人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 10日 ( 3 )


2015年 12月 10日

報恩抄文段 上六  邪法を退治するを報恩と云い、正法を弘通するを謝徳と云う

  
  第三段 一代諸経の勝劣を判ず

一 かくのごとく存して等

 次に此の(しも)は正しく報恩(ほうおん)要術(ようじゅつ)を明かす、(また)二と()す。初めに邪法(じゃほう)退治(たいじ)するは(すなわ)ち是れ報恩なることを明かし、次に「問うて云く、法華経」下巻二十四丁の下は、正法(しょうぼう)()(つう)するは即ち是れ(しゃ)(とく)なることを明かすなり。

 問う、報恩の要術、其の意は如何(いかん)

 答う、不惜(ふしゃく)身命(しんみょう)を名づけて要術と為す。(いわ)く、身命を()しまず邪法を退治し、正法を弘通すれば、即ち一切(いっさい)の恩として(ほう)ぜざること()きが故なり。

 初めの謗法(ほうぼう)呵責(かしゃく)するは即ち是れ報恩なることを明かす文、亦二と為す。初めに略して一代諸経の勝劣(しょうれつ)を判じ、次に「問うて云く、華厳(けごん)」八丁の下は、広く諸宗の謗法を呵責す。

 初めの略して一代諸経の勝劣を判ずる文、亦三と為す。初めに諸宗の(めい)(らん)()げ、次に「我等」の下は今家の正判を明かし、三に「(しか)るに華厳」の下は、前を結んで後を生ず。

初めの諸宗の迷乱を挙ぐるの文、亦三と為す。初めに通じて十宗を挙げ、次に「小乗」の下は(べっ)して小を(えら)びて大を取り、三に「大乗の七宗」の下は正しく七宗の迷乱を明かす。

初めの通じて十宗を挙ぐるの文、亦三と為す。初めに上を()けて下を起し、次に「一代」の下は正しく(れっ)し、三に「世間」の下は世人の情を示す。

文に「かくのごとく存して」とは、上の「()の大恩」已下(いげ)を承け、(また)下の文を起す。故に是れを上を承けて下を起す(承上(じょうしょう)起下(きげ))文と云うなり。啓蒙(けいもう)の義は不可なり。

文に云く「父母・師匠等に(したが)わずして」とは御書三十四・四十七。

一 一代聖教等

 此の下は次に正しく列す、亦三あり。初めに(ひょう)、次に「所謂(いわゆる)」の下は釈、三に「(これ)()」の下は結。

文に「明鏡」と云うは、是れ明鏡に(あら)ずと(いえど)も、世人の情に(したが)うが故に、(しばら)く明鏡と云うなり。

一 世間の学者等おもえり等

 「分け登る(ふもと)の道は多けれど 同じ雲井(くもい)の月をこそ見れ」云云。今(いわ)く、此の歌は教々(きょうぎょう)の四門に約す。(なん)ぞ一代に約すべけんや。天台(てんだい)云く「四門の観は別なれども、真諦(しんたい)を見るは同じ」と云云。

一 小乗の三宗等

  此の(しも)は次に別して小を(えら)びて大を取る、(すなわ)ち大小相対の判釈(はんじゃく)なり。小乗の中には実に出離(しゅつり)の要路を明かさず。(たと)えば「民の消息(しょうそく)」の如し。故に(しばら)(これ)を置くなり。(たと)うるに()(けん)の意有り。謂わく、一には小乗は民の消息、大乗は国主の御判云云。二には小乗は小舟、大乗は大船なり。初めの(たとえ)(つい)に小乗を以て衆生を済度(さいど)せざる意なり。宗祖の御詠歌(ごえいか)に云わく「あしの葉○わたさね」等云云。

 文に「生死(しょうじ)の大海」と云うは、

 問う、何ぞ生死を(もっ)て大海に譬うるや。

 答う、五の相似(そうじ)有る故なり。瑜伽論(ゆがろん)七十・十二に云く「一には処所(しょしょ)無辺なること相似するが故に。二には(はなは)だ深きこと相似するが故に。三には渡り(がた)きこと相似するが故に。四には飲むべからざること相似するが故に。五には大宝(だいほう)所依(しょえ)なること相似するが故に」等云云。

一 大乗の七宗いづれも・いづれも等

此の下は三に(まさ)しく七宗の(めい)(らん)を明かす、亦三と()す。初めに標、次に「所謂(いわゆる)」の下は釈、三に「(しか)(かみ)」の下は世人の帰依(きえ)を示す。


                     つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-10 20:58 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 10日

法華経と爾前経の勝劣を二十の観点で簡潔に記された法門【法華経二十重勝諸教義】

【法華経二十重勝諸教義】
■出筆時期:建治三年(1277年) 五十六歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本書は富士郡西山(現富士宮市南西部)在住の強信徒、西山入道に宛てられた書で、恐らく西山入道の求めに応じて、法華経と爾前経の勝劣を二十の観点で簡潔に示された法門の書であろうと拝されます。信徒一人といえど、その教化のためには労を惜しまず一書をわざわざしたためられた大聖人の令法久住への思いに、弟子・信徒の一分として僅かでも答えるために、このブログを書き続けていきます。
尚西山入道(夫妻)へは『蒙古使御書』をはじめ、六通の御書が残されておられます。
■ご真筆:現存しておりません。

[法華経二十重勝諸教義 本文]

南無妙法蓮華経
  
東春に云はく「問ふ、何が故ぞ経を謗じて無間に入るや。答ふ、一乗は是極楽の経なり。極妙の法を謗る故に極苦の処を感ずるなり。初めには極法及以(および)尊人を謗ずる故に賤獣の報を受く。
二には平等大慧の経を謗ずる故に愚獣の報を受く。三には仏に権実の二教有り、権に執して而も実を破る故に一目の報を得。四には法を謗り人を毀るの時、心に瞋恚を生ずる故に蛇身の報を受く。経に其の形長大とは大法を瞋る故に大苦の身報を受く。対(むか)って法を聞かざる故に聾病(ろうびょう)の報を受く。行法を受けざる故に無足の報を受く。愚癡にして経を謗ずる故に暗鈍の報を得。憍慢の心にして謗する故に矬陋(ざる)の報を得。微妙(みみょう)の法を謗ずる故に醜陋(しゅうる)の報を得。正直の経を謗ずる故に背傴の報を得。経に貧窮下賤為人所使とは、経に万徳を備ふるを福貴と為す。富貴の経を謗ずる故に貧賤の報を得。一乗に乗じて四方に遊び大自在を得。今自在の経を謗ずる故に不自在の報を得。故に人の為に使はるゝと云ふ。此の経は能く凡夫・二乗・菩薩の病を破る。下の経に若人有病病即消滅と云ふ。無病の経を謗ずる故に多病の報を得」と。

記の四に云はく「今義に依り文に附するに略して十双有り、以て異相を弁ず。一には二乗に近記を与ふ。二には如来の遠本を開く。三には随喜は第五十の人を歎ず。四には聞益は一生補処に至る。五には釈迦は三逆の調達を指して本師と為す。六には文殊は八歳の竜女を以て所化と為す。七には凡そ一句を聞くにも咸く授記を与ふ。八には経の名を守護するに功量るべからず。九には品を聞いて受持せば永く女質を辞る。十には若し聞いて読誦せば老いず死せず。十一には五種の法師は現に相似(そうじ)を獲。十二には四安楽行は夢に銅輪に入る。十三には若し悩乱する者は頭七分に破る。十四には供養すること有らん者は福十号に過ぎたり。十五には況んや已今当は一代に絶えたる所なり。十六には其の教法を歎ずるに十喩をもて称揚す。十七には地より涌出せるを阿逸多(あいった)一人をも識らず。十八には東方の蓮華をば竜尊王未だ相の本を知らず。十九には況んや迹化には三千の墨点を挙ぐ。二十には本成をば五百の微塵に喩へたり。本迹の事の希なる、諸教に説かず」云云。

一には二乗に近記を与ふとは、経に云はく「舎利弗、汝未来世に於て無量無辺不可思議劫を過ぎて若干千万億の仏を供養し、正法を奉持し、菩薩所行の道を具足して当に作仏することを得べし。号を華光如来と曰ひ、国を離垢と名づけん」と。私に云はく、三周の声聞の授記に総別有り。経の第五に云はく「我先に総じて一切の声聞に皆已に授記すと説く」文。弘決の六に云はく「遍く法華已前の諸教を尋ぬるに実に二乗作仏の文無し」云云。

二に如来の遠本を開くとは、経に云はく「我実に成仏してより已来無量無辺百千万億那由他劫なり。譬へば五百千万億那由他阿僧祇の三千大千世界を、仮使(たとい)人有って抹して微塵と為すが如し」と。

三に随喜は第五十の人を歎ずとは、経に云はく「是の第五十の人の法華経の一偈を聞いて随喜せん功徳には如かじ。百分千分百千万億分にして其の一に及ばず。乃至算数譬喩も知ること能はざる所なり」委しくは経の如し。

四には聞益は一生補処に至るとは、経に云はく「復一四天下微塵数の菩薩摩訶薩有りて一生に当に阿耨多羅三藐三菩提を得べし」と。

五に釈迦は三逆の調達を指して本師と為すとは、経に云はく「爾の時の王とは則ち我が身是なり。時の仙人とは今の提婆達多是なり。提婆達多が善知識に由るが故に我をして六波羅蜜を具足せしめたり」と。

六に文殊は八歳の竜女を以て所化と為すとは、経に云はく「文殊師利の言はく、娑竭羅(しゃから)竜王の女(むすめ)有り。刹那(せつな)の頃に於て菩提心を発し不退転を得たり。慈悲仁譲・志意和雅にして能く菩提に至れり」と。

七に凡そ一句を聞くにも咸く授記を与ふとは、経に云はく「妙法華経の一偈一句を聞いて乃至一念も随喜せん者には、我皆授記を与へ、当に阿耨多羅三藐三菩提を得せしむべし。又如来の滅度の後に、若し人有って妙法華経の乃至一偈一句を聞いて一念も随喜せん者には、我亦阿耨菩提の記を与へ授く」云云。

八に経の名を守護するに功量るべからずとは、陀羅尼品に云はく「汝等但能く法華の名を受持せん者を擁護せば福量るべからず」と。

九に品を聞いて受持せば永く女質を辞るとは、薬王品に云はく「若し女人有って是の薬王菩薩本事品を聞いて能く受持せん者は、是の女身を尽くして後に復受けじ」と。

十に若し聞いて読誦せば老いず死せずとは、七の巻に云はく「若し人病有らんに是の経を聞くことを得ば病即ち消滅して不老不死ならん」と。

十一に五種の法師は現に相似を獲とは、経の六に云はく「若しは読み若しは誦し若しは解説し若しは書写せん。
是の人は当に八百の眼の功徳・千二百の耳の功徳・八百の鼻の功徳・千二百の舌の功徳・八百の身の功徳・千二百の意の功徳を得べし。是の功徳を以て六根を荘厳して皆清浄ならしめん」云云。

十二に四安楽行は夢に銅輪に入るとは、経に云はく「又自身山林の中に在って善法を修習し、諸の実相を証し、深く禅定に入って十方の仏を見たてまつると見ん」と。又云はく「夢みらく、国王と作って宮殿眷属及び上妙の五欲を捨てゝ道場に行詣し、菩提樹の下に在って師子の座に処し、道を求むること七日を過ぎて諸仏の智を得ん」と。

十三に若し悩乱する者は頭七分に破るとは、陀羅尼品に云はく「若し我が呪に順ぜずして説法者を悩乱せば、頭破れて七分に作ること阿梨樹の枝の如くならん」と。

十四に供養すること有らん者は福十号に過ぐとは、経に云はく「人有って仏道を求めて一劫の中に於て合掌して我が前に在り、無数の偈を以て讃めん。是の讃仏に由るが故に無量の功徳を得ん。持経者を歎美せんは其の福復彼に過ぎん」と。

十五に況んや已今当は一代に絶えたる所とは、経に云はく「已に説き今説き当に説かん。而も其の中に於て此の法華経最も為れ難信難解なり」と。又云はく「薬王、今汝に告ぐ、我が所説の諸経あり、而も此の経の中に於て法華最第一なり」云云。

十六に其の教法を歎ずるに十喩をもて称揚すとは、薬王品に云はく「譬へば一切の川流江河の諸水の中に海為れ第一なるが如く一、衆山の中に須弥山為れ第一二、衆星の中に月天子三、日天子四、転輪聖王五、帝釈六、大梵天王七、一切凡夫の聖人・四果・支仏八、声聞・辟支仏の中に菩薩九、仏十」と。

十七に地より涌出せるを阿逸多(あいった)一人をも識らずとは、涌出品に云はく「四方の地震裂して皆中より涌出せり。世尊、我昔より来未だ曾て是の事を見ず。我此の衆の中に於て乃(いま)し一人をも識らず。忽然(こつねん)に地より出でたり。願はくは其の因縁を説きたまへ」と。

十八に東方の蓮華をば竜尊王未だ相の本を知らずとは、妙音品に云はく「妙音菩薩座を起たず、身動揺せずして三昧に入り、三昧力を以て八万四千の衆宝の蓮華を化作せり。爾の時に文殊師利法王子是の蓮華を見て仏に白して言さく、世尊、是何の因縁あって先づ此の瑞を現ぜる」と。

十九に況んや迹化には三千の墨点を挙ぐとは、化城喩品に云はく「譬へば三千大千世界の所有の地種を、仮使(たとい)人有って磨(す)って以て墨と為して、東方の千の国土を過ぎて乃ち一点を下さん、大いさ微塵の如し、又千の国土を過ぎて復一点を下さんが如し。彼の仏滅度してより已来復是の数に過ぐ」と。

二十に本成(ほんじょう)をば五百の微塵(みじん)に喩ふとは、経に云はく「我実に成仏してより已来無量無辺百千万億那由他劫なり。譬へば五百千万億那由他阿曽祇の三千大千世界を尽く以て塵と為して一塵を一劫とせんが如し」云云。涅槃経に云はく「此の正法を除いて更に救護無し。是の故に応当(まさ)に正法に還帰すべし」と。釈に云はく「妙法の外更に余経無く、唯一乗の法のみ有って更に余乗無し」云云。釈に云はく「諸法実相を除いて余は皆魔事と名づく」と。
                              花押
 西山殿



by johsei1129 | 2015-12-10 19:21 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 10日

GOSHO 立正安国論43  和漢の例を出だす六


 人(みな)其の妄語(もうご)を信じ、(ことごと)()選択(せんちゃく)(とうと)ぶ、

And yet people all put faith in this baseless talk of his, and without exception pay honor to his Nembutsu Chosen above All.

Yet, all believers in the erroneous doctrines and they value The Sole Selection of Nembutsu.

故に浄土の三経を(あが)めて衆経を(なげう)ち、極楽の一仏を(あお)いで諸仏を忘る、

As a consequence, they revere the three sutras of the Pure Land and cast all the other sutras aside; they look up to one Buddha alone, Amida of the Land of Perfect Bliss, and forget about the other Buddhas.

They worship only the three pure land sutras, discarding all other sutras, and they venerate only the Buddha of the pure land of perfect bliss, forgetting all other Buddhas.

(まこと)に是れ諸仏諸経の怨敵(おんてき)、聖僧衆人(しゅじん)(しゅう)(てき)なり、

A man such as Hōnen is in truth the archenemy of the Buddhas and the scriptures, and the foe of sage priests and ordinary men and women alike.

Hōnen is indeed the sworn enemy of all Buddhas and all sutras as well as the uncompromising foe of sagacious priests and the multitude.

此の邪教広く(はっ)(こう)に弘まり(あまね)く十方に(へん)す、

And now his distorted teachings have spread throughout the eight regions of the country, permeating the ten directions.

Nonetheless, his erroneous doctrines have spread in all directions, prevailing in every corner of the land.

(そもそも)近年の災難を以て往代(おうだい)を難ずるの(よし)(あなが)ちに(これ)(おそ)る、

You became quite horrified when I blamed an earlier period for the disasters that have occurred in recent years.

You seem to be horrified with my blaming the time [when Hōnen’s erroneous teaching started to spread] for the occurrence of all the recent disasters.

(いささ)か先例を引いて汝が(まよい)(さと)す可し、

Perhaps I should cite a few examples from the past to show you that you are mistaken in your feelings.

Therefore, I will give you some examples to correct any misconceptions you may have.


                       つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-10 18:57 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)