人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 22日 ( 3 )


2015年 12月 22日

報恩抄文段 上十八 諸宗の元祖は皆悉く不知恩の畜生なり


一 ()の人人の義にいわく等

  此の(しも)は三に一代(いちだい)(はん)(ぎょう)を明かす、亦二と()す。初めに(けん)(みつ)勝劣(しょうれつ)を明かし、次に「華厳(けごん)経」の下は法華と大日経の勝劣を明かす。初文(また)二と為す。初めに顕密二経を(わか)ち、次に「()(きょう)(ぎょう)」の下は(まさ)しく勝劣を判ず。初めの文(また)二と為す。初めに顕教、次に「今の大日経」の下は密教なり。

次に「華厳経」の下に法華と大日経の勝劣を明かすに、亦二と為す。初めに諸経を(えら)んで法華相似(そうじ)()げ、次に「されども彼の経」の下は正しく勝劣を判ず、亦二と為す。初めに法、次に(たとえ)

一 此の(よし)尋ね(あらわ)す人もなし等

 此の下は四に邪宗(こう)(じょう)を明かすなり。

  文に云う「菩提(ぼだい)心論(しんろん)」等とは、此の論文の中に「(ただ)真言法の中に即身成仏」の文あり。故に(いよいよ)真言宗(さか)んになれるなり。

一 (ただ)(みょう)(らく)大師等

 此の下は第二に呵責(かしゃく)謗法(ほうぼう)を明かす、亦四と為す。初めに妙楽出現、次に「智慧(ちえ)」の下は自見発明、三に「(あるい)は智」の下は悲歎思(ひたんしゅ)()、四に「三十巻」の下は()(しゃく)を述記す。「(あるい)は智」の下、三の悲歎思惟に、亦三あり。初めに先哲未破(みは)、次に「かくて・あるならば」の下は正法欲滅(よくめつ)、三に「(また)」の下は邪法()(じょう)

  問う、文には(ただ)思惟のみを見て悲歎の相を見ず、何ぞ悲歎思惟と云うや。

  答う、文に見ずと(いえど)も、其の意、顕然(けんねん)なり。学者(これ)を思うべし。

文に云く「法相宗(ほっそうしゅう)と華厳宗と真言宗とを一言にとりひし()がれたる書なり」と文。

  問う、(まさ)しく三宗を一言に(ひし)ぐ、其の文如何(いかん)

  答う、今(しばら)く三文を(いだ)さん。

  一には諸宗の()(きょう)は皆(ことごと)兼帯(けんたい)()(ほう)なり。記の六・三十六に云く「(たと)い経有って諸経の王と云うとも『()(こん)(とう)(せつ)最為(さいい)第一(だいいち)』と云わず、兼但(けんたん)帯対(たいたい)、其の義、知るべし」と文。

  二には諸宗の依経は皆悉く無得道(むとくどう)の悪法なり。弘の六末六に云く「(あまね)く法華已前の諸経を(たず)ぬるに、実に二乗作仏の文(およ)び如来()(じょう)を明かすの(せつ)無し」等云云。

  三に諸宗の元祖(がんそ)は皆悉く不知(ふち)(おん)畜生(ちくしょう)なり。開目抄下十一に五百問論下五を引いて云く「寿量品を()らざる諸宗の者は(ちく)に同じ不知恩の者なり、故に妙楽(みょうらく)云く『一代教の中(いま)(かつ)て遠を(あらわ)さず、父母の寿(いのち)らずんばある可からず、()し父の寿の遠きを知らずんば(また)()(とう)の邦に迷う、(いたずら)に才能と()うとも(まった)く人の子に(あら)ず』」等云云。

 妙楽大師は唐末、天宝年中の人なり。華厳(けごん)法相(ほっそう)・真言等の諸宗並びに依経を深く見、広く(かんが)みて、寿量品の仏を知らざる者は父統の邦に迷える才能ある畜生と書けるなり等云云。是れ一言(いちごん)を以て諸宗を(ひし)ぐ文なり。

一 (また)日本国等

  此の下は第二に日本の伝教(でんぎょう)弘通(ぐつう)を明かす、亦二と()す。初めに由、次に「()(のち)」の(しも)(まさ)しく明かす。初めの由、亦二と為す。初めには総じて最初の伝来を明かし、次に「又(よう)(めい)」の下は別して太子()(きょう)の伝来を明かす。

啓蒙(けいもう)十一・五十七に云く「一心戒文の中に云く、最澄(さいちょう)禅師(ぜんじ)(こう)(にん)七年に()天王寺(てんのうじ)上宮(じょうぐう)(びょう)に入り、法華宗を(つた)うることを(もと)むる詩序に云く、今、我が法華の聖徳(しょうとく)太子は、(すなわ)()南岳(なんがく)慧思(えし)大師の後身なり。持経を大唐(だいとう)(しょう)じ、妙法を日域(にちいき)(おこ)す。最澄(おろ)かなりと(いえど)も、我が師の教を弘めんと願う。渇仰(かつごう)の心に()えず、(つつし)んで一首を(たてまつ)る。 

海内(かいだい)縁力(えんりき)を求め、

心を聖徳の宮に()す、

(われ)(いま)妙法を弘め、

師教(きわま)り無からしむ」云云。

文に云う「先生(せんじょう)所持の一巻の法華経」とは、釈書に云く「太子、慧慈(えじ)に語って云く、法華の某句(ぼうく)一字を()く」等云云。

(ちなみ)に問うて云く、(いず)れの句、何れの字ぞや。

(つつし)んで案じて曰く、(あるい)は「我(もと)菩薩の道を行ぜし時」の「時」の字に(あら)ざるか。現本には「時」の字なし、天台の諸文の引用(いんよう)には(みな)「時」の字あり。証真(しょうしん)云く「梵釈(ぼんしゃく)()の本に時の字有り」等云云。


                      つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-22 21:20 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 22日

GOSHO 立正安国論56 施を止めて命を絶つ 六

()し四重を(おか)し、五逆罪(ぎゃくざい)を作り、自ら定めて是くの如き重事(じゅうじ)(おか)すと知れども(しか)も心に初めより怖畏(ふい)懺悔(ざんげ)無く(あえ)発露(はつろ)せず、()の正法に(おi)て永く護惜(ごしゃく)建立(こんりゅう)の心無く、毀呰(きし)軽賤(きょうせん)して(ことば)()()多からん、

“‘Again there may be those who commit the four grave offenses or are guilty of the five cardinal sins, and who, though aware that they are guilty of serious faults, from the beginning have no trace of fear or contrition in their hearts or, if they do, give no outward sign of it. When it comes to the correct teaching, they show no inclination to protect, treasure, and establish it over the ages, but rather speak of it with malice and contempt, their words replete with error.

They may also commit one or more of the four evil acts or five cardinal-sins. Though clearly aware that they have committed such severe offenses, they have never been afraid of perpetrating them, have made no attempt to repent, and dared not confess. Over time, they neither value and protect the correct Law nor have the desire to perpetuate it. As they slander, belittle and despise it, their words bring about misfortune and cause them to commit even more offenses.

()くの如き等の人を()一闡提(いっせんだい)の道に趣向(しゅこう)すと(なづ)く、

People of this kind too I would say are following the path of the icchantika.

These people are heading down the path of icchantika.

(ただ)()くの如き一闡提(いっせんだい)(やから)(のぞ)いて其の余に(ほどこ)さば一切讃歎(さんたん)せん」と。

With the exception of this one group of people called icchantika, however, you may offer alms to all others, and everyone will praise you.’”

Offering alms to anyone other than icchantika is an act that deserves praise.”


                     つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-22 20:54 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 22日

法華経譬喩品の「今此三界・皆是我有・其中衆生・悉是吾子」を解き明かすとともに 「若し悪友に値へば則ち本心を失ふ」と諭された【其中衆生御書】

【其中衆生御書】
■出筆時期:建治元年(1275) 五十四歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書の前後が伝えられておらず 対告衆の詳細は不明ですが、法華経及び天台の釈を引用し三千塵点、五百塵点を論じていることから推察すると、法華経への理解の深い強信徒に送られた書と思われます。

大聖人は本書で「(阿弥陀等の)十方の諸仏は養父、教主釈尊は親父なり」と断じるとともに「今七宗八宗等の悪師に遇ふて法華を捨てるの間今に五百塵点を歴たり<中略>天台云はく「若し悪友に値へば則ち本心を失ふ」と、厳しく諭されておられます。
■ご真筆:現存しておりません。

【其中衆生御書 本文】

「其の中の衆生は悉く是吾が子なり。而も今此の処は諸の患難多し。唯我一人のみ能く救護を為す」等云云。
此の経文は釈尊は三義を備へ阿弥陀等の諸仏は三義欠けたり。此の義前々の如し。但し唯我一人の経文は小乗経の語にも非ず、諸大乗経の帯権赴機の説にも非ず、多宝十方の仏の証明を加へし金言なり。今の念仏者等の賢父の教言なり、明王の奉詔なり、聖師の教訓なり。三義に背き二十逆罪を犯し入阿鼻獄の人と成る事悲しむべし悲しむべし。是は法華経の初門の法門なり。次第に深く之を説かん云云。
  
迹門には三千塵点已来、娑婆世界の衆生は阿弥陀等の諸仏に棄てられ畢んぬ。化城喩品に云はく「爾の時に聞法の者、各の諸仏の所に在り乃至是の本因縁を以て今法華経を説く」云云。此くの如き経文は文に云はく「娑婆世界の衆生は過去三千塵点已来、一人として阿弥陀等の十方の十五仏の浄土へは生まるゝ者之無し」と。

天台云はく「旧に西方を以て、以て長者を合す。今は之を用ひず。西方は仏別にして縁異なり、仏別なるが故に隠顕の義成ぜず。縁異なるが故に子父の義成ぜず。又此の経の首末に全く此の旨無し。眼を閉ぢて穿鑿す」と。
妙楽云はく「西方等とは宿昔の縁別にして化道同じからず。結縁は生の如く成熟は養の如し。生養の縁異なれば子父成ぜず」等云云。此くの如きの文は十方の諸仏は養父、教主釈尊は親父なり。
天台に多くの釈有りと雖も此の釈を以て本と為すべし。所々に弥陀を讃むる事は且く依経による。例せば世親等の阿含経を讃めたるが如し。

本門を以て之を論ずれば五百塵点已来釈尊の実子なり。然りと雖も或は世間に著して法華を捨て、或は小乗権大乗経に著して法華経を捨て、或は迹門に著して本門を知らず、或は当説に著して法華を捨て、或は十方の浄土に心を懸け、或は弥陀の浄土に心を懸ける等。
今七宗八宗等の悪師に遇ふて法華を捨てるの間今に五百塵点を歴たり。涅槃経の二十二に云はく、天台云はく「若し悪友に値へば則ち本心を失ふ」と。
疑って云はく、本迹二門の流通たる薬王品に弥陀の浄土を勧めたり如何。答へて云はく、薬王品の弥陀は爾前迹門の弥陀に非ず。名同体異是なり。無量義経に云はく「言辞是一にして而も義は別異なり」云云。妙楽云はく「須臾も観経等を指さざるなり」と。一切之を以て知るべし。
所詮、発起影向等の深位の菩薩は十方の浄土より娑婆世界へ来たり、娑婆世界より十方浄土へ往く。
(これ以降の文は残されておられません。)


 【妙法蓮華経 譬諭品第三】
今此三界 皆是我有 其中衆生 悉是吾子 
 而今此処 多諸患難 唯我一人 能為救護 
 雖復教詔 而不信受 於諸欲染 貪著深故 
 是以方便 為説三乗 令諸衆生 知三界苦
 開示演説 出世間道 是諸子等 若心決定
 具足三明 及六神通 有得縁覚 不退菩薩
 汝舎利弗 我為衆生 以此譬諭 説一仏乗
 汝等若能 信受是語 一切皆当 得成仏道

 [和訳]
 今此の三界は、皆是れ我有なり。其中の衆生は悉く是れ吾が子なり。 
 而して今、此の処は諸の患難多く、唯我(仏)一人のみ能く救護せん。 
 復、教詔すと雖も、而して信受せず。諸の欲染に於いて深く貪著する故なり。 
 是を以って、方便にて三乗を説き、諸の衆生をして、三界の苦を知らしめ、
 出世間の道を開き示し演説するなり。是れ諸の子等、若し心決定するならば、
 三明及び六神通を具足し、縁覚と不退の菩薩(菩薩から退く事がない境涯)を得ること有るなり。
 汝、舎利弗よ。我、衆生の為に此の譬諭を以て一仏乗を説き、
 汝等、若し能く是の語を信受せば、一切皆、当に仏道を成ずることを得るべし。






by johsei1129 | 2015-12-22 19:07 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)