人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 25日 ( 3 )


2015年 12月 25日

よるひる法華経に申し候なり、御信用の上にも力もをしまず申させ給え<中略>各各の御信心のあつくうすきにて候べし、と諭された【南条殿御返事】

【南条殿御返事】
■出筆時期:建治二年(1276年)閏三月二十四日 五十五歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は南条時光が十八歳の時に送られた長文のご消息です。
閏三月は現在の五月末頃の時期で、時光が夏用の上着のかたびら(帷子)他、種々大聖人にご供養されたことへの返書となっております。

大聖人は、主君の御勘気に触れ牢に十二年間入れられていた大橋太郎の子が、出家し法華経を読誦することで父に会え、主君の御勘気もとけた謂れを記され、幼くして父を亡くした時光に対し「この御孝養の志を閻魔法王・梵天・帝釈天までも知しめしぬらん。釈迦仏・法華経もいかでか捨てさせ給うべき<中略>この(法華経へのご供養の)御心ざし彼(大橋太郎の子息)に違わず。これは(日蓮が)涙をもちて書きて候なり」と称えられておられます。

さらに当時噂させていた文永の役に続く蒙古の再度の来襲に触れ「各各も不便とは思へども助けがたくやあらんずらん。よるひる法華経に申し候なり。(法華経を)御信用の上にも力もをしまず申させ給え。あえてこれより(日蓮)の心ざしのゆわきにはあらず、各各の御信心のあつくうすきにて候べし」と、一層法華経信仰に励むよう諭されておられます。
■ご真筆:富士大石寺所蔵(一般非公開)。

[南条殿御返事 本文]

かたびら一つ・しをいちだ・あぶら五そう・給び候い了んぬ、ころもはかんをふせぎ又ねつをふせぐ・みをかくし・みをかざる、法華経の第七やくわうぼんに云く「如裸者得衣」等云云、心ははだかなるものの・ころもをへたるがごとし、もんの心はうれしき事をとかれて候。

ふほうぞうの人のなかに商那和衆と申す人あり衣をきてむまれさせ給う、これは先生に仏法にころもを・くやうせし人なり、されば法華経に云く「柔和忍辱衣」等云云、こんろん山には石なし・みのぶのたけにはしをなし、石なきところには・たまよりも・いしすぐれたり、しをなきところには・しを・こめにもすぐれて候、国王のたからは左右の大臣なり・左右の大臣をば塩梅と申す、みそしを・なければよわたりがたし・左右の臣なければ国をさまらず、あぶらと申すは・涅槃経に云く風のなかに・あぶらなし・あぶらのなかに・かぜなし・風をぢする第一のくすりなり、かたがたのものをくり給いて候御心ざしのあらわれて候事申すばかりなし、せんするところは・こなんでうどのの法華経の御しんようのふかかりし事のあらわるるか、王の心ざしをば臣のべ・をやの心ざしをば子の申しのぶるとはこれなり、あわれことのの・うれしと・をぼすらん。

つくしにををはしの太郎と申しける大名ありけり、大将どのの御かんきを・かほりて・かまくらゆひのはまつちのろうにこめられて十二年めしはじしめられしとき・つくしをうちいでしに・ごぜんにむかひて申せしは・ゆみやとるみとなりて・きみの御かんきを・かほらんことは・なげきならず、又ごぜんに・をさなくよりなれしかいまはなれん事いうばかりなし、これはさてをきぬ、なんしにても・によしにても一人なき事なげきなり、ただしくわいにんのよし・かたらせ給う・をうなごにてやあらんずらん・をのこごにてや候はんずらん、ゆくへをみざらん事くちおし、又かれが人となりて・ちちというものも・なからんなげき・いかがせんとをもへども・力及ばずとていでにき。

かくて月ひすぐれ・ことゆへなく生れにき・をのこごにてありけり、七歳のとし・やまでらにのぼせてありければ・ともだちなりけるちごども・をやなしとわらひけり、いへにかへりて・ははにちちをたづねけり、ははのぶるかたなくして・なくより外のことなし、此のちご申す天なくしては雨ふらず・地なくしてはくさをいず、たとい母ありとも・ちちなくばひととなるべからず、いかに父のありどころをば・かくし給うぞとせめしかば・母せめられて云うわちごをさなければ申さぬなり・ありやうはかうなり、此のちごなくなく申すやう・さてちちのかたみはなきかと申せしかば、これありとて・ををはしのせんぞの日記・ならびにはらの内なる子に・ゆづれる自筆の状なり、いよいよをやこひしくて・なくより外の事なし、さて・いかがせんといゐしかば・これより郎従あまた・ともせしかども・御かんきをかほりければ・みなちりうせぬ、そののちは・いきてや又しにてや・をとづるる人なしと・かたりければ・ふしころび・なきて・いさむるをも・もちゐざりけり。

ははいわく・をのれをやまでらにのぼする事は・をやのけうやうのためなり、仏に花をもまいらせよ・経をも一巻よみて孝養とすべしと申せしかば・いそぎ寺にのぼりて・いえへかへる心なし、昼夜に法華経をよみしかば・よみわたりけるのみならず・そらにをぼへてありけり、さて十二のとし出家をせずして・かみをつつみ・とかくしてつくしをにげいでて・かまくらと申すところへたづねいりぬ。

八幡の御前にまいりて・ふしをがみ申しけるは・八幡大菩薩は日本第十六の王・本地は霊山浄土に法華経をとかせ給いし教主釈尊なり、衆生のねがいをみて給わんがために神とあらわれさせ給う、今わがねがいみてさせ給え、をやは生きて候か・しにて候かと申して・いぬの時より法華経をはじめて・とらの時までに・よみければ・なにとなき・をさなきこへはうでんに・ひびきわたり・こころすごかりければ・まいりてありける人人も・かへらん事をわすれにき、皆人いちのやうに・あつまりてみければ・をさなき人にて法師ともをぼえず・をうなにてもなかりけり。

をりしも・きやうのにゐどの御さんけいありけり、人めをしのばせ給いてまいり給いたりけれども御経のたうとき事つねにもすぐれたりければはつるまで御聴聞ありけりさてかへらせ給いておはしけるがあまりなごりをしさに人をつけてをきて大将殿へかかる事ありと申させ給いければめして持仏堂にして御経よませまいらせ給いけり。
さて次の日又御聴聞ありければ西のみかど人さわぎけり、いかなる事ぞとききしかば・今日はめしうどの・くびきらるると・ののしりけり、あわれ・わがをやは・いままで有るべしとは・をもわねども・さすが人のくびをきらるると申せば・我が身のなげきとをもひて・なみだぐみたりけり、大将殿あやしと・ごらんじて・わちごはいかなるものぞ・ありのままに申せとありしかば・上くだんの事・一一に申しけり、をさふらひにありける大名・小名・みすの内みな・そでをしぼりけり、大将殿・かぢわらをめして・をほせありけるは・大はしの太郎という・めしうど・まいらせよとありしかば・只今くびきらんとて・ゆいのはまへ・つかわし候いぬ、いまはきりてや候らんと申せしかば・このちご御まへなりけれども・ふしころびなきけり、ををせのありけるは・かぢわらわれと・はしりて・いまだ切らずばぐしてまいれとありしかば・いそぎ・いそぎゆいのはまへ・はせゆく、いまだいたらぬに・よばわりければ・すでに頚切らんとて刀をぬきたりけるとき・なりけり。

さてかじわら・ををはしの太郎を・なわつけながら・ぐしてまいりて・ををにはにひきすへたりければ・大将殿このちごに・とらせよとありしかば・ちごはしりをりて・なわをときけり、大はしの太郎は・わが子ともしらず・いかなる事ゆへに・たすかるともしらざりけり、さて大将殿又めして・このちごに・やうやうの御ふせたびて・ををはしの太郎をたぶのみならず、本領をも安堵ありけり。

大将殿をほせありけるは法華経の御事は昔よりさる事とわききつたへたれども・丸は身にあたりて二つのゆへあり、一には故親父の御くびを大上入道に切られてあさましとも・いうばかりなかりしに、いかなる神・仏にか申すべきと・おもいしに走湯山の妙法尼より法華経をよみつたへ千部と申せし時、たかをのもんがく房をやのくびをもて来りて・みせたりし上・かたきを打つのみならず・日本国の武士の大将を給いてあり、これひとへに法華経の御利生なり、二つには・このちごが・をやをたすけぬる事不思議なり、大橋の太郎というやつは頼朝きくわいなりとをもう・たとい勅宣なりとも・かへし申して・くびをきりてん、あまりのにくさにこそ十二年まで・土のろうには入れてありつるに・かかる不思議あり、されば法華経と申す事はありがたき事なり、頼朝は武士の大将にて多くのつみを・つもりてあれども法華経を信じまいらせて候へば・さりともと・こそをもへと・なみだぐみ給いけり。

今の御心ざしみ候へば故なんでうどのは・ただ子なれば・いとをしとわ・をぼしめしけるらめども・かく法華経をもて我がけうやうをすべしとは・よもをぼしたらじ、たとひつみありて・いかなるところに・おはすとも・この御けうやうの心ざしをば・えんまほうわう・ぼんでん・たひしやく・までも・しろしめしぬらん、釈迦仏・法華経もいかでか・すてさせ給うべき、かのちごのちちのなわを・ときしと・この御心ざし・かれにたがわず、これはなみだをもちて・かきて候なり。

むくりのおこれるよし・これにはいまだうけ給わらず、これを申せば日蓮房はむくり国のわたるといへば・よろこぶと申すこれゆわれなき事なり、かかる事あるべしと申せしかば・あだがたきと人ごとにせめしが・経文かぎりあれば来るなり・いかにいうとも・かなうまじき事なり、失もなくして国をたすけんと申せし者を用いこそあらざらめ、又法華経の第五の巻をもつて日蓮がおもてをうちしなり、梵天・帝釈・是を御覧ありき、鎌倉の八幡大菩薩も見させ給いき、いかにも今は叶うまじき世にて候へば・かかる山中にも入りぬるなり、各各も不便とは思へども助けがたくやあらんずらん、よるひる法華経に申し候なり、御信用の上にも力もをしまず申させ給え、あえてこれよりの心ざしのゆわきにはあらず、各各の御信心のあつくうすきにて候べし、たいしは日本国のよき人人は一定いけどりにぞなり候はんずらん、あらあさましや・あさましや、恐恐謹言。

後三月二十四日 日 蓮 花 押
南条殿御返事





by johsei1129 | 2015-12-25 19:01 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 25日

報恩抄文段 上二一


 次の文に云う「
(また)玄昉(げんぼう)等」とは、人王四十四代元正帝の(れい)()二年に入唐(にっとう)し、四十五第(しょう)()天皇の天平七年に帰朝(きちょう)、唐に()ること二十年なり。(しょう)(らい)せる経論(きょうろん)章疏(しょうしょ)五千余巻、即ち興福寺(こうふくじ)(おさ)む。同じき十八年六月、筑紫(つくし)観音寺(かんのんじ)供養(くよう)の導師たり。此の時、空中より玄昉を(ひっさ)げて去る。其の後、(ぼう)(こうべ)、興福寺の唐院に落つ。是れ則ち太宰府(だざいふ)都督(ととく)・藤原(ひろ)(つぐ)が霊の()す所なり。昉、(さき)に広継の妻に花鳥の使いを通ぜしが故なり。羅山(らざん)文集(ぶんしゅう)二十六、「玄昉(げんぼう)」の(しも)に云く「虎関(こかん)の、所謂(いわゆる)(さい)(こう)有り(いえど)(おさ)めざる者は丈夫(じょうぶ)と為さずとは、(わら)取るあり」と云云。二三子(にさんし)よ、()じざるべからず、(つつし)まざるべからず云云。釈書(しゃくしょ)十六・六、同二十二・十八、神社考三・三十七。

()れ人は(まさ)に其の名を(えら)ぶべし。唐の人、相して云く「玄昉は(げん)(ぼう)還って亡ずる)か」と。(はた)して日本に(かえ)り其の身を亡ぼせり。漢の高祖は柏人(はくじん)に宿せず。柏人は人に(せま)るが故なり。岑彭(しんぼう)(しょく)()って(なお)(ほう)(ぼう)に営し、其の夜、人に害せられたり。啓蒙(けいもう)十三終に羅山(らざん)文集を引く。

 亦明雲(みょううん)座主(ざす)の事は源平(げんぺい)盛衰(せいすい)記の三十四・十四に。(こう)嘉門院(かもんいん)聖子(せいし)の事は本朝語園一・二十七。(ほう)(うん)法師の雨を(ふら)す事は(せん)二・十二。(とも)(きり)(まる)の事は剣の巻九。亦聖賢の其の名を()む事は文選(もんぜん)二十八に云く「(かっ)しても(とう)(せん)の水を飲まず、熱けれども悪木の陰に(やす)まず」云云。同三十九に云く「里を勝母(しょうも)と名づく、曽子(そうし)入らず。(むら)を朝歌と(ごう)す、墨子(ぼくし)車を()えす」等云云。啓蒙三十一・六十一に之を引く。

文に云く「大日経の義釈(ぎしゃく)十四巻」とは、諌迷(かんめい)八・十九に「不空(ふくう)作る」云云。宗旨(しゅうし)雑記(ざっき)下三に云く「大日経(しょ)二十巻は善無畏(ぜんむい)の説、一行(いちぎょう)の筆記なり。(いま)再治(さいじ)せざるなり。

(おん)()再治して十巻に調(ととの)う、是れを大日経の義釈と名づく。山門・園城寺(おんじょうじ)には義釈を用い、東寺(とうじ)高野(こうや)には之を用いず、未治(みじ)の大日経疏を用うるなり」と文。

  御書三十五・二に云く「善無畏・金剛(こんごう)()評定(ひょうじょう)有って大日経の疏・義釈を作れり、一行阿闍(あじゃ)()の執筆なり」(法華真言勝劣事)と云云。

  又次の文に云く「東大寺の()清大徳」等とは、智証(ちしょう)の義釈目録に云く「西大寺の徳清大徳将来(しょうらい)の本一十四巻、(また)(やま)階寺(しなてら)後興福と号す)に一本有り、玄昉(げんぼう)将来(しょうらい)」と云云。

一 (これ)()伝教(でんぎょう)大師等

  此の(しも)は次に(まさ)しく明かす。

  文に云く「大日経・法華経の勝劣いかん(如何)がと・おぼしけるほどに」等文。

  問う、撰時抄に云く「伝教大師は日本国にして十五年が間・天台(てんだい)真言等を()(けん)せさせ給う(しょう)()(みょう)()にて師なくしてさとらせ給いしかども、世間の不審(ふしん)をはらさんがために漢土(かんど)(わた)り」と云云。

  答う、彼は内証に約し、()れは外相(げそう)に約するが故なり。

  文に云う「延暦(えんりゃく)二十三年七月」等とは、

  問う、延暦二十三年には伝教大師の御年(おんとし)何歳なりや。

  答う、(ここ)に二説あり。一には三十八歳なり。釈書に「神護景(じんごけい)(うん)元年に(ちょう)を生む」と。故に延暦二十三年は(すなわ)()れ三十八歳の御時(おんとき)なり」と。宗旨(しゅうし)雑記(ざっき)下二十四は即ち此の意なり。

  二には四十歳なり。朝抄(なら)びに啓蒙(けいもう)所引(しょいん)の一心戒文中七丁に云く「国昌寺の僧・最澄(さいちょう)、年四十、(ろう)二十乃至延暦(えんりゃく)二十三年に海を渡り道を(もと)む」等云云。()し此の()()らば天平神護元年の誕生(たんじょう)なり。合運三・四十二見合(みあ)すべし。

  文に云う「西明寺(さいみょうじ)」とは、此の(もん)(あやまり)なり。(まさ)に「国清寺(こくせいじ)」と云うべし。宋高僧伝二十九、釈書の一に云云。

  文に云う「止観(しかん)(えん)(どん)の大戒」とは、顕戒論に云く「一心三観は一言に伝え、菩薩の円戒は至心(ししん)(さず)くる」文。

  文に云う「霊感寺(れいかんじ)(じゅん)(ぎょう)」とは、若し釈書一・十四には「竜興寺の順暁」等云云。(けだ)し顕戒論には「(れい)巌寺(がんじ)の順暁」と云云。今は借音(しゃくおん)ならんか。血脈(けちみゃく)()台州(たいしゅう)臨海県竜興寺は道邃(どうずい)の寺なり。楊州(ようしゅう)の竜興寺は(がん)(じん)の寺なりと。


                      つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-25 05:54 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 25日

GOSHO 立正安国論59 施を止めて命を絶つ 九

上殺(じょうさつ)とは父母乃至羅漢(あらかん)辟支仏(びゃくしぶつ)(ひつ)(じょう)の菩薩なり,阿鼻(あび)大地獄の中に()す、

The upper degree of killing refers to the killing of a parent, an arhat, a pratyekabuddha, or a bodhisattva who has reached the stage of non-retrogression. For such a crime one will fall into the great Avīchi hell.

The highest degree of killing comprises killing ones father, mother, an arhathighest rank in the world of learning, a pratyekabuddhasagein the world of realization, or a bodhisattva who has reached the state of non-regression. [If one commits the highest degree of killing], one will fall into the great hell of incessant sufferings.

善男子、若し()一闡提(いっせんだい)を殺すこと有らん者は(すなわ)ち此の三種の殺の中に堕せず、

Good men, if someone were to kill an icchantika, that killing would not fall into any of the three categories just mentioned.

My disciples, taking the life of an icchantika does not result in the sufferings of retribution from any of the three degrees of killing, even if one does so willingly.

善男子、彼の(もろもろ)()羅門(らもん)等は一切皆是一闡提(いっせんだい)なり」已上。

Good men, the various Brahmans that I have said were put to death—all of them were in fact icchantikas.”

My disciples, the Brahmans [that I killed in my past lives, when I was king] were all icchantika.

                   つづく Next
御書本文】【目次 Index

f0301354_04351007.jpg



by johsei1129 | 2015-12-25 04:27 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)