人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 07月 25日 ( 3 )


2015年 07月 25日

観心本尊抄文段 上一九  但(ただ)本尊を信じて妙法を唱うれば、則ち本尊の十法界全く是れ我が己心の十法界なり。


第三段 略して観心を釈す

一 問うて日く出処(しゅっしょ)(すで)(これ)聞く観心の()如何

問の意は、一念三千の出処(すで)にこれを聞く、一念三千の観心の(こころ)如何(いかん)となり。故に此の問は初めの一段より起るなり、何ぞ細科とせんや。是の故に此の下は大段の第二、観心の本尊を明かす、亦二と()す。初めに観心を明かし、次に「夫れ始め」の下は本尊を明かす。

初めの観心を明かすに、亦二と為す。初めは略釈(りゃくしゃく)、次に「問うて云く法華経」の下は広釈。

初めの略釈に二あり。初めに問、次に答、三と為す。初めに法、次に(たとえ)、三に「設い」の下は譬を合するなり。

文に云う「我が()(しん)を観じて十法界を見る」とは。

問う、これ台家の観心と()せんや。当家の観心と為せんや。

答う、忠抄・蒙抄等並びに云く「付文(ふもん)の辺は台家の観心、元意(がんい)の辺は当家の観心なり」云云。若し付文の辺は()(しん)(しょ)()(じっ)(ぽう)(かい)を観見する義なり。()の五上の七十四等云云。若し元意の辺は「我が己心を観ず」とは、即ち本尊を信ずる義なり。「十法界を見る」とは、即ち妙法を唱うる義なり。(いわ)く、(ただ)本尊を信じて妙法を唱うれば、則ち本尊の十法界全く是れ我が己心の十法界なるが故なり。

問う、総勘文抄に云く「所詮(しょせん)()(しん)と仏身と一なりと観ずれば(すみや)かに仏に成るなり乃至『一切の諸仏は、己心は仏心に(こと)ならずと観じ給うに()るが故に成仏を()と。(これ)を観心と云う」と云云。此の文意如何。

答う、仏心も妙法五字の本尊なり。己心も亦妙法五字の本尊なり。己心・仏心異なりと(いえど)も、妙法五字の本尊は異らず、故に「一」と云うなり。而して「観」というは、初心の行者()の義を知らざれども(ただ)本尊を信じて妙法を唱うれば、自然(じねん)に「己心と仏心と一なり」と観ずるに(あた)るなり。故に「観心」と云うなり。故に()いて当文に同じきなり。

文に云く「譬えば他人の六根(ろっこん)を見ると雖も、未だ自面(じめん)の六根を見ざれば」等文。

問う、何ぞ自面というや。

答う、此れに二意あり。

一には(おもて)には六根を()(そく)す。故に謂く、(げん)耳鼻(にび)(ぜつ)並びに(しん)あり。(また)色等に縁する時は、意根(また)面に()する故なり。二には面には十界の相を現ずる故に。謂く、(あるい)(いか)り、或は(むさぼ)り、或は(おろ)か、或は諂曲(てんごく)、或は平らか、或は喜び、或は無常、或は慈愛等、並びに是れ面に現ずるが故なり。啓蒙に(しょ)の第三を引く、未だ全く同じからざるなり。

文に云く「明鏡(めいきょう)に向うの時、始めて自具の六根を見る」と文。(まさ)に知るべし、向背(こうはい)は信・不信の異名(いみょう)なり。言う所の明鏡とは、()付文(ふもん)の辺は文の如く法華止観(しかん)を指すなり。伝教(でんぎょう)云く「一乗の独円は、動と静と無碍(むげ)なり、鏡像円融三諦」等云云。道宣(どうせん)()、智者大師の所釈を(さん)して云く「行人(ぎょうにん)の心鏡、()()明灯(みょうとう)」と云云。(これ)()は法華止観(しかん)を明鏡に(たと)うる文なり。

()し元意の辺は(まさ)しく本尊を以て明鏡に譬うるなり。

御義の下二十二に云く「南無妙法蓮華経と唱え奉る者の(けう)の地とは末法弘通(ぐつう)の明鏡たる本尊なり」等云云。

上二十七に云く「(そう)じて鏡像の譬とは自浮(じふ)自影(じよう)の鏡の事なり。此の鏡とは一心の鏡なり。(そう)じて鏡に付いて重重の相伝(これ)有り所詮(しょせん)鏡の能徳とは万像を浮ぶるを本とせり。妙法蓮華経の五字は万像を浮べて一法も残る物(これ)無し。又云く鏡に於て五鏡(これ)有り。妙の鏡には法界(ほっかい)の不思議を浮べ・法の鏡には法界の体を浮べ・蓮の鏡には法界の果を浮べ・華の鏡には法界の因を浮べ・経の鏡には万法の言語を浮べたり乃至我等衆生の五体五輪、妙法蓮華経と浮び()でたる間宝塔(ほうとう)品を以て鏡と習うなり乃至自浮自影の鏡とは南無妙法蓮華経是なり」と。

修禅寺決三十に云く「玄師の伝に自影自浮の大鏡(これ)有り。一念三千の観を成ず。自影自浮とは、釈迦如来、大蘇(だいそ)法華道場に於て智者大師の(ため)に大鏡を授け一念三千を伝う。()の鏡の事とは日光に向うの時、十界の形像を現ず。一鏡に十界を現ずる故に一念三千の(じん)()なり」等云云。故に知んぬ、自影自浮の鏡とは事の一念三千の南無妙法蓮華経の本尊なることを。

                 つづく

上巻 目次



by johsei1129 | 2015-07-25 23:28 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 25日

開目抄愚記 下四  開近顕遠は文底秘沈の三箇の秘法を顕わす

一 虚空(こくう)霊山(りょうぜん)諸菩薩(諸大菩薩)文。

  問う、虚空(こくう)の諸菩薩とは(まさ)に是れ「諸の大衆(だいしゅ)を接して、皆虚空に()きたまう」の諸菩薩なるべし。霊山(りょうぜん)の諸菩薩とは是れ(いか)なる菩薩ぞや。

  答えて云く、応に是れ宝塔(ほうとう)品に来集(らいじゅう)せる分身(ふんじん)侍者(じしゃ)なるべし。

  問う、五百問論の下十八に「分身の侍者は(くう)()す」と云えり。今何ぞ霊山の諸菩薩と云わんや。

  答う、分身(すで)に霊山に在り。侍者(あに)虚空に住せんや。(いわん)(また)下の品に涌出の菩薩を見て(おのおの)()の仏を問うに、(あに)空より地に向かって是れを問うべけんや。故に知んぬ、分身の侍者は(なお)霊山に居するなり。

  (ただ)し五百問論の意は、分身は(すで)に高座有り、侍者は(すなわ)ち高座無し、故に分身の高座の(かず)に等しく()()(じゅん)の空に居すべしとなり。故に空に居すと云うなり。(しか)りと(いえど)も、諸の大衆を接して皆虚空に()かんことを望む。(なお)是れ霊山なり。故に今は霊山の諸菩薩というなり。(まさ)に知るべし、此の一句は総じて比校(ひきょう)なり。

一 十六の大菩薩

  問う、前後(みな)四数を()げて比校す。今何ぞ(しか)らずや。

 答う、今文も亦是れ四数なり。(いわ)く、東方の四菩薩、南方の四菩薩、西方の四菩薩、北方の四菩薩なるが故なり。文は(ただ)是れ略して十六というのみ。

一 海人(あま)が皇帝に(むか)い奉る等

 「海人」は卑賤(ひせん)(ごく)、「皇帝」は(そん)()の極なる故なり。

一 商山(しょうざん)()(こう)文。

  「四皓」の事、(つぶさ)に註(およ)び啓蒙の如し。又啓蒙三十・一六十三。

一 弥勒(みろく)菩薩・心に(ねん)(ごん)

 此の下は疑問、亦二あり、初めに疑念、次に「あまりの不審さに」の下は発問なり。(まさ)に言に発すべき事を、()ず心中に是れを念ず、故に「念言」というか。

一 雨の(たけ)を見て等

  文九五に云く「雨の猛きを見て竜の大なるを知り、(はな)(さか)んなるを見て池の深きを知る。(おう)虚空(こくう)に満つるを見れば、(すなわ)ち真の法界に()つるを知るなり」と文。

  此の本文の意は、菩薩の(まさ)多きを見れば仏の真身の久しく満つることを知るなり。(みょう)(らく)の云う「成仏(すで)に久しければ化迹(けしゃく)必ず多し」云云とは即ち此の意なり。()し当文の意は、諸菩薩の(そん)()なるを見て師の仏の(なお)(まさ)に尊貴なるべきを知るなり。故に転用するに()たり。

一 あまりの不審(いぶかし)さに等

  此の下は次に発問なり。

一 仏力(ぶつりき)にや有りけん等

  問う、経文に仏加の相を見ず、如何(いかん)

  答う、大論五十三・二十六に云く「弥勒(みろく)等の諸菩薩・梵天(ぼんてん)(のう)等、(ぶつ)()()けざれば(なお)(とい)を得る(あた)わず。何ぞ(いわん)(しゅ)菩提(ぼだい)をや」等云云。故に知んぬ、諸の菩薩の発問は通じて皆仏力に()るなり。(いわん)(また)今経は如来出世の大事なり。仏力に由らずして()んぞ問うことを得べけんや。例せば(だい)楽説(ぎょうせつ)の如し。

文の八・三十八に云く「楽説、仏の神力を()くるとは、塔を開かんと欲せば(すべから)く仏を集むべし。仏を集むれば即ち付属せんとす。付属するには即ち下方を召す。下方()ずる(とき)(まさ)(ごん)を開して(おん)を顕すべし。此れは是れ大事の由なり、(あに)仏の神力の之を問わしむるに(あら)ずや」と云云。

  楽説(すで)(しか)なり、弥勒(みろく)も亦(しか)なり。遠由(おんゆ)(なお)(しか)なり、況や(ごん)()をや。(いか)に況や(かい)(ごん)(けん)(のん)(すなわ)ち文底秘沈の三箇の秘法、亦(まさ)に之を顕すべし、(あに)大事の中の大事に非ずや。(いずく)んぞ仏力(ぶつりき)に非ずして是れを問うことを得べけんや。故に(いま)「仏力」というなり。

一 無量千万億等

  是れ師主の住処・因縁(いんねん)を問う。其の文見るべし。

一 「智人は()を知る蛇は自ら蛇を()る」等

  記の九本二十の文なり。()し本文に在っては、是れ徴起の文なり。妙楽、此の下に不知の義を答出せり。(しか)りと雖も、宗祖の意は此の徴起の文の裏を以て直ちに迹化の不知の義を(あらわ)すなり。文意に云く、智人は()を知り、蛇は自ら蛇を()る。迹化の愚人(ぐにん)(あに)本化を知らんや等云云。(つぶさ)撰時抄下二十三に今文の意を(しゃく)するが如し。啓蒙(けいもう)の義は不可なり。

                つづく
開目抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-07-25 16:00 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 25日

総勘文抄 三 The Unanimous Declaration3


 十界の(ほか)に仏無し、仏の外に十界無くして()(しょう)不二なり、身土不二なり、

Outside of the Ten Worlds there is no Buddha, outside ofthe Buddha there are no Ten Worlds. The living beings and their environments are not two things, and one’s self and the land one inhabits are not two things.

一仏の身体なるを以て寂光土(じゃっこうど)と云う、是の故に無相の極理とは云うなり、

Because the phenomenal realm of the ten directions is the body of a single Buddha, it is called the Land of Tranquil Light, and for this reason it represents the ultimate principle that is without marks.

生滅無常の(そう)を離れたるが故に無相と云うなり、

It is separate from the marks of the impermanence of birth and extinction, and therefore it is called “without marks.”

法性の淵底(えんてい)・玄宗の極地(ごくち)なり故に極理と云う

It is the utmost depth of the essential nature of phenomena and the ultimate of profound Buddhist principles and hence it is called the ultimate principle.

                つづく Next Page

本文】 目次 Index



by johsei1129 | 2015-07-25 13:44 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)