人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2016年 09月 03日 ( 1 )


2016年 09月 03日

現在伝えられている最古の御書【戒体即身成仏義 その一】

【戒体即身成仏義 その一】

■出筆時期:仁治元三年(1242)  二十一歳御作。
■出筆場所:安房国 清澄寺にて。
■出筆の経緯:現在伝えられている最古の御書で、清澄寺にて是生坊連長と名乗られておられた時に「即身成仏」について論じられた書となっております。
■ご真筆:現存しておりません。

【戒体即身成仏義 本文】その一

戒体即身成仏義

                     安房国清澄山住人 蓮 長 撰

分かって四門と為す
          一には小乗の戒体
          二には権大乗の戒体 
          三には法華開会の戒体 法華・涅槃の戒体少しく不同有り
          四には真言宗の戒体なり
  
 第一に小乗の戒体とは四種有り。五戒は俗男俗女戒、八斎戒は四衆通用、二百五十戒は比丘戒、五百戒は比丘尼戒なり。而るに四種倶に五戒を本と為す。婆娑論に云はく「近事律儀は、此の律儀の与に門と為り依と為り加行と為るを以ての故に」云云。近事律儀とは五戒なり。されば比丘の二百五十戒・比丘尼の五百戒も始めは五戒なり。五戒とは諸の小乗経に云はく「一には不殺生戒、二には不偸盗戒、三には不邪婬戒、四には不妄語戒、五には不飲酒戒」以上五戒。此の五戒と申すは、色心二法の中には色法なり。殺・盗・婬の三は身に犯す戒、不妄語戒・不飲酒戒は口に犯す戒、身口は色法なり。此の戒を持つに、作無作・表無表と云ふ事あり。作と表と同じ事なり。無作と無表も同じ事なり。表と申す事は、戒を持たんと思ひて師を請ず。中国は十人、辺国は五人。或は自誓戒もあり。道場を荘厳し焼香散華して、師は高座にして戒を説けば、今の受くる者左右の十指を合はせて持つと云ふ。是を表色と云ひ作とも申す。此の身口の表作に依りて、必ず無表無作の戒体は発するなり。

【戒体即身成仏義 本文】その二に続く




by johsei1129 | 2016-09-03 22:34 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)