人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2016年 01月 08日 ( 3 )


2016年 01月 08日

報恩抄文段 下七


  第九段 真言の
誑惑(おうわく)を破す

一 (ほう)滅尽(めつじん)(きょう)に云く等

此の下は次に真言責破(しゃくは)、亦二と()す。初めに証前起後(しょうぜんきご)、次に「()の例」の下は、(まさ)しく真言責破。初めの証前起後、亦二と為す。

初めに前を証し、次に「問うて云く」の下は起後。初めの証前、(また)二と為す。初めに文を引き、次に「此の経文」の下は釈。初めの証前と云うは、(まさ)しく(ただ)(れん)()一人のみ法華の行者なることを証し、()ねて(ほい)(ぼう)の者国中に充満(じゅうまん)することを証するなり。

文に云う「法滅尽経に云く乃至()しは一、若しは二」等とは、

問う、本経の文に云く「()(はつ)涅槃(ねはん)の後、法滅せんと(ほっ)する時、()逆濁世(ぎゃくじょくせ)」等云云。(すで)に「法滅せんと欲する時」と云う。像法(ぞうほう)(おわ)りを説くの文なり。故に伝教(でんぎょう)大師此の経文を引き、(まさ)しく像法の終りなることを証するなり。故に(けん)戒論(かいろん)下五に云く「時を知り山に住するの明拠を開示す。(ほう)滅尽(めつじん)(きょう)に云く『()(はつ)涅槃(ねはん)(のち)乃至悪人(うたた)多くして海中の(いさご)の如く、善者(はなは)だ少くして()しは一、若しは二ならん乃至三乗は山に入り、福徳の地に恬怕(てんぱく)として自ら守り、(もっ)欣快(きんかい)()す』已上経文。今(すで)に時を知る、誰か登山せざらんや」等云云。(注:恬怕(てんぱく)=静かにして安らかなること。恬は静かの意。欣快=喜んで心地良いこと)故に知んぬ「若しは一若しは二」とは、正しく像法の終り、伝教(でんぎょう)()(しん)等の御事なり。(なん)ぞ末法今時(こんじ)(れん)()の事とせんや。

答う、実に所問の如く、像法の終りを説くなり。例せば安楽(あんらく)行品(ぎょうほん)三処(さんしょ)の「末世(まっせ)の法滅せんと(ほっ)時」の文の如し。伝教大師の云く「正像(やや)過ぎ(おわ)って末法(はなは)だ近きに有り。故に安楽行品に云く『末世法滅の時』と」と云云。(しか)るに今(しょ)()の意は、()の時の行事、(すで)に末法に同じき故に、又像法の終りすら(なお)善人は「若しは一、若しは二」なり。(いわん)や末法の始めをや。故に末法の事を引証するなり。

問う、(ほう)滅尽(めつじん)(きょう)の説時は如何(いかん)

答う、此れ(すなわ)()(げん)涅槃(ねはん)の中間に之を()くなり。故に「()くの如く聞けり、一時仏、拘夷那(くいな)(かつ)(こく)()り、如来、三月(みつき)あって(まさ)般涅(はつね)(はん)すべし」云云。啓蒙(けいもう)十四・七十三に之を引く。

問う、彼の経の中の文に云く「沙門(しゃもん)袈裟(けさ)自然(じねん)(びゃく)に変ず」云云。此の文は法滅の相を明かすとせんや。

答う、(しか)らず、(まさ)しく白法(びゃくほう)流布(るふ)の前相を明かすの文なり。(つぶさ)()文段(もんだん)要解(ようげ)の如し。


                   つづく
報恩抄文段下 目次



by johsei1129 | 2016-01-08 22:35 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 08日

GOSHO 立正安国論75 疑を断じて信を生ず 二

所詮(しょせん)国土(こくど)泰平(たいへい)・天下安穏(あんのん)は一人より万民に至るまで好む所なり(ねが)う所なり、

 There can be no doubt that all people, from the ruler on down to the general populace, rejoice in and desire the stability of the nation and the peace of the world.

Ultimately, it is the peace and stability of the land that everyone from the emperor to the commoner seeks and longs for.

早く一闡提(いっせんだい)()を止め、永く(しゅう)(そう)()()を致し・仏海の白浪(はくろう)(おさ)め法山の緑林を()らば、世は羲農(ぎのう)の世と成り、国は(とう)()の国と()らん、

If we can quickly put an end to the alms that are given to these icchantikas and insure that continuing support is instead given to the host of true priests and nuns, if we can still these “white waves” that trouble the ocean of the Buddha and cut down these “green groves” that overgrow the mountain of the Law, then the world may become as peaceful as it was in the golden ages of Fu Hsi and Shen Nung, and the nation may flourish as it did under the sage rulers Yao and Shun.

If we instantly cease giving alms to the icchantika and instead consistently make offerings to the many priests and nuns of the correct Law, and if we defeat the pirates on the vast ocean of Buddhist teachings and rout out the bandits in the high mountains of the Law, then the land will be peaceful, just as it was during the eras of FuXi and Shennong, and the nation will be an ideal one, just as it was during the periods of Yao and Shun.

(しか)して後、(ほっ)(すい)(せん)(じん)斟酌(しんしゃく)し仏家の棟梁(とうりょう)(すう)(ちょう)せん。

After that, there will be time to dip into the waters of the Law and to decide which are shallow doctrines and which are deep, and topay honor to the pillars and beams that support the house of the Buddha.

I will contemplate the depths of the Buddhist teachings and will seek, from now on, to revere the highest teaching of all.


                      つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2016-01-08 22:09 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 08日

大聖人が池上宗長の女房が子ができないと諦め嘆いていると聞き、今後はあきらめず望みを託して行きなさいと励まされた【兵衛志殿女房御返事】

【兵衛志殿女房御返事】
■出筆時期:弘安二年(1279)十一月二十五日 五十八歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は池上兄弟の弟兵衛志殿(宗長)の妻から、「絹の片裏」をご供養されたことへの返書となっております。
大聖人は弟子から宗長の妻が子ができないのですっかり諦めて嘆いていることを聞き、世間でそのように言っていることは嘆かわしいけれど、たとえ今まではそうであっても、これからは子を持つ望みを託していきなさいと慈愛あふれる言葉をかけられておられます。

尚、この消息について、子供が多く暮らし向きが厳しいと嘆いていると解釈されている事例もありますが、子供が多くて嘆くとは不自然であり、池上兄弟の父は鎌倉幕府・作事奉行(建築・土木の長官にあたる)の要職にあり、大聖人への供養も熱心で、経済的には恵まれていたと思われるので、ここは子供ができないことを嘆いていると推察します。
■ご真筆:千葉県 誕生寺(全文)所蔵。
f0301354_16470561.jpg




















【兵衛志殿女房御返事 本文】

兵衛志殿女房、絹片裏給い候。
此の御心は法華経の御宝前に申し上げて候、
まこととはをぼへ候はねども此の御房たちの申し候は、御子どもはなし。
よにせけんふつふつとをはすると申され候こそなげかしく候へども、
さりともとをぼしめし候へ、恐恐。
十一月廿五日                   日 蓮 在 御 判
兵韋志殿女房御返事

※注(古語)
[ふつふつ]:ものを勢いよく断ち切る時の時の音及び形容。きっぱりと、すっかり。
[さりとも]:現状と異なることに望みを託す場合に使用。たとえそうであっても。いままではそうでもこれからは。
※全訳読解古語辞典(三省堂)より。







by johsei1129 | 2016-01-08 16:47 | 池上兄弟 | Trackback | Comments(0)