人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 10月 12日 ( 2 )


2015年 10月 12日

撰時抄愚記 上七 正境とは本門戒壇の本尊の御事なり。是れ則ち正中の正、妙中の妙なり。


一 九界
(そく)仏界等文。

「九界即仏界」は(ごん)に即して実なり。「仏界即九界」は実に即して権なり。此の段の大旨(たいし)は二門に(わた)ると雖も、文は(しばら)く釈に従って(しか)して釈するなり云云。

一 此の経の一字は如意(にょい)宝珠(ほうじゅ)文。

「此の経」等とは他経に(かん)()す。故に「此の経の一字」等と云うなり。他経には一念三千の(ぶっ)(しゅ)を明かさざるが故なり。

問う、諸部の円教、何ぞ(ぶっ)(しゅ)に非らざるや。

答う、(およ)そ仏種とは法華開顕の極理、一念三千の妙法なり。而して()(ぜん)の諸経には(いま)(かつ)て此の事を説かず、故に仏種に非ざるなり。故に爾前を以て(こう)(ぜん)(たと)うるなり。記の第七・二五に云く「三教の助道(じょどう)(なお)肴膳の如し。更に異の方便を以て第一義を助顕(じょけん)するは、肴膳は(しょく)(おわ)れば便(すなわ)(しょう)すること、方便教の究竟(くきょう)(やく)に非ざるが如し」文。通じて爾前を以て三教と名づくるなり。是れ(すなわ)ち円を以て別に属するが故なり。(せん)一末九に云く「(ぜん)及び不定(ふじょう)に寄すと雖も、余経を以て(しゅ)と為さず」と文。

開目抄の下十二に云く「法華経の種に()って(てん)(じん)菩薩は種子無上を立てたり。天台(てんだい)の一念三千是なり」文。

本尊抄十四に云く「(せん)ずる所は一念三千の仏種に非ずんば有情の成仏・木画二像の本尊は有名(うみょう)無実(むじつ)なり」文。故に爾前の諸経は仏種に(あら)ざるなり。

如意(にょい)宝珠(ほうじゅ)」とは(すで)に此の経の題を妙法と名づく、故に()下の文々句々(みな)妙なり。妙は即ち一念三千なり。故に如意珠に(たと)うるなり。妙楽云く「妙は(すなわ)ち三千、三千は即ち法」云云。止観第五に一念三千を譬えて云く「如意珠の如きは天上の(しょう)(ほう)なり。(かたち)()(ぞく)の如くなれども大()(のう)有り。浄妙の五欲、七宝の琳琅(りんろう)は、内に(たくわ)うるに非ず、(そと)より入るに非ず。前後を(はか)らず、多少を(えら)ばず乃至()(かな)いて豊倹(ほうけん)なり、降雨(こうう)すること穣々(じょうじょう)たり。(けだ)し是れ色法(しきほう)(なお)()()くの如し。(いわん)心神(しんじん)の霊妙をや。()んぞ一切の法を()せざらんや」文。

一 一句は()仏の種子となる文。

一字一句既に是れ一念三千の宝珠なり。故に三仏の種子(しゅし)と成るなり。「仏の三種の身は(ほう)(とう)より生ず」とは是れなり。故に一句を聞くと雖も、即ち(けい)(じゅ)()るなり、

問う、通じて(こん)(きょう)一部を以て末法下種の正体と為すや。

答う、(およ)そ末法下種の正体とは久遠名字(みょうじ)の妙法、事の一念三千なり。是れ(すなわ)ち文底(じん)(じん)の大事、蓮祖弘通(ぐつう)の最要なり。

開目抄に云く「一念三千の法門は(ただ)法華経の本門・寿量品の文の底に秘し沈め給へり」と云云。(まさ)に知るべし、当文の如くんば正に是れ(ごん)(じつ)相対(そうたい)なり。既に華厳(けごん)に対する故なり。

若し本尊抄に「爾前(にぜん)迹門(しゃくもん)の円教すら(なお)仏因に非ず」等と云うは即ち是れ本迹(ほんじゃく)相対なり。

若し「彼は(だつ)此れは(しゅ)なり。彼は一品一半、此れは(ただ)題目の五字なり」と云うは、正しく是れ(しゅ)(だつ)相対なり。()第三の法門、末法下種の正体なり。

秋元抄に云く「三世十方(じっぽう)の仏は必ず妙法蓮華経の五字を種として仏になり給へり」文。

太田抄に云く「(あるい)は一乗を演説すれども(ただ)妙法蓮華経の五字を以て下種と為すべき由来(ゆらい)を知らざるか」と云云。

本尊抄の「但」の字、秋元抄の「必」の字、学者(こころ)を留むべし。太田抄の「由来」の両字、(こと)に深秘の相伝(これ)有り云云。

()一下十一に云く「縦使(たとい)発心(ほっしん)真実ならざる者も正境(しょうきょう)に縁すれば功徳(なお)多し。若し正境に(あら)ざれ(たと)偽妄(ぎもう)無けれども亦(しゅ)成らず」云云。

当に知るべし、正境とは本門戒壇の本尊の御事なり。是れ(すなわ)ち正中の正、妙中の妙なり。久遠名字(みょうじ)の妙法、事の一念三千、何ぞ外に之を求めんや。(すなわ)ち是れ末法下種の正体なり云云。


                        つづく
撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-12 16:01 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 12日

撰時抄愚記 上六

  七月十五日

   第二段 仏教は時によるを明かす

一 寂滅(じゃくめつ)道場(どうじょう)(みぎり)文。

此の下は、仏教は機に()らずして(もっぱ)ら時に依ることを明かす、三あり。初めに正釈、次に「問うて云く、機」の下は料簡(りょうけん)、三に「初成道」の下は結なり。料簡に又二あり。初めに()(きょう)の相違、二に経説の相違云云。正釈の大意に云く、仏(すで)に善人の為には大法を説かずして、悪人の為に大法を説く。故に知んぬ、仏教は機に()らずして(もっぱ)ら時に依るなり。開目抄上二十一。

一 生身(しょうじん)(とく)(にん)

(ごん)抄に云く「観智未熟なれば初住に登ると雖も、(なお)我が身は父母所生(しょしょう)の肉身なりと思う。是れ生身得忍なり。()利根(りこん)は観解能熟(のうじゅく)する故に、苦道即(ほっ)(しん)と開くを法身の大士と云うなり」と云云。

(いま)難じて云く、住上には差降(さこう)なし。何ぞ利鈍に約すと是れを判ずるや。文の四に云く「真修の(たい)顕るれば(すなわ)ち差降無し」等と云云。如何(いか)(いわん)生身(しょうしん)(ほっ)(しん)の釈、妙楽の指南に()するをや。(せん)の一に云く「地前・住前を生身と為し、登地(とうじ)(とう)(じゅう)生身(とく)(にん)と為す。(いわ)く、生身の中に()無明(むみょう)を破して無生(むしょう)(にん)を得ればなり。法身と言うは、登地・登住に無明を破し、生身を捨てて実報土に()するを名づけて法身と為す」文。文の意は、父母所生(しょしょう)の肉身に於て中道無生忍を証するを生身得忍と名づく。父母所生の肉身を捨て、実報土に生れて法性(ほっしょう)(しん)を得るを(ほっ)(しん)と名づくるなり云云。

一 二乗(にじょう)作仏(さぶつ)久遠(くおん)(じつ)(じょう)

此れは是れ(みょう)()影略(ようりゃく)()(けん)なり。実には二乗作仏・久遠実成並びに名義(とも)に之を隠し、即身成仏・一念三千並びに名義倶に()べたまわざるなり。()の六末六に云く「(あまね)く法華已前の諸経を尋ぬるに、実に二乗作仏の文及び如来()(じょう)の本を明かすこと無し」云云。秀句(しゅうく)に云く「他宗所依(しょえ)の経には、(すべ)て即身入無し」等云云。金錍論(こんぺいろん)に云く「妙境を指的するは法華より()ず」と云云。

一 (これ)()(ひとえ)に是れ機は有りしかども云云。

上には正しく善人の為には大法を説かざることを釈し、()の下は結するなり。

愚案三・二十一の意に「(いま)機と言うは一機一縁なり。(とき)来るとは万機純熟の時なり。(しか)るに華厳(けごん)の時は一機一縁有りと雖も、万機純熟の時来らざれば()べたまわず」と云云。

今謂く、(すで)に華厳一会(いちえ)の儀式を挙ぐ。何ぞ「一機一縁」と云うべきや。

安心録(あんじんろく)三十に云く「時至るとは前権後実の時なり。華厳時の如き、解脱(げだつ)(がつ)等は発起(ほっき)影響(ようごう)にて当機には非ざるなり。自余の人の(たぐい)(みな)是れ権機にて一実の機には非ず。此等は有りと雖も此の機に()らず、後一の時を待つ。故に(しか)判ずるなり」云云。

今謂く、現文には分明(ふんみょう)に「機あれども時来らず」と云う。何ぞ権機にして一実の機には非ずと云わんや。()し爾らば(ただ)ちに「(まさ)に機なき故に、時(きた)れざれば()べず」と云うべし。何ぞ宗祖、機有りと云いたもうや。

問う、()(しか)らばその義如何(いかん)

答う、今は現相に約す。(いわ)く、華厳の(しゅ)は是れ(すで)に善人なるが故に大法を聞くべきの機なり。(しか)りと雖も、時来らざれば()べたまわざるなり。若し(じゃ)(おう)(だっ)()等は既に是れ悪人なり。故に大法を聞くべからざるの機なり。然りと雖も、時来るが故に大法を説くなり。啓蒙(けいもう)の意も多くは此の義に(たが)わざるなり。意は、此れを以て末法今時の弘通(ぐつう)(あらわ)すに()るのみ。

一 (えん)()第一の不孝の人たりし等

今経の列衆中に韋提(いだい)()の子、阿闍(あじゃ)()(おう)と云う云云。文二に云く「法華を説く時、清浄(しょうじょう)(しゅう)(あずか)る」等と云云。御書の十五・九。

一 一代(いちだい)謗法(ほうぼう)(だい)()文。

一義に云く、釈尊一代の仏教を(ぼう)ずる故に「一代謗法」と云うなりと。一義に云く、提婆一代の間、(つね)に仏教を謗ず、故に「一代謗法」と云うなりと。

問う、調達(ちょうだつ)、今経の座に在りとやせん。

答う、是れ定判(じょうはん)し難し。(しばら)く一意に(じゅん)ずるに、(あるい)は座に在るなり。呵責謗法罪滅抄十六・二十四に云く「提婆達多は仏の御敵(おんかたき)・四十余年の経経にて捨てられ、臨終()くして大法()れて無間地獄に行きしかども法華経にて()(かえ)して天王如来と記せらる」文。

啓蒙(けいもう)八・四十に、四釈に約して達多在座(ざいざ)の義を明かすなり云云。又日我の提婆品下に「私に云く、彼の達多が阿鼻(あび)淵底(えんてい)より召出(めしいだ)されしは(ひとえ)に末法の手本なり」云云。


                             つづく
撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-12 09:49 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)