人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 10月 16日 ( 2 )


2015年 10月 16日

撰時抄愚記 上九 富士山は霊山浄土に似たらん最勝の地なり

八月七日

    第四段 滅後の()(きょう)を明かす

一 問うて云く()かなる時にか等

此の下は滅後の弘経を明かす、大いに分ちて二と()す。初めに略して末法は是れ深秘(じんぴ)の大法広布の時なることを示し、二に「問うて云く竜樹」の下九丁は、広く三時の弘経の次第を明かすなり。

初めに(また)四あり。初めに由、次に「問うて云く其の心」の下は(まさ)しく示し、三に「問うて云く其の証」の下は引証、四に「道心」の下は(けっ)(かん)なり。(まさ)に知るべし、略釈、広釈、例せば天台の釈の如し。深く(これ)を思うべし。初めの二問答、(とも)に是れ由なり。学者見るべし。

一 いか()なる時にか法華経を説くべきや

問に重々の意有り云云。「法華経」とは元意(がんい)の辺に約すれば文底下種の法華経なり。

一 (とう)(がく)大士(だいし)

問う、(せん)十に云く「本地(ほんち)の真因の初住より已来(このかた)、遠く今日乃至(ないし)未来の大小の衆機を(かんが)」云云。故に知んぬ、初住すら(なお)知る、(いわん)や等覚をや。

答う、住上は(いま)淵底(えんでい)を尽さず、仏は究竟(くきょう)して之を知るなり。故に如来に(のぞ)みて奪って「知りがたし」と云うなり。玄二・十九に云く「凡夫は知らず、二乗は彷彿(ほうふつ)として之を知り、菩薩は知ること深からず、仏は知ることを(ほとり)(つく)す、()き相師の(あき)らかに始終を見るが如し」文。菩薩は少納言(これ)(なが)の如く、(あるい)は未だ尽さざるの処あり。仏は許負(きょふ)が周の亜父を相するが如く、(あき)らかに始終を見るなり。新語の三・十八。盛衰記の十五・二十四。(注:彷彿 ありありと思いだすこと)

一 仏眼を()つて時機をかんが()へよ等

意は経文を借りて時機を知るべしとなり。(およ)そ眼は物を見るを以て其の(ゆう)と為す。仏は未来永々の時機を見そなわしたまい、即ち其の事を以て経文を()(あらわ)す。故に経文は是れ(ただ)ちに仏眼なり。日は照明を以て其の用と為す。経文明々たること(あたか)も日天の如し。故に経文の明々たるを()て以て機を照し、時を照し、国を照せ等云云。「経文明々たり」とは即ち大集(だいしつ)経の文是れなり。

一 問うて云く()の心等

此の下は(まさ)しく示す、又二あり。初めに経文を引く、即ち是れ月蔵(がつぞう)経九・二の文なり。次に「此の五箇(五の)の五百」の下は文旨を釈す、亦二あり。初めに異解(いげ)()げ、二には「彼の大集経」の下は正釈なり。

一 漢土(かんど)道綽(どうしゃく)禅師が云く

選択(せんちゃく)上初第一段に安楽集を引いて云く「二種の聖法を得て以て生死(しょうじ)(はら)。一には(いわ)く、(しょう)(どう)、二には謂く浄土(じょうど)()の聖道の一種は、今時は証し難し。大聖を去ること遥遠(ようおん)なるに()るが故に。理深(りじん)解微(げみ)に由るが故に。是の故に大集(だいしつ)月蔵経に云く、我が末法中の億々の衆生、行を起し道を修するに、(いま)だ一人も得る者有らず。(まさ)に今末法は五濁(ごじょく)悪世なり。(ただ)浄土の一門のみ有って、通入(つうにゅう)すべき(みち)なり」略少。

法然が私の料簡(りょうけん)の段に云く「初めに聖道門とは(これ)()いて二有り。乃至(しか)れば(すなわ)ち真言・仏心・天台・華厳(けごん)・法相・三論・地論(じろん)摂論(しょうろん)、此等の八家(はっけ)の意は(まさ)しく(ここ)()るなり」文。既に八家を以て通じて聖道に属して之を()つ。天台は即ち是れ法華経なり。故に今「法華経・華厳経」等と云うなり。

一 千中無一(これ)なり

是れ聖道の白法(びゃくほう)隠没(おんもつ)の辺を指して「是なり」と云うなり。次に「通入すべき(みち)なりとは是なり」とは、是れ浄土の称名(しょうみょう)流布の辺を()して「是なり」と云うなり。

問う、前代の諸師の中に、何ぞ別して浄家(じょうけ)を挙ぐるや。

答う、此れに総別あり。総じて之を論ぜば、()の宗(もっぱ)ら盛んなるが故なり。

若し別して之を論ぜば、(すなわ)ち三意を含む。
 一には是れ所破の為なり。其の義知るべし。
 二には一分
所用(しょゆう)の為なり。(いわ)く、彼も大集経の白法(びゃくほう)隠没(おんもつ)の時は第五の五百歳当世とする故なり。
 三には
(しばら)く所例の為なり。学者見るべし。

一 法華経の肝心(かんじん)たる等

一義に云く、如是(にょぜ)我聞(がもん)(かみ)の妙法蓮華経なりと。一義に云く、本地(じん)(じん)の南無妙法蓮華経なり等云云。

当流の意は、法華経の本門寿量品の肝心、久遠名字(みょうじ)の南無妙法蓮華経なり。久遠名字の南無妙法蓮華経とは、(すなわ)ち是れ本門の本尊の中央の南無妙法蓮華経なり云云、云云。

顕仏未来記二十七・三十に云く「本門の本尊・妙法蓮華経の五字を以て閻浮提(えんぶだい)に広宣流布せしめんか」等云云。

(まさ)に知るべし「法華経の肝心たる南無妙法蓮華経」とは即ち是れ本門の本尊なり。「四衆の口口(くちぐち)に唱う」とは本門の題目なり。(ただ)し本門戒壇の文無きは(ただ)是れ略するなり。広宣流布の時は必ず之を建立するが故なり。

秘法抄十五・三十一に云く「王臣一同に三秘密の法を(たも)たん時、勅宣(ちょくせん)(ならび)御教(みきょう)(しょ)を申し(くだ)して霊山(りょうぜん)浄土(じょうど)に似たらん最勝の地を(たず)ねて戒壇を建立す可きものか。時を()つ可きのみ」(取意)と云云。

問う、「最勝の地」とは(いず)れの地を()すべけんや。

答う、是れ富士山なり。録外(ろくげ)十六・四十一に御相承()を引いて云く「国主()の法を立てらるれば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ、事の戒法と()は是なり」と文。

                  

                   つづく
撰時抄愚記 上九 富士山は霊山浄土に似たらん最勝の地なり_f0301354_20141314.jpg
撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-16 20:48 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 16日

予が所存は止観法華の勝劣は天地雲泥なり<略>法華迹門の分斉に似たりと説いた【立正観抄送状】

【立正観抄送状】
■出筆時期:文永十二年(1275年)二月二十八日 五十四歳御作
■出筆場所:
■執筆の経緯:本抄は佐渡塚原三昧堂での法論を聞いて大聖人に帰依した天台宗の学僧・最蓮房日浄から、当時天台宗で盛んに論じられていた「止観は法華経に勝れ禅宗は止観に勝る」との主張に対して大聖人の考えを問われたことへの返書となっております。
大聖人は本抄で天台の摩訶止観について「予が所存は止観法華の勝劣は天地雲泥なり。若し与えて之を論ぜば止観は法華迹門の分斉に似たり」と断じられておられます。
さらに文末で「委細の旨は別に一巻書き進らせ候なり、又日蓮相承の法門血脈慥に之を註し奉る」と記され、詳細は本抄とともに送った[立正観抄]に書き記したのでそれを読了するよう指導されておられます。

尚、最蓮房も大聖人と同時期に佐渡に流罪されていますが、本抄冒頭で大聖人が「種種の御志慥に給候い畢んぬ」と記されておられますで、この時点ではすでに佐渡流罪を御赦免となり、比叡山に帰還されていたと思われます。
■ご真筆:現存しておりません。古写本:日朝筆(日蓮正宗・富久成寺所蔵)、日進筆(身延山久遠寺蔵)。

[立正観抄送状 本文]

今度の御使い誠に御志の程顕れ候い畢んぬ又種種の御志慥に給候い畢んぬ。

抑承わり候、当世の天台宗等止観は法華経に勝れ禅宗は止観に勝る、又観心の大教興る時は本迹の大教を捨つと云う事先ず天台一宗に於て流流各別なりと雖も慧心・檀那の両流を出でず候なり、慧心流の義に云く止観の一部は本迹二門に亘るなり謂く止観の六に云く「観は仏知と名く止は仏見と名く念念の中に於て止観現前す乃至三乗の近執を除く」文、弘決の五に云く「十法既に是れ法華の所乗なり是の故に還つて法華の文を用いて歎ず、若し迹説に約せば即ち大通智勝仏の時を指して以て積劫と為し寂滅道場を以て妙悟と為す、

若し本門に約せば我本行菩薩道の時を指して以て積劫と為し本成仏の時を以て妙悟と為す本迹二門只是此の十法を求悟す」文、始の一文は本門に限ると見えたり次の文は正しく本迹に亘ると見えたり、止観は本迹に亘ると云う事文証此に依るなりと云えり、次に檀那流には止観は迹門に限ると云う証拠は弘決の三に云く「還つて教味を借つて以て妙円を顕す○故に知んぬ一部の文共に円成の開権妙観を成ずるを」文、此の文に依らば止観は法華の迹門に限ると云う事文に在りて分明なり。

両流の異義替れども共に本迹を出でず当世の天台宗何くより相承して止観は法華経に勝ると云うや、但し予が所存は止観法華の勝劣は天地雲泥なり。若し与えて之を論ぜば止観は法華迹門の分斉に似たり、其の故は天台大師の己証とは十徳の中の第一は自解仏乗・第九は玄悟法華円意なり、霊応伝の第四に云く「法華の行を受けて二七日境界す」文、

止観の一に云く「此の止観は天台智者己心中に行ずる所の法門を説く」文、弘決の五に云く「故に止観に正しく観法を明すに至つて並びに三千を以て指南と為す○故に序の中に云く己心中に行ずる所の法門を説く」文、己心所行の法とは一念三千・一心三観なり三諦三観の名義は瓔珞・仁王の二経に有りと雖も一心三観一念三千等の己心所行の法門をば迹門十如実相の文を依文として釈成し給い畢んぬ。

爰に知んぬ止観一部は迹門の分斉に似たりと云う事を若し奪つて之を論ぜば爾前権大乗・即別教の分斉なり其の故は天台己証の止観とは道場所得の妙悟なり所謂天台大師・大蘇の普賢道場に於て三昧開発し証を以て師に白す師の曰く法華の前方便陀羅尼なりと霊応伝の第四に云く「智顗・師(南岳)に代つて金字経を講ず一心具足万行の処に至つて(智)顗・疑有り思・為に釈して曰く汝が疑う所は此乃ち大品次第の意なるのみ未だ是法華円頓の旨にあらざるなり」文、講ずる所の経既に権大乗経なり又次

第と云えり故に別教なり、開発せし陀羅尼又法華前方便と云えり故に知んぬ爾前帯権の経・別教の分斉なりと云う事を・己証既に前方便の陀羅尼なり止観とは己心中所行の法門を説くと云うが故に、明かに知んぬ法華の迹門に及ばずと云う事を何に況や本門をや、若し此の意を得ば檀那流の義尤も吉なり此等の趣を以て止観は法華に勝ると申す邪義をば問答有る可く候か、委細の旨は別に一巻書き進らせ候なり、又日蓮相承の法門血脈慥に之を註し奉る、恐恐謹言

文永十二乙亥二月二十八日             日 蓮 花押
最蓮房御返事

by johsei1129 | 2015-10-16 18:11 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)