人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 18日 ( 4 )


2015年 12月 18日

報恩抄文段 上十四


一 ()の人は一代の仏教を五にわかつ等文。其の五つの中に三経を(えら)()だす

  此の(しも)は次に釈、亦二あり。初めに(はん)(ぎょう)を明かし、次に「此の人は本より」の下は高徳を()ぐ。

  初めに判教、文に云く「()の五の中に三経をえら()いだ()す」とは、

  問う、光宅の(しょ)(りゅう)は一代の仏教を三に分かつ。所謂(いわゆる)(とん)(ぜん)不定(ふじょう)なり。何ぞ「一代の仏教を五にわかつ」と云うや。(いわん)や華厳を以て(ただ)(とん)教と名づけ、(ぜん)教の中に於て五時の教を分つ。所謂漸教の中の五時の教とは、一には有相(うそう)(すなわ)阿含(あごん)なり、二には無相教即ち般若なり、三には抑揚(よくよう)教即ち方等経なり、四には万善(まんぜん)同帰(どうき)(きょう)即ち法華なり、五には常住(じょうじゅう)教即ち涅槃経なり。此の中に華厳経無し。何ぞ「所謂華厳経」等と云うや。

  答う、実に(しょ)(もん)の如し。今は大意を取って()(はん)(ぎょう)を明かす。故に一に華厳、二に涅槃(ねはん)、三に法華と云うなり。撰時抄の上十二を()いて見よ。

 文に云う「摂政(せっしょう)関白(かんぱく)のごとし」とは、天子の(おさな)き時、天下の(まつりごと)()って(もっ)て天子に(かわ)る、是れを「摂政」と()う。此の時は関白の名は無し。天子幼主(ようしゅ)(あら)ずして常に内覧(ないらん)宣旨(せんじ)(こうむ)り、天下の政を行う、是れを「関白」と云う。万機(ばんき)(あづか)(もう)さしむるが故なり。此の時は摂政の名は無きなり云云。仮令(たとい)()大臣(だいじん)なれども摂政・関白なれば太政(だいじょう)大臣(だいじん)(かみ)()く。故に天子は第一、摂政・関白は第二なり。

 文に云う「()(ぎょう)等のごとし」とは、三公は是れ(こう)三位(さんみ)已上(いじょう)は是れ(きょう)なり。故に「公卿」は是れ第三なり。

一 此の人は本より智慧かしこき(うえ)

 此の(しも)は次に高徳を()ぐるなり。註六・十に続僧伝を引く云云。今、高徳を上げ(すなわ)ち十徳を明かす。

第一に智慧(ちえ)賢事(けんじ)。「(ほう)(りょう)(つね)に曰く、我が神明(こと)に及ばず、(まさ)に必ず大法に棟梁(とうりょう)たるべし」等云云。是れ光宅(こうたく)の智慧を(たん)ずるの(ことば)なり。

  第二に師資禀承(ししぼんじょう)。玄十九に云く「定林の(じゅう)()の二師及び道場の観法師乃至(ぜん)を判じて五時教と()す。即ち開善・光宅の用うる所なり」云云。故に今「習ひ伝え」と云う。習い伝うと云うと(いえど)も、直受(じきじゅ)()うには非ざるなり。啓蒙(けいもう)の義は可なり。

  第三に責破(しゃくは)他師(たし)。伝に云く「()(べん)疾風(しっぷう)の如く、応変(おうへん)降雨(こうう)の如し。()(ほこさき)に当る者は、心(みだ)れざるは(まれ)なり」等云云。「(ぼう)」の字は「おもいみだるる」とよむなり。

  第四に山林積(さんりんしゃっ)()

  第五に禁中立寺。()(てい)の旧宅七日七夜(ひかり)を放つ。故に光宅寺と云うなり。

  第六に講経(てん)()(さま)()(せつ)の如く空に()ち、下って空に昇って()ちず、講を(おわ)って(まさ)に去る等云云。亦通載(つうさい)の意に()れば、節々(おりおり)の事と見えたり。(注:状 すがた・かたちの意)

  第七に()()霊験(れいけん)(せん)二・十二、(とう)()三十八云云。志公云く「雲()く雨を致す」等云云。

  第八に現身僧正(そうじょう)。「普通六年(みことのり)して大僧正と為す」と云云。(しょう)(いわ)(まつりごと)なり。(みずか)(ただ)して人を正す故なり。

  第九に王臣渇仰(かつごう)

  第十に(えん)(ごう)感夢。文に「或人」と云うは、(すなわ)ち是れ陳郡の袁昂と云う人なり。


                    つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-18 22:50 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 18日

GOSHO 立正安国論52 施を止めて命を絶つ 二

(ただ)し災難の(おこ)りは選択(せんちゃく)()るの(よし)、其の(ことば)(さかん)(いよい)よ其の(むね)(だん)ず、

However, you assert that all the recent disasters are to be traced to Nembutsu Chosen above All, speaking quite volubly on that point and elaborating on the meaning of your assertion.

However, you explain your logic at length by continuously reinforcing your assertion that The Sole Selection of Nembutsu is responsible for all the recent disasters.

所詮(しょせん)天下泰平(たいへい)国土安穏(あんのん)は君臣の(ねが)う所、土民の思う所なり、

Now surely the peace of the world and the stability of the nation are sought by both ruler and subject and desired by all the inhabitants of the country.

Certainly, peace throughout the world and tranquility in the nation are what sovereign and subject alike yearn for and what the entire populace wishes.

()れ国は法に()つて(さか)え、法は人に()つて(とうと)し、

The nation achieves prosperity through the Buddhist Law, and the Law is proven worthy of reverence by the people who embrace it.

After all, a nation prospers from its laws and regulations, and these values of the law become apparent when the people uphold them.

国亡び人(めっ)せば仏を(だれ)(あが)()き、法を誰か信ず可きや、

If the nation is destroyed and the people are wiped out, then who will continue to pay reverence to the Buddhas? Who will continue to have faith in the Law?

Once a nation goes to ruin and its people perish, who will venerate the Buddha, and who will take faith in the Buddhist Law

()ず国家を(いの)りて(すべから)く仏法を立つべし、

Therefore, one must first of all pray for the safety of the nation and then work to establish the Buddhist Law.

First, we must pray for the peace of the land, and then promote Buddhism.

()(わざわい)()し難を(とど)むるの(じゅつ)有らば聞かんと(ほっ)す。

Now if you know of any means whereby disasters can be prevented and troubles brought to an end, I would like to hear about it.

If there are any means by which to eliminate misfortunes and put an end to disasters, I would like to hear of them.


                      つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-18 22:29 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 18日

仏、法、僧の三宝が揃えば、必ず願いが成就すると断じられた【新田殿御返事】

【新田殿御返事】
■出筆時期:弘安三年(西暦1280)五月二十九日 五十九歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は日目上人の兄で伊豆の強信徒・新田四郎信綱夫妻に宛てられた消息です。尚、新田四郎の妻は南条時光の姉で、新田四郎は時光の義兄でもありました。

新田夫妻は何か願い事があり、使いの者に供養の品を大聖人のもとに届けられ、本抄はそのことへの返書となっております。
本抄で大聖人は仏、法、僧の三宝が揃っているので「檀那の一願必ず成就せんか」と新田殿夫妻を励まされておられます。
大聖人は本抄では教相の上で、仏は釈迦仏、法は法華経、法華経の行者(僧)は日蓮大聖人と示しておられますが、現在の日蓮門下である我々弟子信徒は、観心の上で、仏は末法の本仏・日蓮大聖人、法は南妙法蓮華経の七文字、僧は『身延相承書』で、日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付属す、本門弘通の大導師為るべきなり、日興上人と拝します。
■ご真筆:富士大石寺曾存(かつて存在したが現在不明)

【新田殿御書  本文】

使ひ御志限り無き者か。
経は法華経・顕密第一の大法なり、仏は釈迦仏・諸仏第一の上仏なり、行者は法華経の行者に相似たり。
三事既に相応せり檀那の一願必ず成就せんか、恐恐謹言。

五月二十九日  日 蓮 花押
新田殿
並に女房の御方




by johsei1129 | 2015-12-18 20:07 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 18日

報恩抄文段 上十三


第五段 像法正師の弘通と怨嫉



一 像法に入つて五百年等

 此の下は次に像法の弘通怨嫉(ぐつうおんしつ)、亦二あり。初めに漢土(かんど)天台(てんだい)、次に日本の伝教(でんぎょう)。初めの漢土の天台、亦二と()す。初めに(まさ)しく大師の()(きょう)に約し、次に大師の滅後に約す。初めの大師の弘経に約すを亦二と為す。初めに総標(そうひょう)、次に「天台()(ぜん)」の下は釈。

 文に云う「像法に入つて五百年」等とは、天台大師は像法に入って四百八十七年に誕生(たんじょう)し、五百四十六年に入滅なり。故に「五百年」と云うなり。

一 天台()(ぜん)の百千万の智者等

 此の下は次に釈、亦二と為す。初めに前代流布(るふ)光宅(こうたく)の迷乱を示し、次に「(ほう)(うん)法師・御死去(ごしきょ)」の下は天台弘通の正判(しょうはん)を明かす。初めに前代流布の光宅の迷乱を示すに、亦三と為す。初めに(ひょう)、次に「()の人」の(しも)は釈、三に「法華経の(しょ)」の下は結。

 文に云う「所謂(いわゆる)南三(なんさん)(ほく)(しち)なり」とは、

初めに「南三」とは三師(こと)なりと雖も大綱(たいこう)は一同なり。(いわ)く、(とん)(ぜん)不定(ふじょう)の三教なり。頓は謂く華厳(けごん)。漸は謂く鹿(ろく)(おん)乃至涅槃(ねはん)経なり。不定は謂く勝曼(しょうまん)経・(こん)光明(こうみょう)経等なり。是れ通用(つうゆう)の教相なり。其の中の(ぜん)(きょう)に三師の異義あり。

一には三時の教を立つ。所謂、一には有相(うそう)(きょう)(すなわ)阿含(あごん)。二には無相(むそう)教、般若(はんにゃ)(ほう)(とう)・法華経なり。三には常住(じょうじゅう)(きょう)(すなわ)涅槃(ねはん)経なり。

二には四時の教を立つ。三時は(さき)の如し。彼の無相教の中より法華を開出して、万善(まんぜん)同帰(どうき)(きょう)と名づく。

三には五時の教を立つ。四時は(さき)の如し。()の無相教の中より浄名(じょうみょう)等の方等経を開して、抑揚(よくよう)(きょう)と為すなり。是れ(すなわ)上定(じょうじょう)林寺(りんじ)(そう)(にゅう)()()道場寺の()(かん)(しょ)(りゅう)にして、(かい)(ぜん)光宅等の用うる所なり。

次に「北七(ほくしち)」とは、

四には亦五時の教を立つ。さらに提謂(だいい)を取って人天(にんでん)(きょう)()す。(ほう)(とう)般若(はんにゃ)を合して、(ただ)無相教と為すなり。此の第四の師も(また)(とん)(ぜん)不定(ふじょう)を用う、南方の如くなり。

五には阿含(あごん)半字(はんじ)(きょう)と為し、其の余を満字(まんじ)(きょう)と名づくるなり。

六には四宗と為す。一には因縁宗(いんねんしゅう)、二には仮名(けみょう)(しゅう)、三には誑相(おうそう)(しゅう)、四には(じょう)(しゅう)

七には五宗と為す。四宗は前の如し、更に華厳を指して法界(ほうかい)(しゅう)と為す。

八には八宗と為す。さらに法華を指して真宗と名づけ、大集(だいつ)(きょう)を円宗と名づく。

九には二種の大乗を明かす。一には有相(うそう)の大乗。謂く、華厳・瓔珞(ようらく)大品(だいぼん)等なり。二には無相の大乗。楞伽(りょうが)思益(しやく)等なり。

十には一音(いっとん)(きょう)なり。

是れ「南三北七(なんさんほくしち)」の十流なり。(つぶさ)には玄の十七紙已下の如し。

 文に云う「十流ありしかども一流をもて(さい)とせり」とは、玄の二・六に云く「古今の諸釈、世に光宅を以て長と為す。(いま)光宅を難ず、余は(ふう)を望む」と文。此の文意なり。

                   
                       つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-18 07:03 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)