人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 09月 03日 ( 3 )


2015年 09月 03日

開目抄愚記 下三十

   
  第三十九段  三類について釈す

一 ()(じゅ)(ほう)(かく)(りん)

  此の下は第二に釈、(また)二あり。初めに略して示し、次に「妙法華経」の下は広く釈す、亦三あり。初めに総じて時節を論じ、次に「第一の有諸」の下は別して三類(さんるい)に配し、三に「無眼」の下は結なり。初めの総じて時節を論ず、亦三有り。初めに諸品を引いて(まさ)しく末法を明かし、次に「天台」の下は像法を(えら)び、三に「此れは教主」の下は仏語の(たが)わざるを明かす。

一 恐怖(くふ)悪世中

  御書一七・九に云く「恐怖(くふ)悪世中の経文は末法の(はじめ)を指すなり」と云云。又云く添品(てんぽん)法華経に云く恐怖悪世中」と云云。今(これ)云云(うんぬん)するなり。

一 (これ)は教主釈尊等

  此の下は三に仏語の(たが)わざるを明かす、亦二あり。初めに正しく明かし、次に「周の第四」の下は例を引く、亦二あり。初めに外を以て内を(きょう)し、次に「されば仏」の下は前を以て後に例す。

一 周の第四昭王の御宇(ぎょう)二十四年等

  (まさ)に「二十六年」に作るべきなり。

  問う、如来(にょらい)生滅(しょうめつ)の日月に多くの異説有り。(しか)るに天下の相伝は、四月八日を仏生(ぶっしょう)()()し、二月十五日を仏滅の日と為す。其の(いわ)如何(いかん)

  答う、現証是れ分明(ふんみょう)なるが故なり。謂く、周書(しゅうしょ)異記(いき)に云く「昭王の二十六年(きのえ)(とら)四月八日、(こう)()池井(ちせい)(はん)(いつ)す等。蘇由(そゆう)云く、大聖人有って西方に(うま)ると」云云。又云く「(ぼく)王の五十三年壬申(みずのえさる)二月十五日、暴風(たちま)ちに(おこ)り、屋を(あば)き木を折る等。扈多(こた)云く、西方の大聖人の終亡の相なり」と云云。

  問うて云く、()る儒生の云く「周書の四月は即ち今の二月なり。(また)彼の二月は即ち今の十二月なり。()の故は(しん)(たん)に正を立つること三代に異なり有り。謂く、()の代には(とら)の月を正月と()し、(いん)の代には(うし)の月を正月と()し、周の代には()の月を正月と為す。(しか)るに仏の生滅は並びに周代に()り。()し周書異記の現証に()らば、応に是れ二月八日を仏生の日と為し、十二月十五日を仏滅の日と()すべし。釈氏(なお)此の事を知らず」等云云。此の義は如何(いかん)

  答う、諸文の中にも異説紛紜(ふんうん)たり。今儒書を引いて略して其の義を示す。書経第四・十四伊訓篇に云く「()元祀(げんし)十有二月」と云云。

  註に云く「()には歳と()い、商には()と曰い、周には年と()うは(いつ)なり。元祀は(たい)(こう)即位の元年なり。十二月とは、商は丑に建つるを以て正と為す。故に十二月を以て正と為すなり。三代に正朔(せいさく)同じからずと(いえど)も、(しか)(みな)寅の月を以て数を起す。(けだ)朝覲(ちょうきん)会同(かいどう)、暦を(わか)ち時を授くるに(すなわ)ち正朔を以て事を行い、紀月の数に至っては則ち皆寅を以て(はじめ)と為すなり」と云云。

  又(いわ)く「詩に曰く、四月()れ夏、六月()(しょ)りと。則ち寅の月より数を()つ、周(いま)(かつ)て改めず」と云云。

  又云く「(しん)()に建つ。(しか)るを史記に()(こう)の三十一年、(あらた)(ろう)を名づけて()(へい)()う。()(ろう)は必ず丑に建つる月なり。(しん)()を以て正と為す。(すなわ)ち臘を三月と為す。十二月と云うは則ち寅の月より数を()つ。秦未だ曽て改めざるなり」と云云。

  又云く「漢の(はじめ)に史氏の書く所は旧例なり。漢、秦の正に()り、亦書して元年冬十月と曰うは、則ち正朔(せいさく)を改めて月数を改めざること亦(すで)に明らかなり」(略抄)と已上。

  又、(そう)景濂(けいれん)(もん)(ずい)に、孔子の生卒(しょうそつ)の歳月を弁じて云く「或人、周の十月は即ち夏の八月とは()なり。三代に建つること異なりと(いえど)も、而も月は則ち未だ曽て改めず。(しから)ざれば則ち春は(なつ)に入り、夏は秋に入り、錯乱(さくらん)して歳を(じょう)ぜず」略抄と已上。

  文理分明(ふんみょう)なること(あたか)日月(にちがつ)の如し。(かれ)(なお)儒書を知らず、(いずく)ぞ仏家を知らんや。故に知んぬ、(いん)の代には(ただ)十二月を正月と名づけ、周の代には十一月を正月と名づけて朝覲(ちょうきん)等の礼法を()(おこな)うのみ。若し月数に至っては(まった)()の代に同じく、寅の月を以て(はじめ)()す。

  詩経の第九・五十九小雅の四月篇に云く「四月()れ夏、六月()く暑有り」と。註に云く「四月、六月も(また)()(せい)を以て之を数う」等云云。

故に周の四月は(すなわ)ち今の四月なり。周の二月も(また)今の二月なり。故に天下相伝の四月八日を仏生日と()し、二月十五日を仏滅日と為す。是れ則ち周書異記の現証に()るが故なり云云。(とう)()二・八、同三十五・三、名義(みょうぎ)三・二十二、随筆の三・四十三、()いて見よ。

  問う、当時の正月は全く夏の代に同じ。是れ(いず)れの代よりするや。

  答う、前漢の第六(こう)()帝の(たい)(しょ)元年より之を改めて今に至るか。

  十八史略の二・三十三に「漢の武帝の(たい)(しょ)元年十一月甲子(きのえね)(さく)(たん)冬至(とうじ)(たい)(しょ)(れき)を作り、正月を以て(とし)(はじめ)と為す」と。註に云く「()(せい)を用うるなり」等云云。

和漢(ごう)(うん)第二・四十五に云く「太初元年宋の暦数、始めて夏正を用う」と云云。

一 ()れば仏等

  付法蔵経の二八、又五・五、同六。

一 六百年の馬鳴(めみょう)・七百年の竜樹(りゅうじゅ)文。

  是れは摩耶(まや)経の説なり。


                    つづく
開目抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-09-03 22:21 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 03日

大聖人の草庵があった身延の沢の様子と暮らし向きを詳細に記した消息文【松野殿女房御返事 】

【松野殿女房御返事】
■出筆時期:弘安二年(1279年)六月二十日 五十八歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は駿州松野に住まわれていた松野入道の妻に与えられた消息です。尚、娘は南条家に嫁ぎ時光を生んでおります。両家は住まいも近く、普段から法華経信仰の上でも交流が深かったと思われます。
本抄は松野殿の女房から種々のご供養を送られたことへの返書となっており、「女人の御身としてかかる濁世末代に法華経を供養しましませば<中略>釈迦仏は霊山より御手をのべて御頂をなでさせ給うらん」とその志を讃えられておられます。

また前段では、身延山中に設けた草庵での大聖人の暮らし向き、また周辺の詳細な状況を記されておられます。この事は、一往は当時の信徒に身延の状況を伝える趣旨ではありますが、再往は、大聖人滅度後の将来の弟子・信徒が、末法の本仏を渇仰する気持に応えるため、実際の暮らしぶりを詳細に記しておいた大聖人の慈悲であると拝します。
■ご真筆筆:福井県本勝寺(13文字の断簡)所蔵。
f0301354_221446.jpg

[真筆本文箇所:あらず、天台大師にてはなけれ]
[松野殿女房御返事 本文]
麦一箱・いゑのいも一篭・うり(瓜)一篭・旁(かたがた)の物、六月三日に給(たび)候しを今まで御返事申し候はざりし事恐れ入つて候。

此の身延の沢と申す処は甲斐の国の飯井野・御牧・波木井の三箇郷の内・波木井の郷の戌亥(いぬい)の隅にあたりて候。北には身延の嶽・天をいただき南には鷹取が嶽・雲につづき東には天子の嶽日とたけをなじ、西には又峨峨として大山つづきて・しらねの嶽にわたれり、猿のなく音(こえ)天に響き蝉のさゑづり地にみてり、天竺の霊山此の処に来れり唐土の天台山親(まのあた)りここに見る。

我が身は釈迦仏にあらず天台大師にてはなけれども、まかる・まかる昼夜に法華経をよみ朝暮に摩訶止観を談ずれば霊山浄土にも相似たり・天台山にも異ならず。

但し有待(うだい)の依身(えしん)なれば著ざれば風・身にしみ・食ざれば命持ちがたし。灯に油をつがず火に薪を加へざるが如し、命いかでかつぐべきやらん。命続がたく・つぐべき力絶えては、或は一日乃至・五日既に法華経読誦の音も絶えぬべし、止観のまどの前には草しげりなん。

かくの如く候にいかにして思い寄らせ給いぬらん、兎は経行の者を供養せしかば天帝哀みをなして月の中にをかせ給いぬ。

今天を仰ぎ見るに月の中に兎あり。
されば女人の御身としてかかる濁世末代に法華経を供養しましませば、梵王も天眼を以て御覧じ帝釈は掌を合わせてをがませ給ひ、地神は御足をいただきて喜び釈迦仏は霊山より御手をのべて御頂をなでさせ給うらん。 南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経、恐恐謹言。

弘安二年己卯六月二十日                   日 蓮花押
 松野殿女房御返事

by johsei1129 | 2015-09-03 22:10 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 03日

「陰徳あれば陽報あり」と、四条金吾の生活指導をなされた書【四条金吾殿御返事】

【四条金吾殿御返事(不孝御書)】
■出筆時期:弘安二年(1279年)四月二十三日 五十八歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は従来「不孝御書」と「陰徳陽報御書」とに分かれていましたが、不幸御書が陰徳陽報御書の前半部分であることが判明、「四条金吾殿御返事」としてまとめられました。尚、全体で12紙のご消息であったと思われますが、第1紙~第9紙の所在は不明です。
本抄は、主君の江間氏からの御勘気を前年に解かれ、所領も再び賜った四条金吾に対し、大聖人がまるで我が子のように「陰徳あれば陽報あり」との古来の格言を引用し、今後の対処について、兄弟・女性達・主君それぞに分けて細々と指導されておられます。

四条金吾は本抄の他、いくつもの消息を大聖人から送られ、法華経信仰への指導と合わせて普段の生活についても指導も受けられておられます。その甲斐もあり、四条金吾は本抄を送られた半年後の十月に、めでたく江馬氏より所領を加増されておられます。
■ご真筆:京都市妙覚寺(第10紙)、京都市妙顕寺(第11.12紙)各所蔵。
f0301354_14837.jpg
[御真筆第10紙本文:下記緑字箇所]

[四条金吾殿御返事(不孝御書) 本文]

 なによりも人には不孝が、をそろしき事に候ぞ。とのゝ、あにをとゝ(兄弟)は、われと法華経のかたきになりて、とのをはな(離)れぬれば、かれこそ不孝のもの、とのゝみ(身)にはとがなし。をうなるい(女類)どもこそ、とのゝはぐく(育)み給はずば、一定(いちじょう)不孝にならせ給はんずらんとをぼへ候。

所領もひろくなりて候わば、我がりゃう(糧)えも下しなんどして、一身すぐるほどはぐくませ給へ。さだにも候わば過去の父母定んでまぼ(守)り給ふべし。
 
 日蓮がきせい(祈請)も
いよいよ、かない(叶)候べし。いかにわるくとも、きかぬやうにてをはすべし。この事をみ候に申すやうに、だにもふ(触)れまわせ給ふならば、なをなをも所領もかさ(重)なり、人のをぼへもいできたり候べしとをぼへ候。

さきざき申し候ひしやうに、陰徳あれば陽報ありと申して、皆人は主にうたへ、主もいかんぞをぼせしかども、わどの(金吾殿)の正直の心に主の後生をたすけたてまつらむとをもう心がうじゃう(強盛)にして、すねん(数年)をすぐれば、かかるりしゃう(利生)にもあづからせ給ふぞかし。此は物のはしなり。大果報は又来たるべしとをぼしめせ。
 
 又此の法門の一門いかなる本意なき事ありとも、みず、きかず、いわずしてむつばせ給へ。大人にいのりなしまいらせ候べし。上に申す事は私の事にはあらず。外典三千、内典五千の肝心の心をぬきてかきて候。あなかしこあなかしこ。恐々謹言。

卯月二十三日 日蓮花押
御返事





by johsei1129 | 2015-09-03 00:26 | 四条金吾・日眼女 | Trackback | Comments(0)