人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 07日 ( 3 )


2015年 12月 07日

報恩抄文段 上三 仏弟子、此の大恩を報ぜずんば畜類にも劣るべし


一 当抄の入文

  (まさ)に此の抄を(しゃく)せんとするに、大に(わか)ちて三と()す。初めに仏弟子は必ず(まさ)に恩を知り、恩を報ずべきの道理を明かし、次に「此の大恩」の(しも)は報恩の要術(ようじゅつ)を明かし、三に「されば花は根」の下は総結なり。蒙抄(もうしょう)大科(だいか)(おだ)やかならざるなり。

  問う、啓蒙の細科(さいか)に云く「初めに総じて恩を報ずべき旨を明かす、亦二あり。初めに世間(せけん)有為(うい)の報恩を明かし、二に『(いか)(いわん)や』の下は出世(しゅっせ)無為(むい)の報恩を明かす」等云云。此の義如何(いかん)

  答う、当抄の大意は、出世無為の中に於て唯沙(ただしゃ)(もん)の報恩に約して、無智(むち)の男女に約さず。沙門の報恩の中に於て、意は(れん)()自身の報恩に約すに在り。何ぞ「世間有為の報恩を明かす」と云うべけんや。

(ただ)し当文の意は(ちく)()げて(にん)(きょう)し、世の賢人(けんじん)を挙げて(もっ)て仏弟子を況す。畜生(ちくしょう)すら()くの如し(いわん)や人倫をや。世の賢人すら()くの如し、(いか)に況や仏弟子をや。仏弟子、()し此の大恩を報ぜずんば、(まさ)彼々(かれがれ)の賢人にも(おと)るべし。(ただ)彼々の賢人に劣るのみに(あら)(そもそも)(また)畜類にも劣るべし。故に仏弟子は必ず応に恩を知り、恩を報ずべしとなり。是れ(すなわ)ち其の道理なり。

 開目抄上十三に云く「聖賢(せいけん)の二類は(こう)の家よりいでたり(いか)に況や仏法を(がく)せん人・()(おん)報恩なかるべしや、仏弟子は必ず四恩を()つて知恩報恩をいたすべし」。
 乃至三十六に云く「若し
ほう()ぜずば(かれ)(がれ)の賢人にも・()とりて不知恩の畜生なるべし乃至畜生すら(なお)恩をほうず」等云云。


                   つづく

報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-07 22:13 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 07日

GOSHO 立正安国論41 和漢の例を出だす四

毛を吹いて(きず)を求め、皮を()つて血を(いだ)す、

You are, as the saying goes, deliberately blowing back the fur and hunting for flaws in the leather, deliberately piercing the skin in hopes of drawing blood.

What you are doing is like searching for a scar on the scalp by parting the hair or drawing blood by picking a scab.

昔より今に至るまで()くの如き悪言(いま)だ見ず、(おそ)る可く(つつし)む可し、罪業(ざいごう)(いた)つて重し科条(いかで)(のが)れん、

From ancient times to the present, the world has never seen such a speaker of evil. You had better learn a little caution and restraint. When you pile up such grave offenses, how can you hope to escape punishment?

Until today, I have never heard of such abusive language. To say such things is so dreadful. You should be fearful of what you say. The negative karma you accumulate from this will be extremely heavy. Do you think you could ever possibly evade the karmic retribution you will receive as a consequence

対座(なお)以て恐れ有り、(つえ)(たずさ)われて(すなわ)ち帰らんと欲す。

I am afraid even to sit here in your company. I must take up my staff and be on my way!

I am fearful to even sit face to face with you. I should pick up may cane and leave!

主人()(とど)めて曰く、(から)きことを(たで)の葉に習い、(くさ)きことを(かわ)()に忘る、

The host, smiling, restrained his guest and said: Insects that live on smartweed forget how bitter it tastes; those who stay long in privies forget how foul the smell is.

Smiling, the host stopped him and said: Those who always eat smartweed become numb to its pungent taste. Those who stay long in an outhouse are not bothered by the offensive odor.

Those who always eatsmartweed become numb to its bitter. Those who are in toilet forget how smelly the smell is.

善言を聞いて悪言と思い、謗者(ぼうしゃ)を指して聖人と()い、正師を疑つて悪侶(あくりょ)()す、其の(まよい)誠に深く其の罪(あさ)からず、

Here you listen to my good words and think them wicked, point to a slanderer of the Law and call him a sage, mistrust a correct teacher and take him for an evil priest. Your confusion is great indeed, and your offense anything but light.

Likewise [ when one is under the influence of erroneous teachings ], he will take good words as bad, call a slander of the correct Law a sage, and suspect a true master to be an evil priest. The illusion he harbors is extremely profound and the offense he commits is grave.

事の(おこ)りを聞け、(くわ)しく其の(おもむき)を談ぜん、

Listen to my explanation of how this confusion arose, and let us discuss the matter in detail.

If you are willing to hear about how the Buddhist teachings were distorted, I will explain it to you in detail.


                      つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-07 20:57 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 07日

熱原法難から半年、まだまだ厳しい状況が続いていた河合殿に、柔和忍辱の耐える信仰を貫くよう励まされた【かわいどの御返事】

【かわいどの御返事】
■出筆時期:弘安三年(1280年)四月一九日 五九歳歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は日興上人の母の実家である河合家の主人に送られた書です。河合一族には滝泉寺の住僧であったが日興上人の教化で弟子となり、後に日興上人の本六老僧となり大石寺・南之坊を開基した日禅上人がおられます。

弘安三年四月のこの時期は、熱原の法難からまだ半年程しか経過していなく、日蓮門下には厳しい状況が続いていたものと思われます。その状況下で大聖人は本抄で「かまへてかまへて、この御をん(恩)かほらせ給ひて、近くは百日、とをくは三ねんつゝがなくば、みうち(身内)はしづまり候べし」と柔和忍辱(にゅうわにんにく)の衣を身につけて耐える信心を貫くよう励まされておられると拝されます。
■ご真筆:東京都 孔泰容氏所蔵。
f0301354_16550018.jpg















[かわいどの御返事 本文]

人にたまたまあわせ給ふならば、む(向)かいくさき(先)、事(異)なりとも向かはせ給ふべし。ゑ(笑)まれぬ事なりともえ(笑)ませ給へ。かまへてかまへて、この御をん(恩)かほらせ給ひて、近くは百日、とをくは三ねんつゝがなくば、みうちはしづまり候べし。

それより内になに事もあるならば、きたらぬ果報なりけりと、人のわらわんはづかしさよ。かしく。

 卯月十九日                日蓮花押    
  かわいどの御返事


【妙法蓮華経 法師品第十】

薬王若有善男子。善女人。如来滅後。欲為四衆。
説是法華経者 云何応説。是善男子。善女人。
入如来室。著如来衣。坐如来座。爾乃応為四衆。
広説斯経。如来室者。一切衆生中。大慈悲心是。
如来衣者。柔和忍辱心是。如来座者。一切法空是。
安住是中。然後以不懈怠心。為諸菩薩及四衆。広説是法華経。

[和訳]

薬王よ、若し善男子、善女人有りて、如来の滅後に四衆の為に
是の法華経を説かんと欲する者は、云何にして説くべしや。是の善男子。善女人は、
如来の室に入りて、如来の衣を著し、如来の座に坐して、爾乃して四衆の為に、
広く斯の経を説くべし。如来の室とは、一切衆生の中の大慈悲心是なり。
如来の衣とは、柔和忍辱の心、是なり。如来の座とは、一切の法は是れ空であるとして、
是の中に安住し、然して後に懈怠(けたい)なき心にて、諸の菩薩及び四衆の為に広く是の法華経を説くべきである。






by johsei1129 | 2015-12-07 17:15 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)