人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 28日 ( 3 )


2015年 12月 28日

報恩抄文段 上二四

一 (また)真言宗の元祖(がんそ)と云う竜樹(りゅうじゅ)菩薩の御心もかくのごとし。

  此の(しも)は次に同を引いて()()す。

大論一百・十七に云く「問う、(さら)(いず)れの法か(じん)(じん)にして般若(はんにゃ)に勝る者有って、般若を(もっ)()(なん)属累(ぞくるい)し、(しか)余経をば菩薩に属累するや。答えて(いわ)く、般若波(はんにゃは)()(みつ)秘密(ひみつ)の法に(あら)ず。而も法華等の諸経には阿羅漢(あらかん)作仏(さぶつ)を説く。大菩薩は()く受持し用う、(たと)えば大薬師の能く毒を以て薬と為すが如し」等云云。

文意は、法華経には二乗作仏を明かす。毒を以て薬と為すが如き故に甚深の秘密勝れ、般若(はんにゃ)経には二乗作仏を明かさざる故に秘密の法に非ず。此の故に(おと)れるなり云云。

  故に知んぬ、大日経には二乗作仏を明かさざる故に、般若経に同じく秘密の法に非ず、(また)是れ下劣(げれつ)の法なり。故に知んぬ、竜樹(りゅうじゅ)菩薩の御心(みこころ)も大日経等の一切経の中に法華経は勝れたりと(おぼ)()す事分明(ふんみょう)なり。是れは同を引くなり。

  文に云う「不空(ふくう)があやまれる菩提(ぼだい)心論(しんろん)」等とは、

  問う、菩提心論は(あるい)は竜樹の造といい、或は不空の集と云う。何ぞ今治定(じじょう)して「不空」と云うや。

  答う、()れに多くの所以(ゆえん)有り。今略して一二を()げん。

  一には彼の論に云く「毘盧舎那(びるしゃな)経の(しょ)(じゅん)ずるに、阿字を釈するに(つぶさ)に五義有り」等云云。(いわ)く、竜樹(かつ)て月氏に()り、何ぞ千年後の漢土(かんど)無畏(むい)の大日経の疏を引かんや。

  二には(また)彼の論に大日経の第七、供養次第(しだい)法を引き(おわ)んぬ。是れも(また)無畏三蔵の(こん)(ぞく)(おう)の塔の下に於て感見する(ところ)なり。千年()(ぜん)の竜樹、(いか)でか之を引くべけんや。故に竜樹の造に(あら)ざること道理分明(ふんみょう)なり。智証(ちしょう)の意も亦(しか)なり。宗旨雑記の下十二、御書二十四・二十五に或は()して云く「彼は是れ後人(こうじん)()の疏の文を引いて(しる)して論の中に注入せしなり。(しか)るに有る論本に長行(じょうごう)と書けるは写主の(あやま)りならん」(注:秀句十章抄)と云云。

  ()し爾らば、(まさ)しく不空(ふくう)(あやま)の相、如何。

  答う、彼の論の中の「(ただ)真言法中」の肝心(かんじん)の文は(あやまり)なり。其の故は、文証(もんしょう)現証(げんしょう)分明なる法華の即身(そくしん)成仏(じょうぶつ)を一向に()に属して、文証・現証も無き真言経に即身成仏を立つるが故なり。其の上の「(ゆい)真言」の「唯」の一字、第一の謬りなり。(つぶさ)には撰時抄上二十五の如し。

  今文の意に(いわ)く、竜樹(すで)に大論の中に法華を第一と定め(おわ)んぬ。故に大論を()く能く之を(たず)ぬれば、法華・真言の勝劣(しょうれつ)(まさ)に是れ分明(ふんみょう)なるべし。(しか)るに不空の悞れる菩提(ぼだい)心論(しんろん)の「(ゆい)真言法中即身成仏」の文に皆人(たぶら)かされて、法華・真言の勝劣に迷惑せるか云云。文中の二箇の「()の事」は、並びに法華・真言の勝劣の事なり。

一 (いわ)(ぶち)(ごん)(そう)僧正(そうじょう)御弟子(みでし)

  此の(しも)は次に三師の伝弘(でんぐ)を明かして(もっ)邪謬(じゃびゅう)(あらわ)す、亦二と()す。初めに弘法(こうぼう)の伝弘を明かし、次に覚・証の伝弘を明かす。初めの文(また)三と為す。初めに伝来立宗、次に「一代」の下は(まさ)しく邪謬を明かし、三に「天竺(てんじく)」の下は今師(こんし)()(しゃく)。「空海(くうかい)」は釈書一・二十七、二・二十、註の七・七の如し。

  文に云う「両三蔵の第三の御弟子」等とは、真言八祖の相承(そうじょう)に二義あり。謂く、一には付法の八祖。一には大日如来、二には金剛(こんごう)薩埵(さつた)、三には(りゅう)(みょう)、四には(りゅう)()、五には金剛(こんごう)()、六には不空、七には恵果(けいか)、八には弘法なり。

伝持の八祖とは、一には竜猛、二には竜智、三には金剛智、四には不空、五には善無畏(ぜんむい)、六には一行(いちぎょう)、七には恵果、八には弘法なり。雑記下五。啓蒙(けいもう)に云く「両三蔵の第三代の御弟子なり」と。

 文に云う「大同二年十月二十二日御帰朝」等文。

釈書には「元和(げんな)元年帰朝」と云う。大唐の元和元年は(すなわ)ち日本の大同元年なり。今何ぞ「二年」と云うや。

  答う、大同元年に太宰府(だざいふ)()き、同二年に平安城に入る。故に相違には(あら)ず。釈書一・三十云云。故に唐に()ること三年なり。

  文に云う「平城(へいぜい)ほど()もなく」等とは、王代一覧の二・三十九に(なか)(なり)薬子(くすこ)の事云云。


                 つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-28 22:56 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 28日

GOSHO 立正安国論62 施を止めて命を絶つ 十二

又云く「善男子・過去(かこ)の世に此の拘尸那(くしな)城に(おい)て仏の世に出でたまうこと有りき、歓喜(かんき)増益(ぞうやく)如来(にょらい)と号したてまつる、

The Buddha likewise said: “Good man, in past ages in this very city of Kushinagara, a Buddha appeared whose name was the Thus Come One Joy Increasing.

My disciple, there was a time in a previous existence when the Buddha appeared in this fortress city of Kusinagara. His name was Tathagata of Increasing Joy.

涅槃(ねはん)の後、正法世に住すること無量億(むりょうおく)(さい)なり、

After this Buddha passed away, the correct teaching that he had taught remained in the world for countless millions of years.

After this Buddha entered nirvana, the correct Law continued in the world for countless aeons.

余の四十年仏法の末、()の時に一の持戒(じかい)比丘(びく)有り名を(かく)(とく)()う、

Finally, only forty more years were left before the Buddhist teaching was due to come to an end. “At that time there was a monk named Realization of Virtue who observed the precepts.

During the final forty years before this Law would come to an end, there was a monk who observed the precepts. This monk’s name was Kakutoku.

爾の時に多く破戒(はかい)比丘(びく)有り、是の説を()すを聞きて(みな)悪心を生じ(とう)(じょう)執持(しゅうじ)し是の法師を()む、

There were many monks at this time who violated the precepts, and when they heard this monk preaching, they all conceived evil designs in their hearts and, arming themselves with swords and staves, approached this teacher of the Law.

At the same time, however, there were a great many monks who violated the precepts. As Kakutoku preached the correct Law, nefarious thoughts emerged in the minds of those slanderous monks, and they attacked him with swords and staves.

是の時の国王名けて有徳(うとく)と曰う、是の事を聞き(おわ)つて護法(ごほう)の為の故に即便(すなわ)説法者(せっぽうしゃ)の所に往至(おうし)して()破戒(はかい)(もろもろ)の悪比丘と(きわ)めて共に戦闘(せんとう)す、

“At this time the ruler of the kingdom was named Possessor of Virtue. He received reports of what was happening, and, in order to defend the teaching, he went at once to the place where the monk was preaching the Law and fought with all his might against the evil monks who broke the precepts.

The king at the time was named Utoku. Upon hearing of this crucial situation, he rushed to the aid of Monk Kakutoku in order to protect the Law and fought with all his might against the evil monks who were violating the precepts.

                       つづく Next
御書本文】【目次 Index

f0301354_22444284.jpg



by johsei1129 | 2015-12-28 22:28 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 28日

「世間の学者仏法を学問して智恵を明めて我も我もとおもひぬ<略>ゆめのごとくに申しつれども唯一大事を知らず」と断じた【さだしげ殿御返事】


【さだしげ殿御返事】
■出筆時期:建治二年(1276年)十二月二十日 五十五歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本消息を送られた「さだしげ殿」の詳細は不明ですが、冒頭で『さきざきに申しつるがごとし』と記されておられることから、大聖人の説法を直接聞いたか若しくは法門について認められた消息を賜ったことのある在家の信徒と思われます。
また文中の「世間の学者」とは、念仏の法然、律宗の極楽寺・良観、禅宗の道隆、真言の弘法大師ら小乗・権大乗諸派の僧を指し示していることは明白です。

さらに「唯一大事を知らず」と法華経方便品第二の「唯以一大事因縁故」を示しており、大聖人は御義口伝【方便品八箇の大事】でこの「唯以一大事因縁故」を次のように説かれておられれます。

第三唯以一大事因縁の事
<前略>
一とは妙なり大とは法なり事とは蓮なり因とは華なり縁とは経なり云云、又云く我等が頭は妙なり喉は法なり胸は蓮なり胎は華なり足は経なり此の五尺の身妙法蓮華経の五字なり、此の大事を釈迦如来・四十余年の間隠密したもうなり今経の時説き出したもう此の大事を説かんが為に仏は出世したもう我等が一身の妙法五字なりと開仏知見する時・即身成仏するなり、開とは信心の異名なり信心を以て妙法を唱え奉らば軈(やが)て開仏知見するなり、然る間信心を開く時南無妙法蓮華経と示すを示仏知見と云うなり、示す時に霊山浄土の住処と悟り即身成仏と悟るを悟仏知見と云うなり、悟る当体・直至道場なるを入仏知見と云うなり、然る間信心の開仏知見を以て正意とせり、入仏知見の入の字は迹門の意は実相の理内に帰入するを入と云うなり本門の意は理即本覚と入るなり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る程の者は宝塔に入るなり云云、又云く開仏知見の仏とは九界所具の仏界なり知見とは妙法の二字止観の二字寂照の二徳生死の二法なり色心因果なり、所詮知見とは妙法なり九界所具の仏心を法華経の知見にて開く事なり、爰を以て之を思うに仏とは九界の衆生の事なり、此の開覚顕れて今身より仏身に至るまで持つや否やと示す処が妙法を示す示仏知見と云うなり、師弟感応して受け取る時如我等無異と悟るを悟仏知見と云うなり、悟つて見れば法界三千の己己の当体法華経なり此の内証に入るを入仏知見と云うなり秘す可し云云
<後略>
■ご真筆:京都市 頂妙寺所蔵。

【さだしげ殿御返事 本文】

さきざきに申しつるがごとし、世間の学者・仏法を学問して智恵を明めて我も我もとおもひぬ、一生のうちに・むなしくなりて・ゆめのごとくに申しつれども唯一大事を知らず・よくよく心得させ給うべし、あなかしこ・あなかしこ。

十二月二十日 日 蓮 花押
さだしげ殿御返事


【妙法蓮華経 方便品第二】
諸仏世尊。唯以一大事因縁故。出現於世。
舎利弗。云何名諸仏世尊。唯以一大事因縁故。出現於世。
諸仏世尊。欲令衆生。開仏知見。
使得清浄故。出現於世。欲示衆生。仏知見故。
出現於世。欲令衆生。悟仏知見故。出現於世。
欲令衆生。入仏知見道故。出現於世。舎利弗。
是為諸仏。唯以一大事因縁故。出現於世

[和訳]
諸仏・世尊は、唯、一大事の因縁を以ての故に世に出現せり。
舎利弗よ、何をもって、諸仏・世尊は唯、一大事の因縁を以ての故に世に出現せりと名づくるや。
諸仏及び世尊は、衆生をして、仏知見(仏性)を開かしめ、
清浄なることを得さしめんと欲するが故に、世に出現せり。
衆生をして仏知見に入らしめんと欲するが故に、世に出現せり。
衆生をして、仏知見を悟らしめんと欲するが故に、世に出現せり。




by johsei1129 | 2015-12-28 22:19 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)