人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2016年 05月 20日 ( 2 )


2016年 05月 20日

Gosho 如説修行抄 On practicing according to the Buddha’s teachings

()()(のう)の世となりて今生には不祥(ふしょう)の災難を払ひ長生(ちょうせい)の術を()

The world will become as it was in the ages of Fuxi and Shennong. In their present existence the people will be freed from misfortune and disasters and learn the art of living long.

The world will become like the times of Fu Hsi and Shen Nung. The people will be able to drive away disasters and misfortune and gain the ability to live long lives.

人法(にんぽう)共に不老不死の(ことわり)顕れん時を各各(おのおの)御覧ぜよ

Realize that the time will come when the truth will be revealed that both the person and the Law are unaging and eternal.

The principle of the eternity and immortality of both the person and the Law will be revealed. Be assured that all of these events will occur.

(げん)()安穏(あんのん)の証文疑い有る可からざる者なり。

There cannot be the slightest doubt about the sutra’s promise of “peace and security in their present existence.”

There is no doubt about the written evidence [in the sutra] of, peace and security in this lifetime.”



                     つづく Continued


本文 Original Text  目次 Index



by johsei1129 | 2016-05-20 22:47 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 20日

妙法曼荼羅供養抄記 四  四悉檀を以て女人成仏を釈す


一 一切の女人の成仏の印文なり

  御書の十九・十五に云わく「後五百歳の南閻(なんえん)()(だい)の一切の女人、法華経を一字一点も説の如く信じ行ぜば、本時(どう)()の安楽世界に住すべし」となり。十九は薬王品の文を消釈す。前後(みな)薬王品の文意に由る。経に云く「若し女人有って、是の(やく)(おう)菩薩(ぼさつ)本事(ほんじ)(ほん)を聞いて、()く受持せん者は(乃至)後の五百歳の中に、若し女人有って、是の経典を聞いて、説の如く修行せば、此に於て命終(みょうじゅう)して即ち安楽世界に()いて」云云。

  問う、(まさ)に「一切衆生の成仏の印文」と云うべし。何ぞ「一切の女人」と云うや。

  答う、実に所聞の如し。実に是れ一切衆生の成仏の印文なり。然るに「女人」と云うは、(ここ)に四義あり。

  一には、本尊供養の()(しゅ)は女人なるが故に、別して女人を歎じて歓喜を生ぜじめたもうなり。

  二には、難成(なんじょう)を挙げて()(じょう)(きょう)するなり。(いわ)く、爾前四十余年の意は女人の成仏を許さず、過失多き故なり。御書十九・五十九の如し。云く「男子・女人其の性(もと)より(わか)れたり・火はあ()たかに・水はつめたし・海人(あま)は魚をとるに・たくみなり。山人(かりうど)は鹿をとるに・かしこし。女人は物をそね()むに・かしこしとこそ経文には・あかされて候へ、いまだ()かず仏法に・かしこしとは、女人の心を清風に(たと)えたり風はつなぐとも・とりがたきは女人の心なり、女人の心をば水にゑが()くに譬えたり、水面には文字とどまらざるゆえなり、女人をば(おう)(にん)に譬えたり。(ある)(とき)(まこと)なり或時は(きょ)なり。女人をば河に譬えたり・一切()がられる・ゆへなり」と。 

  涅槃経に云く「一切の江河必ず()(ごく)有り。一切の女人必ず諂曲(てんごく)有り」云云。

華厳経に云く「女人は地獄の使なり。能く仏の種子を断つ。()(めん)は菩薩に似て、内心は()(しゃ)の如し」云云。

(ごん)(じき)(にょ)経に云く「三世の諸仏の眼は抜けて大地に落つるとも、法界の女人は永く成仏の()無からん」云云。又「女人は大鬼神なり、能く一切の人を(くら)」とも説かれたり。

  (たいらの)(かね)(もり)の歌。みちのく()(とりの)(こおり)くろづかと云う所に、重之が妹数多(あまた)ある故。

みち()のく()のあだちが原の黒つかに 鬼こもれりと云うはまことか

むぐらおいあれたる宿のうれたきに(さびしきに) ひまなく鬼のすだ()くなりけり   業平(なりひら)

あれにけりあわれ(いく)()の宿なれや 住みけん人のをとずれもせず 云云。この歌の返しなり。
   ( 注:この二首は詠み人知らずとして伝えられる。業平の作にあらずか)

竜樹の大論には「一度女人を見れば永く地獄の(ごう)を結ぶ」云云。

 善導(ぜんどう)和尚は謗法なれども女人を見ずして一期生なり云云。

  華厳の(ちょう)(かん)、十願の中に第三に「目に女人を見ざらん」云云。

  南山大師云く「四百四種の病は宿食を根本とし、(さん)()八難の苦は女人を根本とす」と。

高野(こうや)(さん)も女人禁制の山と聞く。

 又女は()(しょう)(さん)(じゅう)(さわり)あり。(えい)(けい)()(さん)(らく)をえたるも、女人の身と生れざるを一の(たのしみ)といえり。

 ()くの如く爾前の諸経に(きら)われたる女人なれども、此の妙法の曼陀羅の力用(りきゆう)に依って竜女のごとく成仏す。(いか)(いわん)や男子をや。故に難成(なんじょう)を挙げて()(じょう)を顕す故なり。  

  三には、末代悪世の衆生は、男女(とも)に女人と名づくるなり。

 是れ即ち悪世の衆生は、男女ともに法華経の行者を怨嫉(おんしつ)する故なり。「()()怨嫉(ソネミアダム)」の故なり。

男女(とも)に清風の(ごと)き故。世の中を渡り、波風もなし。

男女倶に水に()をかく如くなる故。行く水。信心の心留まらざるが故に。

 男女倶に狂人の如くなるが故に。慶安の(はなし)の事。

 男女倶に川の如く曲りたるが故に。泰時、青戸左衛門の事、今(これ)に反す。

華厳経に云わく「女人は地獄の使いなり。能く仏種を()つ」云云。「若し人、信ぜずして此の経を()(ぼう)せば、則ち一切世間の仏種を断ぜん」と。故に知んぬ、男子も女人なり。

涅槃経に云わく「一切の江河必ず()(ごく)有り。一切の女人必ず諂曲(てんごく)あり」と。

「此の娑婆国の中の人は多く(へい)(あく)瞋濁(しんじょく)諂曲(てんごく)にして、心不実なる故に」と。故に知んぬ、皆女人なり。

「悪背の中の比丘(びく)は邪智にして心諂曲なり」と。悪世の比丘も女人なり。

四には、蓮祖の門弟は男女(とも)に女人の如し。その故は仏種を懐妊(かいにん)する故に。外十六・二十一に云く「末法の(はじめ)に妙法蓮華経の五字流布(るふ)して日本国の一切衆生が仏の下種を懐妊すべき時なり」と。

此の四義は次の如し。世界・()(にん)・対治・第一義なり。


                      つづく
日寛上人 文段目次



by johsei1129 | 2016-05-20 22:25 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)