人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 11日 ( 3 )


2015年 12月 11日

報恩抄文段 上七


一 所謂
華厳(けごん)

  此の下は釈、(また)二と為す。初めに元祖(がんそ)を挙げ、次に(はん)(ぎょう)を明かす。

文に云う「()(じゅん)智儼(ちごん)」等とは、杜順、本名は(ほう)(じゅん)なり。此の人杜氏(とうじ)なり。故に杜順和尚(わじょう)と云うなり。(もっぱ)ら華厳を弘め、(もっ)て霊華寺の智儼に授け、智儼は賢首(げんじゅ)法蔵(ほうぞう)に授くるなり。唐の太宗(たいそう)の時の人なり。智儼は別に伝無し。杜順の伝に付出(ふしゅつ)するなり。「法蔵」は即ち是れ賢首の事なり。亦(こう)(ぞう)大師と名づく。則天(そくてん)(ちょう)に金師子の(たとえ)を説きし人なり。「(ちょう)(かん)」は即ち是れ清涼(しょうりょう)国師(こくし)なり。書註の第三、第四、啓蒙(けいもう)五・六十二、往いて見よ。

  「玄奘(げんじょう)()(おん)」は(とう)()第三十巻、書註の三巻。「()(しゅう)」は(ぼく)(よう)の智周なり。註の八・六、啓蒙十三・二十二。

文に「()(しょう)等」と云うは、「智」の字恐らくは(あやま)れり。(まさ)に「(どう)(しょう)」に作るべし。法相宗(ほっそうしゅう)の日本伝来は(およ)四箇(しか)()なり。第一は道昭、第二は智通(ちつう)()(たつ)、第三は()(ほう)智鸞(ちらん)()(おう)、第四は玄昉(げんぼう)なり。此の中に「智昭」と云う人無し。故に知んぬ、本朝伝来の第一の道昭を()げ、以て余人を(ひと)しゅうするなり

撰時抄下三十五に「道昭・智鳳等」等云云。上二十三に云く「法相宗(ほっそうしゅう)の慈恩・道昭」と云云。註の六・十八に云云。

(こう)(こう)」は即ち是れ天台所破(てんだいしょは)河西(かせい)(どう)(ろう)なり。興皇寺に住するが故に興皇と云うなり。「()(じょう)」は即ち興皇の弟子なり。取要抄初めに「嘉祥・道朗」等云云。註の五・十五、同八・六、同十・十二、啓蒙二十・三、()いて見よ。

  「善無畏(ぜんむい)金剛(こんごう)()」等は仏祖統紀の三十巻、註の三、同六等。其の(ほか)は常の如し。

  問う、初めに「七宗」と標し、今(なん)唯六(ただろく)(しゅう)()ぐるや。

  答う、()(かく)智証(ちしょう)は、(あるい)は是れ天台宗、或は是れ真言宗なるが故なり。

一 此等の宗宗(しゅうじゅう)の人人等

  此の(しも)(はん)(ぎょう)を明かすなり。

文に云う「本経・本論によりて」とは、開目抄下二十、取要抄三に「諸経(おのおの)第一」等の文を引くなり云云。

一 (しか)(かみ)に挙ぐる諸師は世間の人人・各各(おのおの)おもえり

  (あるい)(まさ)に「各各重んじ」と作るべきか云云。此の下は三に、世人の帰依(きえ)を明かすなり。法蓮抄に云く「愚人の正義(しょうぎ)(たが)うこと昔も今も(ことな)らず、(ただ)外相(げそう)のみを(とうと)び内智を貴ばず」等云云。(注:この文、御書に拝せず)之を思い合すべし。

一 我等凡夫は等

  此の下は次に今家の正判を明かす。文を分ちて三と()す。初めに疑を起し願を立つるを示し、二に「我(ただ)ちに」の下は涅槃(ねはん)遺誡(ゆいかい)(じゅん)ずるを示し、三に「随つて法華経」の下は正しく法華の明文に()って一代諸経の勝劣(しょうれつ)を判ずるなり。

文に「国主は(ただ)一人なり」と云うは、(ぞう)一含(いちごん)三十二・二に云く「一国の中にも(また)二主無し。一仏の境界に二の尊号無し」云云。疏記(しょき)第一に云云。礼記(らいき)七・十四に云く「天に二日無く、土に二王無し」等云云。

一 我(ただ)ちに一切経を開きみるに

 此の(しも)は二に涅槃の遺誡(ゆいかい)准ずるを示す文、(また)二と為す。初めに文を引いて義を釈し、次に「されば仏」の下は(さき)を結し(のち)を生ずるなり。初めの文に亦二あり。初めに人法相対、次に「(また)云く」の下は法法相対。(おのおの)引文・釈義あり。見るべし。

文に云う「涅槃経」とは会疏(えしょ)六・二。

 文に云う「(りょう)()経と申すは法華経」等とは、

 問う、何ぞ通じて()(ぜん)を不了義と名づけ、(ただ)今経を了義経と名づくるや。

 答う、(かい)未開(みかい)異なる故なり。故に授決集(じゅけつしゅう)下終に云く「若し細に至って(これ)を論ぜば、五時の中に三()の円は(なお)是れ未了義なり。(いま)()を開せざる故に」等云云。円教すら(なお)(しか)なり(いわん)や三教をや。記の三下六十六に「法華()(ぜん)は不了義」と云うは是れなり。


                     つづく
報恩抄文段上 目次 



by johsei1129 | 2015-12-11 22:18 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 11日

GOSHO 立正安国論45  和漢の例を出だす八


 又阮藉(げんせき)(いつ)(さい)なりしに蓬頭(ほうとう)(さん)(たい)す、

[ The Great Concentration and Insight passage goes on to say:] “Juan Chi was a man of extraordinary talent, but he let his hair grow like a mass of brambles and left his belt undone.

Also, a man by the name of Ruan Ji exceptional talent, but his hair was always long and tangled, and his sash was carelessly tied.

(のち)(こう)(けい)の子孫、皆(これ)(なら)いて奴苟(どこう)(あい)(はずか)しむる者を(まさ)自然(じねん)に達すと云い、撙節(そんせつ)兢持(きょうじ)する者を呼んで田舎(でんしゃ)と為す、

Later, the sons of the aristocracy all imitated him, until those who behaved in a churlish and insulting manner were thought to be acting quite naturally, and those who were restrained and proper in their behavior were ridiculed as mere peasants.

The offspring of the court nobles and high-ranking officials followed his example, even talking to each other using vulgar language, believing they would thus reach a state of naturalism. They looked down on individuals with self-discipline who observed decent manners, calling them country bumpkins.

是を司馬(しば)氏の滅する(そう)と為す已上。

This was a sign that the Ssu-ma family [the rulers of the Western Chin dynasty] would meet with their down fall.”

These were the signs seen before the fall of the Sima Western Jin) dynasty [265-316 CE].


                      つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-11 21:57 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 11日

弘法・慈覚・智証・三大師の法華経誹謗の大科四百余年の間隠せる根露れ枝枯る、今 日蓮之を糾明せり、と断じた【実相寺御書】

【実相寺御書】
■出筆時期:建治四年(1278年)正月十六日 五十七歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本書は日興上人の教化で弟子となり大聖人に帰依された岩本実相寺の住僧・豊前房から、同じく実相寺の住呂(住僧)尾張阿闍梨が、法華玄義の文を誤って捉え「大聖人の折伏は経及び天台の釈に違背している」と主張していると報告された事への返書となっております。

大聖人は本書の前段で「小乗を以て大乗を破し、大乗を以て小乗を破する者盲目とならば、弘法大師・慈覚大師・智証大師等は、されば盲目となり給いたりけるか、善無畏・金剛智・不空等は盲目と成り給うとの給うかとつ(詰)めよ」と、破折の論点を示されるとともに、後段では「根露るれば枝枯れ、源竭れば流れ尽くと云う本文虚しからざるか。弘法・慈覚・智証・三大師の法華経誹謗の大科四百余年の間隠せる根露れ枝枯る、今日蓮之を糾明せり。拘留外道が石と為つて数百年、陳那菩薩に責められ石即ち水と為る、尼けんが立てし塔は馬鳴之を頽す、臥せる師子に手を触れば瞋りを為す等是なり」と、断じられておられます。
尚文中で「麁」の字を度々使用されておられますが、粗末で、粗いことを意味します。
■ご真筆:現存しておりません。古写本:日興上人筆(北山本門寺蔵)

[実相寺御書 本文]

新春の御札の中に云く駿河の国・実相寺の住侶尾張阿闍梨と申す者、玄義四の巻に涅槃経を引いて、小乗を以て大乗を破し大乗を以て小乗を破するは盲目の因なりと釈せる由申し候なるは、実にて候やらん不審に候。

反詰して云く小乗を以て大乗を破し大乗を以て小乗を破する者・盲目とならば弘法大師・慈覚大師・智証大師等は・されば盲目となり給いたりけるか、善無畏・金剛智・不空等は盲目と成り給うとの給うかとつ(詰)めよ。

玄義の四に云く「問う法華に麁開して麁皆妙に入る、涅槃何の意ぞ更に次第の五行を明すや。
答う法華は仏世の人の為に権を破して実に入れ復麁有ること無く教意整足せり、涅槃は末代の凡夫の見思の病重く一実を定執して方便を誹謗し甘露を服すと雖も事に即して真なる能わず、命を傷つけて早夭するが為の故に戒・定・慧を扶けて大涅槃を顕す。法華の意を得れば涅槃に於て次第の行を用いざるなり」と。

籤の四に云く「次の料簡の中・扶戒定慧と言うは事戒・事定・前三教の慧並びに事法を扶くるが為の故なり具には止観の対治助開の中に説くが如し、今時の行者或は一向に理を尚ぶときは則ち己れ聖に均しと謂い及び実を執して権を謗ず、或は一向に事を尚ぶときは則ち功を高位に推り及び実を謗じて権を許す、既に末代に処して聖旨を思わず其れ誰か斯の二の失に堕せざらん、法華の意を得れば則ち初後倶に頓なり、請う心を揣り臆を撫で自ら浮沈を暁らん」等云云。

此の釈に迷惑する者か、此の釈の所詮は或は一向尚理とは達磨宗に等しきなり、及び執実謗権とは華厳宗・真言宗なり、或は一向尚事とは浄土宗・律宗なり、及び謗実許権とは法相宗なり。

夫れ法華経の妙の一字に二義有り一は相待妙・麁破して妙を顕す。二は絶待妙・麁を開して妙を顕す。爾前の諸経並びに法華已後の諸経は破麁顕妙の一分之を説くと雖も・開麁顕妙は全く之無し。爾るに諸経に依憑する人師・彼れ彼れの経経に於て破顕の二妙を存し或は天台の智慧を盗み或は民の家に天下を行うのみ。設い開麁を存すと雖も破の義免れ難きか、何に況や上に挙ぐる所の一向執権・或は一向執実等の者をや。

而るに彼の阿闍梨等は・自科を顧みざる者にして嫉妬するの間自眼を回転して大山を眩ると観るか、先ず実を以て権を破し権執を絶して実に入るは釈迦・多宝・十方の諸仏の常儀なり、実を以て権を破する者を盲目と為せば釈尊は盲目の人か乃至天台伝教は・盲目の人師なるか如何、笑う可し、返す返す。

四十九院等の事、彼の別当等は無智の者たる間、日蓮に向つて之を恐る。小田一房等怨を為すか、弥彼等が邪法滅す可き先兆なり。

根露るれば枝枯れ、源竭れば流れ尽くと云う本文虚しからざるか。弘法・慈覚・智証・三大師の法華経誹謗の大科四百余年の間隠せる根露れ枝枯る、今日蓮之を糾明せり。拘留外道が石と為つて数百年、陳那菩薩に責められ石即ち水と為る、尼けんが立てし塔は馬鳴之を頽す、臥せる師子に手を触れば瞋りを為す等是なり。

建治四年正月十六日          日 蓮 花 押
駿河国実相寺豊前公御房御返事





by johsei1129 | 2015-12-11 19:56 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)