人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2016年 09月 12日 ( 2 )


2016年 09月 12日

【和漢王代記その五】

【和漢王代記 本文】 その五

弘法大師此の経に依つて五蔵を立つ--------- 一爼多覧

---------- 二毘那耶

-----------三阿毘達磨

------------四般若ハラ蜜-----------------------|----華
醍醐  |----方            
                                     |-----般
|-----法華
                                     |------涅槃
                           
                -----------五惣ダラ尼蔵---------------大日の三部経



二教論に云く「加以(しかのみなら)ず釈教東夏に漸し微自り著に至る。漢の明を始めと為し周文を後と為す。其の中間翻伝する所皆是れ顕教なり。玄宗代宗の時金智広智の日密教欝として起り盛に秘趣を談ず。新薬日浅くして旧痾(くあ)未だ除かず。楞伽法仏説法の文、智度性身妙色の句の如きに至っては、胸憶(くおく)に馳せて文を会し、自宗に駆って義を取る。惜しいかな、古賢醍醐を嘗(な)めず」。


日本
神代十二代----- 天神 七代
------地神 五代

人代百王 第一神武天皇
之を略す
第十四仲哀 八幡大神の父なり
第十五神功皇后 八幡大菩薩の母なり
第十六応神天皇 今の八幡大菩薩なり

第三十欽明天皇 歴記に云く欽明天皇の治天下十三年己申歳冬十月一日、百済国の聖明王より仏像経等始めて日本国 に送る
第三十一敏達天皇
第三十二用明------- 聖徳太子は用明の御子也---厩戸王子 四天王寺を造る
上宮太子守屋を切る。四十九院を立つ。南岳大師の後身なり。救世観音の垂迹なり。
第三十三崇峻
第三十四推胡 女帝

第三十五舒明

第三十六皇極 女帝
第三十七孝徳
第三十八斉明 女帝
第三十九天智
第四十 天武
第四十一持統
第四十二文武
第四十三元明
第四十四元正

【和漢王代記 本文】 その六に続く




by johsei1129 | 2016-09-12 23:16 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 12日

Gosho 最蓮房御返事 Reply to Sairen-bo

最蓮房御返事

Reply to Sairen-bō

    文永九年四月十三日 五十一歳御作

   April13, 1272 (Age: 51)

されば我等が居住して一乗を修行せんの処は(いず)れの処にても候へ(じょう)寂光(じゃっこう)の都()るべし、

Therefore, wherever we dwell and practice the single vehicle, that place will be the Capital of Eternally Tranquil Light.

Thus, no matter where we dwell, the place where we practice the one vehicle of Buddhahood is the palace of the land of eternally tranquil light.

我等が弟子檀那(だんな)とならん人は一歩を行かずして天竺(てんじく)霊山(りょうぜん)を見・(ほん)()の寂光土へ昼夜に往復(おうふく)し給ふ事うれしとも申す(ばか)り無し申す計り無し。

Therefore, wherever we dwell and practice the single vehicle, that place will be the Capital of Eternally Tranquil Light. And, without having to take a step, those who are our disciples and lay supporters can view Eagle Peak in India and day and night will go to and from the Land of Eternally Tranquil Light that has existed for all time. What a truly inexpressible joy it is!

Those who have become my disciples and lay believers, without taking even a single step, can see Eagle Peak in India, and day and night dwell in the unchanging land of eternally tranquil light. This is tremendous joy for us and is beyond words.


本文 Original text 目次 index



by johsei1129 | 2016-09-12 22:16 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)