人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 09月 01日 ( 2 )


2015年 09月 01日

観心本尊抄文段 下十

一 (また)法華経等の十巻に於て等

(ひょう)(しゃく)見るべし。此の下は迹門熟益(じゅくやく)の三段、亦五と()す。には(まさ)しく三段を明かし、二には能説の教主、三には所説の法体(ほったい)、四には権実勝劣(しょうれつ)、五には化導の始終なり。

第一、第二は文の(ごと)く見るべし。

第三は所説の法体を示す。文に「本無今有の百界千如を説いて」と云うは、後の本門に望みて是れを判ず。故に「本無今(ほんむこん)()」等と云うなり。十法界抄()に云く「迹門には(ただ)()れ始覚の十界()()を説きて末だ必ずしも本覚本有(ほんぬ)の十界互具を明かさず故に所化の大衆能化(のうけ)の円仏(みな)是れ(ことごと)()(かく)なり、若し(しか)らば本無今有の(とが)何ぞ(まぬか)るることを得んや」と云云。即ち此の文の意なり。

第四に「已今当に超過せる」等とは、是れ権実の勝劣(しょうれつ)を判ずるなり。文の意は、後の本門に望むれば本無今有の百界千如なれども、()し三説に対すれば難信難解(なんげ)の正法なりと云云。

第五に「過去の結縁を尋れば」等とは、是れ()(どう)始終(しじゅう)を明かすなり。此の文に(また)あり。初めに爾前(にぜん)入実、次に「二乗」の下は今経の当機、三に「又在世に於て」の下は結縁(けちえん)(しゅ)なり。(まさ)に知るべし、同じく大通(だいつう)十六の時、仏果の種子を下す中に()三類を(わか)つなり。

但毒発等の一分」とは、是れ爾前入実の機類を以て総じて毒発(どくはつ)不定に属するなり。(しか)して種類は(あら)ざる故に「分」と云うなり。

二乗凡夫等」とは、是れ今経の当機(とうき)なり。

問う、(まさ)に「法華に来至(らいし)して得脱す」と云うべし。何ぞ「法華に来至して種子を顕わし」と云うや。

答う、(およ)そ得脱とは種子を顕示するを得脱と名づくるなり。故に五百品に云く「(たま)を与えし親友(しんぬ)、示すに()けし所の珠を以てす。貧人(びんにん)此の珠を見て()の心大いに歓喜(かんぎ)す」等云云。此れは是れ脱は必ず種に(かえ)の明文なり。(せん)の本に云く「聞法(もんぽう)は珠を()くるなり。是れを円因と()す。得記は珠を示すなり。名づけて円果と為す」等云云。

又在世に於て始めて八品を聞く」等とは、此の下は三に結縁(けちえん)(しゅ)なり。

或は一句一偈等を聞て下種とし」とは、

問う、云う所の「下種」とは、聞法下種とせんや、発心下種とせんや。()し聞法下種と云わば、在世は(みな)是れ本已(ほんい)()(ぜん)の衆生なり。何ぞ始めて聞法を論ずべけんや。若し発心下種といわば、(すで)に「始めて八品(はっぽん)を聞く」等と云う(あに)聞法下種に(あら)ずや。

答う、是れ発心下種なり。(いわ)く、大通十六の(とき)、法華を聞くと(いえど)(しか)も信を生ぜず。不信を以ての故に不聞(ふもん)に属す。故に「始めて聞く」等と云うなり。例せば「第三類の人、(いま)(かつ)て大を聞かず」の義勢の如し云云。

或は普賢・涅槃等に至り」等とは、

問う、何ぞ本門(とく)(だつ)の人を挙げざるや。

答う、本門得脱の人は即ち是れ本門(しゅ)(だつ)の人にして迹門種脱の人に非ず。何ぞ是れ()ぐべけんや。

或は正像末」とは、

問う、此の人は(ただ)正像に至るべし、何ぞ末法に至らん。此れ即ち末法は皆是れ本未(ほんみ)()(ぜん)の衆生なるが故なり。

答う、(なお)末法の初めの二百年は、本已(ほんい)()(ぜん)の衆生(これ)あり。故に下の文云く「迹門の四依(しえ)は多分は像法千年・少分(しょうぶん)は末法の初めなり」と云云。

問う、当文には(つぶさ)()(どう)始終(しじゅう)を明かすべし。何ぞ迹門熟益(じゅくやく)の三段と云うや。

答う、迹門の言は()(ぜん)に対し、熟益の言は本門の脱益(だっちゃく)に対するなり。(いわ)く、爾前に対する時は化導の始終を明かすと(いえど)も、若し本門の脱益に望む時は通じて熟益に属する故なり。故に下の文に云く「久遠を以て下種と()し、大通・前四味・迹門を熟と為して本門に至って等妙に(のぼ)らしむるを脱と為す」(取意)等云云。(まさ)に知るべし、(いま)化導の始終を明かすは、今家(しょ)(りゅう)の第の教相なり。()し今家所立の第二の教相に望めば、(ただ)是れ熟益の(ぶん)(ざい)なり。


        つづく
文段下 目次



by johsei1129 | 2015-09-01 22:22 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 01日

大聖人が、法華経の御使いとして蒙古襲来への覚悟を弟子に示した書【蒙古事】

【蒙古事】
■出筆時期:弘安二年(1279年)八 月 六 日 五十八歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は従来「異体同心事」の後半部分として収録されておりましたが、二つの異なる御書が一つにまとめられたことが分かり、前半部分は「異体同心事」とし、後半の箇所は本書の「蒙古事」と名付けられております。
対告衆は、文中に弁阿闍梨日向上人の名が出てきており、また「さては各各としのころ・・・」という記載がありますので、信徒ではなく弟子に向けて著された書と推知致します。

内容も蒙古襲来の時期が迫って来たと記されるとともに、「我が国のほろびん事はあさましけれども、これだにもそら事になるならば・日本国の人人いよいよ法華経を謗して万人無間地獄に堕つべし」と、大胆に大聖人の本意を述べられておられることからも、弟子達に「蒙古襲来にあたって、法華経の御使いとしての覚悟」を明確に説いた手紙であると拝すことができます。
■ご真筆:現存しておりません。
[蒙古事 本文]  [英語版]

さては各各としのころ・いかんがとをぼしつる、もうこの事すでにちかづきて候か。

我が国のほろびん事はあさましけれども、これだにもそら事になるならば・日本国の人人いよいよ法華経を謗して万人無間地獄に堕つべし、

かれだにもつよるならば国はほろぶとも謗法はうすくなりなん。譬へば灸治(やいと)をしてやまいをいやし針治(はりたて)にて人をなをすがごとし、当時はなげくとも後は悦びなり。

日蓮は法華経の御使い、日本国の人人は大族王の一閻浮提の仏法を失いしがごとし、蒙古国は雪山(せっせん)の下王(げおう)のごとし天の御使として法華経の行者をあだむ人人を罰せらるるか。

又現身に改悔(かいげ)ををこしてあるならば、阿闍世王の仏に帰して白癩(びゃくらい)をやめ、四十年の寿(いのち)をのべ無根の信と申す位にのぼりて現身に無生忍をえたりしがごとし。恐恐謹言。

八 月 六 日               日 蓮 花 押

by johsei1129 | 2015-09-01 21:54 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)