人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 10月 06日 ( 4 )


2015年 10月 06日

撰時抄愚記 上一  文底深秘の大法とは天台未弘(みぐ)の大法・三大秘法の随一・本門戒壇の御本尊の御事なり

                   正徳(しょうとく)乙未(きのとひつじ)六月十三日大貳(たいに)(にち)(かん)


             序

一 (まさ)にこの(しょう)(だい)(しゃく)せんとするに(すべから)く通別を(りょう)すべし。即ち三意あり。

一には「撰時」の二字は是れ別なり。別して()抄に題するが故なり。「抄」の一字は(つう)なり。諸御抄に通ずるが故なり。

二には「撰」の字は通なり。宗教の五()に通ずるが故なり。(いわ)く、権迹(ごんしゃく)(えら)()て本門を撰び取るは、是れ教を知るなり。権迹の機を撰び捨て本門の直機(じっき)を撰び取るは、是れ機を知るなり。権迹の時を撰び捨て本門の時を撰び取るは、是れ時を知るなり。権迹流布(るふ)の国を撰び捨て本門流布の国を撰び取るは、是れ国を知るなり。前代流布の権迹を撰び捨て末法適時(ちゃくじ)の本門を撰び取るは、是れ教法流布の前後を知るなり。故に「撰」の一字は宗教の五()に通ずるなり。故に通と云うなり。「時」の一字は別して第三に()り。故に別と云うなり。

三には文通(もんつう)()(べつ)なり。文通と言うは、「撰」は撰捨・撰取に通じ「時」は正像末に通ず。故に文通と云うなり。意別とは「撰」は(ただ)(せん)(しゅ)、「時」は只是れ末法、故に本意は別して末法の時を選取するに()り、故に「撰時抄」と云うなり。

問う、別して末法の時を撰取する意如何(いかん)

答う、(ここ)に両意あり。

一には末法に於ては、必ず(まさ)に文底秘沈の大法広宣流布すべし。

二には今末法に於ては、(まさ)に日蓮を以て下種の本尊と()すべし云云。

初義に(しばら)く三文を引き(これ)を証せん。

一には下の文(いわ)く「彼の大集経の白法(びゃくほう)隠没(おんもつ)の時は第五の五百歳当世なる事は疑ひなし、(ただ)し彼の白法隠没の次には法華経の肝心(かんじん)たる南無妙法蓮華経の大白法の一閻(いちえん)浮提(ぶだい)の内(乃至)広宣流布せさせ給うべきなり」已上。

是れ付文(ふもん)の辺は権実相対なり。故に(ただ)「法華経」等と云うなり。若し元意(がんい)の辺は文底深秘の大法なり。故に(こころ)実には法華経の本門寿量品の肝心・南無妙法蓮華経の大白法(びゃくほう)等なり。「肝心」とは即ち是れ文底なり云云。

二には下の文(いわ)く「上行菩薩の大地より出現し給いたりしをば(乃至)観世音菩薩・薬王菩薩等の四十一品の無明(むみょう)を断ぜし人人も、元品(がんぽん)の無明を断ぜざれば、愚人といはれて寿量品の南無妙法蓮華経の末法に流布せんずるゆえに、此の菩薩を()(いだ)されたるとはしらざりしと云う事なり」文。

是れ付文の辺は本迹(ほんじゃく)相対なり。故に但「寿量品」と云うなり。若し元意の辺は文底沈秘の大法なり。故に(こころ)実には法華経の本門寿量品の肝心(かんじん)南無妙法蓮華経の末法に流布せん等なり。文語少しく略するなり。

三には下の文に云く「竜樹(りゅうじゅ)無著(むじゃく)(てん)(じん)・乃至天台・伝教(でんぎょう)のいまだ弘通(ぐつう)しましまさぬ最大の(じん)(みつ)の正法、教文の(おもて)現前(げんぜん)なり、此の深法(じんほう)今末法の始め五五百歳に一閻浮提に広宣流布すべし」文。

此れ即ち(しゅ)(だつ)相対なり。天台未弘(みぐ)の「最大深秘の大法」(あに)寿量文底の秘法に非ずや。(かえ)って文言(もんごん)(また)略するなり。(こころ)実には本門寿量の文底、最大深秘の大法等なり。妙楽云く「若し文に(したが)って()を生ぜば、(すなわ)ち前後(ぞう)(らん)す。若し文の大旨(たいし)()れば、則ち元由(がんゆ)(くら)からず」等云云。

今文の大旨を得るに、若し(つぶさ)(これ)を言わば、法華経の本門寿量品の文底最大深秘の大法、()の五百歳に一閻浮提に広宣流布すべしと云う文の意なり。学者(これ)を思え。

問う、文底深秘の大法、其の(たい)如何(いかん)

答う、則ち是れ天台未弘(みぐ)の大法・三大秘法の随一・本門戒壇の御本尊の御事なり。
 故に顕仏未来記二十七・三十に云く「本門の本尊・妙法蓮華経の五字を以て
閻浮(えんぶ)(だい)に広宣流布せしめん」等云云。故に此の本尊は(こう)()の根源なり。

次に今末法に於て、日蓮を以て下種の本尊と()すべしとは、

下の文に云く「法華経をひろ()むる者は日本国の一切衆生の父母なり(乃至)されば日蓮は当帝の父母、念仏者・禅衆・真言師等が師範(しはん)なり、又主君なり」等云云。「法華経を弘む」とは()の法華経、即ち本門の本尊の妙法蓮華経の五字なり。是れ(すなわ)ち成仏の種子(しゅし)なり。此の種子の妙法蓮華経の五字を弘めて、日本国の一切衆生の(しん)(でん)(くだ)すが故に「父母」と云うなり。故に蓮師は一切衆生の父母なり。(また)れ師範なり、亦是れ主君なり。故に今末法に於ては、(まさ)に日蓮を以て下種の本尊と()すべし云云。此れ是の文の元意(がんい)なり。開目抄の始終、(これ)を思い合すべし。


                          つづく
 撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-06 22:24 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 06日

撰時抄上愚記 目次

日寛上人 御書講義

 
撰時抄上愚記

 序    題号を説き明かす

文底深秘の大法とは天台未弘の大法・三大秘法の随一・本門戒壇の御本尊の御事なり
第一段  時を要となすを標す
       時鳥は「本尊掛けたか」と鳴く
第二段  仏教は時によるを明かす
       本門戒壇の大御本尊は末法下種の御正体なり 
第三段  機教相違の難を会す
第四段  滅後の弘経を明かす

富士山は霊山浄土に似たらん最勝の地なり
第五段  経文を引いて証す

順縁広布、何ぞ須く之を疑うベけんや。時を待つべきのみ

寿量の顕本に略して二義あり。文上は久遠本果の三身・文底は本地無作の三身なり
第六段  釈の文を引いて証す

道の一字は「虚通」「所践」「能通」の三大秘法なり

後悔先に立たず。如かず、本尊に向かって南無妙法蓮華経と唱えんには

像法の流布は真実の法華経の流布に非ず

謗法の行人は「一切世間の仏種を断ずる」の罪人なり、是れ卑賎なり
第七段  正法の初めの五百年の弘経
       二箇の相承は正しく是れ弘宣・伝持の付嘱なり
     
第八段  正法の後の五百年の弘経
  
第九段  像法の初めの五百年の弘経
     
第十段  像法の後の五百年の弘経
     
第十一段 日本に六宗の伝来
第十二段 天台宗の弘通

霊山報土は劫火にも壊れず
第十三段 妙法流布の必然を明かす
第十四段 能弘の師徳をあらわす
       元寇の勝利は神力にして二つの所以あり
第十五段 総じて問答料簡す
第十六段 竜樹天親の弘通
第十七段 天台大師の弘通

摩呵止観十巻の大旨
       若し本門の戒壇を建てざれば未だ広布ならざるなり
第十八段 伝教大師の弘通
       三大秘法の謂れを知らずして蒼蠅・碧蘿となるなかれ
第十九段 末法について料簡す
       本門の本尊を信ぜずして題目を唱うるは、手なくして宝山に入るに似たり


       下につづく

御書本文      文段 総目次



by johsei1129 | 2015-10-06 19:20 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 06日

釈尊と同じく八日に生まれた日眼女の子に月満(つきまろ)と命名した書【月満御前御書】

【月満御前御書】
■出筆時期:文永八年(1271年)五月八日 五十歳御作
■出筆場所:鎌倉市中 館にて。
■出筆の経緯:本書を記された前日の五月七日、大聖人は四条金吾の妻・日眼女より、初産ということもあり出産が遅れているのだろうと思われるが、護符の願い出があった。大聖人は直ぐに弁公(日昭上人)に護符と返書の消息[四条金吾女房御書]をもたせて日眼女のに届けます。
 護符を飲んだ日眼女は安心したのか、翌日無事女の子を出産します。前日の消息で大聖人は「法華経は日月と蓮華となり故に妙法蓮華経と名く。日蓮又日月と蓮華との如くなり。信心の水すまば利生の月・必ず応を垂れ守護し給うべし。とくとくうまれ候べし法華経に云く「如是妙法」又云く「安楽産福子」云云」と記した通り、生まれた女の子に「月満」と名付けられます。

日蓮の日、つまり太陽は昇ると霜を一瞬で消し去るように、衆生の過去世の罪障を消滅させる意味があります。また月つまり満月は、貪・瞋・癡の三毒に取り付かれ闇夜をさまよう衆生の道案内の役目を意味します。おそらく大聖人は、前日日眼女に消息をしたためた時からこの月満(つきまろ)と命名することを考えられていたのではと思われます。

「法華経は日月と蓮華となり故に妙法蓮華経と名く。日蓮又日月と蓮華との如くなり。」の意味を持つ月満と言う名を賜った四条金吾と妻の日眼女の喜びは、計り知れまいものがあったと思われるとともに、大聖人の信徒を思う慈愛の深さを感じざる得ません。
■ご真筆:現存しておりません。

[月満(つきまろ)御前御書 本文]

若童生れさせ給いし由承り候・目出たく覚へ候、殊に今日は八日にて候、彼れと云い此れと云い所願しをの指すが如く春の野に華の開けるが如し。

然れば・いそぎいそぎ名をつけ奉る月満御前と申すべし、其の上此の国の主八幡大菩薩は卯月八日にうまれさせ給ふ娑婆世界の教主釈尊も又卯月八日に御誕生なりき、今の童女又月は替れども八日にうまれ給ふ釈尊八幡のうまれ替りとや申さん、日蓮は凡夫なれば能くは知らず是れ併しながら日蓮が符を進らせし故なり、さこそ父母も悦び給うらん、殊に御祝として餅・酒・鳥目一貫文・送り給び候い畢んぬ是また御本尊・十羅刹に申し上げて候、今日の仏生れさせまします時に三十二の不思議あり此の事周書の異記と云う文にしるし置けり。

釈迦仏は誕生し給いて七歩し口を自ら開いて「天上天下唯我独尊・三界皆苦我当度之」の十六字を唱へ給ふ、今の月満御前はうまれ給いて・うぶごゑに南無妙法蓮華経と唱へ給ふか、法華経に云く「諸法実相」天台の云く「声為仏事」等云云、日蓮又かくの如く推し奉る、譬えば雷の音・耳しいの為に聞く事なく日月の光り目くらの為に見る事なし、定めて十羅刹女は寄り合うて・うぶ水をなで養ひ給うらん・あらめでたや・あらめでたや御悦び推量申し候、念頃に十羅刹女・天照太神等にも申して候、あまりの事に候間委くは申さず、是より重ねて申すべく候、穴賢穴賢。
         
月満御前え  日 蓮 花 押

by johsei1129 | 2015-10-06 00:25 | 四条金吾・日眼女 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 06日

若し善比丘あって法を壊る者を見て置いて呵嘖せずんば<略>無間地獄疑無しと断じた【南部六郎殿御書】

【南部六郎殿御書】
■出筆時期:文永八年(1271年)五月十六日 五十歳御作
■出筆場所:鎌倉市中 館にて。
■出筆の経緯:本書の対告衆である南部六郎殿とは、後に大聖人が身延山中に草庵を設けた地の地主、波木井実長のことです。
本書で大聖人は涅槃経の文を引いて「若し善比丘あって法を壊る者を見て置いて、呵嘖せずんば、の置字ををそ(畏)れずんば、今は吉し、後を御らんぜよ無間地獄疑無し」と記し、謗法を見て呵責することがなければ、自らも無間地獄疑に落ちることは間違いないと実長を厳しく諭されておられます。
具体的に実長の法華経信仰にどんな問題があったか、本書では明らかではありませんが、大聖人は実長の信仰に何らかの隙を感じとり、無間地獄に陥ることを未然に防止する意味で、厳しい指導をされたものと思われます。
事実大聖人亡き後、身延久遠寺の別当となった日興上人の指導にもかかわらず、六老僧の一人民部日向に従い、四箇の謗法(釈迦仏を造立し本尊と為す、神社参詣、念仏石塔の供養、九品念仏の道場建立)を犯し、終生法華経信仰を全うすることはできませんでした。
■ご真筆:現存しておりません。

[南部六郎殿御書 本文]

眠れる師子に手を付けざれば瞋らず流にさをを立てざれば浪立たず謗法を呵嘖せざれば留難なし。
若し善比丘あって、法を壊る者を見て置いて、呵嘖せずんば、の置字ををそ(畏)れずんば、今は吉し、後を御らんぜよ無間地獄疑無し。

故に南岳大師の四安楽行に云く「若し菩薩有りて悪人を将護して治罰すること能わず、其れをして悪を長ぜしめ善人を悩乱し正法を敗壊せば此の人は実に菩薩に非ず。
外には詐侮を現じ常に是の言を作さん、我は忍辱を行ずと、其の人命終して諸の悪人と倶に地獄に堕ちなん」云云。

十輪経に云く「若し誹謗の者ならば共住すべからず亦親近せざれ、若し親近し共住せば即ち阿鼻地獄に趣かん」云云。栴檀の林に入りぬればたをらざるに其身に薫ず誹謗の者に親近すれば所修の善根悉く滅して倶に地獄に堕落せん。
故に弘決の四に云く「若し人本悪無けれども悪人に親近すれば後に必ず悪人と成りて悪名天下に遍し」凡そ謗法に内外あり国家の二是なり。
外とは日本六十六ケ国の謗法是なり、内とは王城九重の謗是なり、此の内外を禁制せずんば宗廟社禝の神に捨てられて必ず国家亡ぶべし。

如何と云うに、宗廟とは国王の神を崇む、社とは地の神なり禝とは五穀の総名五穀の神なり、此の両の神・法味に飢えて国を捨て給う故に、国土既に日日衰減せり。

故に弘決に云く「地広くして尽く敬す可からず封じて社と為す禝とは謂く五穀の総名にして即五穀の神なり」。
故に天子の居する所には宗廟を左にし社禝を右にし、四時・五行を布き列ぬ故に国の亡ぶるを以て社禝を失うと為す。

故に山家大師は「国に謗法の声有るによつて万民数を減じ家に讃教の勤めあれば七難必ず退散せん」と、故に分分の内外有るべし。

五月十六日          日 蓮 花押
南部六郎殿

by johsei1129 | 2015-10-06 00:19 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)