人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 10月 13日 ( 2 )


2015年 10月 13日

塚原問答に参加した念仏僧弁成との再度の論争を記した書【法華浄土問答抄】

【法華浄土問答抄】
■出筆時期:文永九年(1272年)一月十七日 五十二歳御作
■出筆場所:佐渡国 塚原三昧堂にて。
■出筆の経緯:本抄は佐渡で塚原問答が行われた翌日、問答に参加していた佐渡の念仏僧・弁成が塚原三昧堂に大聖人を訪ね、改めて論争に挑み、その時の問答の内容を大聖人、弁成双方が花押をしたためて記されたものであります。

大聖人は冒頭で「法華宗立六即と浄土宗の所立」を図にて分別し、その後に弁成の立論を記し、その論に日蓮が難(批判)ずる形式で浄土宗法然の説く「法華経を捨閉し閣抛する」という妄論を破折しておられます。
弁成が「我が身叶い難きが故に且く聖道の行を捨閉し閣抛し浄土に帰し浄土に往生して法華を聞いて無生を悟ることを得べきなり」と立論されたことに対し、「日蓮難じて云く<中略>浄土に至つて法華経を悟る可しとは何れの経文に依つて此くの如き義を立つるや」と断じた如く、弁成は依証としての正しい経文を悉く出せずに問答を終えられております。
但し、弁成は塚原問答の後わざわざ大聖人を訪ねて再度論争に臨み、自ら花押を記して本抄を残すことに同意した姿勢は、極楽寺良観とは比較にならないほど真摯な仏法僧であったと思われます。
■ご真筆:京都市 妙覚寺、他五ケ所にて断簡所蔵。
f0301354_21373836.jpg
[真筆本文箇所:文中緑字部分]
弥陀念佛文也 未聞捨閉閣
抛於法花經何況無量義經為
説法花經先挙四十余年已説
經ヽ定未顕真了豈未顕真
観經之内挙已顕真法花經

[法華浄土問答抄 本文]



         ┌─ 理 即
         ├─ 名字即――――三諦の名を聞く
      ┌穢土├─ 観行即――――五品を明す
      │  │     ┌── 八十八使の見惑を断ず
法華宗立六即┼  └─ 相似即 ┼── 八十一品の思惑を断ず
      │       └── 九品の塵沙を断ず
      └報土─┬ 分真即 ─── 四十一品の無明を断ず
             └ 究竜即 ─── 一品の無明を断ず

                ┌── 中品戒行世善等
       ┌穢土── 理 即 ┴── 浄土下品
浄土宗の所立┤  ┌─ 名字即
      │  ├─ 観行即
      └報土┼─ 相似即
         ├─ 分真即
         └─ 究竜即                                    ・


弁成の立、我が身叶い難きが故に且く聖道の行を捨閉し閣抛し浄土に帰し浄土に往生して法華を聞いて無生を悟ることを得べきなり。

日蓮難じて云く、我が身叶い難ければ穢土に於て法華経等・教主釈尊等を捨閉し閣抛し浄土に至つて之を悟る可し等云云、何れの経文に依つて此くの如き義を立つるや、又天台宗の報土は分真即・究竟即・浄土宗の報土は名字即・乃至・究竟即等とは何れの経論釈に出でたるや、又穢土に於ては法華経等・教主釈尊等を捨閉し閣抛し浄土に至つて法華経を悟る可しとは何れの経文に出でたるや。

弁成の立に、余の法華等の諸行等を捨閉し閣抛して念仏を用ゆる文は観経に云く「仏・阿難に告ぐ汝好く是の語を持て是の語を持つ者は即ち是れ無量寿仏の名を持つ」文、浄土に往生して法華を聞くと云う事は文に云く「観世音・大勢至・大悲の音声を以つて其れが為に広く諸法実相除滅罪法を説く、聞き已つて歓喜し時に応じて即菩提の心を発す」文、余は繁き故に且く之を置く。

又日蓮難じて云く、観無量寿経は如来成道・四十余年の内なり法華経は後八箇年の説なり如何んが已説の観経に兼ねて未説の法華経の名を載せて捨閉閣抛の可説と為す可きや、随つて「仏告阿難」等の文に至つては只弥陀念仏を勧進する文なり未だ法華経を捨閉し閣抛することを聞かず、何に況や無量義経に法華経を説かんが為に先ず四十余年の已説の経経を挙げて未顕真実と定め畢んぬ、豈未顕真実の観経の内に已顕真実の法華経を挙げて捨て乃至之を抛てと為す可きや、又云く「久しく此の要を黙して務めて速かに説かず」等云云、既に教主釈尊四十余年の間・法華の名字を説かず何ぞ已説観経の念仏に対して此の法華経を抛たんや、次ぎに「下品下生・諸法実相・除滅罪法等」云云、夫れ法華経已前の実相其の数一に非ず先ず外道の内の長爪の実相・内道の内の小乗乃至爾前の四教・皆所詮の理は実相なり、何ぞ必ずしも已説の観経に載する所の実相のみ法華経に同じと意得べきや、今度慥なる証文を出して法然上人の無間の苦を救わるべきか。

又弁成の立に、観経は已説の経なりと雖も未来を面とする故に未来の衆生は未来に有る所の経巻之を読誦して浄土に往生すべし、既に法華等の諸経・未来流布の故に之れを読誦して往生すべきか、其の法華を捨閉閣抛し観経の持無量寿仏の文に依つて法然是くの如く行じ給うか、観経の持無量寿仏の文の上に諸善を説き一向に無量寿仏を勧持せる故に申せしめ候、実相に於いても多く有りと云う難、彼は浄土の故に此の難来るべからず、法然上人・聖道の行機堪え難き故に未来流布の法華を捨閉閣抛す、故に是れ慈悲の至進なれば此の慈悲を以て浄土に往生し全く地獄に堕すべからざるか。

日蓮難じて云く、観経を已説の経なりと云云、已説に於ては承伏か、観経の時未だ法華経を説かずと雖も未来を鑒みて捨閉閣抛すべしと法然上人は意得給うか云云、仏・未来を鑒みて已説の経に未来の経を載せて之を制止すと云わば已説の小乗経に未説の大乗経を載せて之を制止すべきか、又已説の権大乗経に未説の実大乗経を載せて未来流布の法華経を制止せば、何が故に仏爾前経に於て法華の名を載せざる由、之を説きたまうや。

法然上人慈悲の事、慈悲の故に法華経と教主釈尊とを抛つなりと云わば所詮上に出す所の証文は未だ分明ならず慥なる証文を出して法然上人の極苦を救わる可きか、上の六品の諸行往生を下の三品の念仏に対して諸行を捨つ豈法華を捨つるに非ずや等云云、観無量寿経の上六品の諸行は法華已前の諸行なり、設い下の三品の念仏に対して上六品の諸行之を抛つとも但法華経は諸行に入らず何ぞ之を閣かんや、又法華の意は爾前の諸行と観経の念仏と共に之を捨て畢りて如来出世の本懐を遂げ給うなり、

日蓮管見を以て一代聖教並びに法華経の文を勘うるに未だ之を見ず、法華経の名を挙げて或は之を抛ち或は其の門を閉ずる等と云う事を、若し爾らば法然上人の憑む所の弥陀本願の誓文並びに法華経の入阿鼻獄の釈尊の誡文・如何ぞ之を免る可けんや、法然上人・無間獄に堕せば所化の弟子並びに諸檀那等共に阿鼻大城に堕ちんか、今度分明なる証文を出して法然上人の阿鼻の炎を消さる可し云云。

文永九年太歳壬申正月十七日 日 蓮 花 押
       弁 成 花 押


by johsei1129 | 2015-10-13 21:46 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 13日

聖人知三世事二 A Sage Knows the Three Existences of Life 2

法華経の迹門(しゃくもん)は過去の三千塵点(じんてん)(ごう)を演説す、一代超過(ちょうか)是なり。

In the theoretical teaching of the Lotus Sutra, Shakyamuni Buddha spoke about a time major world system dust particle kalpas inthe past. This teaching surpassed all the previous ones of his preaching life.

Shakyamuni Buddha established the Lotus Sutra’s superiority over all other sutras when, in the Shakumon Theoretical Teaching of the Lotus Sutra, he revealed the unimaginably distant past of the Three Thousand Dust-particle Kalpas.

本門は五百塵点劫(じんてんごう)・過去遠遠(おんのん)(ごう)をも之を演説し、又未来無数(むしゅ)(こう)の事をも宣伝し、

Moreover, in the essential teaching of the sutra, the Buddha spoke about numberless major world system dust particle kalpas ago and about all the kalpas that have ever passed, and he made proclamations concerning matters countless kalpas in the future.

In the Honmon Essential Teaching ofthe Lotus Sutra he told of an even more remote past called the Five Hundred Dust-particle Kalpas and discussed matters infinite kalpas into the future.

之に依つて之を案ずるに(くわし)過未(かみ)を知るは聖人の(もと)なり。

From the above it is clear that a thorough understanding of both the past and the future is intrinsic to the nature of a sage.

When carefully considered, all of those examples show that the ability to see into the past and future is the essential quality of a sage.

教主(きょうしゅ)釈尊(しゃくそん)既に近くは去つて(のち)三月の涅槃(ねはん)之を知り、遠くは(ごの)五百歳・広宣(こうせん)流布(るふ)疑い無き者か。

Shakyamuni Buddha, the lord of teachings, accurately predicted the near future, saying that he would enter nirvana in three months’ time. Can there then be any doubt about his prediction for the distant future,that in the last five-hundred-year period after his passing, the Lotus Sutra would spread abroad widely?

Lord teacher Shakyamuni knew the near future, correctly predicting his own nirvana three months hence. How, then, could there be any doubt regarding his prediction for the distant future that kosen-rufu would be accomplished in the Fifth Five-hundred –year Period

若し(しか)れば近きを以て遠きを(すい)し現を以て(とう)を知る、(にょ)()(そう)乃至(ないし)本末究竟(くきょう)(とう)是なり。

With such perception one can see the distant future by looking at what is close at hand. One can infer what will be from what exists in the present. This is the meaning of [the passage from the Lotus Sutra that says, “This reality consists of] the appearance . . . and their consistency from beginning to end.”

If this so, by observing the present, which is near, one can know the [causes from the] remote past and the [effects that will appear inthe] distant future. This is what is meant by the Ten Factors of Life as taught in the Lotus Sutra.


                      つづく Next
【御書本文】 【目次 Index】



by johsei1129 | 2015-10-13 19:50 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)