人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 07月 20日 ( 2 )


2015年 07月 20日

観心本尊抄文段 上一七  大聖人は宗旨建立以後第二十七年に当って己心中の一大事、本門戒壇の本尊を顕わしたまえり


一 (ある)本に云く、一界に三種の世間を()

問う、両本の(こころ)如何(いかん)

答う、(とも)是れ一界は(のう)()、十如は(しょ)()、十如は能具、三世間は所具なり。若し()本の意は一界所具の十如の一々に(おのおの)三世間を具す。故に三十種世間と云うなり。若し異本の意は(しばら)く十如の中の一(にょ)()に約す。故に三種世間と云う。一を以て九に例する故に、現本の意と()いて(たが)わざるなり。

問う、両本(とも)に何ぞ十如を()げざるや。

答う、若し前後の(かい)(けん)を挙ぐれば、中間(ちゅうげん)の十如は(おのずか)(あらわ)るる故なり。解釈の巧妙(こうみょう)なること、学者見るべし。

一 問うて()く、(げん)()

 此の下は次に玄文並びに止観(しかん)(さき)の四に一念三千を明かさざることを示す、あり、初めに三千の名目(みょうもく)を明かさざることを示し、次に「疑つて曰く」の下は其の名目を明かさざるの相を示す。

 初めの文に(また)二あり。初めに玄文、次に止観。

 初めの玄文に二あり。初めに(なら)べて示し、次に引証。引証の文に「並に未だ一念三千と云わず」等と云うは、今に在っては(まさ)しく玄文を指して「並に」と云うなり。余は(ことごと)く文の如し。

一 疑つて()、玄義等

此の下は次にその名目を明かさざるの(そう)を示す、二と()す。初めに玄文並びに百界(ひゃっかい)千如(せんにょ)に限るを示し、次に「問うて曰く止観」の下は止観の前の六章は方便に属するを示す。

問う、初めの文の(こたえ)を欠く意如何(いかん)

答う、疑問即ち答なり。(すで)に百界千如に限る文を引く故なり。

  問う、次の文に止観の(さき)の四巻と云うに何ぞ止観の前の六章等と云うや。

  答う、文は是れ巻を()すと(いえど)も、意は前の六章を問う。十章抄に云く「大意より方便までの六重は前四巻に限る」云云。(いわん)(また)(ただ)巻を問えるをや。何ぞ第四の問に(ことな)らんや。況や(また)答の文に「()の故に前の六をば皆()(ぞく)す」と云えるをや。意に(いわ)く、(さき)の六章は既に是れ方便なり。何ぞ正観の一念三千を明かさん云云。

一 ()れ智者の弘法(ぐほう)三十年

  此の下は三に結歎(けったん)二と為す。初めに正しく本師を(たん)じ、次に(ちな)んで末学を破するなり。

初めの文意は、()れ智者大師は仏滅後千四百八十七年、(りょう)の武()の大同四年の誕生、十八歳出家、二十三歳南岳(なんがく)()い、三十歳(きん)(りょう)に至り、翌年瓦官(がかん)()()して玄義を講ず。(しか)(のち)、五十七歳、玉泉寺に於て止観を講ず。其の(のち)、六十歳の御入滅なり。故に玄義開講より御入滅に至るまで、正しく是れ三十年なり。故に「智者の弘法(ぐほう)三十年」と云うなり。

文に云く「二十九年の間は玄文等の諸義を説いて」とは、啓蒙(けいもう)に云く「入滅の年を除き二十九年の間を玄・文等の弘法(ぐほう)に属するか。(あるい)は五十七歳の止観の説法を第三十年と為し、其の前を玄・文等の弘法(ぐぼう)に属するか」と云云。

(あん)じて云く、三十一歳玄義開講より五十七歳止観を説きたまう春に至るまで、正に是れ二十七年なり。故に「二十九年」とは恐らく(あやま)れり。(まさ)に「二十七年」に作るべし。字形相似(そうじ)の故に伝写(これ)を謬るか。

(いま)例文を考うるに、撰時抄の下に云く「玄奘(げんじょう)三蔵は六生を経て(がっ)()に入りて十九年」と云云。(もう)の十一に云く「月氏に入りて十九年とは、恐らくは(あやま)れり、御直書は十七年なり。語式の如し」等云云。(すで)に十七年を以て謬って十九年に作る。今(また)(しか)るべきか。()し御真筆に(たと)い二十九年と有りと雖も、(なお)是れ()(どう)凡夫(ぼんぷ)の故に不慮(ふりょ)の書き(あやま)りならんか。例せば(みょう)(らく)、証真に告ぐるが如し。(また)下の文の「諸論師の事章」の如きなり云云。また御書四十三第二・二十六、是れを見合(みあわ)すべし。

亦復(まさ)に知るべし、宗祖の弘法(ぐほう)亦三十年なり。三十二歳より六十一歳に至る故なり。而して(また)宗旨建立已後(いご)第二十七年に当って()(しん)(ちゅう)の一大事、本門戒壇の本尊を(あらわ)したまえり。学者(よろ)しく之を思い合わすべし。

一、天竺(てんじく)の大論(なお)其の(たぐい)(あら)

何ぞ(ただ)竜樹(りゅうじゅ)の大論に勝るるのみならん、(まさ)に天竺一切(いっさい)の大論師に勝るるなり。故に「天竺の論師(いま)だ述べざる」の文に同ずる義、最も(しか)るべきなり。

                 つづく
上巻 目次



by johsei1129 | 2015-07-20 19:10 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 20日

開目抄愚記 下二

一 釈迦・多宝坐を(なら)

 問う、何事を(ひょう)するや。

 答う、本地(ほんち)無作(むさ)の三身を表するなり。文の八・三十四に云く「境智(すで)に会すれば、則ち大報円満す。釈迦と多宝と同じく一座に座するが如し。大報円なるを以ての故に機に随って応を(いだ)。分身(みな)(あつ)まるが如し」文。「境智既に会すれば、則ち大報円満」とは、即ち是れ()(おん)元初(がんじょ)の自受用報身なり。自受用報身とは、境智冥合の真仏なり。境は是れ(ほっ)(しん)、智は是れ報身、境智冥合すれば則ち無縁の慈悲有り。(たと)えば(かん)(がい)相応(そうおう)すれば、則ち含蔵(ごんぞう)(ゆう)あるが如し。含蔵の用は即ち外の物に()す、故に機に随い応を出すなり。故に知んぬ、二仏並座(びょうざ)・分身来集(らいじゅう)は、即ち久遠元初の自受用、報中論三の無作三身を表するなり。此の無作(むさ)(さん)(じん)、末法に出現して主師親と(あら)るるなり。故に御義口伝下に云く「無作の三身とは末法の法華経の行者(ぎょうじゃ)なり」云云。末法の法華経の行者、(あに)蓮祖聖人に(あら)ずや。故に当抄の終りに云く「日蓮は日本国の諸人にしうし(主師)父母なり」等云云。()(しか)らば実に末法の主師親、無作三身を表するなり。

一 人天大会(だいえ)は星をつら()ね等

 問う、二仏を日月(にちがつ)(たと)え、()(しゅう)を星に譬うる所以(ゆえん)如何(いかん)

 答う、(いま)深く意を探るに、(まさ)に三義を含むべし。一には勝劣(しょうれつ)の義を顕す故に、二には一多の義を顕す故に、三には空に処する義を顕す故なり。経に云く「諸の大衆を(せっ)して、(みな)虚空(こくう)()きたまう」と云云。

 問う、時衆は空に処す、表する所は如何(いかん)

 答う、若し迹門の意は、開権(かいごん)の説を聞いて初めて寂光(じゃっこう)に入る、故に空に処するなり。若し本門の意は、顕本(けんぽん)の説を聞いて皆本地の娑婆(しゃば)即寂光に住する故なり。記の八本・四十七に「釈迦久しからずして本を(あらわ)し、(また)()ず空に()して以て(これ)を表す」と云云。即ち()の意なり。彼の下、啓運(けいうん)(しょう)に理の顕本に約するは恐らく不可なり。

一 分身(ふんじん)の諸仏は大地の上等

 問う、時衆(なお)空に居する、分身何ぞ地に処するや。

 答う、本尊抄に云く「迹仏(しゃくぶつ)迹土(しゃくど)を表する故なり」と云云。記の八本四十も之に同じ。

一 華厳(けごん)経の蓮華蔵(れんげぞう)

 此の下は次に今昔対弁、亦二有り。初めに昔を(えら)び、次に「是れ寿量品」の下は分身の()()を明かす。初めの昔を簡ぶに亦二有り。初めに別して釈し、次に総じて結す。

一 十方(じっぽう)此土(しど)の報仏・各各に国国等

 記の八本三十四に云く「彼の華厳経は(ただ)十方(たが)(しゅ)(はん)と為すと云うのみにして、(なお)伴は是れ仏の分身(ふんじん)と云わず。文中の諸品には(みな)諸の菩薩を集むと云いて、諸の仏を集むとは云わず」(取意)等云云。今即ち此の記文の意なり。

一 大日経・金剛(こんごう)(ちょう)経等

 大日経の八葉九尊、金剛頂経の三十七尊なり。(つぶさ)啓蒙(けいもう)(およ)び註中の如し。

 問う、御義口伝上巻に八葉九尊を明かして云く「東の方には阿閦(あしゅく)、南の葉には(ほう)(しょう)(ぶつ)、西の方には無量寿、北の方には不空(ふくう)成就仏」(新定二七四一)云云。是れ大日経の四仏に(あら)ずや、如何。

 答う、此れは是れ金剛頂の三十尊の中の四方の四仏なり。故に知んぬ、蓮師は両経の意を合して是れを(しゃく)するなり。

 問う、御義口伝に八葉九尊を引いて、以て当体蓮華を釈す。此の義如何(いかん)

 答う、啓運抄(けいうんしょう)第二・三十に云く「此の義は真言の心なり。当宗としては(これ)を用うべからず」云云。

 今(いわ)く、御義口伝の意は(ただ)是れ彼を借りて此れを(あらわ)すのみなり。五大院の菩提(ぼだい)(しん)()第一に云く「一切衆生の胸間の肉団(にくだん)()の形八分なり。此の八分を()て八葉の(はちす)と為す。上に九仏を開く」等云云。明匠(みょうしょう)口決(くけつ)第四・二十一に云云。御義口伝上に云く「此の胸の間なる八葉の蓮華を蓮華と名づけ、上なる九尊の体を妙法と云うなり。天台(てんだい)事相(じそう)とは()くの如く習うなり。是れ深秘(じんぴ)の法門なり。」(新定二七四一)等云云。(あに)彼を借りて此れを顕すに非ずや。録外二十三・四(新定二一三五)、又諫暁八幡抄二十七・二十四に云く「八葉は八幡(はちまん)・中台は教主釈尊なり」と云云。

一 総じて一切(いっさい)経の中に等

 此の下は総じて結するなり。

一 (是れ)()宝塔品(寿量品)()寿量品(遠序)の遠序なり

 此の下は二に分身(ふんじん)()()を明かすなり。

一 平等(びょうどう)意趣(いしゅ)

 「平等意趣」も亦四義を含む。

 一には字の平等、自他を仏と名づくること同じき故に。

 二には語の平等、微妙(みみょう)にして言語同じき故に。

 三には身の平等、色相(しきそう)荘厳(しょうごん)にして同じき故に。

 四には法の平等、諸仏の功徳同じき故に自他同じと云うなり。

 唱法華題目抄十一・四十四に云く「諸経には平等意趣をもつて他仏自仏と()なじと云えども、実には一仏に一切仏の功徳をおさ()めず今法華経は(乃至)十方世界の三身円満の諸仏をあつめて、皆釈迦一仏の分身と談ずる故に、一仏・一切仏にして妙法の二字に諸仏皆(おさ)まれり」文。

一 所化(しょけ)十方(じっぽう)充満(じゅうまん)

 啓運抄(けいうんしょう)三十一・九に「変化(へんげ)する所の分身(ふんじん)の仏なり」等云云。此の義は不可なり。(ただ)是れ所化(しょけ)の衆生なり。啓蒙(けいもう)の義は可なり。

一 分身(すで)に多し等

 玄の九・六十三に云く、此の次の文に云く「(はちす)て池に満つるの(たとえ)の如し」等云云。

           つづく


開目抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-07-20 11:47 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)