人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 15日 ( 3 )


2015年 12月 15日

報恩抄文段 上十一 呵責謗法に四つの所以


 「
真言(しんごん)善無畏(ぜんむい)」とは、(がっ)()烏萇奈(うじょううな)国仏(こくぶっ)(しゅ)(おう)の太子にて、七歳にして位に()き、十三にして国を兄に(ゆず)り、出家遁世(とんせ)して()天竺(てんじく)を修行し、(だる)磨掬(まきく)()()い奉り、真言の(もろもろ)(いん)(けい)を一時に頓受(とんじゅ)し、即日(そくじつ)(かん)(じょう)あって、人天(にんでん)の師と定まり給えり。(けい)足山(そくせん)に入り、迦葉(かしょう)の髪を()り、王城に(おい)て雨を祈りたもうには、観音(かんのん)日輪(にちりん)の中より()で、水瓶(すいびょう)を以て水を(そそ)ぐ。北天竺(きたてんじく)(こん)(ぞく)(おう)塔の下にして仏法を祈請(きしょう)したもうには、文殊師(もんじゅし)()、大日経の胎蔵(たいぞう)(まん)()()を現じて之に授く。

其の(のち)開元(かいげん)四年(ひのえ)(たつ)漢土に渡り、玄宗(げんそう)皇帝(こうてい)(これ)(とうと)ぶこと日月の如し。亦大旱魃(だいかんばつ)あり。皇帝(ちょく)(くだ)す。三蔵、一鉢(いっぱつ)に水を入れ(しばら)加持(かじ)したまうに、水中に(ゆび)(ばか)りの物あり、変じて竜と()り、其の色は赤色なり。(はく)()()(のぼ)り、(はち)より竜()でて虚空(こくう)(のぼ)り、(たちま)ちに雨を()す。()くの如き霊験(れいげん)の大聖なり。

弘法(こうぼう)()(かく)智証(ちしょう)」等は、入唐(にっとう)求法(ぐほう)大徳(だいとく)、天子御帰依(ごきえ)の高僧なり。

(これ)()の人々は、並びに是れ八万宝蔵を胸に浮べ、十二部経を(たなごころ)(にぎ)る。故に仏法の(つゆ)(いっ)(てき)(あやま)り有るべからず。何ぞ是れ仏敵ならん是一。

(いわん)(これ)()の人々は、漢土(かんど)日域(にちいき)には先聖(せんしょう)・王公・大人(たいじん)明師(みょうし)にして、智は日月の如く徳は四海に(わた)れり。(しか)るに恐れをも(いだ)かずして仏敵と云うか是二。

況や此等の人々は(おのおの)一宗を立て、(あまね)群類(ぐんるい)(すく)う。故に天下の万民、諸天の帝釈(たいしゃく)(うやま)い、衆星の日月に(したが)うが如く、渇仰(かつごう)すること年()り、(しん)(ぎょう)日に(あらた)なり。()末師(まっし)(あやま)りは、(たと)い之を破すと雖も、其の元祖に於ては、最も恐慮(くりょ)すべき事ぞかし。然るに恐れをも(いだ)かずして仏敵と云うか是三。

(いわん)や此等の人々は、()(とく)霊験(れいげん)の高徳、内証(ないしょう)不測(ふそく)の大聖なり。(たと)心中に其の謬りを知ると雖も、口外(こうがい)(これ)(いだ)さんことは恐るべきの(はなは)だしきなり。(しか)るに恐れをも(いだ)かずして是れを仏敵と()たもうは、(まさ)に其の(いわれ)あるべし。委細(いさい)に之を聞かん是四。

一 答えて云く(これ)大なる難なり

  此の下は答、文(また)二と()す。初めに問を(たん)じ、次に「()(がん)」の下は正しく答う、亦二と為す。初めに略して呵責(かしゃく)謗法(ほうぼう)所以(ゆえん)を示し、次に「むべなるかなや」の下は、広く値難(ちなん)(もっ)て法華の行者を(あらわ)す。初めの文に四段あり、(すなわ)ち四問に答う。文に配して見るべし。

  文に云う「法華経に(すぐ)れたる経ありといはん人」等とは、意に(いわ)く「()(こん)(とう)」の文を破し「(もっと)()(かみ)に在り」の文に(そむ)いて法華経に勝れたる経ありと云わん人は、八万・十二を胸に浮ぶる人と(いえど)も、謗法は(まぬか)れずと見えたり。(しか)も経文の如く申さば(いか)でか仏敵たらざるべき是一。

  ()し王公・大人(たいじん)師範(しはん)なるが故に(おそ)れをなして仏敵なりと()さずんば、(まさ)一切(いっさい)(きょう)勝劣(しょうれつ)(むな)しかるべし是二。

  又宗々の元祖(がんそ)にして万民敬信(きょうしん)する故に、此の人々を恐れて末師を仏敵と云わんとすれば、末師には(とが)なし、元祖に(ゆず)る故なり是三。

  又日蓮、此の人々の謗法(ほうぼう)を知りながら、恐れを(いだ)いて之を申さずんば、仏陀(ぶつだ)(かん)(ぎょう)を用いぬ者となりぬ。いかんがせん。委細(いさい)に之を言わんとすれば「恐怖(くふ)(あく)世中(せちゅう)」の世間(おそろ)し。黙止(もだ)せんとすれば、仏の諌暁(のが)れ難し。進退(ここ)(きわま)れり。

二辺の中には、言わざるべからずとの意なり。「進退(ここ)(きわま)り」とは、詩経十八の言を借用せり。


                   つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-15 21:06 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 15日

飢えた世に蔵を開いて全てを民に施した金色大王に匹敵すると称えられた【大田殿女房御返事】

【大田殿女房御返事】
■出筆時期:弘安元年(西暦1278年)九月二十四日 五十七歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は鎌倉幕府問註所(現在の裁判所)に勤めていた強信徒の大田乗明の夫人に宛てられた書です。大田乗明は富城常忍と共に下総国での中心となる強信徒で大聖人の外護に務められ、三大秘法抄を与えられるなど、大聖人の法門への理解も深かったと思われます。また子息は出家し日高の名を賜り中山法華経寺の開基に尽力しております。

大聖人は本抄で金色王経に説かれている金色大王の謂れを説いて、大田入道夫妻のご供養は金色大王に匹敵し、「現世には福人となり後生には霊山浄土へまいらせ給うべし」と称えられておられます。

金色大王の謂れとは「金色大王が治めていた波羅奈国が旱魃による飢饉で民が飢えていた時、大王は蔵を開いて民に施し、最後に残された大王の一日分の米も全て衆僧に供養し、まさに飢え死にせんとするその時「天より飲食雨のごとくふりて大国一時に富貴せり」となったとのことです。これは本抄を記された弘安元年も前年から続く疫病のため日本中がまさに金色王経で説かれている「宅中には死人充満し道路には骸骨充満せり」の状況だったと思われます。
■ご真筆:現存しておりません。

[大田殿女房御返事 本文]

 八木(米)一石、付たり十合。
者(てへれば=というわけで)大旱魃の代に、かはける物に水をほどこしては大竜王と生れて雨をふらして人天をやしなう。うえたる代に食をほどこせる人は国王と生れて其の国ゆたかなり。

過去の世に金色と申す大王ましましき、其の国をば波羅奈国と申す。十二年が間旱魃ゆきて人民うえ死ぬ事おびただし、宅中には死人充満し道路には骸骨充満せり。
其の時大王一切衆生をあはれみて、おおくの蔵をひらきて施をほどこし給いき。蔵の中の財つきて唯一日の御供のみのこりて候いし、衆僧をあつめて供養をなし王と后と衆僧と万民と皆うえ死なんとせし程に、天より飲食雨のごとくふりて大国一時に富貴せりと金色王経にとかれて候。

此れも又かくのごとし、此の供養によりて現世には福人となり後生には霊山浄土へまいらせ給うべし。恐恐謹言。

九月二十四日  日 蓮 花押
大田入道殿女房御返事





by johsei1129 | 2015-12-15 19:09 | 大田乗明・尼御前 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 15日

GOSHO 立正安国論49 勘状の奏非 二

主人の(いわ)く、()(りょう)()りと(いえど)(かたじけな)くも大乗を学す、

The host said: Though I may be a person of little ability, I have reverently given myself to the study of the Mahayana.

The host replied: Although I am a man of poor caliber, I have been fortunate enough to be able to study the Mahayana teachings.

(そう)(よう)驥尾(きび)()して万里(ばんり)を渡り、碧蘿(へきら)松頭(しょうとう)(かか)りて千尋(せんじん)()

A blue fly, if it clings to the tail of a thoroughbred horse, can travel ten thousand miles, and the green ivy that twines around the tall pine can grow to a thousand feet.

Even a blue fly could travel over than ten thousand miles by clinging to the tail of a feet steed, and green ivy could extend for to one thousand yards by entwining itself around a large pine tree. 

弟子一仏(いちぶつ)の子と生れて諸経の王に(つか)う、

I was born as the son of the one Buddha, Shakyamuni, andI serve the king of scriptures, the Lotus Sutra.

I was born a disciple and a child of the Buddha, serving the king of all Buddhist sutras [the Lotus Sutra].

何ぞ仏法の衰微(すいび)を見て心情の哀惜(あいせき)を起さざらんや。

How could I observe the decline of the Buddhist Law and not be filled with emotions of pity and distress?

How could I suppress my grief when I see Buddhist declining


             つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-15 19:07 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)