人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 16日 ( 2 )


2015年 12月 16日

報恩抄文段 上十二  「迹門は二乗鈍根の菩薩を以て怨嫉(おんしつ)と為し、本門の中には菩薩の中の近成(ごんじょう)を楽(ねが)う者を以て怨嫉と為す」


一 むべなるかなや、法華経の文に云く等

  此の下は次に広く値難(ちなん)(もっ)て法華の行者を(あらわ)す、亦二と為す。初めに経文を引き、次に引文を釈す。初めに経文を引く意は、(いわ)く、二辺の中には(まさ)に言うべし、若し言うならば(すなわ)ち大難必ず(きそ)い起るべし。大難競い起るとも身命(しんみょう)()しまずして謗法を呵責(かしゃく)して、()く大難を忍んで法華経の行者と(あらわ)れ、父母・師匠()の大恩を報ずべしとなり。

「むべなるかなや、法華経の文に云く」等云云は、或は「(うれえ)なるかなや」に作り、(あるい)は「喜ばしきかなや」に作る。御直書(じきしょ)には「(むべ)なるかなや」と云云。「むべなるかなや」とは「げにも」と()う意なり云云。

一 ()かも(この)経は等

  此の文に三意を(ふく)む。中正の六・五十五。

一 釈迦仏を摩耶(まや)夫人はらませ給いたりければ等

  此の下は次に引文を釈す、亦二と()す。初めに「如来の現在にすら(なお)(おん)(しつ)多し」を釈し、次に「(いわん)んや滅度の(のち)をや」の文を釈す。初めの文(また)二と為す。初めに遠き難、次に近き(さわ)。初めの文(また)二と為す。初めに釈、次に「(これ)()の大難」の下は結。

  文に云う「法華経と申す利剣(りけん)をはらみたり」とは、(ただ)一大事(いちだいじ)(もっ)て世に出現し(もろもろ)所作(しょさ)有るは常に一事の為の故なり。一乗要決(ようけつ)上二に云く「金鏘(こんず)()(みゃく)()れ一乗の弄引(ろういん)なり」と釈したる是れなり。

初めの釈の文中に(しばら)く七難を挙ぐ。所謂(いわゆる)、一には母胎(ぼたい)毒害(どくがい)の難、二には初生降(しょしょうこう)(しゃく)の難、三には乳中(にゅうちゅう)置毒(ちどく)の難、四には(しゅつ)(じょう)毒蛇(どくじゃ)の難、五には提婆擲(だいばちゃく)(しゃく)の難、六には瑠璃(るり)殺釈(せっしゃく)の難、七には闍王酔(じゃおうすい)(ぞう)の難なり。開目抄上四十に云く「千万の眷属(けんぞく)は酔象にふまれ」等云云。故に「御弟子(みでし)等を殺す」とは闍王酔象の難なり。

一 近き難には舎利(しゃり)(ほつ)目連(もくれん)

  記の八の意に云く「迹門は二乗(にじょう)(どん)(こん)の菩薩を(もっ)怨嫉(おんしつ)と為し、本門の中には菩薩の中のごん(じょう)(ねが)う者を以て怨嫉と為す」と云云。

一 況滅度後(きょうめつどご)と申して等

  此の下は次に「況んや滅度の後をや」の文を釈す、(また)二と為す。初めに略して釈し、次に「付法蔵(ふほうぞう)」の下は広く釈す。

  文に云う「少しも(とが)なくとも大難(だいなん)度度(たびたび)()う人をこそ」等文。文意は、少しも世間の(とが)なく法華経の為に大難に度々()う人々を、滅後法華の行者とはしり候はめとなり。

「況滅度後」の文に(つう)(べつ)あり。通じては三時に(わた)り、別しては末法に()り。今は別意に(やく)するなり。故に、前に「末代(まつだい)凡夫(ぼんぷ)(いか)でか(しの)ぶべき」等と云う、之を思え。

一 付法蔵の人人等

  此の下は次に広く三時に約し三国に()す。釈(また)三と為す。初めに正法(しょうほう)(がっ)()四依(しえ)値難(ちなん)、次に像法の弘通怨嫉(ぐつうおんしつ)、三に末法日本の蓮師の弘通(ぐつう)怨敵(おんてき)

提婆(だいば)菩薩」は統紀(とうき)五・二十、「師子(しし)尊者(そんじゃ)」は啓蒙(けいもう)九・十九。「仏陀(ぶっだ)(みっ)()」は啓蒙十三・四十五、「竜樹(りゅうじゅ)菩薩」は啓蒙八・二十九。

文に「七年・十二年」と云うは、仏陀蜜多十二年、竜樹菩薩七年なり。「馬鳴(めみょう)菩薩」は啓蒙八・六十三。「如意論師(にょいろんし)」は西域記(せいいきき)二・十九に「党援(とうえん)の衆と大義を(きそ)うこと無かれ。群迷(ぐんめい)の中に正論(しょうろん)を弁ずること無かれ」と。

 問う、此等の四依(しえ)は大小(とき)(したが)う、何ぞ値難を()って法華の行者(ぎょうじゃ)(あらわ)すと云うや。

  答う、外用(げゆう)(しか)りと(いえど)も、今は内証(ないしょう)の同じきに約する故なり。啓蒙九・二十一。故に開目抄下四十に云く 「提婆(だいば)菩薩乃至師子(しし)尊者(そんじゃ)の二人は人に殺されぬ、(これ)()は法華経の行者にはあらざるか」と云云。下の文三十四に云く「されば内証は同じけれども法の流布(るふ)迦葉(かしょう)阿難(あなん)よりも馬鳴(めみょう)竜樹(りゅうじゅ)等はすぐ()れ」等云云。


                    つづく

報恩抄文段上 目次


by johsei1129 | 2015-12-16 21:56 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 16日

GOSHO 立正安国論50 勘状の奏非 三

()の上涅槃経(ねはんぎょう)に云く「()(ぜん)比丘(びく)あつて法を()ぶる者を見て置いて呵責(かしゃく)()(けん)()(しょ)せずんば、(まさ)に知るべし、是の人は仏法の中の(あだ)なり、

Moreover, the Nirvana Sutra states: “If even a good monk sees someone destroying the teaching and disregards him, failing to reproach him, to oust him, or to punish him for his offense, then you should realize that that monk is betraying the Buddha’s teaching.

Moreover, the Nirvana Sutra states: Suppose a decent priest becomes aware of one who slanders the correct law. If he lets the slanderer be, without reproaching, expelling, and correcting him by exposing his faults, we should know that this priest is an enemy of Buddhism.

()()()(けん)()(しゃく)()(しょ)せば、是れ我が弟子・真の声聞(しょうもん)なり」と

But if he ousts the destroyer of the Law, reproaches him, or punishes him, then he is my disciple and a true voice-hearer.”

One the other hand, if this priest expels, reproaches, and corrects the slanderer by exposing his faults, this priest is my disciples as well as a true practitioner of my teachings.

()(ぜん)比丘(びく)()()らずと(いえど)も「仏法中怨(ちゅうおん)」の(せめ)(のが)れんが為に(ただ)大綱(たいこう)()つて(ほぼ)一端(いったん)を示す。

Although I may not be a “good monk,” I certainly do not want to be accused of “betraying the Buddha’s teaching.” Therefore, in order to avoid such charges, I have cited a few general principles and given a rough explanation of the matter.

I do not deserve to be called a decent priest. However, I have provided a general overview of the Buddhist teachings and revealed a fraction [Hōnen’s of slanders] in order to avoid accusations that I am an enemy of Buddhism


                     つづく Next


御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-16 21:29 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)