人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 30日 ( 2 )


2015年 12月 30日

報恩抄文段 上二六


一 智証(ちしょう)大師等

  此の下は次に智証、亦三と為す。初めに師資(しし)習学(しゅうがく)、次に入唐(にっとう)伝受(でんじゅ)、三に自述矛盾(むじゅん)

 文に云う「智証大師」とは、釈書第三・十八を()いて見よ。文に「別当(べっとう)」と云うは(こう)(じょう)の事なり。釈書三・三云云。文に云う「良諝(りょうしょ)」とは、啓蒙(けいもう)七・五十九。文に云う「大日経の旨帰(しき)」とは、此の下は三に自述矛盾、亦三と為す。初めに真言を勝と為し、次に法華を勝と為し、三には「二宗の(さい)(とう)、亦二あり。初めに自述、二に宣示。

  初めに真言を勝と為すとは、大日経旨帰三十九に云く「(いま)案ずるに此の三摩(さんま)地門(じもん)(ただ)秘密教のみに()り。自余(じよ)一切(いっさい)(しゅ)多羅(たら)の中に()(しか)も書かず。故に大乗中の王、秘中の最秘と云う。法華(なお)及ばず。(いわん)や自余の教をや」云云。

御書三十二・二に云く「円珍(えんちん)智証(ちしょう)大師云く、『華厳(けごん)・法華を大日経に望むれば()()(ろん)()す』と」文。玄私記の七・四十一に云く「後唐院の記に云く、自証の境界は長短()(ごん)の相有ること無し。八葉の諸尊は機に(したが)って土を取る。(しか)して中台は本際(ほんざい)を動ぜず。(なんじ)が仏は新成(しんじょう)、吾が仏は()(じょう)等。皆()れ戯論にして仏法に(あら)ず。(まさ)に知るべし、華厳・法華の所説は皆戯論なり。()(ごん)は機に()り。(すべ)て仏に在るに非ず」等云云。又御書三十七・三。(注:真言見聞)

  次に法華を勝と為すとは、授決集の下巻四十五に云く「真言を謬誦(みょうじゅ)乃至若し法華・華厳・涅槃(ねはん)等の経に望むれば、是れ摂引(しょういん)(もん)」等云云。啓蒙(けいもう)七・五十九、中正十六・四十五、金山一下末三十五、開目の下十三。

又智証大師の講演法華義抄に云く「言う所の方便に能所(のうしょ)有り。能に一相有り、所に十相有り。阿字の法門を能門と名づく。()くの如き一字に四方を()す。所謂(いわゆる)能開・能示・能悟・能入等なり。菩提(ぼだい)(しん)の阿を能開と()し、菩提行の阿を能示と為し、証菩提の阿を能悟と為し、(にゅう)涅槃(ねはん)の阿を能入と為す。相性体(そうしょうたい)力作(りきさ)因縁(いんねん)果報(かほう)等の(にょ)()の十法を所開・所示・所悟・所入と為す」等云云。

  此の文は、真言を能通(のうつう)の方便と為し、法華を所通(しょつう)の本法と為す。故に法華の勝れたること文に()って分明なり。故に止観(しかん)見聞は此の文を(もっ)顕勝(けんしょう)密劣(みつれつ)の判釈とするなり。  

三の「二宗の斉等」とは「()(げん)経の記と論記とには『同じ』等云云。普賢経の記の下二十四に云く「天台(てんだい)の実相観と大日の不生観と並びに心に()るるべし」云云。論記の八末二十四に云く「仏、三世に於て(ひと)しく三身有り。諸経の中に於て(これ)を秘して伝えず。故に菩提(ぼだい)心論(しんろん)に云く、(ただ)()の経の中に即身(そくしん)成仏(じょうぶつ)す。故に是の三摩(さんま)地門(じもん)を説く。諸経の中に於て()て書せず。今、無畏(むい)三蔵の釈語の(ついで)()って之を書く。今と符合(ふごう)せり。彼此(ひし)(きら)(なか)れ」と文。

  文に云う「(じょう)(がん)八年」等とは、

  問う、何ぞ宣旨(せんじ)を以て自述矛盾(むじゅん)の中に属するや。

 答う、奏聞(そうもん)の旨に(まか)せて(すなわ)ち宣旨を(くだ)す。故に其の宣旨は、義、自述に(あた)るなり。故に宣旨に「聞くが如くんば、真言・止観、両教一宗」等と云うなり。故に宗祖は宣旨を(もっ)て即ち自語(じご)相違(そうい)の中に属したまえるなり。故に下の文に云く「(あるい)は真言すぐれ乃至宣旨を申し下すには乃至(これ)()(みな)自語相違」等云云。

一 ()れば慈覚・智証等

  此の(しも)は次に今師(こんし)()(しゃく)、亦三と()す。初めに略して自語相違を()め、次に「但し二宗」の下は広く先師違背の(とが)責め、三に「されば(ろう)(まい)」の下は総結(そうけつ)

  初めの文に云く「或は真言すぐ()れ乃至」等とは、

  問う、上来の慈覚の中に法華を(しょう)と為すの義を見ず。(いわん)や等海抄十七・五に天台(てんだい)・真言の勝劣同異を明かす中にも(また)其の相無し。故に等海抄に云く「心賀(しんが)御義(おんぎ)に云く、一には真言は事理(とも)一向(いっこう)に天台に勝れたり。()れは弘法・智証の御義なり。智証釈して云く、天台の(さん)(がん)一心(いっしん)の理は(みなもと)は阿字(もと)(くう)の理より()でたり云云。此の釈は能生(のうしょう)の法は真言、所生(しょしょう)の法は天台と釈する故に、所生(しょしょう)の法は事理(とも)(おと)ると聞えたり云云。二には事理()(みつ)は真言(すぐ)れたり。(ただ)理秘密は両宗同じきなり。是れ慈覚・五大院等の御義(おんぎ)なり。三には真言・天台、事理倶に一向に全く同じきなり。是れ伝教(でんぎょう)の御義なり。山家(さんけ)の釈に云く、真言と止観(しかん)()(むね)(いつ)なり。故に一山に於て両宗を(ひろ)む等云云。四には天台は勝れ、真言は劣るなり。是れ四重の秘釈(ひしゃく)を以て口伝(くでん)子細之(しさいこれ)有り」等云云。(しか)らば何ぞ「慈覚・智証乃至(あるい)は法華すぐれ」等といわんや。

  答う、是れ(すなわ)ち智証に(あい)(したが)故なり。又此の等海口伝を見るに、慈覚・智証の先師違背(いはい)の大罪、弥々(いよいよ)分明なり。


                   つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-30 22:37 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 30日

GOSHO 立正安国論64 施を止めて命を絶つ 十四

(かく)(とく)()()(かえ)(のち)寿(いのち)(おわ)つて亦閦仏(あしゅくぶつ)の国に往生(おうじょう)することを得て()の仏の為に声聞(しょうもん)衆中(しゅうちゅう)の第二の弟子と()る、

“Later, the monk Realization of Virtue also died, and he too was reborn in the land of the Buddha Akshobhya, where he became second among the Buddha’s voice-hearer disciples.

Monk Kakutoku was also born into this land after his death, and he became the second disciple of the Buddha.

()し正法()きんと(ほっ)すること有らん時、(まさ)()くの如く受持し擁護(おうご)すべし、

Thus, if the correct teaching is about to come to an end, this is the way one ought to support and defend it.

This is precisely the way you should uphold and defend the correct Law when it is about to perish.

迦葉(かしょう)()の時の王とは即ち我が身(これ)なり、説法の比丘は迦葉(かしょう)仏是なり、

“Kāshyapa, the king who lived at that time was I myself, and the monk who preached was the Buddha Kāshyapa.

Kashyapa, it was I, in fact, who was king at the time, and the monk who preached the sermon was Kashyapa Buddha.

迦葉(かしょう)、正法を(まも)る者は是くの如き等の無量の果報(かほう)を得ん、

Kāshyapa, those who defend the correct teaching enjoy this kind of boundless reward.

Kashyapa, those who protect the true Law will gain this kind of immeasurable merit.

是の因縁(いんねん)を以て我今日(こんにち)に於て種種の相を得て(もっ)て自ら荘厳(しょうごん)(ほっ)(しん)不可壊(ふかえ)の身を()す、

As a consequence, I have been able to obtain the distinguished characteristics that I possess today, to adorn myself with them, and to put on the Dharma body that can never be destroyed.”

The cause I created enabled me to acquire the many sacred features that adorn my present self and ultimately gain this indestructible body, the property of the Law.

仏、迦葉(かしょう)菩薩に告げたまわく、是の故に法を護らん()()(そく)等は(まさ)(とう)(じょう)(しゅう)()して擁護(おうご)すること是くの如くなるべし、

Then the Buddha declared to Bodhisattva Kāshyapa: “For this reason, laymen believers and others who wish to defend the Law should arm themselves with swords and staves and protect it in this manner.

The Buddha further said to Bodhisattva Kashyapa: Therefore, lay believers who protect the Law must do so with swords and staves.

                       つづく Next
御書本文】【目次 Index

f0301354_22172014.jpg



by johsei1129 | 2015-12-30 22:01 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)