人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 07月 28日 ( 2 )


2015年 07月 28日

開目抄愚記 下六  大疑の下には大悟(たいご)有り


一 日本の聖徳太子

此の下は二に例を引く(おのずか)ら二有り。初には師は(わか)くして弟子は()いたり、次に父は少くして子は老いたるとなり。今(ここ)に例を引くは、恐らく深意あらん。(いわ)く、本経文に父の少くして子の老いたるの(たとえ)を以て、師は(わか)くして弟子の老いたるを疑う。今初めの文は、(しょ)()の師は少く弟子老いたるを例顕(れいけん)し、次の文は(のう)()の父は少くして子老いたるを例顕するなり。

  問う、父少くして子老いたるの(たとえ)は発問の下に在り。何ぞ今、疑念の中に是れを明かすや。

  答う、(まさ)に之を言に発せんとするに、(あに)()ず心中に是れを念ぜざらんや。

一 六歳の太子等

  問う、註に釈書十五初を引いて「太子は()(たつ)二年(みずの)(とみ)正月(ついたち)()まる。同六年冬十月百済(くだら)国、仏の経論等を(みつ)ぐ」云云。「私に五歳の時なり」云云。

  答う、太子伝の上二に「()(たつ)元年(みずのえ)(たつ)正月朔に()まる」と云云。故に六歳の時なり。(いま)此の説に()るなり。啓蒙(けいもう)等も(しか)なり。亦百済の(にち)()を指して「()が弟子」ということは、太子十一歳の時なり。

一 外典()(申す)

  註に云く「(いま)だ出処を知らず」と云云。

一 されば()(ろく)菩薩()疑つて云く等

  此の下は次に発問、亦二あり。初に(まさ)しく明かし、次に「一切の菩薩」の下は、是れ一代第一の(うたがい)なることを示す、亦三と()す。初に(ひょう)、次に「無量義」の下は釈、三に「されば仏・此の疑」の下は結前生後云云。

一 此の(うたがい)・第一の疑なるべし等

  風大なれば波大なり。声大なれば(ひびき)大なり。疑第一なれば則ち(さとり)も亦第一なり。大疑の下には大悟(たいご)有りとは此の(いい)か。

一 歴劫(りゃっこう)(しつ)(じょう)

四十余年の「歴劫」と今の無量義の「疾成」となり。

一 耆婆(ぎば)月光(がっこう)に・をどされて等

  註(およ)び啓蒙の如し。又観経疏(かんぎょうしょ)二十三に云く「剣を(おさ)()を現じ、以て王の忿(いかり)(やす)む」等云云。此の文に(なお)明らかなり。

一 されば(かん)(ぎょう)(どく)(じゅ)せん人等文。

  (げん)()六・三十四に云云、()いて見よ。()二末三十四に云く「法華を除いて(ほか)()一切(いっさい)経には、(ただ)生々に悪を()して相(なや)()えり」等云云。玄の五七十一に云く「()(じょう)即ち(ごう)(どう)とは、悪は是れ善の(たすけ)なり。悪無ければ(また)善も無し乃至提婆(だいば)(だっ)()は是れ善知識なり、(あに)悪は即ち資成なるに非ずや」と云云。是れ今経には善悪(ぜんなく)不二(ふに)(ぎゃく)(そく)()(じゅん)(みょう)()を明かす故なり。


              つづく
開目抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-07-28 22:38 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 28日

観心本尊抄文段 上二十  南無妙法蓮華経は常楽我浄なり。


 第四段 広く観心を釈す

一 問うて曰く法華経は(いず)れの文等

此の下は次に広釈(こうしゃく)三あり。初めに引文、二に「問うて日く自他面」の下は難信難解(なんげ)、三に「問うて日く経文」の下は正釈。初めの引文の中に総別有り云云。

文に云く「寿量品に云く、是くの如く(われ)成仏乃至仏界(しょ)()の九界なり」等文。既に「今猶(こんゆう)未尽(みじん)」という。故に知んぬ、因位の万行、果海に流入することを。故に仏界所具の九界と云うなり。証真の文の第六の記に云く「若し酬因(しゅういん)感果(かんか)とは菓成(かじょう)華落(けらく)の如し。若し(しゃっ)()(るい)(とく)と云うは衆流(しゅうる)の海に入るが如し。経に云く『()(ほん)(ぎょう)菩薩(ぼさつ)(どう)(しょ)(じょう)寿命(じゅみょう)今猶未尽』とは即ち是れ流入の義なり」と云云。

問う、経文には(ただ)「菩薩道」という、何ぞ九界等というや。

答う、菩薩はこれ九界の所収なり。故に一を()げて(もろもろ)に例するなり。

一 経に云く、提婆(だいば)(だっ)()乃至地獄界(しょ)()の仏界なり

問う、下の十文並びに「所具の十界」と云う。当文のみ何ぞ「所具の仏界」というや。

 答う、文義()(けん)なり。(いわ)く、()し文に約せば皆(まさ)に当文の如く「所具の仏界」と云うべし。若し義に約せば、皆応に下の文の如く「所具の十界」と云うべし。(なお)仏界を具す、余も皆(また)(しか)るが故なり。故に知んぬ、互いに現わることを。

一 一を(らん)()と名け乃畜是れ餓鬼(がき)界所具の十界なり

(じゅう)羅刹(らせつ)の父は即ち般闍(はんじゃ)()()なり。日我の抄に雑宝蔵経を引くが如し。十羅刹の母は即ちこれ鬼子(きし)母神(もじん)なり。録外(ろくげ)二十五巻の如し。

一 地涌(じゆ)千界(せんがい)乃至(ないし)(しん)(じょう)大法(だいほう)

玄の七三十三に云く「口に真浄大法を(とな)う。真は是れ常なり。略して二徳を挙ぐ。我・楽知るべし、(しか)るに鈍者は文を読みて(なお)(おのずか)ら覚らず」文。故に知んぬ「()(しょう)(しん)(じょう)大法(だいほう)」とは即ち是れ口唱南無妙法蓮華経なり。此れ即ち(じょう)(らく)()(じょう)、即ち是れ南無妙法蓮華経なる故なり。

御義の上四十四に云く「南無とは楽()()(みつ)・妙法とは()波羅蜜・蓮華とは浄波羅蜜・経とは常波羅蜜なり」已上。

問う、南無の二字を以て楽波羅蜜に配する(こころ)如何(いかん)

答う、南無とは帰命(きみょう)の義なり。帰命とは註釈に云く「帰とは帰し(たてまつ)るなり、命とは出入(すいにゅう)の息なり。()()(しん)の衆生は命を以て宝と()す。一切の宝の中に命宝第一なり。(いま)八万第一の命宝を以て、実相の仏に帰したてまつる故に帰命と云う」文。(およ)そ一切有心の衆生は命宝を惜しむを以ての故に諸の苦を生ず。(すで)に命宝を以て妙法蓮華経の仏に帰し(たてまつ)(おわ)んぬ、更に楽の(これ)()ぐる無し。故に南無を以て楽波羅蜜に配するなり。又妙法は法界の全体なり。故に法界に自在なれば()波羅蜜に配す。蓮華は清浄の養なり。経は常の義なり。(じょう)()の如く知るべし。

(しか)れば(すなわ)ち、地涌(じゆ)千界(せんがい)(くち)に南無妙法蓮華経と唱う。地涌は即ち是れ菩薩界、()(しょう)妙法は即ち仏界なり。(なお)仏界を具す、余界も(しか)り。故に「菩薩界所具の十界」と云うなり。

一 或説()(しん)或説他身乃至仏界所具の十界なり

問う、己身・他身は法応の二身、即ち是れ所具の仏界なり。余界(また)然るが故に、所具の十界其の義分明(ふんみょう)なり。

未だ能具の仏界を見ず、如何(いかん)

答う、二箇の「説」の字、即ち是れ能説・能具の仏界なり云云。

一 問うて(いわ)自他面(じためん)の六根等

 此の下は二に難信難解、亦二と()す。初めに問、次に答。初めの問の意は、世間の鏡に(むか)えば則ち自他面の六根共に之を見る。経文の鏡に向うと(いえど)も、彼此(ひし)十界に於ては(まのあた)之を見ず。如何ぞ之を信ぜんと。此の(うたがい)を挙ぐる所以は法体(ほったい)(じん)(じん)称歎(しょうたん)せんが為なり。
 答の文に亦三あり。初めに引文、次に在世を挙げて滅後を(きょう)し、三に「汝之を信ぜば」の下は結歎(けったん)なり。


              つづく

上巻 目次




by johsei1129 | 2015-07-28 07:04 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)