人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2016年 06月 26日 ( 2 )


2016年 06月 26日

法華取要抄私記 十一 寿量品を説かずんば末代の凡夫皆悪道に墮つ、是を以て末法の衆生の為に寿量の説を設けたもう者なり


 問うて云く、略開を以て脱に属し、広開を以て一向に末法とするは如何(いかん)

答う、総じて奪う(とき)は略開を聞いて疑いを生じ、広開を聞いて疑いを断じて信を生ず、後に分別品に至って記を受くるなり。若し(また)別に与うる(とき)は、略開を聞いて深く仏意に通達するの間、略開に脱せしむと云わるる者なり。今は滅後の凡夫(ぼんぷ)に望んで、別して与えて之を判ず。所以(ゆえ)に略開を以て得脱に属し、広開を以て一向に滅後の為としたもうなり。若し又本尊抄は、(だつ)の辺に約して傍証(ぼうしょう)を判ず。所以に一往再往を作って傍正を判じたもう。然れば則ち彼(これ)の判文の意は同じといえども其の文義は不同なり。然るに啓運等に一概(いちがい)に彼此の釈を同ずるは非なり。

問う、()(だつ)有る事、何を以て之を知るや。

答う、証真法師の私記に云わく「問う、因位に(あに)仏の所知に達するや。答う、(しばら)新発意(しんぽっち)に望んで与えて達すと言う。之を奪えば達すべからず」已上。此の釈分明(ふんみょう)なり。「新発意」とは滅後の凡夫の法華経を信ずる者の事なり。在世の得脱の者を滅後の凡夫に対して与うる(とき)、略開の中にして得脱するといえども、若し奪う(とき)んば、一品二半を聞いて得脱するぞと云う事なり。

問う、略開の中に得脱とすると云う証文は如何(いかん)

答う、動執(どうしゅう)生疑(しょうぎ)の文に云わく「我等は(また)、仏の随宜(ずいぎ)の所説、仏の(しょ)(すい)(みこと)(いま)(かつ)虚妄(こもう)ならず、仏の所知は(みな)悉く通達(つうだつ)したまえりと信ずと雖も」文。此の文に分明(ふんみょう)なり。略開の時に大衆知って悉く得脱すると云う事を何ぞ疑うべけんや。

難じて云わく、此の品に「仏昔(しゃく)(しゅ)より出家して伽耶(がや)に近く」等云云。寿量品に能迷の衆を(いだ)して「一切世間の天人、及び()修羅(しゅら)」等云云。次の品に、一生八生の(やく)あって、時の衆、供養をなし(おわ)って、弥勒の(りょう)()に「仏希有(けう)の法を説きたもう、昔より未だ(かつ)て聞かざる所なり、世尊は大力(ましま)して、寿命(はか)るべからず」等云云。(しか)れば則ち実に是れ仏の所知に(おい)て未だ得脱を為さずと見えたり。何ぞ別して与えて略開の中に皆(ことごと)く脱せしむると判ずるや。

答えて云わく、其の文は皆悉く是れ(だつ)の義なり。今は()の義なり。奪の義を以て与の義を難ずべからざるなり。又経に云く「然も諸の(しん)発意(ぽつち)の菩薩、仏の滅後に於いて」等云云。此の文を次下(つぎしも)に得脱と遊ばさるる文の意は、寿量品を説かずんば末代の凡夫(みな)悪道に墮つ、(ここ)を以て末法の衆生の為に寿量の説を(もう)けたもう者なりと云う意なり。

問うて云く、天台と祖師(そし)と、分文の相違は如何。

答う、天台は(だつ)の義に約して判釈したもうなり。之に依って動執生疑の文を略開に属するなり。祖師は与の義に依る。依って動執生疑より(しも)の文を広開と名づけ、其れより(かみ)の文を略開と為す。是れ則ち動執生疑の文に「我等は復、仏の随宜(ずいぎ)の所説、仏の(しょ)(すい)(みこと)未だ(かつ)虚妄(こもう)ならず、仏の所知は、皆悉く通達したまえりと信ずと雖も、然も諸の新発意の菩薩」と言えるを以て(かんが)えたもうに、略開の中にして皆得脱すると(あい)見えたり。()って動執生疑の文段を以て広開に属し給う者なり。故に各々(おのおの)一意に依るなり。然れば則ち動執已下(いか)を一品二半と云えるは滅後の為なる事、経文に分明なり。

問う、与奪の()分明なり。(しか)りと雖も宗祖の判釈(これ)有りや。

答えて云わく、四菩薩造立抄外の十四・三十六に云わく「御得意(こころえ)候へ、本迹二門の浅深・勝劣・与奪(よだつ)(ぼう)(しょう)は時と()とに()るべし」云云。然れば則ち直ちに其の文(これ)無しと云えども、其の義是れ宛然(おんねん)なり。疑うべからず。彼の啓運抄の料簡(りょうけん)は其の義に当たるに似たりと雖も、大旨(たいし)に応ぜざるが故に之を(きら)う。


                 つづく


本書目次                          日寛上人 文段目次



by johsei1129 | 2016-06-26 21:08 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 26日

Gosho 阿仏房御書 On the Treasure Tower

(いま)阿仏上人の一身は()(すい)()(ふう)(くう)の五大なり、

At present the entire body of the Honorable Abutsu is composed of the five elements of earth, water, fire, wind, and space.

Now, Abutsu shōnin’s [Abutsu-bō’s] entire life is comprised of the five elements----earth, water, fire, wind and space.

此の五大は題目の五字なり。

These five elements are also the five characters of the daimoku.

These five elements correspond to the five characters of the Daimoku.

(しか)れば阿仏房さながら宝塔、宝塔さながら阿仏房、此れより(ほか)の才覚無益(むやく)なり。

Abutsu-bō is therefore the treasure tower itself, and the treasure tower is Abutsu-bō himself. No other knowledge is purposeful.

 Thus, Abutsu-bō is the treasure tower himself, and the treasure tower itself is Abutsu-bō. No matter how hard one tries to find some other way, it will be of no virtue.

(もん)(しん)(かい)(じょう)(しん)(しゃ)(ざん)七宝(しっぽう)を以てかざりたる宝塔なり。

It is the treasure tower adorned with the seven kinds of treasures—hearing the correct teaching, believing it, keeping the precepts, engaging in meditation, practicing assiduously, renouncing one’s attachments, and reflecting on oneself.

Abutsu-bō’s life is the treasure tower endowed with the seven kinds of treasure: listening, believing, observing the precepts, concentration, practicing assiduously, selfless devotion, and self-reflection.


                       つづく Next
本文 Original Text   目次 Index



by johsei1129 | 2016-06-26 18:36 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)