人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 09日 ( 3 )


2015年 12月 09日

報恩抄文段 上五  無智の男女は唯(ただ)本門の本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱え奉る、実(まこと)に此れ大恩を報ずるなり。

 

  第二段 知恩・報恩を明かす

一 ()の大恩をほうぜんには等

 此の下は次に報恩の要術(ようじゅつ)を明かす、亦二と()す。初めに恩を棄てて恩を報ずるを明かし、次に「()くのごとく存して」の下は(まさ)しく報恩の要術を明かす。初めの文を亦二と為す。初めには正しく明かし、次に「()の義」の下は難を(しゃ)す。

 (かき)(のは)の二・九に「大集経に云く『他の小恩(しょうおん)を受けて(なお)厚報(こうほう)を思う。(いか)(いわん)(ひと)重徳()()えて(たやす)く忘れんをや』と」文。十八史略に「(とう)(じゅく)麦飯(ばくはん)」と。

一 必ず仏法をなら()ひきはめ智者とならで(かな)うべきか
 問う、若し一代の蔵経を(がく)し、八宗の章疏(しょうしょ)(きわ)むるに(あら)ざるよりは、(いずくん)ぞ仏法を習い究むと言わんや。(しか)らば末代の下根(げこん)、誰か仏法を習い究めん。若し(しか)らば畢竟(ひっきょう)恩を報ずること(あた)わざるや。

答う、若し他宗他門の如くんば、(たと)い一代聖教を胸に浮ぶと(いえど)も、(なお)是れ仏法を習い究むるに非ず。是れ(すなわ)三重の秘伝を知らずして、(ごん)(じつ)本迹(ほんじゃく)(しゅ)(だつ)(めい)(らん)する故なり。(けだ)し当流の学者は、実に一迷(いちめい)(せん)(だつ)(れん)()(あと)を忍ぶ。故に初心より(なお)此の事を知れり。故に其の義は仏法を習い(きわ)むるに当るなり。

宗祖(しゅうそ)開目の下二十五に云く「鳥はとぶ徳、人にすぐ()れたり。日蓮は諸経の勝劣(しょうれつ)をしること華厳(けごん)(ちょう)(かん)・三論の()(じょう)法相(ほっそう)()(おん)・真言の弘法(こうぼう)にすぐれたり、天台(てんだい)伝教(でんぎょう)の跡をしのぶゆへなり乃至法華経の六難九(ろくなんく)()(わきま)うれば一切経よまざるにしたがうべし」等云云。之に例して知るべし。但し当流の学者、三重の秘伝を知ると雖も、()し法を伝え衆生を()せずんば畢竟(ひっきょう)恩を報ずることなきか。如来説いて云く「只通化(ただつうげ)伝法(でんぽう)を以て報恩と名づくるのみ」と云云。

 問う、(たと)い当流と(いえど)も、無智の俗男俗女(ぞくなんぞくにょ)は三重の秘伝を知らず。若し(しか)らば、恩を報ずること(あた)わざるや。

 答う、無智の男女は(ただ)本門の本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱え奉る、(まこと)に此れ大恩を報ずるなり。

法蓮抄十五十四に云く「仏は法華経をさと()らせ給いて六道(ろくどう)四生(ししょう)の父母・孝養(こうよう)の功徳を身に(そな)へ給へり、()の仏の御功徳をば法華経を信ずる人にゆづり給う、例せば()()の食う物の乳となりて赤子(あかご)を養うが如し」等云云。若し元意(がんい)の辺は、仏とは久遠元(くおんがん)(じょ)自受用(じじゅゆう)(しん)なり。法華経とは要の法華経、意の法華経、下種の法華経。(すなわ)ち本門の本尊の御事なり。

一 (たと)へば(しゅう)(もう)みち()びかんには等

 「一迷先(いちめいせん)(だつ)して以て余迷(よめい)(おし)う」の文、之を思うべし。

一 方風(ほうふう)(わきま)えざらん船主(大舟)

  方及び風なり。

一 父母・師匠等の心に(したが)うべからず等

 止観(しかん)四・四十三に云く「()れ親に(たが)師に離れて、(もと)要道を求む」と云云。宗祖云く一切(いっさい)は・()やに随うべきにてこそ候へども・仏になる道は随わぬが孝養の本にて候か」等云云。

一 此の義は諸人()もはく等

 此の(しも)は難を(しゃ)するなり。難の意に云く、此の義は、(けん)には礼儀(れいぎ)にもはずれ、(みょう)には(ぶつ)()にも(かな)ふまじとなり。

一 外典(げてん)(こう)(きょう)

 孝経大義三十七。註の八・五に之を引く。師弟も亦(しか)なり。守護章の中上九。亦(きょう)(きょう)とよむべし。啓蒙(けいもう)八・四十六、往いて見よ。

一 内典(ないてん)の仏経に云く等。

 林の三十・二十二に(しょう)信士度人(しんしどにん)(きょう)を引く云云。

一 ()(かん)が王に(したが)わずして等

 啓蒙の四・十五、註の三・十七、見るべし。

一 (しっ)()太子(たいし)

 (とう)()二・十四、兄弟抄十六・十二。

一 三界(さんがい)第一の孝の主なりし是れなり

 法蓮抄十五・十三に云く「教主釈尊をば大覚(だいかく)()(そん)(ごう)したてまつる、世尊と申す尊の一字を乃至孝と(くん)ずるなり、一切の孝養の人の中に第一の孝養の人なれば世尊と(ごう)し奉る」等云云。此の文意なり。

(かき)(のは)二・九に大般若(だいはんにゃ)経を引いて云く「一切世間に恩を知り恩を報ずること、仏に()ぎたるは無きが故に」と文。


                   つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-09 22:24 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 09日

GOSHO 立正安国論44 和漢の例を出だす七

止観(しかん)の第二に史記を引いて云く「(しゅう)の末に()(ほつ)(たん)(しん)にして礼度(れいど)()らざる者有り」

The second volume of Great Concentration and Insight quotes a passage from Records of the Historian that says, “In the closing years of the Chou dynasty, there were persons who let their hair hang down, went about naked to the waist, and did not observe the rites and regulations.”

In the second volume of the Great Concentration and Insight, there is a citation from Records of the Historian stating, “During the decline of the Zhou dynasty [Western Zhou 1046-771 BCE, Eastern Zhou 772-256 BCE] there were people who disregarded proper decorum, letting their hair grow wild and wearing their clothes in disarray.”

弘決(ぐけつ)の第二に此の文を釈するに左伝(さでん)を引いて曰く「初め(へい)(おう)の東に(うつ)りしに、伊川(いせん)に髪を(かぶろ)にする者の()に於て(まつ)るを見る、識者の(いわ)く、百年に及ばじ、其の(れい)()(ほろ)びぬ」と、

The Annotations on “Great Concentration and Insight,” in the second volume, explains this passage by quoting from Tso’s Commentary on “Spring and Autumn Annals” as follows: “When King P’ing of the Chou first moved his capital to the east, he saw men by the Yi River who let their hair hang down and performed sacrifices in the fields. Someone who had great understanding said, ‘In less than a hundred years the dynasty will fall, for the rites are already neglected.’”

The Great Teacher Miaole interprets this passage in the second volume of the Annotations on the Great Concentration and insight by referring to Zuo’s Commentary on Spring and Autumn Annals:After the capital was transferred to the east by King Ping [of the Zhou], people with unkempt hair were seen conducting a ritual in the fields in Yichuan. Observing this, a man of wisdom said that the Zhou dynasty would decline in less than one hundred years because the proprieties had already been lost.

(ここ)に知んぬ、(しるし)(さき)(あらわ)れ、(わざわ)い後に(いた)ることを、

From this it is evident that the portent appears first, and later the disaster itself comes about.

As you can see from this example, a portent manifests before a misfortune occurs.


                      つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-09 21:10 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 09日

大聖人が御遷化の一年前に自身の病状を心通わせる信徒に率直に吐露された書【老病御書】

【老病御書】
■出筆時期:弘安四年年(1281年)十一月 六十歳御作
■出筆場所:身延山中の館にて。
■出筆の経緯:本書は大聖人が御遷化なされる一年前にしたためられおられ、晩年やせ病に悩まされた状況を、極めて親しく心を通わせておられた信徒に率直に伝えておられる消息となっております。

本書の宛先は記されておられませんが、大聖人が率直に自身の病状を語っておられることと、「三嶋の左衛門次郎に伝えた法門を書き付けて送って欲しい」と依頼されておられる事、また「老病為るの上又不食気に候間」と、本書と同様の文言が本書の直前に富木常忍に送られた消息『富城入道殿御返事』にあることから、大聖人と同郷で日蓮門下最古参の強信徒である富城常忍に宛てられた可能性が高いと思われます。
また残されているご真筆も、常忍が開基した中山法華経寺にシミ一つない極めて良い状態で保存されている点も、この事を裏付けていると思われます。
■ご真筆:中山法華経寺所蔵(重要文化財)。
f0301354_17520399.jpg
















[老病御書 本文]

追伸

老病の上、不食気いまだ心よからざるゆへに、法門なんどもかきつけて申さずして、さてはてん事なげき入って候。
又三嶋の左衛門次郎がもとにて法門伝へて候ひけるが始中終かきつけて給ひ候はん。
其れならずいづくにても候へ、法門を見候へば心のなぐさみ候ぞ。





by johsei1129 | 2015-12-09 17:53 | 富木常忍・尼御前 | Trackback | Comments(0)