仁 桓武の父なり

第五十桓武----------欽明自り二百六十余年に及ぶ。
        --延暦三年に奈良の都自り長岡の京に遷り。
        ---延暦十三年長岡の京自り平の京に遷る。
        ---延暦二十五年御崩去。
        ---延暦四年叡山を立つ 伝教大師最澄なり。
     ----延暦二十年叡山八講を始め南京の十人を請ず。
----延暦二十一年の正月十九日高雄に於て南京の十四人と最澄と宗論あり。
   ----同二十九日六宗の十四人謝表を桓武聖王に奉る。
----延暦二十三年入宋同二十四年御帰朝。
此の御時始めて伝教大師天台宗を立つ。四十余年の文を以て六宗を破り。始めて法華の実義之を顕し、欽明自り二百余年の邪義之を改む。又六宗の碩徳たる勤操・徳円・長耀等の十四人・桓武皇帝に謝表を奉りて邪見を翻す。
弘法大師空海は延暦二十三年御入唐、大同元年御帰朝。伝教大師は山階寺の行表僧正の御弟子、弘法大師は石淵の勤操僧正の御弟子なり。

第五十一平城
第五十二嵯峨----- 弘仁十三年六月四日伝教大師御入滅。同十一日戒壇を立つ。
第五十三淳和

秀句に云く「法華経を賛すと雖も還つて法華の心を死す」文。
選択集に云く法然造に曰く「捨閉閣抛」。
善導の礼讃に云く「十即十生百即百生」。又云く「百の時に希に一二を得千の時に希に三五を得」。又云く「千中無一」。
道綽の安楽集大集月蔵経を引くに云く「我が末法の時の中の億億の衆生行を起し道に臨むも未だ一人の得る者有らず。当今末法は是五濁の悪世なり。唯浄土の一門のみ有りて通入す可きの路なり」。
恵心の往生要集に云く「利智精進の人は未だ難しと為さず予が如き頑魯の者豈敢てせんや」。

伝教大師 ------- 根本大師
   --------山家
--------天台の後身なり
守護章に「正像稍過ぎ已つて末法太だ近きに有り法華一乗の機今正に是れ其の時なり」。又云く「一乗の家都て用いず小乗権大乗四十年の文。但し開し已つて助道に用いたるを除く」。

【和漢王代記】完。

【和漢王代記 本文】その一に戻る。







by johsei1129 | 2016-09-13 22:05 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 13日

Gosho 富木入道殿御返事 Aspiration for the Buddha Land  

富木入道殿御返事

Aspiration for the Buddha Land

Reply to Toki nyūdo

  文永八年十一月二十三日 五十歳御作

             November 23, 1271(Age: 50)


(かぎ)り有り(おし)む可からず(つい)に願う可きは仏国(ぶっこく)云云。

  Life is limited; we must not begrudge it. What we should ultimately aspire to is the Buddha land.

Our life is limited. We must not begrudge it. Our ultimate aspiration is to realize the Buddha land.


本文 Original text 目次 Index



by johsei1129 | 2016-09-13 21:59 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)