人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 19日 ( 3 )


2015年 12月 19日

報恩抄文段 上十五  天台大師の弘通(ぐつう)十八段を説く


一 法華経の(しょ)四巻あり等

  此の(しも)は三に光宅(こうたく)(めい)(らん)を結するなり。撰時抄上十二に云う、之を見合すべし。()の師の意は、法華経は阿含(あごん)(ほう)(とう)般若(はんにゃ)等に対すれば、真実の経、(りょう)義経(ぎきょう)(しょう)(けん)の経なり。涅槃経に対すれば、不了義経、無常経、邪見経なり云云。玄文第二に(つまび)らかに光宅を()す、見るべし。

一 法雲法師・御死去(ごしきょ)ありて等

  此の下は次に天台(てんだい)弘通(ぐつう)の正判を明かす、(また)十段と為す。

  第一に天台出世。(りょう)()(てい)の大通三年(つちのと)(とり)三月二十七日に法雲法師御死去有って(まさ)しく第十年に当る大同四年(つちのえ)(うま)、智者の誕生(たんじょう)(わず)かに十年を(へだ)つ。故に「いくばくならざるに」と云うなり。智者の誕生せし梁の武帝の大同四年より(ちん)の始め(えい)(てい)元年に至るまで(ただ)二十年なり。故に「梁の末・陳の始」と云うなり。

  第二に師資(しし)(ゆう)()南岳(なんがく)大師、大乗止観に(えん)(ゆう)無碍(むげ)の法門を明かすに、(ただ)華厳(けごん)を引いて法華を引かざる等なり。故に「師の義も不審(ふしん)」と云うなり。

  第三に三五高覧(こうらん)啓蒙(けいもう)に六文を引く。所謂(いわゆる)太子伝(たいしでん)本朝(ほんちょう)(もん)(ずい)十二・往生(おうじょう)要集(ようしゅう)二・同記の第三・沙弥(しゃみ)威儀(いぎ)経疏(きょうしょ)註梵網(ちゅうぼんもう)等、(なら)びに一切経を転読(てんどく)すること一十五(へん)等と云う等云云。故に「度度(たびたび)御らん」と云うなり。御書三十九・十五。(注:戒体即身成仏義)

  第四に華厳(けごん)礼文(らいもん)。智証大師、興定聚(よじょうじゅ)に云く「天台大師十五遍一切経を読み、古華厳(こけごん)に至って(ひと)功力(くりき)を致し、別に礼文を()えて、日日(これ)を行ず」と文。

  第五に()()不審(ふしん)()し他人の(しょ)()(あき)らめずんば、我が()(しゃく)(あた)るべからざる故なり。

  第六に()(けん)発明(はつめい)。文の如く見るべし。

  第七に悲歎思(ひたんしゅ)()。亦是れ文の如し。

  第八に呵責謗法(かしゃくほうぼう)

  第九に怨敵(おんてき)蜂起(ほうき)

  第十に(ちん)殿(でん)対論

 亦八段と為す。

第一には天子臨莚(りんえん)

第二には諸師巨難(こなん)別書見るべし。

第三には智者反難(はんなん)、亦二と為す。初めに総じて光宅(こうたく)(しょ)(りゅう)の証文を責め、次に別して責む、亦二と為す。初めに華厳(けごん)第一の義を責め、次に涅槃(ねはん)第二、法華第三の義を責む、亦二あり。初めに涅槃経の文を引き、次に法華の文を引く、亦二あり。初めに「()(こん)(とう)」の文を引き、次に「(しか)して(のち)」の下は(まさ)しく責む。初めの文に亦三あり。初めに如来の金言、次に多宝証明(しょうみょう)、三に分身(ふんじん)助舌(じょぜつ)

第四には怨敵(おんてき)承伏(じょうふく)朗詠(ろうえい)()に云く「(かん)(こう)三尺の剣、()して諸侯(しょこう)(せい)す」と云云。

第五には大師()(みょう)

第六には王臣(らい)(ぎょう)

第七には法華(こう)()

第八には高誉(こうよ)讃歎(さんだん)

(しん)(たん)小釈迦(しょうしゃか)等云云。



                       つづく
報恩抄文段上 目次 



by johsei1129 | 2015-12-19 19:29 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 19日

GOSHO 立正安国論53 施を止めて命を絶つ 三


 主人の(いわ)く、余は是れ頑愚(がんぐ)にして(あえ)(けん)を存せず、(ただ)経文に()いて(いささ)か所存を述べん、

The host said: There is no doubt that I am the foolish one—I would never dare claim to be wise. However, I would just like to quote some passages from the scriptures and offer some brief thoughts.

The host replied: Indeed, I am rigid, foolish, and far from sagacious. I would, however, like to share with you some of my ideas based on the sutras.

(そもそ)()(じゅつ)(むね)内外(ないげ)の間、其の文幾多(いくばく)ぞや、(つぶさ)()ぐ可きこと(かた)し、

Concerning the means for insuring order in the nation, there are numerous passages in both Buddhist and non-Buddhist texts, and it would be difficult to cite them all here.

Concerning the methods of restoring order, numerous examples are illustrated in both Buddhist and non-Buddhist scriptures, and citing each and every one would be an arduous task.

(ただ)し仏道に入つて(しばし)愚案(ぐあん)(めぐら)すに、(ほう)(ぼう)の人を(いまし)めて正道の(りょ)を重んぜば、国中(こくちゅう)安穏(あんのん)にして天下泰平(たいへい)ならん。

Since taking up the study of Buddhism, however, I have frequently given thought to this matter, and it seems to me that restraining those who slander the Law and respecting the followers of the correct way will assure stability within the nation and peace in the world at large.

 Nonetheless, as I ponder on such methods in light of the Buddhist teachings, I am compelled to conclude that the peace and tranquility of the entire nation will be ensured if those committing slanderous acts are strictly corrected, and priests practicing the correct way are held in high esteem.


                     つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-19 19:14 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 19日

法華経法師品の謂れを説いて、さじき女房を「過去に十万億の仏をくやうせる人」と 称えた【棧敷女房御返事】

【棧敷女房御返事】
■出筆時期:弘安五年(西暦1282年)二月十七日 六十一歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:鎌倉に住む強信徒の桟敷(さじき)女房が、白い帷子(かたびら)と布を御供養したのに対し、法華経法師品に説かれている十種の供養の謂れを引いて、棧敷女房は「過去に十万億の仏をくやうせる人」であると称えられておられます。
尚、桟敷女房の夫は、後の六老僧の一人日昭の兄ではないかと伝えられております。
■ご真筆: 和歌山県 了法寺所蔵。
[真筆本文:下記緑字箇所]
f0301354_18255704.jpg



















【棧敷女房御返事  本文】

白かたびら布一給い畢んぬ。
法華経を供養申しまいらせ候に、十種くやうと申す十のやう候。 
其のなかに衣服と申し候は、なににても候へ、僧のき候物をくやうし候。
其の因縁をとかれて候には、過去に十万億の仏をくやうせる人、法華経に近づきまいらせ候とこそとかれて候へ。

あらあら申すべく候へども、身にいたはる事候間・こまやかならず候、恐恐謹言。
二月十七日 日蓮花押
さじきの女房御返事


【妙法蓮華経 法師品第十】
若復有人。受持。読誦。解説。書写。妙法華経。
乃至一偈。於此経巻。敬視如仏。種種供養。
華香瓔珞。抹香。塗香。焼香。繒蓋幢旛。衣服伎楽。
乃至合掌恭敬。薬王。当知是諸人等。已曾供養十万億仏。
於諸仏所。成就大願。愍衆生故。生此人間

[和訳]
若し復人有りて、妙法蓮華経の乃至一偈をも、受持・読誦・解説・書写し、
此の経巻に於いて、仏の如く敬い視て、種種に
華・香・瓔珞(ようらく)・抹香(まっこう)・塗香・焼香・繒蓋(そうがい)・幢幡(どうばん)・衣服・妓楽(ぎがく)を供養し、
乃至、合掌し恭敬すれば、薬王よ、当に知るべし是の諸人等は已に曽て、十万億の仏を供養し、
諸仏の所に於いて大願を成就したまうも、衆生を愍(あわれ)むが故に、ここ(娑婆世界)に人間として生ぜん。





by johsei1129 | 2015-12-19 18:28 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)