人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 21日 ( 2 )


2015年 12月 21日

報恩抄文段 上十七 久遠元初の本仏を貴ばざるは、是れ内智を貴ばざる故なり


一 其の後則天(そくてん)皇后(こうごう)

  此の下は次に華厳宗(けごんしゅう)、亦三と為す。始めに立宗の来由(らいゆ)、次に「()の宗」の下は一代(いちだい)(はん)(ぎょう)、三に「南北」の下は今師の対判。

 文に云う「法蔵(ほうぞう)法師と申す人」とは、

  問う、何ぞ()(じゅん)智儼(ちごん)と云わざるや。

  答う、法蔵の時に此の宗(さか)んなる故に、(いわん)(また)法蔵は、実叉(じっしゃ)難陀(なんだ)(とも)に新華厳を訳出(やくしゅつ)せる故なり。

一 此の宗は華厳経をば根本(こんぽん)法輪(ほうりん)・法華経をば枝末法輪と申すなり。

  此の下は次に一代判教なり。(しか)るに此の義は(もと)()(じょう)(しょ)(りゅう)なり。故に処元(しょげん)随釈の五・二十二に云く「嘉祥、三種の法輪を(もっ)て一代教を釈す。一には華厳を以て根本法輪と為す。二には阿含(あごん)等を以て()(まつ)法輪と為す。三には法華を以て(しょう)末帰本(まつきほん)の法輪と為すなり。(のち)、天台に()して、(おのれ)の所立の()ることを知り、()の故に心に帰して(もと)の所学を捨つ。(しか)るに華厳宗は人の捨つる所を(ひろ)い、(めずら)しとして至宝(しほう)と為す。(まこと)に笑う可し」等云云。「南北」の下は今師(こんし)の対判。見るべし。

一 ()の後玄宗(げんそう)皇帝等

  此の下は三に真言宗、亦四と為す。初めに真言西来(さいらい)、次に「此の三人」の下は貴賤(きせん)尊敬(そんぎょう)、三に「此の人人」の下は一代判教、四に「此の由」の下は邪宗(こう)(じょう)

一 ()の三人等

  此の(しも)は次に貴賤尊敬を示す、亦二と()す。初めに所以(ゆえん)を示し、次に「天子」の下は結示。 

  初めの所以を示すに、亦四あり。初めに近きを(いや)しみ遠きを(とうと)ぶに()る、二に法を貴ばず()(じょう)を貴ぶに由る、三に内智を貴ばず外相(げそう)を貴ぶに由る、四に(ふる)きを捨てて新しきを取るに由るなり。

  初めの文に云う「此の三人は(がっ)()の人」とは、是れ近きを賤しみ遠きを貴ぶが故なり。文選(もんぜん)三十一・十二に云く「又遠きを貴び、近きを賤しむは人の常の情、耳を(おも)んじ目を(かろ)んずるは(ぞく)(つね)(へい)なり」等云云。(にわとり)は五徳を(そな)え、忍冬(にんどう)は諸薬に勝る。(しか)りと(いえど)も人(これ)を賤しむは由来(ゆらい)近きが故なり。之を思え。(注:忍冬。植物でスイカズラのこと。抗菌作用や解熱作用があるとされる)

  次の文に云く「種姓も高貴」とは、是れ法を貴ばず種姓を貴ぶが故なり。涅槃(ねはん)経第二十一に云く「正法の所に於て法師(ほっし)の種姓を()ること(なか)れ」と云云。止観(しかん)第四に云く「上聖の大人(だいにん)()の法を取って人を取らず」等云云。

然るに世人(せじん)、多く其の法を貴ばずして其の種姓を論ず。例せば諸宗の、(れん)()の種姓を軽んずるが如し云云。

  三の文に云う「人()らも漢土(かんど)の僧ににず」とは、是れ内智を貴ばず外相(げそう)を貴ぶが故なり。

  法蓮抄十五・三に云く「愚人(ぐにん)の正義に(たが)うこと昔も今も(ことな)らず。然れば(すなわ)ち迷者の習ひ、外相のみを貴んで内智を貴ばず。多く仏を捨てて提婆(だいば)に付きし(これ)なり」(注:この御文、御書に拝せず。録内十五・三)云云。

  諸門の(やから)色相(しきそう)荘厳(しょうごん)(しゃく)(ぼぶつ)を貴ぶは、是れ外相を貴ぶ故なり。久遠元(くおんがん)(じょ)の本仏を貴ばざるは、是れ内智を貴ばざる故なり。

  四の文に云う「法門乃至(ないし)印と真言」等とは、是れ旧きを捨てて新しきを好む故なり。

  本尊抄八・十四に云く「(あるい)は遠きを貴んで近きを(さげす)みし、或は旧を捨てて新を取り、魔心・()(しん)出来(しゅったい)す」と云云。

  当世の風俗(ふうぞく)、多く古法を捨てて新法を好むなり云云。此等の人情は古今一同なり。然るに今、()()()(そく)せる故に貴賤(きせん)(これ)を敬うなり。



                    つづく

報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-21 21:42 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 21日

GOSHO 立正安国論55 施を止めて命を絶つ 五

純陀(じゅんだ)()た問いたてまつる、一闡提(いっせんだい)とは其の()(いか)ん、

“Chunda spoke once more, asking, ‘What is the meaning of the term icchantika?’

Chunda then asked: how would you describe icchantika?”

仏言わく、純陀(じゅんだ)若し比丘(びく)及び比丘尼(びくに)()()(そく)()()()有つて()(あく)の言を発し、正法を誹謗(ひぼう)し、是の重業(じゅうごう)(つく)つて永く改悔(かいげ)せず、心に懺悔(ざんげ)無からん、

“The Buddha said: ‘Chunda, suppose there should be monks or nuns, lay men or women who speak careless and evil words and slander the correct teaching, and that they should go on committing these grave acts without ever showing any inclination to reform or any sign of repentance in their hearts.

The Buddha responded: Chunda, icchantika are people, among the Buddhist monks, nuns, laymen and laywomen, who spew malicious words and slander the correct Law. Despite creating such severe karma, they refuse to repent over an extended period of time and have no intention to rectify their actions.

()くの如き等の人を名けて一闡提(いっせんだい)の道に趣向(しゅこう)すと為す、

Persons of this kind I would say are following the path of the icchantika.

Such people are heading down the path of icchantika.


                      つづく Next

御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-21 21:24 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)