人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2016年 05月 04日 ( 3 )


2016年 05月 04日

他国侵逼難の的中を受け『立正安国論』をあらためて要人に献じた時に添えた【安国論副状】

【安国論副状】
■出筆時期:文永五年(1268) 四十七歳御作
■出筆場所:鎌倉 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は前後の文が伝えられておらず対告衆及び述作月日は不明ですが、内容は文永五年十月十一日に北条時宗はじめ幕府要人、諸宗派寺院及び僧侶へ送られた「十一通御書」と共通しており、十一通御書の後に高位の要人に「立正安国論」に本書を添えて送られたのではと推察されます。
■ご真筆:身延久遠寺にかつて存在したが明治八年の大火で焼失。

【安国論副状 本文】

未だ見参に入らずと雖も、事に触れ書を奉るは常の習ひに候か。
抑、正嘉元年太歳丁巳八月二十三日戌亥の刻大地震、日蓮諸経を引いて之を勘ふるに、念仏宗・禅宗等と御帰依有るの故に、日本国中の守護の諸大善神恚りに依って起こす所の災ひなり。

若し御対治無くんば他国の為に此の国を破らるべき悪瑞の由、勘文一通之を撰して立正安国論と号し、正元二年太歳庚申七月十六日宿屋入道に付けて、故最明寺入道殿に之を進覧せしむ。





by johsei1129 | 2016-05-04 20:07 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 04日

Gosho 法華題目抄(法華経題目抄)The Daimoku of the Lotus Sutra 2

妙とは()の義なり具とは円満の義なり、

Myō means to be fully endowed, which in turn has the meaning of “perfect and full.”

The character "Myo" means all-encompassing, which in turn means lacking nothing, the perfect mutual possession of all things.

法華経の一一の文字・一字一字に()の六万九千三百八十四字を(おさ)めたり

Each word and each character of the Lotus Sutra contains within it all the 69,384 characters that compose the sutra.

Each character of the Lotus Sutra contains within itself [the significant meaning of] all 69.384 characters.

 妙とは蘇生(そせい)の義なり

Myo means to revive.

Myo [of Myoho-Renge-Kyo] means to revive one’s life.


つづく Continued


御書本文  目次 Index



by johsei1129 | 2016-05-04 11:17 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 04日

 如説修行抄筆記 五 在世の怨嫉を挙げて滅後の大難を示す、一に教主、二に所化、三に調機、四に法体なり


一 其の故は()

此の下、釈に二。初めに略して釈す、亦二。初めに在世の怨嫉を挙げて滅後の大難を況出(きょうしゅつ)するなり。

(ここ)に四重あり。一には教主に約し、二には所化に約し、三には調(じょう)()に約し、四には法体(ほったい)に約するなり。

初めに教主を云わば、在世は三惑(さんなく)()(だん)の仏なり。而るに猶多(ゆた)怨嫉(おんしつ)あり。(いか)(いわん)や末法は一惑未断の凡僧なればなり。必ず大難有るべき道理顕然(けんねん)なり。

二に所化をいわば、在世は三惑已断の大菩薩・阿羅(あら)(かん)なり。故に怨嫉を成すべからず。而るに(なお)怨嫉多し。況や末法は三毒(ごう)(じょう)の凡人なり。故に必ず大難有るべき道理なり。

  三に調機に約せば、在世は人非人等有りと雖も調機調養したもう故なり。而るに(なお)五千起去(きこ)等の怨嫉有り。況や末法には調機等の()無き故に必ず大難有るべきなり。

  四に法体に約せば、在世は脱益(だっちゃく)の法華なり。而るに(なお)(ごん)(じょう)(ねが)うに怨嫉多し。況や末法は下種益の法華経なり。必ず大難有る道理なり。次上(つぎかみ)に引く記の八の釈と合して(こころ)()べし云云。  

一 調機(じょうき)調養(じょうよう)して法華経

調機調養は熟益(じゅくやく)なり。熟益後の法華経は必ず脱益の法華経なり云云。「其の故は」より「怨嫉多し」に至るまで、在世の師弟、人法、()(ぎょう)()()なり。題号に合せ見るべし。

(また)四重の中には、初めの師弟等の二は広く諸経に通じ、()(おう)の大難等に合す。次に調機等の二は別して今経に約す。中に於て初めは(ごん)(じつ)相対の意、後の一は本迹(ほんじゃく)相対の意なり。記の八に合して見るべし。


             つづく


本書目次                    日寛上人 文段目次



by johsei1129 | 2016-05-04 11:11 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)