人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 14日 ( 3 )


2015年 12月 14日

報恩抄文段 上十


  第四段 在世及び
正法(しょうほう)時代の値難(ちなん)


一 問て云く
華厳(けごん)(ちょう)(かん)等乃至仏の敵との(たも)うか

 此の(しも)は次に広く諸宗の謗法(ほうぼう)呵責(かしゃく)するに、亦二と()す。初めに(とい)、次に答。

初めの問の(おこり)は、(すで)(これ)()の人々を指して「諸仏の(だい)怨敵(おんてき)」と云う。故に今驚きて問難(もんなん)するなり。(とい)の意に多くの意あり。今略して之を示す。

問の意に(いわ)く、(およ)そ「華厳の澄観」とは、(すなわ)清涼(しょうりょう)国師の御事なり。清涼山(しょうりょうざん)()する故に清涼国師と名づく。亦唐の徳宗(とくそう)皇帝(こうてい)()聖法(しょうほう)(もっ)(ちん)が心を清涼にす」と()たまうが故に清涼国師と(ごう)す。
 身の
(たけ)九尺四寸、手を()るれば(ひざ)を過ぐ。目は夜も光を(はっ)し、昼は()(まじろ)がず。才は二筆を(そな)え、(しょう)(いん)(かね)の如し。
 十一にして出家し、法華経を
(じゅ)す。(のち)(あまね)く諸宗を学ぶ。(みょう)(らく)大師に従い天台止観、法華の(しょ)等を習う。(しか)る後、五台山大華厳寺(だいけごんじ)()す。(まさ)に華厳の疏を(せん)せんとする時に、金人(こんじん)光明(こうみょう)()むと夢み、常に付嘱(ふぞく)せんことを思いたまうに、()る時、身()して大竜と()り、(また)化して一千の小竜と成り、分散して去ると夢む。(うま)れて(きゅう)(ちょう)()、七帝の国師と()る。春秋(しゅんじゅう)一百二歳にして()す。  

三論(さんろん)()(じょう)」とは即ち吉蔵(きちぞう)法師(ほっし)なり。後、()祥寺(じょうじ)に居す、故に嘉祥大師と云う。(こう)(こう)の入室なり。七歳にして出家し、世に(がっ)(かい)(しょう)す。心に難伏(なんぷく)()を包み、口に流るるが如きの(べん)(そそ)ぐ。随の(よう)(だい)(ちょく)して京師(けいし)(にち)厳寺(ごんじ)に住せしむ。唐の高祖(みことのり)して延興寺(えんこうじ)()く。平時、妙経二千部を写造(しゃぞう)し、玄論(げんろん)義疏(ぎしょ)を述ぶ。法華経を講ずること三百遍、大品(だいぼん)・華厳・大論(だいろん)(おのおの)数十遍、(あまね)章疏(しょうしょ)(あらわ)す。臨終(りんじゅう)の日、死不(しふ)怖論(ふろん)を製し、筆を投じて化す。

 「法相(ほっそう)()(おん)」とは玄奘(げんじょう)三蔵(さんぞう)御弟子(みでし)、唐の太宗(たいそう)皇帝(こうてい)の御師なり。梵漢(ぼんかん)(そら)に浮べ、一切経を胸に(たた)え、仏舎利(ぶっしゃり)(ひつ)(まつ)より()らし、(きば)より光を放つ。(あした)に講じ(ゆうべ)述作(じゅっさく)すと云云。守護抄に「(げん)(さん)十巻を(せん)し、(もっぱ)ら法華経を(さん)す」と()でたり。世人は日月(にちがつ)の如く恭敬(くぎょう)し、後世(こうせい)眼目(げんもく)の如く渇仰(かつごう)す。智行(ちぎょう)兼備(けんび)の高徳なり。


                     つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-14 23:02 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 14日

GOSHO 立正安国論48 勘状の奏非 一

(いささ)(やわら)ぎて(いわ)(いま)淵底(えんでい)(きわ)めざるに(しばし)()(おもむき)を知る

The guest, looking somewhat mollified, said: Though I have not yet probed deeply into the matter, I believe I understand to some degree what you are saying.

The guest calmed down slightly and said: Although I am yet unable to grasp the profound meaning of what you have said, I believe I have a basic understanding of your point.

(ただ)華洛(からく)より柳営(りゅうえい)(いた)るまで釈門に(すうけん)()仏家(ぶっか)棟梁(とうりょう)在り、

Nevertheless, throughout the area from Kyoto, the capital, to Kamakura, the headquarters of the shogun, there are numerous eminent Buddhist leaders and key figures in the clergy.

However, from Kyōto to Kamakura, there are a great many priests in the Buddhist community. There are those distinguished, high-ranking position and those who are learned and virtuous.

(しか)るに(いま)勘状(かんじょう)(まい)らせず上奏(じょうそう)に及ばず、

And yet none of them has so far appealed to the shogun concerning this affair, or submitted a memorial to the throne.

Yet none of them have ever submitted a written statement of their beliefs to the sovereign nor voiced their opinions to the emperor.

(いやしき)()を以て(たやす)(ゆう)(げん)()く、其の義(あま)り有り、其の理(いわ)れ無し。

You, on the other hand, a person of humble position, think nothing of spewing out offensive accusations. Your assertion goes too far and your behavior is unreasonable.

But you, despite your lowly position, so easily spew such abusive words. Your points have yet to be fully elucidated and your logic is flawed.


                        つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-14 21:25 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 14日

妙法尼のご供養の志を「民のほねをくだける白米、人の血をしぼれるが如くなる古酒 を仏、法華経にまいらせ給へる女人の成仏得道疑うべしや」と称えられた【妙法尼御 返事】

【妙法尼御返事】
■出筆時期:弘安元年(1278年)五月一日 五十七御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は松野入道に送られておりますが実質の内容駿河国・岡安に住む妙法尼への消息となっております。妙法尼は六老僧の一人、日持上人の父である松野六郎左衛門入道の縁戚と伝えられており、本消息の追伸「日月は地におち須弥山はくづるとも、彼の女人仏に成らせ給わん事疑いなしあらたのもしや・たのもしや」は松野入道に妙法尼の信仰を称えていることを伝えられた文言と思われます。
 尚、本消息を記された弘安元年は前年から疫病が大流行し、鎌倉幕府はこの年の五月二十六日には、日本国内二十二の社司(神主)に疫病退治の祈祷を命じられたほどでした。
大聖人はこのような厳しい状況の中、常に変わることなくご供養を続けられた妙法尼の志を「民のほねをくだける白米、人の血をしぼれるが如くなるふるさけ(古酒)を仏、法華経にまいらせ給へる女人の成仏得道、疑うべしや」と称えられておられます。
■ご真筆:現存しておりません。

[妙法尼御返事 本文]

干飯一斗・古酒一筒.ちまき・あうざし・たかんな方方の物送り給いて候。

草にさけ(咲)る花、木の皮を香として仏に奉る人、霊鷲山へ参らざるはなし。
況んや民のほねをくだける白米、人の血をしぼれるが如くなるふるさけ(古酒)を仏、法華経にまいらせ給へる女人の成仏得道、疑うべしや。

五月一日  日 蓮 花 押
妙法尼御返事
日月は地におち須弥山はくづるとも、彼の女人仏に成らせ給わん事疑いなし、あらたのもしや・たのもしや。




by johsei1129 | 2015-12-14 19:56 | 妙法比丘尼 | Trackback | Comments(0)