人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 06日 ( 3 )


2015年 12月 06日

佐渡流罪の赦免により鎌倉帰還のおり越後にて読んだ和歌を記した書【三沢御房御返 事】

【三沢御房御返事】
■出筆時期:文永十二年(1277)二月十一日  五十四歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本消息は駿河・三沢の領主、三沢小次郎に送られたとされております。
本抄は文永十一年三月二十六日、佐渡流罪の赦免により鎌倉に帰還して一年足らずに書かれたおり、佐渡の地で大聖人に帰依した信徒が多数、身延の草庵に見参し、大聖人の説法を聞かれていることを記されておられます。佐渡の信徒のことを何故三沢小次郎に伝えられたのかという点ですが、本抄を送られた三年後に三沢小次郎に送られた【三沢抄】に「只いつ(偽)わり、をろ(愚)かにてをはせかし、と申し候いきこそ候へけれ」記されており、三沢小次郎は大聖人に帰依していることを世間には隠されていたと思われ、同じ駿河に住みながらも大聖人の草庵への見参も途絶えていたのではと思われます。そこで遥々離れた佐渡の地から多数信徒が見参し大聖人の法門を聞いて、「未来までの仏種になる事、是れ皆釈尊の法恩ありがたし」と伝えることで、三沢小次郎に身延への見参を促したのではと推察されます。

またさらに大聖人が鎌倉に帰還するときに越後で詠じた和歌も添えられておられますが、この和歌の趣旨は、立正安国論を献上し鎌倉幕府を驚かし、予言した他国侵逼難と自界叛逆難が蒙古襲来・二月騒動で的中し、佐渡流罪が赦免となるばかりか、幕府に招かれて直接国家諌暁をできる状況になったことを、「おのづから、よこしまに降る雨あらじ」と詠じたのではと拝されます。
※三度目の国家諌暁の経緯については『小説日蓮(中)55最後の諌暁』を参照して下さい。
■ご真筆:池上本門寺に存在していたが、現存は所在不明となっております。

[三沢御房御返事 本文]

佐渡の国の行者、数多(あまた)此の所まで下向ゆへに、今の法門説き聞かせ候えば未来までの仏種になる事、是れ皆釈尊の法恩ありがたし。

越後にて此の歌詠じ候ゆへ書き送り候なり。
おのづから、よこしまに降る雨あらじ、風こそ夜の窓をうつらめ。
二月十一日





by johsei1129 | 2015-12-06 15:56 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 06日

報恩抄文段 上二


   一 当抄の題号

  ()の抄の題号は即ち二意を含む。所謂(いわゆる)(つう)(べつ)なり。通は(いわ)く、()(おん)報謝(ほうしゃ)の報恩抄、別は謂く、師恩報謝の報恩抄なり。

  初めの四恩報謝の報恩抄とは、(まさ)に知るべし、此の抄の四恩は(すこ)しく(じょう)()に異なる。

謂く、一には父母の恩、二には師匠の恩、三には三宝(さんぽう)の恩、四には国王の恩なり。
 故に下巻二十二に云く「是れは・
ひと()へに父母の恩・師匠の恩・三宝の恩・国恩をほう()ぜんがために身をやぶ()(いのち)()つれども破れざれば・さでこそ候へ」等云云。

  問う、御抄第四十、四恩抄(つぶさ)に四恩を明かす。(いわ)く、一には父母の恩、二には衆生の恩、三には国主の恩、四には三宝の恩なり。何を(もっ)(ことさら)(いま)師匠の恩を(いだ)して、衆生の恩を(ぼっ)するや。

  答う、師恩(しおん)報謝(ほうしゃ)(ため)(べっ)して当抄を(じゅつ)する故に、梵網経(ぼんもうきょう)の意に()り師恩を開出(かいしゅつ)するなり。故に梵網経に云く「孝は父母・師僧・三宝に(したが)うなり」等云云。

与咸(よかん)註に云く「(しょ)(こう)(きょう)に三有り。一には父母生育(しょういく)の恩、二には師僧訓導(くんどう)の恩、三には三宝救護(くご)の恩」等云云。(すで)に師匠の恩を開出する故に、衆生の恩を合して父母の恩の中に()き、以て四恩と()すなり。心地(しんじ)(かん)(ぎょう)に云く「故に六道(ろくどう)の衆生は(みな)是れ我が父母なり」等云云。
 法蓮抄十五・十四に云く「
(しか)るに六道()(しょう)の一切衆生は皆父母なり。()の父母に孝養(こうよう)(はた)さずんば仏と()らず」等云云。(すなわ)ち此の文意なり。

 次に別は(いわ)く、師恩報謝の報恩抄とは、総結の文に云く「されば花は根にかへり真味(しんみ)は土にとどまる、此の功徳(くどく)故道(こどう)善房(ぜんぼう)聖霊(しょうりょう)御身(おんみ)にあつまるべし」と云云。学者、(まさ)に知るべし、(いま)所述所行の辺に約すれば、即ち(つう)(べつ)の両意有り。若し能述(のうじゅつ)の辺に約すれば、(ただ)れ師恩報謝の為に別して当抄を述ぶるなり。



                      つづく

報恩抄文段上 目次


by johsei1129 | 2015-12-06 15:28 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 06日

GOSHO 立正安国論40 和漢の例を出だす三

其の上一夢(いちむ)霊応(れいおう)(こうむ)り、四裔(しえい)親疎(しんそ)に弘む、

In addition, he received confirmation of his decision when Shan-tao miraculously appeared to him in a dream, and he proceeded to spread his doctrines among friends and strangers in all four corners of the land.

Then, he received a revelation [from Priest Shandao] in a dream. Based on this, he spread the teaching of Nembutsu to everyone throughout the land, whether friend or stranger.

故に(あるい)勢至(せいし)化身(けしん)と号し或は善導の再誕と(あお)ぐ、

Thereafter, he was hailed as a reincarnation of Bodhisattva Great Power, or was revered as Shan-tao reborn.

For these reasons, some people referred to Priest Hōnen as the incarnation of Bodhisattva Strength and Vigor while others held him in reverence as the reincarnation of Priest Shandao.

(しか)れば則ち十方の貴賤(きせん)(こうべ)()れ、一朝(いっちょう)男女(なんにょ)(あゆみ)を運ぶ、

In every quarter, people of eminent and lowly birth alike bowed their heads in respect, and men and women from all over Japan sought him.

Therefore, men and women all over the country, regardless of their social sutras, bowed their heads low and paid him visits.

(しか)しより(このか)た春秋(おし)移り星霜(あい)(つも)れり、

Since that time, the springs and autumns have succeeded each other, and they ears have piled upon years.

This has continued as the springs and autumns have come and gone and many years have passed.

(しか)るに(かたじけな)くも釈尊の(おしえ)(おろそか)にして(ほしいまま)に弥陀の文を(そし)る、

And yet you insist upon putting aside the venerable teachings of Shakyamuni Buddha [contained in the Pure Land sutras] and will fully speak evil of the passage describing the oath of the Buddha Amida.

Despite all of this, you dare to think lightly of Shakyamuni’s teachings and slander the words of Amida Buddha at will.

何ぞ近年の(わざわい)を以て聖代(せいだい)の時に(おお)せ、(あなが)ちに先師を(そし)り、(さら)に聖人を(ののし)るや、

Why do you try to blame the sacred age of Hōnen for the disasters of recent years, going out of your way to slander the former teachers of Pure Land doctrines and to heap abuse on the Sage Hōnen?

On what grounds could you attribute the disasters in recent years to Hōnen’s era, illogically accuse the sage, and abuse his masters


                      つづく Next
御書本文】【目次 Index



by johsei1129 | 2015-12-06 15:10 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)